ソフトウェア開発の歴史を振り返る

2,575 views
2,246 views

Published on

1980年代からのソフトウェア開発の歴史振り返り。ネタ&主観多めで

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,575
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
39
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ソフトウェア開発の歴史を振り返る

  1. 1. ソフトウェア開発の 歴史を振り返る でむら なりかず
  2. 2. 13/08/04 自己紹介
  3. 3. 13/08/04 この本の著者です
  4. 4. 13/08/04 で、本題
  5. 5. 13/08/04 今回はネタ&主観の 成分多めで
  6. 6. 13/08/04 ソフトウェア開発の 遍歴をたどってみる
  7. 7. 13/08/04 温故知新。歴史を 知っておくと 後で役立つよ
  8. 8. 13/08/04 1980年代
  9. 9. 13/08/04 8ビットCPU搭載の コンピュータが主流
  10. 10. 13/08/04 PC88 MSX X1 MZ FM77
  11. 11. 13/08/04 CPUは Z80、6809
  12. 12. 13/08/04 この頃、大半のパソ コン少年が読んでた 雑誌は
  13. 13. 13/08/04 マイコンBASIC マガジン (通称ベーマガ)
  14. 14. 13/08/04 http://replayburners.web.fc2.com/ab2/info_spthanks.html
  15. 15. 13/08/04 掲載されている ソースコードを写経 して実行
  16. 16. 13/08/04 入力がすべて完了し ても、正しく動作す るとは限らない
  17. 17. 13/08/04 この時代の 開発スタイル
  18. 18. 13/08/04 BASICが主。高速に 処理する箇所のみ 機械語
  19. 19. 13/08/04 市販ソフトでも 珍しくない手法 (大戦略とか)
  20. 20. 13/08/04 アセンブリ言語 機械語 LD A, 23H LD B, 30H ADD A,B 人が読みやすい INC A SUB C CE23 0630 80      人が読みにくい 3C CPUは読みやすい 90
  21. 21. 13/08/04 機械語のコードは どのように用意する のか?
  22. 22. 13/08/04 アセンブラを使う ハンドアセンブル
  23. 23. 13/08/04 「俺がアセンブラだ!」 という開発手法
  24. 24. 13/08/04 詳しく書くと
  25. 25. 13/08/04 (1)アセンブリコード を紙に書く
  26. 26. 13/08/04 (2)オペコード表を見 ながら、自分で機械 語に置き換える
  27. 27. 13/08/04 http://map.grauw.nl/resources/z80instr.php
  28. 28. 13/08/04 なんでそんなに 面倒くさいことする のか?
  29. 29. 13/08/04 アセンブラ(ソフト ウェア)は高級品。 パソコン少年には 買えない
  30. 30. 13/08/04 そんな金あったら ゲーム買ってるわ!
  31. 31. 13/08/04 この頃のパソコン少 年はアセンブリ言語 が使える人が多い
  32. 32. 13/08/04 機械語からアセンブ リコードへの 脳内変換も可能 (ただしZ80限定)
  33. 33. 13/08/04 今では冗談のような ホントの話
  34. 34. 13/08/04 なぜBASICと機械語 のみで開発するの か?
  35. 35. 13/08/04 - 実行速度的な理由 - 開発環境的な理由
  36. 36. 13/08/04 C言語は ワークステーション などの特権階級向け の言語
  37. 37. 13/08/04 大学などの教育機関 でしか使えない
  38. 38. 13/08/04 1980年代は こんな感じ
  39. 39. 13/08/04 1990年代
  40. 40. 13/08/04 パソコンのCPUは 32ビット化が進む
  41. 41. 13/08/04 i386
  42. 42. 13/08/04 Windows 3.1 Windows 95 OS/2
  43. 43. 13/08/04 この頃の (個人的な)愛読書
  44. 44. 13/08/04 C Managine Oh! X 出版社はどちらもソフトバンク系列ですね
  45. 45. 13/08/04
  46. 46. 13/08/04 X68kユーザではな かったがプログラミ ングの勉強になった
  47. 47. 13/08/04 閑話休題
  48. 48. 13/08/04 画期的なソフトウェ アが登場する
  49. 49. 13/08/04 PC-UNIX
  50. 50. 13/08/04 386BSD (後のFreeBSD) Linux
  51. 51. 13/08/04 無償で利用できる 本格的なOS
  52. 52. 13/08/04 Linux を本格OSな んて言うと無茶苦茶 怒られた時代
  53. 53. 13/08/04 開発環境も無償 で入手可能
  54. 54. 13/08/04 C言語が気軽にPCで 使える様になった
  55. 55. 13/08/04 ほかにもいろんな パソコンが ありましたね
  56. 56. 13/08/04 PC9801 Mac AMIGA X68000
  57. 57. 13/08/04 一方、組み込み系 開発では
  58. 58. 13/08/04 このころのCPU
  59. 59. 13/08/04 Z80 68000 ARM MIPS あたりがメインだったような
  60. 60. 13/08/04 開発スタイル
  61. 61. 13/08/04 8~16bit CPU = アセンブリ言語のみ
  62. 62. 13/08/04 32bit CPU = C言語 + アセンブリ言語
  63. 63. 13/08/04 基本はC言語。高速化 が必要な箇所のみア センブリ言語
  64. 64. 13/08/04 H/W C言語 アセンブラ
  65. 65. 13/08/04 この流れで MIPS(R3000)の アセンブリコードを 書きまくった...
  66. 66. 13/08/04 2000年代
  67. 67. 13/08/04 32~64ビットCPU
  68. 68. 13/08/04 64ビットCPUは存 在したが移行は遅々 として進まず...
  69. 69. 13/08/04 Windows 2000 Windows XP
  70. 70. 13/08/04 Linuxの地位向上。 サーバー用途で利用 されるように なった。
  71. 71. 13/08/04 ソフトウェア開発
  72. 72. 13/08/04 特定OS向けソフト ウェアから Webを媒体にしたソ フトウェアが増える
  73. 73. 13/08/04 H/W インタプリタ スクリプト言語 ブラウザ JavaScript OS JavaScript / C#
  74. 74. 13/08/04 ソフトウェア開発 の傾向
  75. 75. 13/08/04 プラットフォームが ネイティブ から Webへ
  76. 76. 13/08/04 動作環境が ネイティブ から VirutualMachine へ
  77. 77. 13/08/04 H/Wからアプリまで のレイヤー(層)が 増加の一途
  78. 78. 13/08/04 一方で
  79. 79. 13/08/04 C言語が分からない人 が増えている (らしい)
  80. 80. 13/08/04 一因として教える学 校が減っている (某高専生からの情報)
  81. 81. 13/08/04 C言語で開発される ソフトウェアは 依然として多い (Linuxカーネルなど)
  82. 82. 13/08/04 ましてやアセンブリ 言語は...
  83. 83. 13/08/04 アセンブリ言語が 必要な場面は、開発 全体の比率で見る と、年々減少してる
  84. 84. 13/08/04 ただ、ゼロとなるこ とはない。いつの時 代も必要な知識
  85. 85. 13/08/04 低レイヤーができる = 他のエンジニア と差がつく
  86. 86. 13/08/04 そこでこの本をオススメ
  87. 87. 13/08/04 ご静聴ありがとうご ざいました

×