cocos2d-xのサーバ連携について

14,009 views
13,910 views

Published on

cocos2d-xのサーバ連携について

Published in: Technology
0 Comments
13 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
14,009
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8,698
Actions
Shares
0
Downloads
20
Comments
0
Likes
13
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

cocos2d-xのサーバ連携について

  1. 1. cocos2d-xのサーバ連携について 株式会社TKS2 清水友晶
  2. 2. 清水 友晶 —  株式会社TKS2 スマートフォンアプリ開発 (iOS, Android, Windows Phone 8) Webコンテンツ開発 —  cocos2d-xへの開発参加 cocos2d-xを利用したアプリ開発 講演活動 執筆活動 —  Twitter: tks2shimizu —  Blog: http://tks2.net/memo —  SlideShare: http://www.slideshare.net/doraemonsss —  Facebook: http://www.facebook.com/doraemonsss
  3. 3. —  6/25発売 —  2,800円 + 税 —  400ページ —  6/18発売 —  2,980円 + 税 —  312ページ
  4. 4. —  http://cocos2d-x.jp —  cocos2d-x開発元Chukong Technologies社公認 —  cocos2d-xのための自由なコミュニティー —  入門者から上級者まで誰でもOK!!ぜひご参加を! —  cocos2d-xに関することなら何でも投稿できます!! —  https://www.facebook.com/groups/cocos2dxjp/
  5. 5. —  9/19 第12回 shinjuku.cocos2d-x —  10/11 第3回 cocos2d-x開発事例勉強会 —  10/17 shinjuku.cocos2d-x初心者ハンズオン     ∼CocosBuilderを利用した開発の進め方∼ —  10/24 第13回 shinjuku.cocos2d-x —  11/M shinjuku.cocos2d-x初心者ハンズオン     ∼cocos2d-xを利用したクロスプラットフォーム開発環境構築∼ —  11/M 第13回 shinjuku.cocos2d-x
  6. 6. 目次 —  サーバとの通信 —  HTTPClientクラス —  libcurl —  WebSocketクラス —  受信データ解析 —  XML —  JSON —  plist
  7. 7. サーバ通信を 確認できるサービス —  HTTP Request & Response Service —  http://httpbin.org —  WebSocket.org Echo Test —  http://www.websocket.org
  8. 8. HttpClientクラス —  一般的なHTTP通信を行うことができる —  GET —  POST —  PUT —  DELETE —  利用するクラス —  HttpClientクラス(シングルトン) —  HttpRequestクラス —  HttpResponceクラス
  9. 9. HttpClientクラス —  リクエスト —  HttpRequestクラス —  setUrl関数 —  setRequestType関数 —  setResponseCallback関数 —  setRequestData関数 —  HttpClientクラス —  send関数 —  http://goo.gl/xqFDoF —  レスポンス —  HttpResponceクラス —  getHttpRequest関数 —  getResponseCode関数 —  isSucceed関数 —  getResponseData関数
  10. 10. libcurl —  クライアントサイドURL転送ライブラリ —  データ受信中の状態も判断可能 —  ダウンロード済み容量の取得 —  プログレスバーの表示が可能 —  個別にスレッドを分けて利用することが望ましい
  11. 11. WebSocketとは —  Web Socketsの優位性 参考: http://www.websocket.org/quantum.html
  12. 12. WebSocketクラス —  WebSocketを利用するクラスにおいて、 WebSocket::Delegateクラスを継承する —  onOpen関数 —  onMessage関数 —  onClose関数 —  onError関数 —  WebSocketクラス —  init関数 —  send関数 —  close関数 —  http://goo.gl/ws8Y5X
  13. 13. XML —  TinyXMLをサポートしている —  support/tinyxml2/tinyxml2.h —  XMLのパース —  XMLDocumentクラス —  XMLの要素 —  XMLElementクラス —  XMLの属性 —  XMLAttributeクラス —  http://goo.gl/OcPPbk
  14. 14. JSON —  JSONファイルを読み込んでいるspineが正式にサポー トされたことにより、標準でJSONを読み込むことが 可能になった —  Json.h(spine/Json.h) —  JSONのパース —  Json_create関数 —  値・配列の取得 —  Json_getString関数 —  Json_getInt関数 —  Json_getItemAt関数 —  http://goo.gl/m72MvN
  15. 15. plist —  取得したplistデータをArrayクラスやDictionaryクラ スへ容易に展開できる —  Array::createWithContentsOfFile関数 —  Dictionary::createWithContentsOfFile関数 —  http://goo.gl/blDPw4 —  上記関数がファイルから読み込むものであるため、本コードにおいても一旦ファイル保存 を行っている。本来plistファイルのみをダウンロードして読み込むような利用方法は適切 ではない。ダウンロードしたzipファイルに含まれる設定ファイルなどとして利用されるこ とが望ましい。
  16. 16. おわり —  ご清聴ありがとうございました。

×