インフラエンジニアのこれから ~Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド~(第一部)

3,545 views
3,517 views

Published on

2013/10/16開催セミナーの発表予定資料です。
http://biz.pasonatech.co.jp/seminar/upcoming/osaka_cloud.html

Published in: Technology
0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,545
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,041
Actions
Shares
0
Downloads
43
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

インフラエンジニアのこれから ~Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド~(第一部)

  1. 1. RED HAT OPENSTACK TECHNOLOGY | 2013 インフラエンジニアのこれから ~Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド~ レッドハット株式会社 中井悦司 / Etsuji Nakai Senior Solution Architect and Cloud Evangelist v1.0 2013/10/07 第1部 クラウド入門
  2. 2. 2 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 目次  企業システムにおけるインフラ技術の変遷  プライベートクラウドという選択肢  クラウドにおけるLinuxの利用方法  仮想化統合とクラウドの違い (*) 本資料に含まれる技術情報は、2013年9月時点のRDO(Grizzly)とRed Hat OpenStack v3.0の仕様に基づきます。
  3. 3. 3 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 自己紹介  中井悦司(なかいえつじ) – Twitter @enakai00  日々の仕事 – Senior Solution Architect and Cloud Evangelist at Red Hat K.K. 企業システムでオープンソースの活用を希望される お客様を全力でご支援させていただきます。  昔とった杵柄 – 素粒子論の研究(超弦理論とか) – 予備校講師(物理担当) – インフラエンジニア(Unix/Linux専門) 「Linux独習書の新定番」 書きました! 読者の声より ―― 「今はインターネット上に情報が溢れているけど、質の高い入門書が少なく   なっているのは不幸なことだと思う。そんな中、この本はすごくいい」 「平易な言葉でありながら、決して足りなくはない。慎重に選ばれています。  脳みそに染みこんで来ます」
  4. 4. 4 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 企業システムにおける インフラ技術の変遷
  5. 5. 5 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 企業システムにおけるインフラ技術の変遷 1990 2000 2010 インターネット技術の ビジネス活用 企業の基幹系システムが Linuxへと移行 オープンソースの ビジネス活用 企業の基幹系システムが Unixへと移行 Webサーバなどの 周辺システムでLinuxを利用 学術・研究機関で Unixを研究・活用 LinusがLinuxの 開発を公表 Red Hat Enterprise Linux AS2.1の発表 仮想化技術による リソースの集約 仮想化環境でのLinuxの活用 パブリッククラウドの利用 Avi Kivityが Linux KVMを公開 インフラ技術の変遷の次のステップは、企業システムの クラウド移行と考えられています。 そこでは、インフラエンジニアの目からみて、どのよう なシステム活用の世界が待っているのでしょうか? Red Hat OpenStack 3.0の発表 本講演のテーマ
  6. 6. 6 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 ちなみに・・・講演者とUnix/Linuxとの関わり 自主規制
  7. 7. 7 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 ところで、Linux/OSSの価値ってなんでしたっけ? 安いことが価値? 最新技術が価値? 第三者著作物につき掲載いたしません
  8. 8. 8 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 クラウドにおける「オープンスタンダード」としての価値 複数のクラウド事業者が協力して 震災関連情報の発信に取り組みました エンジニアの共通言語としての Linux/OSSの価値を実感しました
  9. 9. 9 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 何のためにオープンソースが必要なのか? よくあるお客様の声 ― 「我々は、その時々で最適な製品を 選択していくだけだから、オープンソースかどうかは関係な い。」 過去に縛られずに、本当に 「その時々」で最適なものを 選択できるのでしょうか? 必要なのは、ユーザ企業が主導権を持って 技術の進化を取り込みながら システムそのものを進化させていく戦略
  10. 10. 10 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 プライベートクラウドという選択肢
  11. 11. 11 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 プライベートクラウドという選択肢  プライベートクラウドに対するよくある意見 – 「みんなで割り勘するから安くなるのがクラウドの価値」 – 「安くならなければクラウドに移行するメリットは無い」 – 「ハードウェアを所有しないのがこれからのトレンド」  パブリッククラウドと同じ仕組みを企業内に用意してもメリットは無いの でしょうか? – ユーザ企業自身で構築した、OpenStackのプライベートクラウド事例 が多数、公開されています。 – パブリック/プライベートという分類に関係しない、「クラウドの本質 的なメリット」を理解すると、プライベートクラウドは自然な選択肢 となります。 クラウドのメリットはこの後で 改めて説明します。
  12. 12. 12 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 OpenStackのプライベートクラウド事例  証券、ケーブルテレビ、ネットビジネス、研究機関などあらゆ るエリアのユーザ企業がOpenStackの活用を始めています。  Bloomberg – 証券情報の分析・配信システムのインフラとしてOpenStackによる プライベートクラウドを活用 – http://www.openstack.org/summit/portland-2013/session- videos/presentation/keynote-bloomberg-user-spotlight  Comcast – ケーブルテレビのセットトップボックスのバックエンドシステムを OpenStackによるプライベートクラウド上に構築 – http://www.openstack.org/summit/portland-2013/session- videos/presentation/keynote-comcast-user-spotlight  BestBuy – OpenStackによるプライベートクラウドで開発環境をオンデマンド に提供できる環境を実現 – http://www.openstack.org/summit/portland-2013/session- videos/presentation/keynote-best-buy-user-spotlight  CERN – 物理学の実験施設から取得されるPBクラスの実験データの保存と分 析にOpenStackのプライベートクラウドを活用 – http://www.openstack.org/summit/portland-2013/session- videos/presentation/keynote-clouds-in-high-energy-physics
  13. 13. 13 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 クラウドにおけるLinuxの利用方法
  14. 14. 14 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 (参考)RDOとPackstackでデモ環境を簡単構築  下図の道具があれば、オールインワン構成のデモ環境を簡単に構築できます。 em1 em2 Intel-VT/AMD-V 対応サーバ ホストアクセス用NIC VMアクセス用NIC インターネット インターネットにアクセス できるネットワーク Fedora18 4GB以上のメモリ 「RDOデモ環境を確実に構築する手順」 http://d.hatena.ne.jp/enakai00/20130625/1372132365 手順はこちらを参照
  15. 15. 15 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 OpenStackが実現するクラウドの機能  OpenStackのユーザは、Webコンソール/APIを利用して、 次のようなコンピューティングリソースを利用します。 – 仮想ネットワーク – 仮想マシンインスタンス – ブロックボリューム データ領域 ブロックボリューム 仮想ルータ 仮想スイッチ 外部ネットワーク プロジェクト環境 OpenStackユーザ OS領域  各ユーザは特定の「プロジェクト」に 所属します。 – プロジェクト内でリソースを共有 – プロジェクト全体でのリソース使用 量の上限設定、リソース使用状況の レポーティングなどが可能 仮想マシンインスタンス
  16. 16. 16 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 OpenStackの仮想ネットワーク  プロジェクトごとに仮想ルータを用意して、その背後にプライベートなネットワーク環境 を構成します。 – ブロードバンドルータで家庭内LANをインターネットに接続するような感覚です。  仮想スイッチを作成して、ルータに接続します。 – それぞれの仮想スイッチは、プライベートIPの独立したサブネットを持ちます。  仮想マシンインスタンス起動時は、接続する仮想スイッチを選択します。 – DHCPでプライベートIPアドレスが割り当てられます。 – 同じプロジェクトの仮想マシンインスタンス間は、プライベートIPで通信できます。 – 外部ネットワークと通信する際は、「フローティングIP」を割り当てて、仮想ルータでNAT処理を 行います。 仮想スイッチ 192.168.101.0/24 プロジェクトA 専用ルータ 外部ネットワーク プロジェクトB 専用ルータ 仮想スイッチ 192.168.102.0/24
  17. 17. 17 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 外部ネットワーク 仮想マシンインスタンスの起動  仮想マシンインスタンスを起動する際は、次の項目を指定します。 – インスタンスタイプ – テンプレートイメージ (*) – 接続する仮想ネットワーク – セキュリティグループ – キーペア OS領域 テンプレート イメージ 複製 複数ネットワーク 接続も可能 セキュリティグループ (パケットフィルタリング) 形式 説明 raw フラットなイメージファイル AMI/AKI/ARI Amazon EC2が利用する形式 qcow2 Linux KVMが利用する形式 VDI VirtualBoxが利用する形式 VMDK VMwareが利用する形式 VHD Hyper-Vが利用する形式 (*) テンプレートイメージ作成機能は、OpenStackは提供しません。外部ツールで作成したものをインポートします。 テンプレートとしてインポート可能なイメージ形式
  18. 18. 18 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 デモンストレーション  プロジェクトごとに独立した仮想ネットワークが用意されていることを確認します。  Red Hat Enterprise Linux 6 (RHEL6) を起動して、仮想ネットワークに接続します。  「カスタマイズスクリプト」を利用して、起動後の初期設定を実施します。  ブロックボリュームを作成して、仮想マシンに接続します。
  19. 19. 19 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 仮想マシンインスタンスの「スナップショット」  仮想マシンインスタンスの「スナップショット」により、ルートディスクを複製して保存す ることができます。 OS領域 テンプレートイメージ テンプレートイメージから 仮想マシンインスタンス起動 インスタンスの スナップショット OS領域 ルートディスクを複製して スナップショットを作成 スナップショットから 仮想マシンインスタンス起動
  20. 20. 20 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 ブロックボリュームの使い方  ブロックボリュームは、仮想マシンインスタンスを停止してもそのまま残るので、永続的な データ保存領域として使います。 データ領域 ③スナップショット作成 ④スナップショットを複製して 新たなブロックボリュームを作成 ②仮想マシンインスタンスに 接続してデータ領域として使用 データ領域 他の仮想マシンインスタンスに 再接続可能(同時接続は不可) ①新規ブロックボリュームを作成 OS領域 OS領域
  21. 21. 21 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 ブロックボリュームからの起動  ブロックボリュームにゲストOSをインストールして、ブロックボリュームから仮想マシンイ ンスタンスを起動することも可能です。 – 仮想マシンインスタンスを停止しても、OS領域への変更が破棄されずに残ります。 – スナップショットを作成しておき、仮想マシンインスタンスを起動するタイミングで、 スナップショットから新しいブロックボリュームを用意することも可能です。 OS領域 仮想マシンインスタンスに 接続してゲストOS起動 テンプレートイメージを複製して ブロックボリュームを作成(*) OS領域 テンプレート イメージ OS領域 スナップショット作成 OS領域 複製 (*) この操作はGrizzlyのHorizon Dashboardには搭載されていません。コマンドラインでのAPI操作が必要です。
  22. 22. 22 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 プロジェクト単位のリソース使用レポート 現在の使用量 指定月の累計
  23. 23. 23 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 プロジェクト全体でのリソース使用量の上限設定
  24. 24. 24 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 RHEL6のテンプレートイメージ提供について  Red Hat Enterprise Linux (RHEL)では、RHEL6.4より、OpenStackで利用可能なテンプ レートイメージが提供されています。 – これをダウンロードして、OpenStackに登録することで、すぐにRHELの仮想マシンを起動すること ができるようになります。  Fedoraは、下記のWebサイトでAmazon EC2/OpenStack用のテンプレートイメージが公開 されています。 – http://fedoraproject.org/en/get-fedora-options#clouds
  25. 25. 25 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 仮想化統合とクラウドの違い
  26. 26. 26 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 仮想化統合とクラウドの違い  仮想化統合のよくある目的 – 物理サーバの台数を減らして、土地代、電気代などのサーバ維持費用を削減 – ライブマイグレーションで、サーバメンテナンスに伴うサービス停止を回避 – サポート切れOSの延命  クラウド利用のメリット – 管理者を介さずにコンピューティングリソースを利用者に提供 – サーバ、ネットワーク、ストレージをパーツ化して自由に組み合わせ可能 – APIを利用して、プログラムや外部ツールから環境の構築・操作が可能 IT管理部門にとって嬉しいのが仮想化統合 IT利用部門にとって嬉しいのがクラウド クラウド導入には、クラウドを使いこなせる 利用者を増やす努力が必要
  27. 27. 27 Red Hatの描くLinuxの今後とクラウド〜第1部クラウド入門 クラウドに関わるエンジニアの2つの方向性  クラウドインフラの設計・構築・運用に関わるエンジニア – クラウドを構成する要素技術(基礎技術)への深い知識 – 要素技術を適切に組み合わせてクラウドを実現するインテグレーション技術 – 大規模環境を効率的に運用するノウハウ  クラウドを活用したシステム構築に関わるエンジニア – APIを利用した環境構築の自動化・効率化 – オートスケールなどの自動化を前提としたシステム設計 – ・・・ 「クラウドの利用」をテーマとした 入門セミナーが11/12に開催されます!
  28. 28. RED HAT OPENSTACK TECHNOLOGY | 2013 WE CAN DO MORE WHEN WE WORK TOGETHER THE OPEN SOURCE WAY

×