JavaScript.Next

39,696
-1

Published on

Developers Summit 2012 で使用したスライド

後半を抜き出し少し更新したものはこちら:
http://www.slideshare.net/dynamis/kanazawajsnext

Published in: Technology, News & Politics
0 Comments
89 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
39,696
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
297
Comments
0
Likes
89
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

JavaScript.Next

  1. 1. Slide DL: JSNext.org JavaScript.Next @ Developers Summit 2012 by Tomoya ASAI (dynamis) Mozilla Japan - Technical Marketing 16-C-5 last update on 2012.02.15 see also: http://dynamis.jp/r
  2. 2. about:dynamis (Tomoya ASAI) http:// dynamis.jp @dynamitter facebook.com/ dynamis mailto: Tomoya ASAI (dynamis) <dynamis@mozilla-japan.org>
  3. 3. JavaScript 最新事情- 開発者なら知っておきたい次世代 JS - ECMAScript 5th & 6th Introduction HTML5 や DOM API の話はしません
  4. 4. Agenda JavaScript.Past ECMAScript 5th ECMAScript 6th (Appendix) (References) from Past to Future
  5. 5. おことわり。 現行仕様は注目機能を抜粋 次世代仕様は実装ありを中心に 特に複数 and/or 長期実装あり 草案 (rev5) より広い範囲 提案 (proposal) を中心に扱うが Proposal 試案 (strawman) も一部含む Strawman <¦ 演算子とか扱いません。 今回はネタ的な話は少なめです m(_ _)m
  6. 6. "HTML5" を期待された方へ HTML や CSS 関連が主題: about:HTML&Firefox HTML5 for Designers Firefox with HTML+CSS セキュリティ関連特集: Firefox Security Features 開発者向けツール: (やや古い) Firefox Developer Tools 必要に応じて他の講演スライドもご参照ください
  7. 7. JavaScript.PastHistory of JavaScript...
  8. 8. 1995.04 Brendan Eich、Netscape へ 「ブラウザに Scheme を」 という に食いついたが... JavaScript の父 現 Mozilla CTO 当時の写真ではありません
  9. 9. JavaScript の祖先 Java Scheme Self構文 第一級関数 Prototypeprimitive/objectY2K バグ JavaScript
  10. 10. 1995.05 Brendan Eich、Mocha を実装 最初は 10 日程度でやっつけ実装 96年秋に再実装 (SpiderMonkey) JavaScript と改名してリリース Netscape と Sun の共同発表 改名はマーケティング上の理由 JavaScript の商標権は Sun (現 Oracle) が保有 Netscape (現 Mozilla) は Sun との契約の元で利用
  11. 11. Microsoft in 1996 3月 MS が Java ライセンス取得 JavaScript ライセンスも含む 8月 JScript 対応の IE3 リリース MS Java 同様に非互換だらけ...
  12. 12. やばい!標準化しよう! ECMA での標準化を開始 当初は W3C (or IETF) のつもり だったが拒否される... (・・,) Netscape は W3C 標準を無視 してたから当然の反応... ブラウザ依存の API や DOM は ECMAScript 仕様には含まない
  13. 13. 余談: ECMA ミーティング NOMBAS 創始者の挨拶: 我々は JavaScript に 何年も取り組んできた... んなわけあるか! Brendan は聞いたことすらない MS は最初補欠部隊を投入し、 Brendan に負け精鋭部隊に交代 NOMBAS はスクリプト言語 Cmm による "Espresso Pages" を公開してた会社
  14. 14. ECMAScript 標準化 1997.06 ECMAScript 1st 最小限の言語仕様を標準化 1998.06 ECMAScript 2nd ISO/IEC 16262 に合わせただけ 1999.12 ECMAScript 3rd RegExp, try-catch etc... 2004.06 ECMAScript for XML (E4X)
  15. 15. ECMAScript 4th へ... ECMAScript 初の抜本的改訂 Class, Namespace etc... Yahoo! & MS らは反対 別途 ECMAScript 3.1 へ... Douglas Crockford@Yahoo! Chris Wilson@MS (現 Google)
  16. 16. Douglas Crockford@Yahoo! Yahoo! JavaScript Architect JSON, JavaScript Good Parts JavaScript のセミナーでも有名 職業: The Boss of You http://javascript.crockford.com/, http://crockford.com/
  17. 17. VSThe Boss of You Father of JS
  18. 18. ECMAScript 4th よ永遠に... VSThe Boss of You Father of JS Win! Lose...
  19. 19. ECMAScript Harmony へ 2008.07 ECMA 3.1 ベースに注力 CodeName: Harmony 言語の抜本的改訂は断念 2009.12 ECMAScript 5th Strict Mode, getter/setter etc... 2011.06 ECMAScript 5.1 ISO/IEC のために更新しただけ 合意が取れる範囲に絞って標準化が行われた
  20. 20. その頃 JS エンジンは... 2006.xx Google V8 開発開始 2006.11 Adobe Tamarin 公開 2008.06 SquirrelFish 公開 2008.08 TraceMonkey 公開 2008.09 Chrome & V8 公開 Brendan は 2006 年に V8 について知った時に OSS 化や 共同開発を提案したが Google は拒否し極秘開発を続けた...
  21. 21. ECMAScript 5thfirst release of Harmony...
  22. 22. ECMAScript 5th 現行の標準仕様です 5 と 5.1 は区別する意味なし IE9 以降はほぼフルサポート Firefox4+, Chrome13+, Opera11.60+ IE9+ (strict mode 以外) Safari 5.1+ (bind 以外) 詳細は互換表を参照: http://kangax.github.com/es5-compat-table/
  23. 23. 後方互換スクリプト 最初に読み込んで後方互換に: Augment.js http://augmentjs.com/ ddr-ecma5 http://code.google.com/p/ddr-ecma5/ es5-shim https://github.com/kriskowal/es5-shim/
  24. 24. Ready!Native JSON ボスの作った仕様。 IE8+ その他広くサポート IE6,7 には json2.js で対応 http://json.org/js.html http://json.org/
  25. 25. Native JSON// JSON 文字列から JavaScript オブジェクトを生成var obj1 = JSON.parse([1, 2, 3, 4]);var obj2 = JSON.parse({"key": "value"});// JavaScript オブジェクトを JSON 文字列に変換var obj = {};obj.foo = "some property";obj.bar = 1;var json = JSON.stringify(obj);// -> {"foo":"some property","bar":1}
  26. 26. JSON 利用の注意 IE8 は UTF-8 文字列を stringify でエスケープ (uXXXX) される unescape(JSON.stringify("文字 列").replace(/u/g, %u)) stringify 第2引数には注意 古い Firefox 等にバグあり Date オブジェクトにも注意 ブラウザ間の挙動が異なる 受け渡しするデータによっては要注意
  27. 27. Ready!Array Extra 配列操作メソッドを追加 indexOf, lastIndexOf, every, some, forEach, map, filter, reduce, reduceRight 古くから広く実装されてきた Firefox 1.5 や 3 が最初に実装 IE6 8 には Augment.js など
  28. 28. Array Extra - Basic Usagefunction isPositive(e, i, arr) { return (e > 0); }[1,3,-1,-3,5].filter(isPositive);// -> [1, 3, 5][2,5,10,3].every(isPositive);// -> true[3,2,-1,5].every(isPositive);// -> false[2,-5,1,3].some(isPositive);// -> true[-1,-20,0].every(isPositive);// -> false
  29. 29. Array Extra - Basic Usagefunction sum(a,b) { return a+b; }function concatArray(a,b) { return a.concat(b); }var nestedArray = [[0, 1], [2, 3], [4, 5]];var flat1 = nestedArray.reduce(concatArray);// -> [0, 1, 2, 3, 4, 5]var flat2 = nestedArray.reduceRight(concatArray);// -> [4, 5, 2, 3, 0, 1]var total = flat1.reduce(sum);// -> 15
  30. 30. Array Extra - Extra Usagefunction getcharcode(x) { return x.charCodeAt(0); }Array.prototype.map.call("dynamis", getcharcode);// [100, 121, 110, 97, 109, 105, 115]// Array 以外にも Generic に使いたい場合は call する[1,2,3,2,1].map(parseInt);// [1, NaN, NaN, 2, 1]// parseInt は (文字列, 基数) を受け取る関数// 関数には (要素, インデックス, 配列) が渡される
  31. 31. Ready! No SafariFunction.prototype.bind "this" を固定した関数を定義 arguments も固定可能 Safari は未サポート IE9+, Firefox4+, Chrome7+, Opera11.60+ でサポート WebKit Nightly も対応済み Augment.js などで(ほぼ)後方互換
  32. 32. Function.prototype.bind// Arguments などを Array に変換するショートカット定義var slice1 = Array.prototype.slice;slice1.call(arguments);// -> Array に変換された argumentsvar slice2 = Function.prototype.call.bind(slice1);slice2(arguments);// 単なる関数呼び出しのようにシンプルに
  33. 33. Function.prototype.bindvar obj = { before: function() { // this を self に保持する必要あり var self = this; document.addEventListener(click, function(e) { self.handler(e) }, false); }, after: function() { // bind 使えば self なしでシンプルに document.addEventListener(click, this.handler.bind(this), false); }, handler: function(e) { // イベントハンドラ呼び出し時にも this === obj にしたい }} これだけのためなら bind 使わず self に保持するので十分ですが...
  34. 34. Function.prototype.bind// 2点間の距離function distance(x1,y1, x2,y2) { return Math.sqrt(Math.pow(x1-x2,2)+Math.pow(y1-y2,2));}distance(2,11, 6,8);// -> 5// 原点からの距離 (最初の2つの引数を固定)// 関数が this 使わないなら undefined で良いvar distanceFromOrigin = distance.bind(undefined, 0, 0);distanceFromOrigin(6,8)// -> 10
  35. 35. No IE No ShimStrict Mode 良くあるミスをエラーとして検出 IE9 未サポートに要注意 IE10+, Firefox4+, Chrome13+, Safari5.1+, Opera11.60+ が対応 IE10 はまだバグありだが期待... オンにするだけなら後方互換 非互換コードを使わなければ... テスト時だけ使うのもアリ特に理由なければ Strict Mode でエラーにならないコードを書く習慣を付けましょう
  36. 36. Strict Mode// ファイル冒頭で "use strict"; を書くとオンになる"use strict";var type = "foo";// 未定義の変数への代入typo = "bar";// × asignment to undeclared variable typo// 書き込み禁止や削除禁止のプロパティ操作NaN = null;// × NaN is read-onlydelete Object.prototype;// × property Object.prototype is non-configurable and// cant be deleted https://developer.mozilla.org/en/JavaScript/Strict_mode
  37. 37. Strict Mode"use strict";// オブジェクトのプロパティ名や関数の引数名の重複var obj = { foo: 1, foo: 2 }// × property name foo appears more than once in object// literalfunction f(bar, bar) { return bar; }// × duplicate formal argument barvar sum = 015 + // 8 進数リテラル (誤用) 197 + 142; // × octal literals and octal escape sequences are// deprecated https://developer.mozilla.org/en/JavaScript/Strict_mode
  38. 38. Strict Mode// Strict Mode は関数単位でも利用できます(function dosomething() { "use strict"; // 関数内だけ Strict Mode に typo = "(・・)."; // × Error})()console.log(typo); // -> undefined(function dootherthing() { // こちらは Classic Mode typo = "(・・)."; // グローバル変数を定義})()console.log(typo) // -> "(・・)." https://developer.mozilla.org/en/JavaScript/Strict_mode
  39. 39. more about Strict Mode... with 使用禁止 arguments.caller/callee 禁止 関数中では this=null != global eval 中のコードは外部スコープに 変数を定義できない スクリプトまたは関数内のトップ レベル以外での関数定義禁止 その他いろいろ...
  40. 40. Ready! No ShimGetter & Setter プロパティ値の取得・設定を行 うための特別なメソッド __defineGetter__ などは非標準
  41. 41. Getter & Settervar incremantal = { _n: 0, get next() { return this._n++; }, set next(n) { if (n >= this._n) this._n=n; else throw "減らしちゃダメ!" }}incremantal.next; // -> 0incremantal.next; // -> 1incremantal.next = 3;incremantal.next; // -> 3incremantal.next = 1; // -> "減らしちゃダメ!"
  42. 42. Memoization (Lazily Load)var obj = { get somethinglarge() { // getter 自身を削除し、単なるプロパティに変更 delete this.somethinglarge; return this.somethinglarge = new Large(); }}// ここまで読み込んだだけでは new Large() されない// = getter 定義のコストしかかからない ... obj.somethinglarge ...// 最初にアクセスした時に new Large() される ... obj.somethinglarge ...// 2 度目からは new されずに再利用される 使うと限らないが繰り返し使う大きなオブジェクトがある時の Perf Tips
  43. 43. Ready! No Shimseal & freeze オブジェクトを静的に 間違って書き換えるのを防止 元に戻すことはできない seal: プロパティ追加・削除禁止 freeze: プロパティ変更禁止 Strict Mode では例外を発生 seal/freeze されてるかどうかは isSealed/isFrozen で確認できる
  44. 44. sealvar obj = { foo: 1, bar: 2 };obj.foo = 3;obj.baz = 4;delete obj.bar;console.log(obj);// -> { foo: 3, baz: 4 }Object.seal(obj);obj.foo = 5; // 既存プロパティは変更可能obj.bar = 6; // プロパティ追加は黙って無視console.log(obj);// -> { foo: 5, baz: 4 } https://developer.mozilla.org/en/JavaScript/Reference/Global_Objects/Object/seal
  45. 45. freeze"use strict"; // 黙って無視せず例外を発生させるvar obj = { foo: 1, bar: 2 };obj.foo = 3;obj.baz = 4;delete obj.bar;console.log(obj);// -> { foo: 3, baz: 4 }Object.freeze(obj);obj.foo = 5; // × obj.foo is read-onlyobj.bar = 6; // × obj.bar is not extensibleconsole.log(obj);// -> { foo: 3, baz: 4 } https://developer.mozilla.org/en/JavaScript/Reference/Global_Objects/Object/freeze
  46. 46. and more... String.prototype.trim Array.isArray, Date.now Date.prototype.toISOString NaN, Infinity, undefined 定数化 preventExtensions,isExtensible perseInt("03") なども10進数に その他いろいろ...
  47. 47. about:ECMA5th Strict Mode でミスを減少 JSON や Array 関数が便利に オブジェクト指向周りも強化 基本的に構文は変化なし 後方互換は Shim で対応
  48. 48. ECMAScript 6thNext release of Harmony...
  49. 49. ECMAScript 6th の目標 より書きやすい言語 複雑なアプリ、ライブラリ、 次仕様のコードジェネレータ テスト可能な仕様へ 相互運用性を向上 可能ならデファクトを採用 バージョニングは単純に 静的検証も可能に http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:harmony
  50. 50. 後方互換スクリプト 最初に読み込んで後方互換に: es6-shim https://github.com/paulmillr/es6-shim
  51. 51. ProposalSimple Maps 他の言語にもある Map = Python: dict, Ruby: Hash, Java: java.util.HashMap, C++: std::unorderd_map Firefox12+, Chrome18+ Chrome は about:flags で有効化 未実装でも ec6-shim で互換に http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:simple_maps_and_sets
  52. 52. Simple Mapvar map = new Map();  var str = "Mozilla", obj = {}, func = function(){};// Map に値を格納map.set(str, "Firefox");  map.set(obj, "Thunderbird");  map.set(func, "Japan");  // キーに対応する値を取得map.get(str);  // -> "Firefox"map.get(obj);  // -> "Thunderbird"map.get(func); // -> "Japan"// 設定したキーと引数を === 的に比較して検索されることに注意map.get("Mozilla");  // -> "Firefox"map.get({});         // -> undefinedmap.get(function(){}) // -> undefined キーと引数の比較は === 演算子に近いが厳密には === とも異なる
  53. 53. ProposalSimple Sets 他の言語にもある Set = Python: set, Ruby: Set, Java: java.util.HashSet, C++: std::unordered_set Firefox12+, Chrome18+ Chrome は about:flags で有効化 未実装でも ec6-shim で互換に http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:simple_maps_and_sets
  54. 54. Simple Setvar set = new Set();// 集合に追加・確認・削除set.add("Firefox");set.add("Thunderbird");set.add(+0); set.add(NaN);set.has("Firefox"); // -> trueset.has("Sunbird"); // -> falseset.delete("Firefox");set.has("Firefox"); // -> false// -0 と +0 は区別される, NaN は区別されないset.has(-0);  // -> false  set.has(NaN);  // -> true
  55. 55. ProposalWeak Maps Firefox6+, Chrome18+ Firefox は初期仕様の実装 Chrome は about:flags で有効化 未実装でも ec6-shim で互換に Map のキーは弱参照=GC対象 仕様変更されてるので詳細割愛 詳しくは MDN 参照 http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:weak_maps
  56. 56. ProposalProxy Firefox4+, Chrome18+ いずれも初期仕様の実装 Chrome は about:flags で有効化 仕様は Direct Proxies に移行 仕様変更されてるので詳細割愛 詳しくは MDN 参照 http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:proxies
  57. 57. Proposalconst, let & Block Scope let の実装は広がりつつある Firefox が昔から実装 Chrome18+: about:flags 有効化 const は広くサポート 但し最新仕様準拠はなし Safari/Opera は var と一緒 IE は const 非サポート http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:block_scoped_bindings
  58. 58. const const GoldenRatio = 1.61803; 定数を宣言(定義) let 同様のブロックスコープ 宣言時に初期化(代入)が必須 現ブラウザの実装は古い 関数スコープ、初期化不要 http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:const
  59. 59. const 利用の注意 const で逆に遅いこともある 過渡期仕様の欠陥による const 変数が初期化済みかどうか 実行時に判断が必要な場合 ECMA 6th 準拠実装なら OK const は初期値必須になる etc... Fx: bug611388, JSC: bug31833 http://d.hatena.ne.jp/Constellation/20111201/1322678350
  60. 60. let{ // let 定義: ブロックスコープ let a = 1, b = 10; // let 式・文: let (...) に続く式・文中だけで有効 let (a = 100, c = 300) console.log(a); // -> 100 // for 文などでの let for (let a=0; a<3; a++) { console.log(a+b); // -> 10, 11, 12 } console.log(a); // -> 1}console.log(a); // × ReferenceError: a is not defined http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:let
  61. 61. ProposalDestructuring (分割代入) 代入左辺を配列やオブジェクト のように書き一括・部分代入 Firefox で古くから実装済み Opera も一部動作するが、実質 的には使い物にならない実装 JSON データ処理とか特に便利 http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:destructuring
  62. 62. Destructuring (分割代入)// Array のサンプル:// 値の入れ替え[a, b] = [b, a];// 関数から複数の値を返すvar [c,d] = (function f() { return [1,2]; })();// -> c=1, d=2// 一部省略や入れ子も可能var [e,,[x,y]] = (function f(){return [3,4,[10,20]]})();// -> e=3,x=10,y=20
  63. 63. Destructuring (分割代入)// Object のサンプルvar fx={ name:"Firefox", vendor:"Mozilla", ver:13 };var ch={ name:"Chrome", vendor:"Google", ver:19 };var browsers={ firefox: fx, chrome: ch }// 欲しいプロパティだけ一括代入var { name: n, ver: v } = fx;// -> n="Firefox", v=13// for-each-in などとの組み合わせもfor each ( let { vendor: ven, ver: ver } in browsers ) console.log(ven)// -> "Mozilla", "Google"
  64. 64. Proposalfor-of ループ キーじゃなくて要素でループ 現在 Firefox13+ だけが対応 http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:iterators
  65. 65. for-of ループlet arr = ["Fx", "Ch", "IE"];for (let k in arr) console.log(k);// -> 0, 1, 2for (let v of arr) console.log(v);// -> "Fx", "Ch", "IE"// ECMAScript 5th でやると:arr.forEach(function(v) { console.log(v) });// 昔々:for (var i=0; i<arr.length; i++) console.log(arr[i]);
  66. 66. ProposalArray Comprehensions 配列の内包表記 Python や Haskell にもあるやつ JavaScript1.7 構文は Firefox2+ ECMA6th 構文は Firefox13+ for-each-in でなく for-of http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:array_comprehensions
  67. 67. Array Comprehensions// 配列のフィルタ[x for (x of [1,-4,5,3,-7]) if (x > 0)]// -> [1, 5, 3]// 配列のマップ[x*x for (x of [2,4,6])]// -> [4, 16, 36]// 2つの配列のデカルト積[ i*j for (i of [0,2,4]) for (j of [5,3]) ]// -> [0, 0, 10, 6, 20, 12]
  68. 68. ProposalIterators & Generators Python のジェネレータ的なヤツ Python などを参考に導入された Firefox がサポート yield は JS バージョン指定必須 <script type="application/ javascript;version=1.7"> ... opt-in 必須なので今日は割愛... http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:generators
  69. 69. Strawman WebGL SpecTyped Array 型固定配列で高速数値演算 元々 WebGL で導入され FileAPI, XHR2, WebSocket などでも採用 ECMA6th にも入る? IE9 非サポートに注意 IE10+, Fx4+, Chrome9+, Safari5.1+, Opera12+ http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=strawman:typed_arrays
  70. 70. Typed Array ArrayBuffer(byteLength) メモリを確保するバッファ The Typed Array View Types: ArrayBuffer 読み出し用ビュー Int8Array, Unit8Array, Int16Array, Uint16Array, Int32Array, Uinit32Array, Float32Array, Float64Array
  71. 71. Typed Array & View// 16 バイト長のバッファを確保var buffer = new ArrayBuffer(16);// 32bit 整数 x 4 として読み出すビューを定義var int32View = new Int32Array(buffer);// 32bit 整数として 0, 2, 4, 6 を格納for (var i=0; i<int32View.length; i++) { int32View[i]=i*2; }// 16bit 整数 x 8 として同じバッファを読み出すビュー var int16View = new Int16Array(buffer);// 実際に読み出してみるfor (var i=0; i<int16View.length; i++) {    console.log(int16View[i]);  }  // -> 0, 0, 2, 0, 4, 0, 6, 0
  72. 72. Ready! Strawman & ProposalMore Libraries... 未実装だが Shim で後方互換に Math の拡張 cosh, sinh, tanh, arosh, asinh, atanh, log1p, log2, log10, sign, trunc String の拡張 startsWith, endsWith, contains, Repeat, toArray, reverse Number の拡張 isFinite, isNaN, isInteger, toInteger MS はプロトタイプ実装をプラグインとして公開
  73. 73. StrawmanGlobalization 日時や通貨などの文字列をロ ケール等に応じて出力 MS がプロトタイプ実装をプラグ インとして公開 IE 本体には未実装なので割愛 まだ単なる試案の段階 http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=globalization:globalization
  74. 74. JS.Next 楽しいね! JS.Next 勉強会やりましょう (・・).
  75. 75. JavaScript.Future 扱い易く書き易く サーバやエンタープライズも API は HTML & DOM で GPU やハードもフル活用
  76. 76. 10年前: 誰も尊敬してくれない Java のできそこない...
  77. 77. 現在:"HTML5" の基盤言語 何でも HTML5 = 何でも JavaScript
  78. 78. 10年後: Java と対等に 尊敬され愛される言語になりたい...
  79. 79. 10年後:いや、Java を越える! 父を乗り越えて一人前...
  80. 80. Any Question?
  81. 81. Appendixother ideas...
  82. 82. ECMAScript !== JavaScript ECMAScript JavaScript の基本機能を標準化 したスクリプト言語 JavaScript (広義) ECMAScript + ブラウザ用機能 JavaScript (狭義) Netscape/Firefox の実装 広義の JS にバージョンはありません (JS 1.x などは Firefox バージョンに対応)
  83. 83. Versioning について Harmony の後方非互換機能に opt-inする方法は未確定 use version 6;? Module 利用時? Firefox は 6th 専用モードなし V8 は現在 3 モード実装: classic, strict, extended --harmony フラグで extended 更に --harmony_scoping とか
  84. 84. WebCL OpenCL を JavaScript から Nvidia が Firefox に試験実装 Samsung が WebKit に試験実装 Web アプリでも GPU フル活用 パフォーマンス差は歴然。 http://www.khronos.org/webcl/
  85. 85. RiverTrail 並列計算用 API Intel による提案・実装 Firefox 拡張機能として試験実装 http://blogs.intel.com/research/2011/09/15/pjs/ https://github.com/RiverTrail/RiverTrail
  86. 86. DOMCrypt 暗号化処理サポート用 API Firefox 拡張機能として試験実装 JavaScript 高速化 = エンジン高速化 + 専用 API 一部 API は DOM で標準化 ECMAScript が全てではない JSON のように需要のある専用 API が定義されていく https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/domcrypt/
  87. 87. Referenceslink list...
  88. 88. 現行仕様ECMAScript (ECMA-262) http://www.ecma-international.org/publications/standards/ Ecma-262.htmECMAScript 5th HTML 版 http://es5.github.com/ECMAScript for XML (E4X, ECMA-357) http://www.ecma-international.org/publications/standards/ Ecma-357.htmECMAScript 3.1 時代からの草案 http://wiki.ecmascript.org/doku.php? id=es3.1:es3.1_proposal_working_draft
  89. 89. 次世代仕様ECMAScript Wiki http://wiki.ecmascript.orgECMAScript 6th Draft Specification http://wiki.ecmascript.org/doku.php? id=harmony:specification_draftsHarmony Proposals http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=harmony:proposalsHarmony Strawman http://wiki.ecmascript.org/doku.php?id=strawman:strawman
  90. 90. ブラウザ実装状況Compatibility Table 単純検出なのでバグあり実装も含む&検出ミスもあり 更新頻度は程々なので開発版の実装状況は参考程度 http://kangax.github.com/es5-compat-table/MDN で個別機能ページ末尾を確認するのが比較的確実 https://developer.mozilla.org/
  91. 91. 構文テストなどJSLint - by The Boss of You http://jslint.com/iv / js : ES.next - ES.next lexer and parser http://constellation.github.com/iv/js/es.next.htmlECMAScript 6th Syntax Grammer http://teramako.github.com/ECMAScript/ ecma6th_syntax.htmlTry Strict by MS http://ie.microsoft.com/testdrive/HTML5/TryStrict/ Default.html
  92. 92. 実装SpiderMonkey Build Documentation https://developer.mozilla.org/en/SpiderMonkey/ Build_DocumentationHow to Download and Build V8 http://code.google.com/intl/ja/apis/v8/build.htmlJavaScriptCore http://trac.webkit.org/wiki/JavaScriptCorelv5 - ECMA262 5.1 エンジン by @Constellation https://github.com/Constellation/ivvimperator で ES.next http://d.hatena.ne.jp/caisui/20111217/1324098318
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×