【12-A-2】 ケーススタディ:不景気と戦うシステムインテグレート

1,118 views

Published on

Published in: Technology, Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,118
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
101
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【12-A-2】 ケーススタディ:不景気と戦うシステムインテグレート

  1. 1. ケーススタディ: 不景気と戦う システムインテグレート 12-A-2 竹内 康二 sevensdoor.com 1Who am I ? 竹内 康二 フリーランス開発者・トレーナー 各種サーバ構築・管理など FileMaker Pro 東京ユーザーズミーティング (FM-Tokyo)名目上の代表 FileMaker Business Alliance Trainer  FileMaker 7 / 8 / 9 Certified Developer  2006 FileMaker Excellence Award Winner!  Apple Certified Trainer 2
  2. 2. ケーススタディ:不景気と戦うシステムインテグレート Agenda ケーススタディ:放送局向け編集スタジオ 事例:学術論文編集・出版業務 3ケーススタディ:放送局向け編集スタジオStory• モデルはあるが架空です• 業務内容は映像/音声の編集、アナログ素材のデジタイズ等• 部屋と機材とスタッフの3つを時間貸しするビジネスモデル 4
  3. 3. ケーススタディ:放送局向け編集スタジオStory• 景気後退のあおりを受け、放送局側で番組制作予算を 削減しはじめる• 業務を効率化して、既存の人的リソースを有効活用する 必要がある• いままでのように非効率な紙作業をやっている場合では ない• 人海戦術禁止 5ケーススタディ:放送局向け編集スタジオStory• 特に、各営業が取ってくる編集案件の部屋割、時間割が 問題だ• スケジュール管理担当者が持っている紙1枚が頼り• 時間かかってしょうがないので、これをまず なんとかしよう 6
  4. 4. ケーススタディ:放送局向け編集スタジオ問題:• 紙ベース、電話確認ベースのスケジュール管理• 要熟練• とても手間がかかる 7ケーススタディ:放送局向け編集スタジオ目標 目標1: スタジオのスケジュール管理を効率化したい 目標2: そこから生まれるデータをついでに活用したい 8
  5. 5. ケーススタディ:放送局向け編集スタジオ制約 制約1: 予算かけてられない -> オープンソースだ! 制約2: 時間かけてられない -> プロプライエタリだ! 9ケーススタディ:放送局向け編集スタジオそれでもなんとかする• 矛盾する制約をなんとかする必要がある• 発想を変えてみる• 片方にだけ目を向けると矛盾だが、両方に目を向けると 補完関係にあるのではないか?• どっちも使えばイイトコ取りできるのではないか?• やりたい内容を切り分けて、それぞれの要件を満たす 別の方法論を組み合わせてみるのはどうか? 10
  6. 6. ケーススタディ:放送局向け編集スタジオそれぞれの要件の特性を考える 目標1の要件は:• 場所を問わず、営業担当者が手軽に接続したい -> Webが望ましい• 顧客に利用してもらうものではなく、社内業務の効率化を 目指すものなので、多少甘くても可• これならオープンソースものをベースに構築可能• 一般的な要件なので、用途を限定すれば十分使える• どんどんフィードバックしてプロジェクトに貢献しよう 11ケーススタディ:放送局向け編集スタジオMRBS (Meeting Room Booking System)• 今回採用するのはこれ http://mrbs.sourceforge.net/• PHP + MySQL or Postgresで構築され、 他言語対応された会議室予約ソリューション• オープンソース• フリー(GPL License)• まあだいたい要件満たす(ここ重要) 12
  7. 7. ケーススタディ:放送局向け編集スタジオとりあえずダウンロードして使ってみる Demo 13ケーススタディ:放送局向け編集スタジオ目標1• データの入り口と、データの入れ物はOK• 本人による再編集、管理者による編集、編集時に担当者に メール送信など、機能的にも一応OK• なによりも、カレンダーのインターフェイスなど、 一番めんどくさい部分を作らなくてすんだ• そこで目標2を考える 14
  8. 8. ケーススタディ:放送局向け編集スタジオ目標2• そこから生まれるデータをついでに活用したい• 現時点でもある程度のレポート機能はあるが、 あまり強力とは言えない• そこでお勧めするのが FileMaker Pro• 使いどころを間違わなければ、かなり強力• もちろんGoogleを作れるとまではいかないが、 一般的な印象(古い?)よりはずっと強い 15FileMakerのおいたち旧石器時代 ver. 2.x  真のカード型DB。記録マクロのみ。明治時代 ver. 3.0  限定的にリレーションが実装される1997 ver. 4.0  ClientアプリのPlug-InによるWeb公開機能を持つ1998 ver. 4.1  ODBC経由でのインポートをサポート1999 ver. 5.0  ファイルフォーマット変更。いろいろ改善。2001 ver. 5.5  ODBCサポート進む。ServerにLinux版登場。2002 ver. 6.0  XMLインポート/エクスポートをサポート2004 ver. 7.0  ファイルフォーマット変更。ここがブレイクスルー地点2005 ver. 8.0  ver. 7で実装しきれなかった機能がひと通りそろう2006 ver. 8.5  Webビューアのサポート。いろいろ改善。2007 ver. 9.0  外部SQL-DBとの接続をサポート。表現能力の強化など。2009 ver. 10  イベントドリブンによる処理のキックが可能になる 16
  9. 9. FileMakerのおいたち旧石器時代 ver. 2.x   FileMakerをよく知らない明治時代 ver. 3.0   人のイメージはこのへん1997 ver. 4.0   1テーブル = 1ファイル1998 ver. 4.1   の世界1999 ver. 5.0   一般的なユーザ2001 ver. 5.5   のイメージはこのへん2002 ver. 6.0  2004 ver. 7.0  2005 ver. 8.0  2006 ver. 8.5   すばらしい世界 本当の姿2007 ver. 9.0  2009 ver. 10   17ケーススタディ:放送局向け編集スタジオ普通のデータベースとの違い• SQLデータベースではない• 専用クライアントを使う• 開発も基本的に同じクライアントで行う• データベースファイルに データも スキーマも ロジックも インターフェイスも全部入ってる 18
  10. 10. ケーススタディ:放送局向け編集スタジオ普通のデータベースとの違い• よくも悪くも「超」プロプライエタリ• DBエンジンであり、開発環境であり、実行環境• 作る際の流儀が独特だが、 「こういう流儀のフレームワーク」と捉える• 目標2を達成するために、MySQLのデータに FileMakerからアクセスしてみる• 最近のFileMakerはそういうこともできる• 見た目かなりシームレス 19ケーススタディ:放送局向け編集スタジオやってみる Demo 20
  11. 11. ケーススタディ:不景気と戦うシステムインテグレートまとめ• 無理に開発しなくてもいいところもある• 開発するなら、できるだけラクに作る• 拡張性と持続可能性を確保する• 材料は目につくところだけでなく、広く求めよう 21ケーススタディ:不景気と戦うシステムインテグレート Q&A 22
  12. 12. お知らせFileMaker イベント「FileMaker Fun Night!」毎月Apple Store, Ginzaにて開催中次回は2/21(土)特別イベント「FileMaker Day」銀座、福岡、札幌開催は終了残るは2/15(日)Apple Store, Shinsaibashi2009年4月よりFileMaker Training定期開催詳しくはwww.sevensdoor.comにて 23

×