A basic mathematical modelfor communication of consciousness         ~Utakata Model~          Takahashi Toshiki           ...
Agenda     ・Kansei     ・Utakata     ・Communication     ・Emergence     ・Utakata Model     ・Unconsciousness     ・Future     ...
Japanese Culture     感性            うたかた     Kansei        Utakata                             3
Kansei 西田幾多郎          和辻哲郎          九鬼周造(1870-1945)   (1889-1960)   (1888-1941)  純粋経験        間柄的存在         「いき」の構造        ...
Utakata          5
Communication                6
Concept          7
Basic Model              8
Basic Model              感性変換    感性的閉包            感性的閉包                             9
Inspired  西田幾多郎          和辻哲郎          九鬼周造 (1870-1945)   (1889-1960)   (1888-1941)  純粋経験         間柄的存在         「いき」の構造 感性...
Negative Emergence             うたかた             Utakata    “Negative Emergence”                           11
Emergence 創発 Emergence    「部分の総和」と「全体」の関係    ・部分の総和にとどまらない性質が全体とし    て現れること。    ・局所的な複数の相互作用が複雑に組織化す    ることで、個別の要素の振る舞いからは...
Example          13
Positive Emergence      「部分の総和」から「全体」が      演繹できない   積極的創発 Positive Emergence                              14
Negative Emergence      「全体」から「部分の総和」が      演繹できない  消極的創発 Negative Emergence                         15
Exampleアポトーシス Apoptosis  一部の細胞が自ら死ぬことで、  全体の組織形成や恒常性維持を発揮                     16
Example抑制性神経伝達物質「GABA」          一部のニューロンの          活性をオフにするこ          とで、睡眠を誘導                      17
Example他にも..          * 人を「立てる」          * 人に「譲る」          * あえて「黙る」          * 主夫・主婦 一部のアクティビティを抑えることに よって、全体のパフォーマンスが上がる...
Negative Emergence of Consciousness  消極的創発 Negative Emergence         ヒトの         意識                                      19
Negative Emergence of Consciousness                  OFF   ON             “negative emergence”               of consciousn...
Utakata Model   うたかたモデル      Utakata Model  感性的閉包  集合K                      意識                     パスP                    ...
Utakata Model  うたかたモデルにおける演算子       Ⅰ   前景化 … (<)■       Ⅱ   連想 …… (+)■←□       Ⅲ   結合 …… (*)■, □       Ⅳ   切断 …… (/)■, □ ...
Ⅰ (<)z1                      K                          z1      K={Φ}            K={z1}          アイデアz1がふと前景化した状態         ...
Ⅱ (+)z2←z1    K             K        z2        z1            z1     K={z1}       K={z1, z2}   アイデアz1からアイデアz2を連想した状態       ...
Ⅲ (*)z2, z1               z2         P z2      K              K          z1             z1      K={z1, z2}     P=(z1, z2) ...
Ⅳ (/)z2, z1               z2        P z2      K             K          z1            z1      K={z1, z2}    P=(z1, z2)     ...
Ⅴ (-)z2←z1     K              K        z2         z1             z1      K={z1}        K={z1, z2}     アイデアz2をアイデアz1を修正した状態...
Ⅵ (>)z1                      K                          z1      K={Φ}            K={z1}          アイデアz1がふと後退した状態          ...
Transformation                 29
Transformation                 感性変換       z                  w                 w=f(z)                              30
Mathematics of Unconsciousness                 潜在意識                                 31
Mathematics of Unconsciousness                                 32
Four Patterns of Intelligent Ecology         話す                       聞く        考える                     思い出す              ...
Sketch         34
Future                 複素数             Ⅰ                   z(t, q)                             R         アイデア z, 時間 t, 質 q...
Future                   複素微分         z2                    w2              z1          w1                   理解する         ...
Future         複素積分              z2         z1          経験する                   37
10 / 9   27Happy birthday   to me!
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

20121009seminar ja

371

Published on

A basic mathematical model for communication of consciousness

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
371
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20121009seminar ja

  1. 1. A basic mathematical modelfor communication of consciousness ~Utakata Model~ Takahashi Toshiki 2012/10/9 1
  2. 2. Agenda ・Kansei ・Utakata ・Communication ・Emergence ・Utakata Model ・Unconsciousness ・Future 2
  3. 3. Japanese Culture 感性 うたかた Kansei Utakata 3
  4. 4. Kansei 西田幾多郎 和辻哲郎 九鬼周造(1870-1945) (1889-1960) (1888-1941) 純粋経験 間柄的存在 「いき」の構造 4
  5. 5. Utakata 5
  6. 6. Communication 6
  7. 7. Concept 7
  8. 8. Basic Model 8
  9. 9. Basic Model 感性変換 感性的閉包 感性的閉包 9
  10. 10. Inspired 西田幾多郎 和辻哲郎 九鬼周造 (1870-1945) (1889-1960) (1888-1941) 純粋経験 間柄的存在 「いき」の構造 感性的閉包 感性変換 うたかた 10
  11. 11. Negative Emergence うたかた Utakata “Negative Emergence” 11
  12. 12. Emergence 創発 Emergence 「部分の総和」と「全体」の関係 ・部分の総和にとどまらない性質が全体とし て現れること。 ・局所的な複数の相互作用が複雑に組織化す ることで、個別の要素の振る舞いからは予測 できないようなシステムが構成されること。 ⇒「部分の総和」から「全体」が 演繹できない 12
  13. 13. Example 13
  14. 14. Positive Emergence 「部分の総和」から「全体」が 演繹できない 積極的創発 Positive Emergence 14
  15. 15. Negative Emergence 「全体」から「部分の総和」が 演繹できない 消極的創発 Negative Emergence 15
  16. 16. Exampleアポトーシス Apoptosis 一部の細胞が自ら死ぬことで、 全体の組織形成や恒常性維持を発揮 16
  17. 17. Example抑制性神経伝達物質「GABA」 一部のニューロンの 活性をオフにするこ とで、睡眠を誘導 17
  18. 18. Example他にも.. * 人を「立てる」 * 人に「譲る」 * あえて「黙る」 * 主夫・主婦 一部のアクティビティを抑えることに よって、全体のパフォーマンスが上がる 18
  19. 19. Negative Emergence of Consciousness 消極的創発 Negative Emergence ヒトの 意識 19
  20. 20. Negative Emergence of Consciousness OFF ON “negative emergence” of consciousness 20
  21. 21. Utakata Model うたかたモデル Utakata Model 感性的閉包 集合K 意識 パスP 21
  22. 22. Utakata Model うたかたモデルにおける演算子 Ⅰ 前景化 … (<)■ Ⅱ 連想 …… (+)■←□ Ⅲ 結合 …… (*)■, □ Ⅳ 切断 …… (/)■, □ Ⅴ 修正 …… (-)■←□ Ⅵ 後退 …… (>)■ 22
  23. 23. Ⅰ (<)z1 K z1 K={Φ} K={z1} アイデアz1がふと前景化した状態 23
  24. 24. Ⅱ (+)z2←z1 K K z2 z1 z1 K={z1} K={z1, z2} アイデアz1からアイデアz2を連想した状態 24
  25. 25. Ⅲ (*)z2, z1 z2 P z2 K K z1 z1 K={z1, z2} P=(z1, z2) アイデアz1とアイデアz2が結合した状態 25
  26. 26. Ⅳ (/)z2, z1 z2 P z2 K K z1 z1 K={z1, z2} P=(z1, z2) アイデアz1とアイデアz2が切断された状態 26
  27. 27. Ⅴ (-)z2←z1 K K z2 z1 z1 K={z1} K={z1, z2} アイデアz2をアイデアz1を修正した状態 27
  28. 28. Ⅵ (>)z1 K z1 K={Φ} K={z1} アイデアz1がふと後退した状態 28
  29. 29. Transformation 29
  30. 30. Transformation 感性変換 z w w=f(z) 30
  31. 31. Mathematics of Unconsciousness 潜在意識 31
  32. 32. Mathematics of Unconsciousness 32
  33. 33. Four Patterns of Intelligent Ecology 話す 聞く 考える 思い出す 33
  34. 34. Sketch 34
  35. 35. Future 複素数 Ⅰ z(t, q) R アイデア z, 時間 t, 質 q: z=t+qi 35
  36. 36. Future 複素微分 z2 w2 z1 w1 理解する 36
  37. 37. Future 複素積分 z2 z1 経験する 37
  38. 38. 10 / 9 27Happy birthday to me!
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×