訳が欲しい奴ぁ俺んとこ来い!

1,840 views
1,778 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,840
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

訳が欲しい奴ぁ俺んとこ来い!

  1. 1. 翻訳があればなあと思うドキュメントや書籍を見つけた方は、<br />お教えください。<br />場合によっては翻訳するかも知れません。<br />Windows Azureユーザー会発足パーティLightning Talk訳が欲しい奴ぁ俺んとこ来い!<br />言い過ぎでした<br />m(__)m<br />玉川竜司(dragan10@gmail.com)<br />tamagawa_ryuji@twitter<br />
  2. 2. 自己紹介を少々<br />本職:ソフトウェア開発者<br />Azure案件募集中!<br />兼業翻訳者<br />Windows Azureプラットフォーム 現場からの報告(http://slidesha.re/9vo7fVで公開)<br />Programming Windows Azure (予定)<br />Silverlightで開発するデータ駆動アプリケーション(既刊)<br />Hadoop(象本)<br />セマンティックWebプログラミング(既刊)<br />Programming Google App Engine(予定)<br />タイトルはこれです<br />「編集者兼コピペ常習者・Eric Nelsonと、Ericよりも賢い15人の著者」<br />はタイトルじゃないので、<br />誤解無きようよろしくお願いします<br />
  3. 3. Azureやるにあたってお困りでは?<br />なんと言っても「英語」の資料ばっかり<br />全然問題ないぜ!という方、挙手をお願いします<br />手を挙げなかった方、オライリージャパンから年内発売予定なのでよろしくお願いしますm(__)m<br />
  4. 4. とはいえ書籍がすべてでもない<br />むしろ、書籍にならない貴重な情報の比率は高まっている<br />特に速報性の高い情報は、blogやホワイトペーパー中心<br />海を挟んだ情報量の格差は、きわめてヤバイレベルに広がっている。日本大ピンチ<br />こういった情報が日本語化されるかどうかは、Azureの普及の鍵の1つでは?<br />
  5. 5. 場合によっちゃ、翻訳するかも<br />タイミング<br />書籍の翻訳の間の息抜き期間<br />MVP審査期間のちょっと前w<br />私が知りたいことに関する資料<br />最近は認証とかセキュリティ関係かな…<br />大事なのに訳が出ないもの<br />MSDNのドキュメントは微妙(公式の訳が出るかも知れないし)<br />著作権とかどうなんでしょう?<br />本当の最先端(←勝手に読むでしょ)より、大勢が読むもの。時間は限られているので、できる限り効率よくハッピーを増やせるもの<br />
  6. 6. まずは、鋭意翻訳中Programming Windows Azureに乞うご期待!(仕事の話も楽しみにお待ちしております)ありがとうございました!tamagawa_ryuji@twitter<br />

×