DevLove 2012 世界をすこしだけ前に進めるということ#devlove2012a         グロースエクスパートナーズ(株)                    和智 右桂
イノベーション?  Ahchan and iPad http://www.flickr.com/photos/jetalone/4694268917/ by jetalone
JavaEE勉強会 所属             Yukei Wachi グロースエクスパートナーズ株式会社 勤務      和智 右桂 ネコ好き               IT アーキテクト                         ...
エンタープライズと現場へのこだわり
バランス  開発      翻訳       プレゼン
in Summer
マイルストーン  Milestone http://www.flickr.com/photos/pluralzed/107713803/ by pluralzed
GOOSの価値は?
アジェンダ•テスト駆動開発の進化•進化の正体•すこしだけ、前に                        スライド中で使用されている画像について、     その著作権の全部または一部は、 クレジットに示した著者によって保留されています。  ...
テスト駆動開発の   進化
2002   2007
二重のループ
開発スタイルとしての        完成   何をどう作るのか?
フィードバックループリリース       バックログ               ペアプログラミング          ユニットテスト受け入れテスト               日次ミーティング
フィーチャを差し込む   Todd Englishs Olives http://www.flickr.com/photos/lwy/4925948800/ by LWY
オブジェクト指向観 関連しあうオブジェクトの          網の目
モック  網の中のオブジェクトを        テストする
内側の質/外側の質受け入れテスト ユニットテスト        システム外側の質    内側の質
ウォーキングスケルトン              USER              ID     名前              001    テスト太郎 名前   テスト太郎 すべてのコンポーネントを   通過する最低限の実装
コードを書くことからソフトウェアを作ることへ
進化の正体
時代背景
2000       http://www.extremeprogramming.org/map/code.html
2000-2005フレームワークの充実   http://fit.c2.com/   http://jbehave.org/reference/stable/index.html 2002                          2003
2005-2010ドキュメントの充実2005   2007   2010
知の流れ
流れの中で彼らは何をしたのか?  Taylor Creek Fish http://www.flickr.com/photos/averain/2742705037/ by Averain
モックの歩んだ道
1999               !                 od             Pe"      ers!    e! o GN
2000                                                                       XP2000Endo-Testing:Unit Testing with Mock Objec...
モックの登場ユニットテストはXPにとって本質的なプラクティスだが、コードがある程度複雑になると、個別にテストするのが難しくなる。モックオブジェクトと呼ぶテクニックを使って、ドメインコードをダミーと置き換え、実際の機能をエミュレートしつつ、コード...
ソースコードpublic void testCreationWithExistingClass() {  myMockPackage.addContainedType(     new MockType(EXISTING_CLASS_NAME)...
2004                                OOPSLA2004Mock Roles, Not ObjectsSteve Freeman, Nat Pryce, Tim Mackinnon, Joe Walnes  ...
設計手法としての価値以前は実装に集中しすぎていたが、最も大切なのは、このテクニックにより、オブジェクト同士が演じるロールが強調されることだ。            - Tim Mackinnon  http://www.mockobjects....
インターフェイスの発見  Endo-Testingでも見られた概念が              より洗練されている
2006                    OOPSLA2006Evolving an Embedded Domain-Specific Language in Java               Steve Freeman, Nat Pr...
内部DSLとしてのjMock   流れるようなインターフェイス
DSL本へ
ウォーキング スケルトン   の  起源
このパターンというか戦略を見つけたのは1994年頃だった。1997年頃までにWalking Skeletonという名前を付けて、1999年にはIncremantalRearchitectureと相性がいいことがわかってきた。          ...
Spanning Application             - Poppendiecks (2003)Tracer Bullets  - Dave Thomas & Andy Hunt (1999)
フィードバックの源泉ウォーキング・スケルトンを基にビルド・テストデプロイの自動化   River Ridge Trail by by Bruce McKay Yellow Snow Photography        http://www.fl...
継続的デリバリーへ
巨人の肩に乗る
ひとつずつ石を積む
すこしだけ、前に
進むべき道はどこに見つかるだろう
実践し続けること
学び続けること  20091204_Hermitage_library_002 http://www.flickr.com/photos/friarsbalsam/4609212148/ by Friars Balsam
考え続けること thought http://www.flickr.com/photos/fresh_photo/3479598520/ by freshphoto
一歩ずつ、前に
足跡を残す
覚悟はいいか?オレはできてる
ありがとうございました!         Photo by @digitalsoul0124 All rights reserved.
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

世界をすこしだけ前に進めるということ

2,617

Published on

Devlove 2012 での講演資料

Published in: Technology
1 Comment
14 Likes
Statistics
Notes
  • http://www.flughafentransfer-oberhausen.com
    Oberhausen Airport Services provides special services to the disabled people by helping them with the baggage help and to provide them a comfortable and safe journey throughout, until they reach the Weeze Airport. We have got well trained licensed drivers to take care and to look after your needs until you reach your destination safely. You can easily book a cab from our transport services just by sitting at homeat an affordable price. We are available 24/7, 365days to help you out to plan a trip.
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total Views
2,617
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
1
Likes
14
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

世界をすこしだけ前に進めるということ

  1. 1. DevLove 2012 世界をすこしだけ前に進めるということ#devlove2012a グロースエクスパートナーズ(株) 和智 右桂
  2. 2. イノベーション? Ahchan and iPad http://www.flickr.com/photos/jetalone/4694268917/ by jetalone
  3. 3. JavaEE勉強会 所属 Yukei Wachi グロースエクスパートナーズ株式会社 勤務 和智 右桂 ネコ好き IT アーキテクト @digitalsoul0124 Digital Romanticism http://d.hatena.ne.jp/digitalsoul Photo by @digitalsoul0124 All rights reserved.
  4. 4. エンタープライズと現場へのこだわり
  5. 5. バランス 開発 翻訳 プレゼン
  6. 6. in Summer
  7. 7. マイルストーン Milestone http://www.flickr.com/photos/pluralzed/107713803/ by pluralzed
  8. 8. GOOSの価値は?
  9. 9. アジェンダ•テスト駆動開発の進化•進化の正体•すこしだけ、前に スライド中で使用されている画像について、 その著作権の全部または一部は、 クレジットに示した著者によって保留されています。 Photo by @digitalsoul0124 All rights reserved.
  10. 10. テスト駆動開発の 進化
  11. 11. 2002 2007
  12. 12. 二重のループ
  13. 13. 開発スタイルとしての 完成 何をどう作るのか?
  14. 14. フィードバックループリリース バックログ ペアプログラミング ユニットテスト受け入れテスト 日次ミーティング
  15. 15. フィーチャを差し込む Todd Englishs Olives http://www.flickr.com/photos/lwy/4925948800/ by LWY
  16. 16. オブジェクト指向観 関連しあうオブジェクトの 網の目
  17. 17. モック 網の中のオブジェクトを テストする
  18. 18. 内側の質/外側の質受け入れテスト ユニットテスト システム外側の質 内側の質
  19. 19. ウォーキングスケルトン USER ID 名前 001 テスト太郎 名前 テスト太郎 すべてのコンポーネントを 通過する最低限の実装
  20. 20. コードを書くことからソフトウェアを作ることへ
  21. 21. 進化の正体
  22. 22. 時代背景
  23. 23. 2000 http://www.extremeprogramming.org/map/code.html
  24. 24. 2000-2005フレームワークの充実 http://fit.c2.com/ http://jbehave.org/reference/stable/index.html 2002 2003
  25. 25. 2005-2010ドキュメントの充実2005 2007 2010
  26. 26. 知の流れ
  27. 27. 流れの中で彼らは何をしたのか? Taylor Creek Fish http://www.flickr.com/photos/averain/2742705037/ by Averain
  28. 28. モックの歩んだ道
  29. 29. 1999 ! od Pe" ers! e! o GN
  30. 30. 2000 XP2000Endo-Testing:Unit Testing with Mock Objects. Tim Mackinnon, Steve Freeman, Philip Craighttp://www.ccs.neu.edu/research/demeter/related-work/extreme-programming/MockObjectsFinal.PDF
  31. 31. モックの登場ユニットテストはXPにとって本質的なプラクティスだが、コードがある程度複雑になると、個別にテストするのが難しくなる。モックオブジェクトと呼ぶテクニックを使って、ドメインコードをダミーと置き換え、実際の機能をエミュレートしつつ、コードのふるまいを検証する。
  32. 32. ソースコードpublic void testCreationWithExistingClass() { myMockPackage.addContainedType( new MockType(EXISTING_CLASS_NAME)); myMockWorkspace.addPackage(mockPackage); JUnitCreatorModel creatorModel = new JunitCreatorModel(myMockWorkspace,PACKAGE_NAME); try { creatorModel.createTestCase(EXISTING_CLASS_NAME); fail("Should generate an exception for existing type"); } catch (ClassExistsException ex) { assertEquals(EXISTING_CLASS_NAME, ex.getClassName()); } myMockWorkspace.verify();}
  33. 33. 2004 OOPSLA2004Mock Roles, Not ObjectsSteve Freeman, Nat Pryce, Tim Mackinnon, Joe Walnes http://jmock.org/oopsla2004.pdf
  34. 34. 設計手法としての価値以前は実装に集中しすぎていたが、最も大切なのは、このテクニックにより、オブジェクト同士が演じるロールが強調されることだ。 - Tim Mackinnon http://www.mockobjects.com/2009/09/brief-history-of-mock-objects.html
  35. 35. インターフェイスの発見 Endo-Testingでも見られた概念が より洗練されている
  36. 36. 2006 OOPSLA2006Evolving an Embedded Domain-Specific Language in Java Steve Freeman, Nat Pryce http://jmock.org/oopsla2006.pdf
  37. 37. 内部DSLとしてのjMock 流れるようなインターフェイス
  38. 38. DSL本へ
  39. 39. ウォーキング スケルトン の 起源
  40. 40. このパターンというか戦略を見つけたのは1994年頃だった。1997年頃までにWalking Skeletonという名前を付けて、1999年にはIncremantalRearchitectureと相性がいいことがわかってきた。 - Alistair Cockburn http://alistair.cockburn.us/Walking+skeleton
  41. 41. Spanning Application - Poppendiecks (2003)Tracer Bullets - Dave Thomas & Andy Hunt (1999)
  42. 42. フィードバックの源泉ウォーキング・スケルトンを基にビルド・テストデプロイの自動化 River Ridge Trail by by Bruce McKay Yellow Snow Photography http://www.flickr.com/photos/brucemckay/5314508266/
  43. 43. 継続的デリバリーへ
  44. 44. 巨人の肩に乗る
  45. 45. ひとつずつ石を積む
  46. 46. すこしだけ、前に
  47. 47. 進むべき道はどこに見つかるだろう
  48. 48. 実践し続けること
  49. 49. 学び続けること 20091204_Hermitage_library_002 http://www.flickr.com/photos/friarsbalsam/4609212148/ by Friars Balsam
  50. 50. 考え続けること thought http://www.flickr.com/photos/fresh_photo/3479598520/ by freshphoto
  51. 51. 一歩ずつ、前に
  52. 52. 足跡を残す
  53. 53. 覚悟はいいか?オレはできてる
  54. 54. ありがとうございました! Photo by @digitalsoul0124 All rights reserved.
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×