【S 1】「クラウドが破壊するもの、創造するもの」新野淳一氏

2,064
-1

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,064
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
65
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【S 1】「クラウドが破壊するもの、創造するもの」新野淳一氏

  1. 1. クラウドが破壊するもの、創造するものS-1 新野淳一 Publickey#natsumiS1 Developers Summit 2012
  2. 2. 自己紹介新野淳一 ITジャーナリスト/ Publickeyブロガー クラウド利用促進機構(CUPA) 総合アドバイザー 1995年 アスキー WindowsMagazine編集部 1997年 アスキーNT副編集長 2000年 @IT設立 2007年 アイティメディア株式公開 2008年 フリーランスとして独立 2009年 ブログ Publickey開始 http://www.publickey.jp/ Developers Summit 2012
  3. 3. アジェンダ クラウドがもたらす変化とは? クラウドが破壊するもの クラウドが創造するもの ソーシャルエンタープライズのトレンド リレートーク  Google 藤井さん  日本IBM 村上さん  日本マイクロソフト 西脇さん  セールスフォース・ドットコム 関さん Developers Summit 2012
  4. 4. クラウドがもたらす変化 あらゆるリソースがソフトウェアで調達可能 オンデマンドでスケールアウト/スケールイン 事実上無限のリソース 高度な運用の自動化 グローバル展開 Developers Summit 2012
  5. 5. クラウドが破壊しそうなもの(1)従来のシステムインテグレーション オラクルが得意だったあるSI 「受注単価が最大2桁下がった」  ハードウェア不要、インストール不要、チューニング不要  PaaSで開発も簡単、短納期、低コスト  売り上げ維持には、より多くの案件が必要に  中小企業が大規模システムに対応 Developers Summit 2012
  6. 6. クラウドが破壊しそうなもの(2)労働集約的なシステム運用 1年半前の「クラウドごった煮」での議論 「SIerで運用担当をしています。 PaaSで運用は必要ですか?」 「いらないです」 (クラウド開発経験者)  インストール不要、トラブルシュート不要、オートスケールアウト  運用は徹底的に自動化する方向へ  モニタリングはちょっと必要か  DevOpsで開発と運用の区切りはなくなっていくか? Developers Summit 2012
  7. 7. クラウドが破壊しそうなもの(3)オンプレミスおよびパッケージソフトウェア Microsoft → Office Live Oracle → Oracle Cloud Google → Google Apps SAP → Success Factor etc... サイボウズ → Cybozu.com  インストール不要、トラブルシュート不要、オートスケールアウト  運用は徹底的に自動化する方向へ  モニタリングはちょっと必要か  DevOpsで開発と運用の区切りはなくなっていくか? Developers Summit 2012
  8. 8. クラウドの破壊から逃げよう!  成功するための大事な条件は、 成功するしやすい市場にいること。  デベロッパーは破壊から逃れて 創造へ向かおう!  もちろん、仮説が正しいとは限らない。 自分で判断しよう! Developers Summit 2012
  9. 9. クラウドが創造するもの(1)サービスモデル  オンサイトサポート不要  小規模でも展開可能、グローバルへ  AppStore、マーケットプレイスの登場  DevOps的なオペレーションがカギ  パッケージ展開は規模的に難しかったソフトウェアベンダでも、サービ スで勝負できる Developers Summit 2012
  10. 10. クラウドが創造するもの(2)モバイルを含むマルチデバイス展開  主要機能はクラウド側で実装  ビューをデバイスごとに最適化  サービス化とセットで、どこでも利用可能  これからのアプリケーション、サービスはマルチデバイス対応が必要に Developers Summit 2012
  11. 11. クラウドが創造するもの(3)ビッグデータの活用  大規模並列処理、大規模ストレージの普及  これまで不可能だった分析処理を実現  何をどう分析するかが重要に  データサイエンティストといった職種が取りざたさ れる Developers Summit 2012
  12. 12. クラウドが創造するもの サービスモデルの登場 モバイルの躍進 ビッグデータの活用 ビジネスサイクルの迅速化 グローバルマーケットへの進出 すべてコミュニケーションがカギ ソーシャルメディア 今日のテーマ Developers Summit 2012
  13. 13. 業務アプリケーションのソーシャル化が始まっている Developers Summit 2012
  14. 14. セールスフォース・ドットコムChatterを発表(2009年11月) Developers Summit 2012
  15. 15. Facebookやツイッターを使ったとき、エンタープライズコラボレーションはこのようになるべきだと確信した。 (2009年、マーク・ベニオフ氏) Developers Summit 2012
  16. 16. シスコ Quad → WebEx Social Developers Summit 2012
  17. 17. IBM Project Vulcan→ IBM Social Business Framework Developers Summit 2012
  18. 18. SAP Sales on Demand Developers Summit 2012
  19. 19. Google+Developers Summit 2012
  20. 20. Oracle Social Services Developers Summit 2012
  21. 21. マイクロソフト、Office Talk → Yammerを買収 Developers Summit 2012
  22. 22. Atlassian Confluence Developers Summit 2012
  23. 23. SonicGarden YouRoom Developers Summit 2012
  24. 24. サイボウズLiveDevelopers Summit 2012
  25. 25. エンタープライズのソーシャル化は明確なトレンド  Chatter  Cisco WebEx Social  IBM Project Vulcan  SAP Sales on Demand  Oracle Social  Yammer  Google+  Confluence  サイボウズ Live  YouRoom  Chatwork  Talknote  Facebook / Twitter / Google+ / Linked.in  etc... Developers Summit 2012
  26. 26. なぜエンタープライズソーシャル?クラウド、モバイル、コンシューマライゼーションの波の影響 社内コラボレーションがソーシャル化 顧客とのコラボレーションもソーシャル化 ソーシャルメディアが顧客の分析に役立つから Developers Summit 2012
  27. 27. あらゆる業務アプリにソーシャルやコラボ機能が組み込まれていく…… Facebook / Twitter 開 SFA / CRM 発 経 メ 者 理 受 ー 用 発 ル ツ 財 注 ー 務 ル Developers Summit 2012
  28. 28. ソーシャルを基盤にした新しいアイデア  分析  コラボレーション、業務ワークフロー  アプリケーション連係  ボット (トリガー/リマインダー/予測など) Developers Summit 2012
  29. 29. エンタープライズソーシャル疲れ? メールを見て 社内ソーシャルのChatterを見て TwitterやFacebookを見て IMを見て 開発者用のWikiを見て チケット管理システムを見て コラボレーションのサイロ化? Developers Summit 2012
  30. 30. 業務システムのサイロ化はSOAで解決すると、IBMは言っているサイロ化されたコラボレーションも疎結合が必要ではないか? Developers Summit 2012
  31. 31. ソーシャルにもESBのような、何らかの共通基盤が必要では? Facebook / Twitter 開 SFA / CRM 発 経 メ 者 理 受 ー 用 発 ル ツ 財 注 ー 務 ル Developers Summit 2012
  32. 32. 標準技術も出てきている…… OpenSocial 2.0  アクティビティストリーム  ガジェットフォーマット  OAuth 2.0  共通コンテナ OpenID Connect  OAuth 2.0ベースでJSON対応の認証プロトコル Developers Summit 2012
  33. 33. 結び ソーシャル機能は 業務アプリケーションの基盤のひとつに 基盤技術の主流が 何になるかはまだ分からない。 OpenSocial、OpenID Connectなどの標準 もでてきているが、いまは製品ごとのAPIの ほうが一般的か。 Developers Summit 2012
  34. 34. 続いて主要ベンダのリレートーク Google 日本IBM 日本マイクロソフト セールスフォース・ドットコム Developers Summit 2012
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×