• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Devsumi2013 community
 

Devsumi2013 community

on

  • 3,621 views

 

Statistics

Views

Total Views
3,621
Views on SlideShare
2,097
Embed Views
1,524

Actions

Likes
3
Downloads
6
Comments
0

7 Embeds 1,524

http://codezine.jp 975
http://test.codezine.jp 270
http://event.shoeisha.jp 148
http://test-event.shoeisha.jp 117
http://www.codezine.jp 11
https://twitter.com 2
https://si0.twimg.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Devsumi2013 community Devsumi2013 community Presentation Transcript

    • 2013年2月14日(木)~15(金) At 目黒雅叙園-------------------------------------- 株式会社翔泳社 メディア事業部 Developers Summit 運営事務局
    • 名称:Developers Summit 2013 デベロッパーズ サミット 2013 通称:デブサミ2013 会期:2013年2月14日(木)~15日(金) 会場:目黒雅叙園(東京・目黒) http://www.megurogajoen.co.jp/ 主催:株式会社翔泳社 無料セッション数:56セッション(予定) 来場者数:2000名(予定) 参加対象者: • ソフトウェア開発者 • システム開発者 • ネットワークシステム管理・運用者 • IT教育担当者 • ITマーケティング・セールス担当者 • IT関連部署マネージャ • プロジェクト関連マネージャ など2012/10/29 Developers Summit 2013 2
    • 11 年連続で 開催している 日本最大の 開発者 カンファレンス です2012/10/29 Developers Summit 2013 3
    • 誕生の背景 技術立国日本の中で、企業システムの基盤製品技術は90%以上が外国産。 受注型アプリケーションは、現状日本で開発していたが、オフショアが進 み、日本でのソフトウェア開発とのすみわけが進むのではないか?という 不安が根底に IT関連企業で、新人2年目に教育予算をかけている会社は30%以下。 デベロッパーは、新技術の習得を、本やインターネットコミュニティに頼 らざるを得ない。 プログラマから、アーキテクト、プロジェクトマネージャー、システム企 画などのデベロッパーの他の職種の生き様やノウハウを出すことで、日本 全体のデベロッパー層の底上げを図りたい。 また、コミュニティが、日々の疑問を解決するチューターになりえる場所 であり、この中でエネルギーの交換をすることで、人生が豊かになるとい う仮説の元、デブサミはコミュニティにフューチャー。2012/10/29 Developers Summit 2013 4
    • デブサミの会場で、アンケートを見ると「このギャグがつまらなかった」 とか「とても感動した」など、感情の起伏があるにもかかわらず、会場内 が静かで、身体から出るコミュニケーションがあってもいいのでは(拍 手・やじ・質問・涙・笑い、などなど)と思ったこと。 デブサミ後に、受講者の人たち、ないしは受講者予備軍の人たちと話をす ると、うつ病の薬を飲んでいる人や、偏頭痛で悩んでいる人など、心と体 のバランスが壊れている人が多いとわかりました。そこで、体から発する コミュニケーション力を上げないと(つまり、心身ともに健康じゃない と)デベロッパーの復権なんてありえないんじゃないかというところから 来ています。 デベロッパーの復権 デブサミは既に10年やってきたイベントですが、基本的に、10年計画 でデベロッパーの地位向上が出来たらいいなということでやっていま す。今年のキャッチコピーが変わっても、「デベロッパーの復権」が メインコピーであることは変わらないと思っています。 デベロッパーの生産性が5%上がると、日本のGNPは5%上がる? いまや、ビジネス=ITです。彼らの生産性が上がることが、日本の国 力を増すといっても過言ではありません。2012/10/29 Developers Summit 2013 5
    • Developers Summit(以下、デブサミ) は、2013年より をテーマに活動を再起動します! 2003年よりデベロッパーの知をシェアすることで、世界をブーストする場 を目指してデブサミを開催してまいりました。つまり、自分が共感できる テクノロジー、目指すべきメンター、コミュニティなど、共感できる対象 を探す場としてのデブサミを開催し、開発の現場をもっと良くしていく試 みは、SNSやBlogの普及や勉強会ブームの台頭などあり、業界内に必須の 流れができてきたのではないかと思っております 次の10年、エンジニアの地位向上と知的好奇心を満たす場として、デブサ ミが今後お役に立てるとしたらなんだろうか、と考えたときに浮かんでき たコンセプトは「Action !」でした This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 Generic License.2012/10/29 Developers Summit 2013 6
    • リーマン・ショック、ジャスミン革命、3.11、、、とこの10年の間に、 我々の社会基盤を大きく揺るがす出来事が起きてきました。その中で、人 や社会の営みをつなげてきたのはITでした。 共感から行動へ、自分の持ち場で自分の意志を持ち、行動する開発者を一 人でも多く排出すること。 今までのデブサミが、共感できるテクノロジーやコミュニティを探す場と しての祭を10年間開催してきたとしたら、「共感」から生み出す「行動」 を宣言する祭として、次の10年間を取り組みたいと思います。 あなたの未来を作るために、デベロッパーとして何に「共感」し 「Action !」しますか? 60を超えるセッション、100人を越えるスピーカーの中から是非その答え を探しに来てください! This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 Generic License.2012/10/29 Developers Summit 2013 7
    • 開発プロセス Web technology 上流工程/アジャイルテスト/ Webアプリ開発/ブラウザ チーム開発/モデリング/構成管理 (HTML5/JavaScript)/サーバサイド/ テストなど インフラなど テクニカルセッション 6枠 スポンサーセッション 6枠 テクニカルセッション 7枠 スポンサーセッション 5枠 Mobile Technology Architecture Android/iOS/ クラウド/ WindowsPhone/ エンタープライズ・アーキテクチャ用語 モバイルアプリ開発など など テクニカルセッション 7枠 スポンサーセッション 7枠 テクニカルセッション 4枠 スポンサーセッション 3枠 Design 次世代Web Career UI・UX/モバイル/ アドテクノロジー/ エンジニアの生き デザインプロセスなど ソーシャル/ 方/技術x自分戦 BigDataなど 略など テクニカルセッション 3枠 スポンサーセッション 2枠 リレーセッション 1枠 リレーセッション 1枠2012/10/29 Developers Summit 2013 8
    • ゾーニング自体は、前年度から大きな変更はしていません。 ただし、セッションの中身に対して、Actionの仕組みを取り入れようと 検討しています。 そのうえで、今回は新たに、参加者のActionとして、以下の取り組みも行 います。 公募セッション 個人(コーヒー)スポンサー 公募レポーター ※詳細は別途プレサイトを参照ください。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 2.0 Generic License.2012/10/29 Developers Summit 2013 9
    • オフィシャ ルコミュニ ティ参画の お願い 12012/10/29 Developers Summit 2013
    • • 空前のIT勉強会ブームの中、自分の関心のコミュ二ティを、 インターネットで見つけやすい時代になってきました。 • デブサミでは、コミュニティにまだ入っていない方、仕事 の方向性が変わって、新しい関心のコミュニティを探して いる方に、リアルな場所で、どんなコミュニティがあるか 手がかりを提供する場でありたいと思っております。 • コミュニティの方と、”未”コミュニティの方が、直接接点 を持つような場として、「展示」「LT」「オープンジャ ム」の3方向ご用意致しております。 12012/10/29 Developers Summit 2013
    • 必須条件 • コミュニティの関心がITであること • 非営利であること 活動状況 (以下の項目の中で、一つ以上実績があること) • 3ヶ月に1回、IT関連の勉強会を実施 • 会員に100人以上メルマガを発行 • Blogや掲示板やSNSで、情報を発信 上記の活動を実施しているコミュニティに対して、 積極的に、情報発信と交流の場を提供します 12012/10/29 Developers Summit 2013
    • ロゴと紹介文の掲載 • 各種宣材に貴コミュニティロゴと紹介文を掲載します • デブサミサイトトップページに貴コミュニティサイト名を 掲載し、紹介ページへリンクします ※サイトは、2012/12/19(水)オープン予定です ブースの提供 • コミュニティ仕様のブースを1ブース無料提供します • 数に限りがあるため、必ず展示等を行っていただくこ とを前提に、ご応募お願いします • 応募が多かった場合は、1ブースを2団体で利用、また は抽選とさせていただきます • コミュ二ティブースで、著者サイン会を実施する場合は、 事前に「書籍名」「出版社名」「サイン会をする方のお名 前」「開催予定日時」を事務局までメールで連絡ください 12012/10/29 Developers Summit 2013
    • コミュ二ティLT大会への応募 • 毎年恒例、コミュ二ティLT大会への応募資格が付与されま す。数に限りがあるため、応募が多かった場合は抽選とさ せていただきます。 • セッション時間:1日目(2/14) 17:40~19:10 オープンジャムの応募 • デブサミのオープンジャムへの応募資格が付与されます。 数に限りがあるため、応募が多かった場合は抽選とさせて いただきます。 • セッションの時間帯は、運営側で決定させていただきます。 12012/10/29 Developers Summit 2013
    • 設備 • テーブル(W1800mm×D600mm×H700mm):1 • クロスがかかっています • コンセント(100V,2つ穴タップ):1 • 社名板(L型・プラケース) • 椅子:2 留意事項 • カタログスタンドはご希望の場合は別途有料にてご用意します。 ご希望の場合はお申し付け下さい。 • 出展ブースには数に限りがありますので、お断りする場合がございます。 ご了承ください。 • 延長コードは各出展社様でご用意下さい。 • ネットワーク環境はご用意しておりません 12012/10/29 Developers Summit 2013
    • デブサミのLT • 参加コミュニティ数の関係上、 1コミュニティあたりの制限時間は3分30秒(予定)です。 時間が経過するとドラが鳴り、強制終了となります。 • 発表の内容は、2013年のテーマ「Action」に合わせて、 ご自身がコミュニティで得た成果やリアルな体験談や 2013年にActionしたいことを語って頂きたいと思います。 参考:実績(昨年度) 楽天の吉岡氏司会のもと、16のコミュニティが登壇しました。 OSSコンソーシアム、CouchDB JP、DevLOVE、日本Grails/Groovy ユーザーグループ、オブラブ、Japan Windows Azure User Group、 TIDAコンソーシアム、日本App Inventorユーザー会、こみゅぷらす、 オープンクラウドキャンパス、Hack For Japan、remembAR、東北 デベロッパーズコミュニティ、アジャイルプロセス協議会、TDD研究 会、コワーキングJP 12012/10/29 Developers Summit 2013
    • デブサミのオープンジャム • 小規模セッションをアドホックで楽しめる場所です。 • セッションと並行に行われ、1コミュニティあたりの時間 は30分です。 • 内容は各コミュニティで設定ください。 実績(今年度) 2012/2/16(木) 2012/2/17(金) 12:30-13:00 日本XPユーザグループ 日本Rubyの会 13:20-13:50 AgileUCDja JAWS-UG 14:30-15:00 日本Springユーザ会 15:30-16:00 Codeseek Firebird日本ユーザー会 16:45-17:15 O-One Visual Studioユーザーグループ (VSUG) ※合わせて、夏サミのOpenJamの動画もご参考にしてください。 http://d.hatena.ne.jp/wayaguchi/20120728/1343459592 12012/10/29 Developers Summit 2013
    • 貴コミュニティサイトにバナーを掲載して下さい • 12月上旬に関係者サイトに特製バナーをUPします • 12/19(水)のサイトオープンに合わせて、 サイト上に願います 貴コミュニティメールニュースやTwitter、 Facebook等に3回程度デブサミの宣伝を お願いします! • 期間:12/20から2/10まで (ex. “開催します”, ”セッション紹介”, ”もうすぐです”) • 内容:おススメのセッションのレコメンドや デブサミ2013に対する応援メッセージなど 開催後は、ぜひ参加レポートを 貴コミュニティサイトに掲載して下さい! 12012/10/29 Developers Summit 2013
    • スケジュール • 10/29(月)~ 11/30(金) :オフィシャルコミュ二ティ応募受付期間 応募URL:http://bit.ly/XRUfCA • 10/30(火)~ 12/05(水) :結果ご報告メール送付期間(随時) ご参画頂くことになった場合 ※情報共有は全て、Facebookの特設グループ上で行います。 • 12/10(月):フォーム(掲載事項)提出期限 • 12/12(水):LT/ブース当選コミュ二ティ発表 • 12/19(水):デブサミ2013サイトオープン • 2013/1/中:コミュニティ出展マニュアル共有 • 2013/2/14(木)~15(金):デブサミ2013本番 12012/10/29 Developers Summit 2013