Your SlideShare is downloading. ×
0
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Robot_framework_introduction-ja
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Robot_framework_introduction-ja

24,338

Published on

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
24,338
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Robot Framework の紹介 http://robotframework.org © Copyright Nokia Siemens Networks Creative Commons Attribution 3.0 License Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 2. 普遍的な事実 • 一般的なテスト自動化フレームワーク ◦ キーワード駆動開発 • Python で実装 ◦ IronPython と Jython をサポート ◦ Python もしくは Java を利用し、広範囲の自然言語が使える ◦ 他言語は、XML-RPC に基づいたリモートインタフェースをサポート • オープンソース ◦ Apache 2.0 ライセンス ◦ スポンサーは、Nokia Siemens Networks ◦ 活発な開発と成長しているコミュニティ ◦ ホストは Google Code Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 3. 高レベルのアーキテクチャ テスト データ ` テストデータ シンタックス Robot Framework ` テストライブラリ API テスト ライブラリ テスト ツール ` アプリケーション インタフェース 被試験システム Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 4. シンプルなシンタックステーブル テストケース アクション アーギュメント アーギュメント ユーザアカウント 有効なユーザの作成 fred P4ssw0ed 作成とログイン 認証情報でログイン試す fred P4ssw0ed あるべき状態 ログイン 無効なパスワードで 有効なユーザの作成 betty P4ssw0ed ログインできない 認証情報でログイン試す betty 不適切 あるべき状態 アクセス拒否 Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 5. 単純なテストライブラリ API Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 6. 高レベルのキーワード テストケース アクション アーギュメント アーギュメント ログインデータベース ファイル削除 ${DATABASE FILE} 消去 有効なユーザの作成 [Arguments] ${username} ${password} ユーザ作成 ${username} ${password} あるべき状態 成功 無効のパスワードで [Arguments] ${password} ${error} ユーザ作成の失敗 ユーザ作成 example ${password} あるべき状態 ユーザ作成の失敗 ${error} ログイン [Arguments] ${username} ${password} 認証情報でログイン試す ${username} ${password} あるべき状態 ログイン Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 7. データ駆動 テストケース テストケース アクション パスワード エラーメッセージ 短すぎるパスワード 無効なパスワードでの abCD5 ${PWD INVALID ユーザ作成失敗 CONTENT} 長すぎるパスワード 無効なパスワードでの abCD567890123 ${PWD INVALID ユーザ作成失敗 CONTENT} 小文字のないパスワ 無効なパスワードでの 123DEFG ${PWD INVALID ード ユーザ作成失敗 CONTENT} 大文字のないパスワ 無効なパスワードでの abcd56789 ${PWD INVALID ード ユーザ作成失敗 CONTENT} 数字のないパスワー 無効なパスワードでの AbCdEfGh ${PWD INVALID ド ユーザ作成失敗 CONTENT} 特殊文字を含む 無効なパスワードでの abCD56+ ${PWD INVALID パスワード ユーザ作成失敗 CONTENT} Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 8. 実行可能な仕様 テストケース ステップ ユーザがパスワード変更可能 ユーザに有効なアカウントを与える ユーザがパスワードを変更する時 ユーザは新しいパスワードでログイン可能 そして、ユーザの古いパスワードは利用できなくなる Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 9. 変数 変数 値 ${USERNAME} janedoe ${PASSWORD} J4n3DDe ${NEW PASSWORD} e0D3n4J ${DATABASE FILE} ${TEMPDIR}${/}robotframework-quickstart-db.txt ${PWD INVALID LENGTH} パスワードの文字数は、7 ~ 12 でなければならない ${PWD INVALID CONTENT} パスワードは、小文字、大文字、数字の組合せ でなければならない コマンドライン: $ pybot --variable USERNAME:johndoe --variable PASSWORD:J0hnD0e my_tests.html Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 10. タグ付け • メタデータをテストケースに分類 • 自動的に集計したタグの統計 • 実行すべきテストケースの指定 • どのテストケースの重要度 Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 11. 明確なレポート Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 12. 詳細なログ Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 13. 簡単な統合 • テストスイートは、ファイルとディレクトリから作成 ◦ どのようなバージョン管理システムでも保存できるよう普通 • 単純なコマンドラインインタフェース ◦ CI システムもしくは、他のツールから簡単にテスト実行可能 • XML 形式での出力 ◦ 読み込み可能な形式の全ての情報 ◦ 異なるテスト結果を統合可能 Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 14. 異なるテスト ライブラリ • 標準ライブラリ ◦ 通常のインストールに含まれる ◦ OS、Telnet、スクリーンショット、文字列... • 外部ライブラリ ◦ 別途インストールが必要 ◦ Selenium ライブラリ、Swing ライブラリ、SSH ライブラリ... • プロジェクトもしくはチームの特別ライブラリ Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 15. 独立したテストデータエディタ(RIDE) Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.
  • 16. 詳細情報 • プロジェクトページ ◦ 主要な情報源 ◦ http://robotframework.org • クイックスタートガイド ◦ 主に特徴的な実行可能ガイド ◦ スライドの例もここから取得 ◦ http://code.google.com/p/robotframework/wiki/QuickStartGuide • ユーザガイド ◦ フレームワークの全ての特徴的な詳細情報 ◦ http://code.google.com/p/robotframework/wiki/UserGuide Copyright © 2010 Kazumasa EBATA All Rights Reserved.

×