2010.12.26@Eureka<br />Make:・Archiduino・PDF<br />遠田 敦(東京理科大学)<br />
これまでに取り組んだ研究テーマ<br />2<br />情報家電・着座姿勢・腰部負荷・回避距離・歩行軌跡・接触動作<br />
リサーチ アイデンティティ<br />・建築分野におけるさまざまな場面で情報通信技術(ICT)を活用する<br />・ICTによって設計のためのコンテクストを抽出する<br />・デザインだけでは解決できない空間上の諸問題をICTにより解決し、...
建築とICTをめぐる諸問題<br />・とりまく3つの「不在」<br />① 技術の不在:ゼネコン技研との落差<br />② 資金の不在:建築費を圧迫する設備費用<br />③ 需要の不在:クライアントの必要性不足<br />4<br />入退...
・DIWO(Do It With Others)<br />・ネット上に公開されている情報<br />①技術の不在<br />・OSHW(オープンソースハードウェア)を利用したローコスト化<br />・データ売買の仕組みを用意<br />②資金...
・個人による「パーソナル」<br />・手法としての「デジタル」<br />・運動としての「ソーシャル」<br />PDF<br />・建築分野に特化したOSHWに基づく建築モニタリングデバイスの開発<br />・データの二次利用サービスの開発...
7<br />MTM05・MTM06フライヤー<br />
8<br />MTM05<br />
Make:rを支える ”Arduino”(アルディーノ)<br />9<br />Arduino・LilyPad Arduino<br />
Arduino の概要<br />・Processingに基づいたプログラミング言語<br />・フリーでマルチプラットフォームの開発環境<br />・回路図や部品情報が公開されており、多数のクローンが存在する<br />・汎用性が高い<br ...
12<br />「週刊ダイヤモンド」2010年5月22日号より<br />
Architecture + Arduino = Archiduino<br />13<br />Archiduino基板<br />
14<br />Archiduinoで実現する建築モニタリングシステムの全体像<br />
センシング・ロギング・ヴィジュアライズ<br />15<br />Archiduinoセンサノード・Archiduinoハブノード・Pachube.com・Google Sketchupとの連携<br />
・OSHWの範囲で可能なものを実装できる<br />・クラウドサービスの利用<br />①技術の不在<br />PDF<br />Archiduino<br />②資金の不在<br />・OSHWで安価に作る<br />Make:<br />③...
今考えている事<br />・年収200万円台の人口が1,000万人の時代<br />->言うまでもなく、需要が減少<br />->「年収200万円台」でも住宅が建てられるか?<br />・35年の「住宅ローン奴隷」は幸福な人生設計か?<br /...
給与階級別給与所得者数・構成比(H21)<br />18<br />国税庁 民間給与動態統計調査(H21)より作成<br />
19<br />セルフビルドを目指した人々<br />
・技術力と生産力のクラウド化<br />・「Fab Lab」という運動<br />・ツールの充実<br />技術<br />PDF<br />・GPLの家<br />Archiduino<br />資金<br />Make:<br />・セルフ...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

20101226 エウレカ:プレゼンテーション

1,226

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,226
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "20101226 エウレカ:プレゼンテーション"

  1. 1. 2010.12.26@Eureka<br />Make:・Archiduino・PDF<br />遠田 敦(東京理科大学)<br />
  2. 2. これまでに取り組んだ研究テーマ<br />2<br />情報家電・着座姿勢・腰部負荷・回避距離・歩行軌跡・接触動作<br />
  3. 3. リサーチ アイデンティティ<br />・建築分野におけるさまざまな場面で情報通信技術(ICT)を活用する<br />・ICTによって設計のためのコンテクストを抽出する<br />・デザインだけでは解決できない空間上の諸問題をICTにより解決し、QOLを向上させる<br />3<br />
  4. 4. 建築とICTをめぐる諸問題<br />・とりまく3つの「不在」<br />① 技術の不在:ゼネコン技研との落差<br />② 資金の不在:建築費を圧迫する設備費用<br />③ 需要の不在:クライアントの必要性不足<br />4<br />入退出管理・位置情報システム・流体解析シミュレーション<br />
  5. 5. ・DIWO(Do It With Others)<br />・ネット上に公開されている情報<br />①技術の不在<br />・OSHW(オープンソースハードウェア)を利用したローコスト化<br />・データ売買の仕組みを用意<br />②資金の不在<br />・キラーコンテンツの開発を継続<br />・個人ベースの需要から開拓する<br />③需要の不在<br />5<br />諸問題に対するアプローチ<br />
  6. 6. ・個人による「パーソナル」<br />・手法としての「デジタル」<br />・運動としての「ソーシャル」<br />PDF<br />・建築分野に特化したOSHWに基づく建築モニタリングデバイスの開発<br />・データの二次利用サービスの開発<br />Archiduino<br />・年2回開催される「Make:r」の祭典<br />・個人の趣味の延長で発表される多種多様なデバイスやメカ<br />・OSHW化されるデバイス<br />Make:<br />6<br />アプローチにおける具体的な手段<br />
  7. 7. 7<br />MTM05・MTM06フライヤー<br />
  8. 8. 8<br />MTM05<br />
  9. 9. Make:rを支える ”Arduino”(アルディーノ)<br />9<br />Arduino・LilyPad Arduino<br />
  10. 10. Arduino の概要<br />・Processingに基づいたプログラミング言語<br />・フリーでマルチプラットフォームの開発環境<br />・回路図や部品情報が公開されており、多数のクローンが存在する<br />・汎用性が高い<br />・単純な処理に向いている<br />8bitマイコン/10bitADコンバータ<br />Analog I/O 6ポート/Digital I/O 14ポート<br />3,200円<br />
  11. 11.
  12. 12. 12<br />「週刊ダイヤモンド」2010年5月22日号より<br />
  13. 13. Architecture + Arduino = Archiduino<br />13<br />Archiduino基板<br />
  14. 14. 14<br />Archiduinoで実現する建築モニタリングシステムの全体像<br />
  15. 15. センシング・ロギング・ヴィジュアライズ<br />15<br />Archiduinoセンサノード・Archiduinoハブノード・Pachube.com・Google Sketchupとの連携<br />
  16. 16. ・OSHWの範囲で可能なものを実装できる<br />・クラウドサービスの利用<br />①技術の不在<br />PDF<br />Archiduino<br />②資金の不在<br />・OSHWで安価に作る<br />Make:<br />③需要の不在<br />・自分で作り、共有する<br />16<br />これまでのまとめ<br />
  17. 17. 今考えている事<br />・年収200万円台の人口が1,000万人の時代<br />->言うまでもなく、需要が減少<br />->「年収200万円台」でも住宅が建てられるか?<br />・35年の「住宅ローン奴隷」は幸福な人生設計か?<br />->建てながら暮らす事は不可能なのか?<br />->PDFとしての「セルフビルド」にICTは関与できないか?<br />17<br />
  18. 18. 給与階級別給与所得者数・構成比(H21)<br />18<br />国税庁 民間給与動態統計調査(H21)より作成<br />
  19. 19. 19<br />セルフビルドを目指した人々<br />
  20. 20. ・技術力と生産力のクラウド化<br />・「Fab Lab」という運動<br />・ツールの充実<br />技術<br />PDF<br />・GPLの家<br />Archiduino<br />資金<br />Make:<br />・セルフビルド 2.0<br />需要<br />20<br />展望<br />

×