Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
111116 canpan slide「デジタルまわりの権利のお話」
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

111116 canpan slide「デジタルまわりの権利のお話」

  • 1,303 views
Published

秋のNPO×インターネット連続セミナー …

秋のNPO×インターネット連続セミナー
~権利、Facebook、ファンドレイジング、ソーシャルメディア~
第4回11月16日18:30~
知りたい!Webなどのデジタルまわりの権利のこと。セミナー
~日本財団ROADプロジェクト/ハタチ基金チャリティ~
http://blog.canpan.info/socialseminar/archive/21

Published in Education , Technology , Sports
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,303
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2

Actions

Shares
Downloads
4
Comments
0
Likes
1

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 秋のNPO インターネット連続セミナー ∼権利、Facebook、 ファンドレイジング、ソーシャルメディア∼ 知りたい! Webなどのデジタルまわりの権利のこと。セミナー 2011/11/16 MediaThink Eguchi Shintaro11年11月16日水曜日
  • 2. <PLOFILE>江口晋太朗 Eguchi Shintaro (Twitter@eshintaro) 1984/8/26 福岡県出身 高校卒業後自衛隊に入隊その後大学進学。 行政、NPO、メディアなどの分野で活動。 Webマガジン「84ism」副編集長なども手がける。NPOにおける広報やソーシャルビジネスなどの世界の事例を調査し、 セミナーや講演などをおこなう。新しい公共円卓会議や経産省のCreativeTokyo Forumなどの企画にも関わり、最新のソーシャルメディアの事例や「SocialGood」などの動きも リサーチしている。11年11月16日水曜日
  • 3. 今日のテーマ ●セミナー 「Webに関する権利など」 ●グループディスカッション  みなさんで意見交換や質問など ●チャリティ寄付先団体の説明11年11月16日水曜日
  • 4. 著作権とは言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、写真、コンピュータプログラムなどの表現形式によって自らの思想・感情を創作的に表現した者に認められる、それらの創作物(=著作物)の利用を支配することを目的とする権利11年11月16日水曜日
  • 5. 事実、アイディアは保護せず、 その表現にのみ保護する photo by ImagineCup on flickr11年11月16日水曜日
  • 6. 創作性誰もが使うもの、誰が考えても似たような表現になる ものは、誰にも独占させないことにする photo by Sebastiaan ter Burg on flickr11年11月16日水曜日
  • 7. 事実やアイディアは保護されない 短く、単純で、表現パターンが限られるもの、 広く使わなければいけないものなどは、 保護されない11年11月16日水曜日
  • 8. それ以外は、すべて保護される11年11月16日水曜日
  • 9. 100人の絵、100人の写真 それぞれ同じものを撮っても、違う作品に11年11月16日水曜日
  • 10. 著作財産権 著作人格権11年11月16日水曜日
  • 11. <著作財産権> 複製/公衆送信/翻案 二次的著作物の利用に関する原著作者の権利 頒布/譲渡権/貸与権/上映権/演奏権 その他、上演権/口述権/展示権など <著作人格権> 公表権/氏名表示権/同一性保持権11年11月16日水曜日
  • 12. コピーライトマーク「©」は、 著作権の発生要件として 著作物への一定の表示を求めていた著作権表示のマーク11年11月16日水曜日
  • 13. 方式主義 と 無方式主義かつての米国をはじめとする方式主義国において、要件を満たす著作権表示を行うために用いられるマーク。著作権者を表すコピーライトマーク「©」は、現在は、方式主義をとるカンボジア及びラオスの2か国以外では著作権の発生要件としての法的な意味はない。11年11月16日水曜日
  • 14. 利用 と 使用11年11月16日水曜日
  • 15. どこまでが利用か →著作権に定められている行為 どこまでが使用か →著作物を見聞きするだけ11年11月16日水曜日
  • 16. 例外規定 ●私的複製 ●利用を認めることが社会にとって意義のある場合 →時事の事件の報道のための利用など ●教育的利用などの利用 ●検索エンジンなどの利用 目的上正当な範囲内で著作物を引用する場合など11年11月16日水曜日
  • 17. No illegal Download photo by Sam Howzit on flickr11年11月16日水曜日
  • 18. <著作隣接権>実演家/レコード製作者/放送事業者/有線放送事業者 photo by flo and me on flickr photo by wot nxt on flickr11年11月16日水曜日
  • 19. 著作権法の意義11年11月16日水曜日
  • 20. コンテンツを創作する人がきちんと市場で公正に競争 できる仕組みと整える自分が創作したものに関して、他人が勝手に使えない 権利を与え、フリーライドを防止し、 創作のインセンティブを確保 社会における「文化の発展」の寄与11年11月16日水曜日
  • 21. 変わってきた著作権環境11年11月16日水曜日
  • 22. デジタル技術の発展、進歩 Technology Revolution photo by SCA Svenska Cellulosa Aktiebolaget on flickr11年11月16日水曜日
  • 23. 著作権法は、 デジタルにおける 複製行為に関して コピー&ペースト、 権利者の許諾なしに 改変、アップロード 無断でおこなうことを の簡便さ 禁止11年11月16日水曜日
  • 24. デジタルによる弊害 1どこまでが複製か 2技術の進歩による著作権にかけるコストの増大 3表現形式による適用範囲のギャップ11年11月16日水曜日
  • 25. 1どこまでが複製か 使用と複製の境界線があいまいに 音楽放送→二次使用料(事後に)コンピュータを使い、データを蓄積してデジタルデータの見聞 きは、「複製ではない」という判決 ↓ ダウンロードとの違いがあいまいに <キャッシュは合法か?> <オンライン/オフラインによって違う?> 「例外の例外」などの作成11年11月16日水曜日
  • 26. 2技術の進歩による著作権にかけるコストの増大 共同制作、二次制作物、同人誌など、制作に関わる人の増加/ 著作物の増加、権利の複雑化 ex>ニコニコ動画/pixiv など →許諾や権利処理は複雑に11年11月16日水曜日
  • 27. 3表現形式による適用範囲のギャップ アイディアは保護せず、表現だけを保護する 写真は? 絵は? 音楽は?11年11月16日水曜日
  • 28. <正当な「引用」> ●引用されるものと自己のものが明確に分離 ●自己の制作物が主、引用が従 ●出典の明示11年11月16日水曜日
  • 29. 直接侵害 間接侵害11年11月16日水曜日
  • 30. 間接侵害 著作物を扱うサービスを使用している利用者 (サービスのエンドユーザー) が複製し違法利用している場合11年11月16日水曜日
  • 31. SONY事件 ナップスター判決 グロックスター判決 カラオケ法理 Winny事件 ロクラク事件11年11月16日水曜日
  • 32. 著作権と表現の自由に関する対立 <著作権上のポイント> ●アイディアは保護しない ●著作権の例外規定 ●著作物へのアクセス ●著作権の保護期間 ●改変し、別の作品に創作しなおす11年11月16日水曜日
  • 33. 著作権規定の変化 例外規定の変化 著作権保護期間に関する議論11年11月16日水曜日
  • 34. 著作権法の前提は、 社会における共有財を尊重し、 表現における規制をかけない11年11月16日水曜日
  • 35. 著作権でも特許権でも、 事実や発見は国民(人類)に広くあまねく 共有されるべきものだという法律の前提11年11月16日水曜日
  • 36. 企業の技術やデータの囲い込みは、 どこまでが許されるのか?11年11月16日水曜日
  • 37. どこにも、独占できるとは書いていない。 共有が前提11年11月16日水曜日
  • 38. 著作権 特許権 プライバシー 営業秘密 情報の独占と共有はバランスの問題11年11月16日水曜日
  • 39. 研究や論文、開発など、 エコシステムの中において豊かにしたい分野は、 基本技術やデータをあえて公開し、共有し、 その分野を長期的に発展させる EX> アプリ開発の環境を公開 photo by aditza121 on flickr11年11月16日水曜日
  • 40. 柔軟な著作権制度11年11月16日水曜日
  • 41. 共有のためのライセンスという意識11年11月16日水曜日
  • 42. 著作物の公開にあたり ●ライセンス ●利用条件 ●公開ポリシー などを公表11年11月16日水曜日
  • 43. クリエイティブコモンズジャパン http://creativecommons.jp/11年11月16日水曜日
  • 44. 著作権保護か、権利放棄か クリエイティブコモンズジャパン http://creativecommons.jp/11年11月16日水曜日
  • 45. クリエイティブコモンズライセンス(通称;CC)インターネット時代における新しい著作権ルール普及のためのライセンス表示著作権保持者自らが使用規約を制定し、意思表示をおこなう。利用者は指定されたルール上において自由に再配布などをおこなうことができる。 クリエイティブコモンズジャパン http://creativecommons.jp/11年11月16日水曜日
  • 46. 表示 規制弱 表示­継承 表示­改変禁止 表示­非営利 表示­非営利­継承 表示­非営利­改変禁止 規制強 クリエイティブコモンズジャパン http://creativecommons.jp/11年11月16日水曜日
  • 47. CCライセンス表記例11年11月16日水曜日
  • 48. メリット 原則、利用が自由 著作者)自分が想像しない使われ方をしない 利用者)許諾のコストが減少   利用の範囲が一目で理解できる11年11月16日水曜日
  • 49. フェアユース(一般例外規定)という考え photo by kate* on flickr11年11月16日水曜日
  • 50. ●利用の目的と性質●著作権のある著作物の性質●著作物との関係において利用されることの妥当性●著作物を利用することによる著作物の価値に対する影響 これらを考慮し、著作権者の許諾なしに利用できる規定11年11月16日水曜日
  • 51. 事後規制 権利者による親告制11年11月16日水曜日
  • 52. 何が合法か、 利用する人たち(国民)が自分で判断し、 行動を起こし、 その利用について訴訟となった場合に、 事後にその事象について評価する仕組み11年11月16日水曜日
  • 53. リスクをとり、 新しいサービスや起業をおこなうことへの寛容性 オープンイノベーションな考え photo by betsyweber on flickr11年11月16日水曜日
  • 54. オープンライセンスの意義11年11月16日水曜日
  • 55. オープンによる役割分担と資源の効率的利用 →コラボレーションの促進 「オープンエンド」による多様な進化の可能性11年11月16日水曜日
  • 56. 「オープンエンド」による多様な進化の可能性 著作権も、もっとオープンエンドなものに なるべきなのでは、という議論も11年11月16日水曜日
  • 57. デジタル技術の発展により、 著作物の使われ方も可能性が広がる 社会の情勢による情報流通の変化著作権やライセンスの、時代に合わせて目的やタイプ を決め、上手に使い分けることが求められる11年11月16日水曜日
  • 58. 新しい技術やツール、環境の変化に対して、 どこまでオープンにしていくか。 そのツールの危険性に対して、 どこまでコントロールしていくか。 photo by vancouverfilmschool on flickr11年11月16日水曜日
  • 59. コンテンツビジネスの多様化 金銭的インセンティブ 非金銭的インセンティブ コンテンツの露出と囲い込みのバランス →なにをオープンにし、何をクローズドにするか11年11月16日水曜日
  • 60. ”On the one hand information wants to be expensive, because its so valuable. The right information in the right place just changes your life. On the other hand, information wants to be free, because the cost of getting it out is getting lower and lower all the time. So you have these two fighting against each other.” by Stewart Brand on Hackers Conference 1984 http://en.wikipedia.org/wiki/Stewart_Brand11年11月16日水曜日
  • 61. <参考書籍> 「REMIX 「デジタル時代の著作権」 ハイブリッド経済で栄える文化と商業のあり方」 野口祐子 ちくま新書2010 ローレンス・レッシグ 翔泳社 201011年11月16日水曜日
  • 62. Thank you Eguchi Shintaro @eshintaro eguchishintaro@gmail.com11年11月16日水曜日