ArEco (エコロジーを支援する拡張現実)

578 views
532 views

Published on

私がARを知ってから、適用したいと考えている分野の1つがエコロジーだ。
ARがエコロジーを加速させることができることを、まずこのドキュメントで説明する。まずは序説としてこの資料を公開する。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
578
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ArEco (エコロジーを支援する拡張現実)

  1. 1. ArEco拡張現実の技術がエコロジーを支援するAugmented reality technology to help achieve ecological2013年4月21日Etsuji Kameyama(亀山悦治)113年4月22日月曜日
  2. 2. 2はじめに2009年頃から世界的に利用され始めた拡張現実の技術だが、その利用領域はプロモーション、エンターテイメント、リテールの利用に留まっているように見える。もちろん、操作支援、コミュニケーション、シミュレーションという分野でも利用は始まっているが、本格的な取組みはこれからだろう。私がARを知ってから、適用したいと考えている分野の1つがエコロジーだ。ARがエコロジーを加速させることができることを、まずこのドキュメントで説明する。まずは序説としてこの資料を公開する。213年4月22日月曜日
  3. 3. AR Ecology (何を解決するの?)3エコロジー資源の有効活用環境保護時間の効率化AR313年4月22日月曜日
  4. 4. 4資源の有効活用資源は無限ですか?413年4月22日月曜日
  5. 5. 5環境保護あなたの行動が環境を壊していませんか?513年4月22日月曜日
  6. 6. 6そこで提案!もし、少しでも環境保護、資源の節約ができるならば、あなたはどうしますか?改善の実行613年4月22日月曜日
  7. 7. 7• 何回でも繰り返して実行できる。• 失敗した場合でも、やり直しができる。• 材料を使用して、実際に作らなくても良い。• 異なる場所でも利用できる。持ち運びができる。• デジタル上のバーチャル空間は必要ない。どんなメリットがある?713年4月22日月曜日
  8. 8. 8• 建築全般のシミュレーション、モデルハウス• インテリア、壁紙、設備の配置シミュレーション• 洋服や、ジュエリーの試着、メイクのお試し• 商品のプロトタイプ制作• 美術館、博物館、芸術用品• 紙媒体• 化学実験、物理シミュレーションどんな利用方法がある?(例)813年4月22日月曜日
  9. 9. 9ここまでは概略です。このテーマは次に続きます!913年4月22日月曜日
  10. 10. 10Etsuji Kameyama (ekame@msn.com)@kurakurahttp://development.blog.shinobi.jp- twitter (@kurakura)- facebook (ekameyama)- ITmediaマーケティング- SlideShare (ekame)- paper.li (kurakura/ar)- YouTube (ekame)- myspace Music (KURA KURA)- The 25 Most Tweeting About AR- flickr (KURA KURA)- Twitter most popular- AR Mind Map- AMeeT-拡張現実の紹介- デジタルサイネージとAR- Capital newspaper- schoo http://schoo.jp/class/84- Pingoo1013年4月22日月曜日

×