Your SlideShare is downloading. ×
0
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告

554

Published on

2013年9月にミラノであった第3回LibreOffice Conferenceレポートです。KOF、九州LibreOffice勉強会、日本OSS推進フォーラム、関西LibreOffice勉強会、ODPGと少しずつ資料を増やしながらお話した最後の版です。 …

2013年9月にミラノであった第3回LibreOffice Conferenceレポートです。KOF、九州LibreOffice勉強会、日本OSS推進フォーラム、関西LibreOffice勉強会、ODPGと少しずつ資料を増やしながらお話した最後の版です。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
554
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. LibreOffice Conference 2013 in Milano 参加報告 in 2013年度ODPG第2回定例会 2013/12/19 榎 真治 (shinji.enoki@gmail.com) LibreOffice 日本語チーム This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License.
  • 2. 自己紹介 LibreOfficeコミュニティ LibreOffice日本語チーム(主にイベントで活動) 関西LibreOffice勉強会 その他のコミュニティ 日本UNIXユーザー会、KOFスタッフ、LILOなど フリーでLibreOfficeのサポート、コンサルティング、トレー ニング、執筆 2
  • 3. LibreOfficeカンファレンスの概要 年1回開催されるグローバルなLibreOfficeコミュニティの イベント 2011年パリ、2012年ベルリン、今年で3回目 日時:2013年9月25日(水)-27日(金) 場所:イタリア・ミラノ(ミラノ大学) 参加者:約150名(日本人2名、日本からは1名) 3
  • 4. 今回の印象 去年まで見かけなかった新しいコントリビュータが目だっ た ボランティアのコントリビュータ、CloudOnのフルタイ マー(たぶん4名)など ハッカソンを行うなど実質的な路線になってきた 4
  • 5. 3トラック、68セッション 一般:7 基調講演やクロージング 開発:26 コミュニティ:22 マーケティング、QAなど ベストプラクティス&マイグレーション:8 日本の事例も紹介 ODF:5 参考:カンファレンス資料ページ http://conference.libreoffice.org/talks/2013/ 5
  • 6. 会場 | 1日目午前中 カ・グランダ(1456年に建設が開始された旧マッジョーレ 病院。現在はミラノ大学) 6
  • 7. 受付と廊下 7
  • 8. ウェルカムセッション ボチボチ人が入ってきています 8
  • 9. 基調講演:Migrating to LibreOffice in Italy Osvaldo Gervasi 2つあった基調講演のうちの1つ イタリアのウンブリア州の事例 自治体行政組織や学校向け TDFとコラボレーション 先に上層部やミドル層に、その後エンドユーザー向けに マーケティングキャンペーン トレーニングプログラムを実施 9
  • 10. LibreOffice: State of the Project Italo Vignoli, Florian Effenberger, Michael Meeks この1年にあったこと、イベントなどを紹介 日本のminiconfも紹介された アドバイザリーボードが8->14に増えた コードのコミッター数/コミット数も 緩やかに増加 10
  • 11. The Governance & Economics of the Ecosystem Michael Meeks コミュニティのコントリビュータや組織(TDF)、お金 の流れなど生態系について ロングタームサポートはTDFが出すべきか?は興味 深い 11
  • 12. 開発 当然ながら一番セッション数が多いカテゴリ OOXMLの相互互換性の話が2つ CloudOnとLanedo(コミュニティに分類) 開発に関するツールや環境に関するものも多かった印象 git,gbuild, tinderboxes,リリース・パッケージング 12
  • 13. New document storage in Calc Kohei Yoshida 13
  • 14. Widget Layout, status and gtk3 Caolán McNamara 昨年の続き。 ダイアログの サイズが固定されて いたものを自由に 動かせるように 大分進んだが 引き続き開発に 参加してね、とのこと 14
  • 15. Adam Fyne OOXML interoperability CloudOnによるLibreOfficeのOOXML相互互換性の取り 組みのお話 15
  • 16. Improving interoperability as a business Lionel Dricot, Pierre-Éric Pelloux-Prayer LanedoによるLibreOfficeとMicrosoft OfficeとのOOXML 相互互換性への取り組み 自動的なテストも 16
  • 17. コミュニティ | 多種多様なセッション マーケティング戦略ワークショップ QAセッション4つ? Webまわり:Silverstripe、Plone(テンプレートサイト) 新しくコントリビューターになる話 LibreOffice Magazine(ブラジル) 17
  • 18. LibreOffice Localization Project at KACST in Saudi Arabia Ahmed Abdulmajeed, Ahmad H. Al Harthi サウジアラビアの行政機関によるプロジェクト RTLのバグに対する修正パッチを書いている 18
  • 19. Robinson Tryon To infinity minus one: Improving the tools we use for QA QAでどんな活動をしているか、どんなツールを使っている かの説明 質疑応答からQAラウンドテーブルになだれ込む展開
  • 20. QAの状況 QAチームでは、joelとRobinsonのアメリカ在住コンビが 引っ張っている バグトリアージに注力 LibreOfficeからレポートできる、Bug Submission Assistantもある Moztrapはあまりプッシュする人がいなくなった OpenOffice.org時代のTCMのテストケースをインポート 20 しただけでメンテナンス出来てない
  • 21. 発表概要|Case Studies of migrating to LibreOffice in Japan 会津若松市とJA福岡市のエクセレントユーザー2つをピッ クアップしつつ、日本の事例を紹介 コミュニティへの参加・コラボレーションの重要性について 質疑応答で出た話 日本のコミュニティの規模 日本での英語ブログについて Marketing MLでも日本の事例についての情報共有をし て欲しい 21
  • 22. 発表について|感謝 小笠原さんにスライドの英訳をしていただきました Koheiさんに質疑応答で助けていただきました お二人の助力でどうにかできました 22
  • 23. 発表してみて ギリギリまでスライドをいじっていてぶっつけ本番 予行演習もせずに、人生初の英語プレゼンをやった スライドに全部書いておいて、読み上げる作戦はわりと有 効 ボロボロだったが、どうにか最後まで持ちこたえた 聴衆は20名以上いて、関心度合いはそこそこ高かった 上手く伝えられず反省点も多いが、日本の事情を少しでも 伝えられたので、やってよかった 23
  • 24. セッションに聞きにきてくれて日本からの TシャツをプレゼントしたPhilipp Riemerと PhilippはMy first year as a core contributorというセッ ションで、どのようにコミュニティに参加すればよいかという お話も 24
  • 25. LibreOffice3周年のお祝い 25
  • 26. Board of Directorsメンバーに対するQ&A Bjoern Michaelsen Olivier Hallot Jesús Corrius Caolán McNamara Florian Effenberger Andreas Mantke Michael MeeksとItalo Vignoliは写真の枠外 Thorsten Behrens はこの日は見かけず。コミュニティミー ティングの日には来ていた 参考 http://www.documentfoundation.org/foundation/board/ 26
  • 27. 2夜連続でハッカソン 今年は公式パーティはなし 1日目の夜:CloundOnスポンサーのハッカソン OOXML関連の課題リストを渡されて挑戦するスタイル 2日目の夜:Googleスポンサーのハッカソン 27 お題は特になしで好きなテーマに挑戦
  • 28. ハッカソン会場(2部屋の1つ) みんな疲れもみせずにチャレンジ 機内食のような?食事付き 無線LANが繋がりにくくて苦戦 28
  • 29. 29
  • 30. コミュニティミーティング カンファレンス前日9月24日(火)に開催 Board of Directors TDFの意思決定機関 TDFメンバーの投票で選出 毎週電話会議(今回はオフラインだが非公開) Engineering Steering Committee 技術的な調整・決定をするチーム 現在18名 今回は公開で開催 通常はメンバーのみの電話会議(毎週) 30
  • 31. Engineering Steering Committeeの様子 前に座っている人たちがESCメンバー 31
  • 32. ミーティング前の雑談中の 様子。 BoDが開催されているため、 部屋の外の廊下で 32
  • 33. Kohei & Jihui Choi コミュニティミーティングの後にみんなでご飯に行った時の 様子 33
  • 34. SUSEからCollaboraへ カンファレンスの前に、SUSEからCollaboraへ大半のメン バーが移籍してLibreOfficeビジネスを引き継いだと発表 8名ほど移籍したようだが、ほぼ全員カンファレンスに来て 発表していた CollaboraのWebをみると、GSoCの学生もメンバーとして 追加されている模様(インターン?) 開発自体は順調に続けているようだ SUSE時代と違って、サポートビジネスに力を入れていくよ うだった(今までと違って、LibreOfficeビジネスでチームを 維持する必要がある) 34
  • 35. 新しいコントリビューター ボランティアもPhilipp Riemerなど初めて会うメンバーも 多かった。QAのRobinson Tryonもカンファレンスには初 参加 フルタイマーではCloudOnメンバーが初参加 一方でClayton Cornellは、2010年以来久しぶり(元 Sun/Oracle社員で今回はボランティアとして) 35
  • 36. まとめにかえての感想 コミュニティガバナンスはわりとうまく回っている 多様なコントリビュータが参加できている コアの改善や機能追加もゆっくり目だが進んでいる 開発速度を上げたり、大きなのタスクを片付けるには、フルタイ マーが必要 TDFのアドバイザリーボードは増えているが(年会費増)、寄付 とあわせても金額は少ない。現在TDFのフルタイマーは2名 サポート企業はヨーロッパでは最低限のビジネスは成り立っ ているようだが、まだまだこれから。 パソコン上でのオフィスソフトという位置付け自体がレガシーに なりつつあるが、クラウドやスマートフォンなどへの取り組みはそ れほど進んでいない(そこにフォーカスすべき?) 36
  • 37. Enjoy LibreOffice Life! Thank you! 37
  • 38. おまけ:ミラノの様子 地下鉄に加えて、市電とバスが充実していて便利! でもどれに乗っていいのか調べてないと迷う 車が多くて危ない。普通に大都市だった おしゃれなところとは無縁だったのでよくわかりません Doumoあたりの中心部が観光ポイント ミラノのDoumoは登ってみたけれど、立派だった 38

×