電子出版動向2012
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

電子出版動向2012

on

  • 694 views

 

Statistics

Views

Total Views
694
Views on SlideShare
694
Embed Views
0

Actions

Likes
4
Downloads
5
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

電子出版動向2012 電子出版動向2012 Presentation Transcript

  • 最近の電子出版動向と 出版社の対応 2012.11.14 イースト株式会社 下川 和男 shimokawa@est.co.jp
  • 7月:楽天Kobo  7月2日 Kobo Touch(7,980円、eInk、6”)販売開始  http://rakuten.kobobooks.com/  3万点 ⇒実際は1.9万点(消費者庁が行政指導)  6.5万点 Wikipedia 500点、楽譜ピース1.4万点  TIBFでの颯爽の船出が、三木谷発言で減速  「細かいことで騒いでいるのは少数派」  Windows漢字ユーザ名、海外Koboアカウント、ユーザレビュー  ビューワもソーシャルの仕組みも良いので、復活に期待  カナダKobo社 2011年11月 3億ドルで楽天が買収  年内にKobo Arc (液晶、7”) か?EAST Co.,Ltd. 2 2012/10/30
  • 9月:Google Books  9月25日 Nexus 7日本発売と同時にサービス開始  https://play.google.com/store/books  点数を競うのではなく、コンテンツをゆっくり増強。  Nexusは10、4(画面サイズ)も順次販売(USで)  Google Book Search、電子図書館構想とも連動  「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスでき て使えるようにすること」EAST Co.,Ltd. 3 2012/10/30
  • 10月:iPad miniとiBooks 3.0  7.9”なので読書にピッタリ 28,800円 11月2日発売  iBooks 3.0 日本語組版に対応  iBookStore(電子書店)の日本上陸も、もうすぐか?  iBooks Author(電子教科書編集ソフト、無料)も注目  但し、EPUBではなく独自フォーマットEAST Co.,Ltd. 4 2012/10/30
  • 10月:ついにKindle  10月25日 Kindleストア オープン 5万点  講談社 4419、小学館 3735、集英社 1591、新潮社 988  角川書店 2548、学研 746、幻冬舎 876、早川書房 294  アスキー 754、PHP研究所 1470・・・ (11月14日、概数)  2007年USでの出荷時は9万点、現在140万点以上。  紙の書籍に「電子化リクエストボタン」  Kindle Direct Publishing:自費出版サイトも同時公開  https://kdp.amazon.co.jpEAST Co.,Ltd. 5 2012/10/30
  • フォーマットはすべてEPUB 3EAST Co.,Ltd. 6 2012/10/30
  • EPUBを作るには・・・ Adobe InDesign Microsoft Word GT-EpubAuthor 固定レイアウト(画像)用 インプレス NextPublishing ・印刷会社への作業委託 ・出版デジタル機構の活用CAS-UB:共同編集EAST Co.,Ltd. 7 2012/10/30
  • 電子出版の特徴を活かす  世界への販売  各社の電子書店は世界への販売が可能  多くのデバイスは多言語フォントを実装  冊子、少部数もOK  いままで、書籍にできなかったコンテンツの販売  数式、複雑なレイアウト・表組などは今後に期待  演習問題なども少し先。 韓国が国際標準化を推進  マイクロソフト参入の可能性あり。  ⇒ デジタルコンテンツを社内でしっかり管理!EAST Co.,Ltd. 8 2012/10/30