Your SlideShare is downloading. ×
!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*  Il Centro Gekkan 33                                        © 2013 Il Centro. Tutti i dir...
!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*  Il Centro Gekkan 33                                    © 2013 Il Centro. Tutti i diritti...
!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*  Il Centro Gekkan 33                                      © 2013 Il Centro. Tutti i dirit...
!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*  Il Centro Gekkan 33                                      © 2013 Il Centro. Tutti i dirit...
!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*  Il Centro Gekkan 33  すぐ近くにはクワットロ カステッラと呼ばれる地区があり、ここにはカノッサ伯爵一族により近隣の4                    ...
!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*  Il Centro Gekkan 33                                     © 2013 Il Centro. Tutti i diritt...
!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*  Il Centro Gekkan 33                                              © 2013 Il Centro. Tutti...
!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*  Il Centro Gekkan 33                                              © 2013 Il Centro. Tutti...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Dal Po all'Appennino : un viaggio attraverso natura e storia

74

Published on

Nel mese di febbraio 2013 Reggio Lingua ha scritto per il web-magazine "Il Centro Gekkan" di Tokyo un articolo sulla provincia di Reggio Emilia partendo dal fiume Po fino ad arrivare alla pendici dell’Appennino Reggiano. Un percorso che attraversa luoghi naturali rimasti tuttora incontaminati e città storiche la cui bellezza è ancora sconosciuta al turismo di massa.

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
74
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Dal Po all'Appennino : un viaggio attraverso natura e storia"

  1. 1. !"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Il Centro Gekkan 33 © 2013 Il Centro. Tutti i diritti riservati!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Città del mese Dal Po allAppennino: un viaggio attraverso natura e storia!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* G$-&99$"g$398)Y4.8"*)($g$398)&18*#8D),#)*$)3))-&99$"N/$*$) レッジョ リングアより − レッジョ エミリアにあるイタリア語とイタリア文化を学べる語学学校 CD)(8%$"3&.8D)#)()_$3)l$/8D)!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 翻訳者:木村美菜 18*#8D)&)D#&J"05$#)*$#2&#D)($%$"3$J)/V$&3#&&V8"3).8.$3)K)33"(&**)5D"M$3.$)!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ($-&99$"N/$*$)83)#&DD)05&.$)*&J.)5).&($).."9*$&D&$M$0$#)#"D$."383) /&D)M$9*$"0))#/"0K&D)($."D($)*&)**&9D$):G)83)5)D#&*)5$)38D)()**+)*#D)*& /"3#)93&JP8)99$R$*W$8/&S"&*)00R*+H55&33$3"&$3/&%%"*)6$)N/$*$)J."0k(D$##) &5&D&3#"D$).E&0&/VD)83).&D3$&D).E&#$&3&$30$&/&JKD"3#&)KD"3#&J$(8&*)#$!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ."3#D)0#)3#$&05&.8*)D$($P8&0#)#&DD):!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 文化や芸術、ホスピタリティーと伝統、その風土と豊かな食文化がレッジョ エミリアを特別な地域たら しめ、これらのために心温まる喜びをもって訪れる人を迎えることができるのです。一方には平野、他 方には山が連なり、眼下にはポー川が流れ、高くそびえるのはアペニン山脈、その間をエミリア街道が!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* まっすぐに貫き、まるでそれは、向かい合う対照的な風景を結ぶちょうつがいのようにも見えます。 g)0"*&33$#2(&*S"J$*W$8/&5$R*839"(+,#)*$)J&*"0.&3)D$" 3)#8D)*&$DD$5&#$V$*&&/)93&#$."J$3K"3("3")("93$."0)!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 5D&0&3#&$3P8&0#&%"3&83)*"3&($0"05&30$"3&&($ /$0#&D": イタリアで最も長い川、ポーの荘厳さ、その様は自然ですら他に再現で!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* きない魅力に溢れ、その流域のあらゆるものに、まばゆい神秘的な輝き をちりばめています。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 10!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* この雑誌に記載されている記事・写真・ 図表などの無断転載を禁止します。
  2. 2. !"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Il Centro Gekkan 33 © 2013 Il Centro. Tutti i diritti riservati!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* L*$)D9$3$5&D."D0$()5$0#&.$.*)V$*$5&D/&##"3"$3&0#)#& ($)##D)M&D0)D&$5)&0$)KK)..$)#$08*W$8/&: CD).)/5$."*#$M)#$&5$"55&#$9*$)05&##$3)#8D)*$0#$.$0$!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* K"3("3")**)5&DK&%$"3&."3P8&**$0#"D$.$&)D#$0#$.$:,3 $3M&D3"*)3&VV$)J*+8/$($#2&*+)D$)KD&(().E&0)*9"3"()* W$8/&D&9)*)3"&/"%$"3$J5)8D&&)#/"0K&D&$3.)3#&M"*$& 3&**"0#&00"#&/5"5&D/&##"3"J5&3&#D)3("3&**&.)3#$3&!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ($0#)9$"3)#8D)J($)MM"*9&D&&5"D#)D&)/)#8D)%$"3&$*D& (&$0)*8/$b$*.8*)#&**"J.E&5D"5D$"5&DP8&0#& .)D)##&D$0#$.E&.*$/)#$.E&58U&00&D&5D"("##"0"*"$3P8&0#$*8"9E$:!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 夏には川の自転車専用道路の土手を走り、流域の町を横断することが できます。耕地やポプラ並木の間で、自然の情景が歴史を重ねた芸術 的風景に完璧に調和しています。冬には川の水気と冷気が立ち昇り、 それが霧となり、心を揺さぶるような、何となしに怖いような、幻想!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 的な雰囲気がたちこめます。それと同時に、生ハムの最高峰、 クラテッロの熟成庫にもその空気が入り込み、クラテッロを包みこみ、 熟成に大きな役割を果たしています。クラテッロは、まさにこの地域!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* の気候のおかげで生産が可能な生ハムです。 4.&3(&3("()**+)D9$3&0$)DD$M))L8)0#)**).E&."3"VV&$* 08"/)00$/"05*&3("D&()*=j;@)*=<A0"##"$L"3%)9)!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* .E&*)#D)0K"D/)D"3"()5)&0&($.)/5)93)$383)5$.."*) .)5$#)*&5)()3): S$R.E&3&$0$39"*$/"38/&3#$$*K)0.$3"($L8)0#)**)^ 3&**)P8)*$#2)D.E$#&##"3$.)9*"V)*&(&*08"38.*&"0#"D$."!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* $3.8$)*&99$)$3#&9D"*"05$D$#"(&*-$3)0.$/&3#": 川の土手を進むと、1532年から1746年の間ゴンザーガ家の統治下で の繁栄を享受したグアスタッラを訪れることができます。グアスタッ!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ラはゴンザーガ家の功績により、田舎の町から、パダーナ平野の小さ くとも都市となりました。グアスタッラの魅力は、一つ一つの建物もさることながら、この都市の歴史 の核にあるルネサンスの真の魂が息づく包括的な建築の価値にあります。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* H5".)($0#)3%).+^L8)*#$&D$*).8$K)/)^*&9)#) )**+$3.)3#&M"*&5$)%%)d&3#$M"9*$"J83"05)%$"5D$3.$5&0." $(&)#"0&."3("$.)3"3$D$3)0.$/&3#)*$.E&.$D$/)3()!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 83+$//)9$3&(&93)($83)."D#&&8D"5&)5$R.E&($83 /$380."*"5"#&3#)#"5)()3":H**+$3#&D3"(&*5)*)%%" 11!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* この雑誌に記載されている記事・写真・ 図表などの無断転載を禁止します。
  3. 3. !"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Il Centro Gekkan 33 © 2013 Il Centro. Tutti i diritti riservati!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* d&3#$M"9*$"^)**&0#$#"83/80&"(".8/&3#)D$"(&($.)#")*5$##"D&H3#"3$"g$9)V8& .E&M$00&)L8)*#$&D$&M$/"Dk3&*=BAj: さらに土手に沿って行くと、グアルティエーリに着きます。この都市は、ルネサンス様式に倣って建て!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* られた当時の支配者の宮殿がある、美しいベンティヴォーリオ広場により有名です。これを見るとパ ダーノ平野に存在する一つの宮殿というより、当時のヨーロッパの宮殿の一つとみなすに値することが わかります。ベンティヴォーリオ宮殿の内部には現在、このグアルティエーリで生き、1965年に没した!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 画家、アントニオ リガブエの資料館があります。 SD"0&98&3("$*3"0#D"M$)99$"$3."3#D$)/"1"DD&99$"$*.8$3"/&&M".))**+$0#)3#&$ ($5$3#$($H3#"3$"H**&9D$J$*9D)3(&5$##"D&D$3)0.$/&3#)*&3"#"."/&c$*1"DD&99$"f:!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* !&*.&3#D"(&**).$##2#D"M$)/"5)*)%%$D$3)0.$/&3#)*$&)3#$.E&.E$&0&/)^1"D0" _)%%$3$."3$08"$.)KK^&3&9"%$)**+"/VD)(&$5"D#$.$*)0#D$.)#$$3/)D/"($6&D"3)J ."3*)5)M$/&3#)%$"3&(&*."D0"$3.$"##"*$($W$8/&)D$M&*)D&*)V&**&%%))D#$0#$.)(&* 5"0#":!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* さらに道を進むと、到着するのはコレッジョです。この名前は何よりもまず、ルネサンス期の偉大な画 家、まさに「コレッジョ」と呼ばれたアントニオ アレグリを思い出させます。街の中心部には、ルネサ ンス期の建物や教会もさることながら、カフェやお店が軒を連ね石造りのアーケードがかかるマッ ツィーニ通りが見どころです。その床はヴェローナで採れた大理石に川の小石で彩られ、この地に宿る!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 芸術的な美しさを醸しています。 g)0.$)3("*)5$)38D)&)MM$.$3)3(".$)**)."**$3)J)08(Y&0#($-&99$"N/$*$).+^!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 4.)3($)3"835)&0&*&9)#")**&K)/$9*$&(&9*$N0#&&(&$d"$)D("."33"M&0&."*$($ 0#"D$):6&D)5&D*)*".)*&^*)(8&.&3#&0.)D"..)(&$d"$)D("("M&3).P8&&M$00&_)D$) _)##&"d"$)D(")8#"D&(&*5"&/)*+cOD*)3(",33)/"D)#"f:!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 12!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*この雑誌に記載されている記事・写真・ 図表などの無断転載を禁止します。
  4. 4. !"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Il Centro Gekkan 33 © 2013 Il Centro. Tutti i diritti riservati!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 平野を後にして丘に登ってみましょう。レッジョ エミリアの南西には900年の歴史を持つエステ家とボ イアルド家にゆかりのある地、スカンディアーノがあります。この土地の至宝、1200年代の城塞、ボイ アルド城がありますが、ここは「恋するオルランド」を書いた詩人、マリア マッテオ ボイアルドが生 まれ育ったところでもあります。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* N3#D$)/""D)3&*.8"D&(&**&cC&DD&_)#$*($.E&f)DD$M)3(")*1)0#&**"($1)3"00)J83" (&$*8"9E$5$R&/V*&/)#$.$(&**)0#"D$)/&($"&M)*&#&)#D"(&**+$3."3#D"3&**+)33" =><<#D)*+$/5&D)#"D&N3D$.",6&$*5)5)LD&9"D$"6,,"05$#&(&**)."3#&00)_)#$*(&:!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* G&*.)0#&**"D$/)39"3"0"*"83)#"DD&&*).D$5#)(&*#&/5$"/)5"."($0#)3#&0$#D"M) 83)*#D".)0#&**"/)#$*($."D$/)0#"$3#)##"$30$&/&)*0"##"0#)3#&V"D9"($)V$#)%$"3$ $30)00"b^$*1)0#&**"($-"00&3).E&5D&3(&$*3"/&()**"05&D"3&($D"..$)M8*.)3$.) ($."*"D&D"00)0#D"08.8$^0#)#"&($W$.)#":!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* そしてカノッサ の城まで来ると、マティルデの土地に入ります。1077年、中世史の最も象徴的な場 所、皇帝ハインリッヒ4世と教皇グレゴリウス7世、この二人の和解を取り持ったマティルデ女伯の城で す。この城跡には塔と地下聖堂が残るのみですが、この近くにはマティルデのもう一つの城、ロッセー!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ナ城 が石造りの集落とともに残っています。その名前はこの城が建っている下の部分の赤茶けた火山岩 でできた控え壁の色から付けられました。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* S"."*"3#)3"3&**)*".)*$#2(&3"/$3)#)m8)##D"1)0#&**)#D"M$)/"$*1)0#&**"($ d$)3&**"*+83$."D$/)0#"(&$P8)##D"&($W$.)#$()$."3#$($1)3"00)08P8)##D"."**$3& M$.$3&&(&**)0#&00))*#&%%): ,3P8&0#".)0#&**"_)#$*(&D$.&M&##&*+$3M&0#$#8D))6$.)D$),/5&D$)*&3&*====&$3!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* P8&0#$*8"9E$"93$)33"0$0M"*9&*)K)0#"0)D$&M".)%$"3&0#"D$.)(&**)08) $3."D"3)%$"3&)-&9$3)(+,#)*$):!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 13!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* この雑誌に記載されている記事・写真・ 図表などの無断転載を禁止します。
  5. 5. !"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Il Centro Gekkan 33 すぐ近くにはクワットロ カステッラと呼ばれる地区があり、ここにはカノッサ伯爵一族により近隣の4 © 2013 Il Centro. Tutti i diritti riservati!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* つの丘に建てられた城で、唯一残っているボイアルド城があります。この城でマティルデは1111年に皇 帝より皇帝代理の称号を受けました。毎年このイタリア女王戴冠の記念祭がきらびやかに催されます。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 4)*&3("M&D0"*+H55&33$3"&5)00)3("()* 5)&0)99$"D8D)*&(&**&."**$3&)$.D$3)*$V"0."0$ (&**)/"3#)93))DD$M$)/")1)D5$3&#$("M& D$#D"M$)/")3.E&P8$$*/)D.E$"(&$1)3"00)!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 3&*1)0#&**"(&**&1)D5$3&#&08**)0"//$#2(&* _"3#&H3#"3$)3":!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* アペニン山脈に向かい、木々が生い茂る山の尾根の丘にある農村を通りながら登って行くと、カルピ ネーティに着きます。ここにもカノッサ伯爵家を象徴する城の一つ、カルピネーテ城がアントニアーノ 山の山頂にあります。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* !"3*"3#)3)()P8$^*+$3.D&($V$*&S$&#D)($ d$0/)3#"M)J.$#)#))3.E&()G)3#&3&*,6.)3#"(&* S8D9)#"D$"b83V*"..")D&3).&"$0"*)#"&."/5)##" ."3*)0"//$#25$)##)&*&5)D&#$)0#D)5$"/V"!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* *&M$9)#&();>/$*$"3$($)33$($&D"0$"3&3)#8D)*&: この近くには人知を超えた、ダンテの神曲、煉獄編第四曲でも 詠まれているビスマントヴァの石があります。砂地が固まりそこ!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* だけそそり立ち、てっぺんは平たく、切り立った岩壁は3000万 年に及ぶ月日をかけて自然に侵食されました。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* S&D.E$)/).)//$3)D&$3/&%%")**)3)#8D)^ 5"00$V$*&M$0$#)D&#8##$P8&0#$*8"9E$."/5D&0$3&**& )D&&."**$3)D$&/"3#)3&(&**)5D"M$3.$)5&D."DD&3(" 83)W$##)D&#&($0&3#$&D$.E&0$&0#&3(&5&D"*#D&B>>!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* .E$*"/&#D$:HMM)*&3("0$($#D&$#$3&D)D$#&/)#$.$ `4&3#$&D"_)#$*(&n4&3#$&D"(&$G8.)#$n4&3#$&D" 45)**)3%)3$a^5"00$V$*&&05*"D)D&&."3"0.&D&*&5$R $/5"D#)3#$%"3&)(&*&M)#"5D&9$")/V$&3#)*&&!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 0#"D$.": 自然の中を散策するのが好きな方であれば、丘や山の中、900 キロに及びぎっしりと詰まったこれらの名所を、小径を歩いて巡!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* るのが良いでしょう。3つのテーマのルート、マティルデの小径、公爵の小径、スパランツァーニの小 径を辿れば、風土という視点からも歴史的にも高い価値を誇る最も重要な地域を発見し、実際に触れる ことができるのです。 14!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* この雑誌に記載されている記事・写真・ 図表などの無断転載を禁止します。
  6. 6. !"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Il Centro Gekkan 33 © 2013 Il Centro. Tutti i diritti riservati!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 1E$)/)9*$E)V$#)#3)#8D)*$$3#&9D$&)M"*#&)3.E& 0&*M)99$3"358U#D)*)0.$)D&($M$0$#)D&$*S)D." -&9$"3)*&(&**+H*#"H55&33$3"-&99$)3"`(&##")3.E&!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 5)D."(&*L$9)3#&a("M&9D)%$&)**)5D&0&3%)($ 38/&D"0$D$K89$9*$)55)00$"3)#$($&0.8D0$"3$0/" 5"00"3"5&D."DD&D&*)LNH`LD)3(&N0.8D0$"3& H55&33$3$.)a&)//$D)D&)*.83$(&$5)3"D)/$5$R!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* &0#&0$&(&/"%$"3)3#$(+,#)*$): !&**&9$"D3)#&*$/5$(&)!"D(J"*#D&*)($0#&0)(&**) S$)38D)S)()3)J)55)D&$*5D"W$*"(&**&H*5$&)08(0$($0#$398&*)($0#&0)*8/$3"0)(&* _)DC$DD&3":!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 損なわれていない自然や野性味を楽しみたい方は、アペニンの高地にあるレッジョ エミリア州立公園 (ジガンテ公園とも呼ばれる)も忘れてはなりません。山小屋も数多いので、自然探訪が好きならば GEA(Grande Escursione Appenninicaの略)と呼ばれるアペニントレッキングコースに挑戦し、イ タリア国内でも有数の、壮大で見る人の心に響く風景を楽しむことができます。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 空気が凛と澄んだ日には、北側では広大なパダーナ平野のみならず、アルプスの輪郭までもが、南側で はキラキラと輝くティレニア海までもが臨めます。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 1E$0$."3.&(&$*#&/5"($M$0$#)D&P8&0#$*8"9E$()**&)#/"0K&D&)KK)0.$3)3#$0&3#$D2 *+&/"%$"3&($83)&05&D$&3%)0#D)"D($3)D$)b83#&0"D"3)0."0#"JD)..E$80"#D)$*S"& *+H55&33$3"J)##&3(&#8##$."*"D".E&E)33"*)M"9*$)($0."5D$D*":!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ここでご紹介した魅力あふれる数々の名所を訪れる方々には、なんともいえない感覚が湧き上がってく ることでしょう。ポー川とアペニン山脈の間にぎゅっと詰まった隠れた宝ものが、それを見出す人の訪 れを待っているのです。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 15!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* この雑誌に記載されている記事・写真・ 図表などの無断転載を禁止します。
  7. 7. !"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Il Centro Gekkan 33 © 2013 Il Centro. Tutti i diritti riservati!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 8+(.()*9:$,)(".;,%9 学校紹介!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("*!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* -&99$"g$398)^83.&3#D"*$398$0#$."&.8*#8D)*& K"3()#"3&*@>>()S)"*)L)D"K"*$&G)3$&*)6&%%)3$J!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* (8&$30&93)3#$*)8D&)#&$3g$398&&g&##&D)#8D& 4#D)3$&D&_"(&D3&J).."/83)#&()83K"D#&(&0$(&D$" ($K)D."3"0.&D&*).8*#8D)$#)*$)3))**T&0#&D"&()**) 9D)3(&5)00$"3&5&D*T$30&93)/&3#": S)00$"3&.E&M$&3&/)3#&38#)M$M)()**+$/5&93"$3!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 5D$/)5&D0"3)3&**+$30&93)/&3#"KD"3#)*&(&**) *$398)$#)*$)3): レッジョリングアは、パオラ ガロフォリとダニエラ ヴェッツァーニという語学と近代の海外文!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 学を専攻し卒業した2人の教師により、2004年に創立された語学学校です。この2人は、イタ リア文化を広めたいという強い気持ちと教えることへの情熱によって志を一つにしました。 イタリア語教育の前線に自分達自身が立つことにより、常にその情熱保ち続けています。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 1"/5$#".E&&00&0M"*9"3"P8"#$($)3)/&3#&.")($8M)#&()839D855"($$30&93)3#$ #8##$/)(D&*$398))V$*$#)#$&P8)*$W$.)#$)**+$30&93)/&3#"(&**+$#)*$)3"g@J."3 &05&D$&3%&($$30&93)/&3#"(&**)*$398)$#)*$)3)$3,#)*$)&)**T&0#&D"&.E&5)D*)3" 83)"5$R*$398&0#D)3$&D&:!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* この2人の日々の役割は、イタリア語を母国語とし教師としての資格L2を持ち、国内又は海外 でイタリア語教授経験があり、少なくとも1つ外国語を話せる教師達と連携することです。 g)0.8"*)J05&.$)*$%%)#)3&**+$30&93)/&3#"(&**)*$398)$#)*$)3)J0$D$M"*9&)0#D)3$&D$!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ($"93$3)%$"3)*$#2&(&#2$3#&D&00)#$)()55D"K"3($D&*)."3"0.&3%)(&**).8*#8D)& (&**"0#$*&($M$#)$#)*$)3"o^)8#"D$%%)#)()**+Q3$M&D0$#25&D4#D)3$&D$($S&D89$)."/& 0&(&(+&0)/&5&D*&.&D#$W$.)%$"3$($$#)*$)3"1Ng,&(^)3.E&/&/VD"H4,g4 `H00".$)%$"3&(&**&0.8"*&($$#)*$)3"."/&*$398)0&."3()a&($NGQ,CHg,H:!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* イタリア語教育に特化したこの学校は、イタリアでの生活や文化の造詣を深めたい人 なら国籍、年齢を問わず受け入れます。また、ペルージャ外国人大学のイタリア語試験 の実施機関として認定され、第二言語としてのイタリア語学校協会である!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ASILS(Associazione delle scuole di italiano come lingua seconda)、イタリア 留学団体であるEDUITALIA(International Education)にも加盟しています。 16!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* この雑誌に記載されている記事・写真・ 図表などの無断転載を禁止します。
  8. 8. !"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Il Centro Gekkan 33 © 2013 Il Centro. Tutti i diritti riservati!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* Q3)(&**&.)D)##&D$0#$.E&($-&99$"g$398)^*+"D9)3$%%)%$"3&(&$."D0$($*$398) $#)*$)3)$35$.."*$9D855$J#)*$()K).$*$#)D&*)5)D#&.$5)%$"3&)##$M)($#8##$9*$ 0#8(&3#$&K)M"D$D&83.*$/)($*)M"D"#D)3P8$**"&D$*)00)#": レッジョ リングアの特徴の1つは少人数グループのイタリア語コースを実施していることです。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 生徒が授業に積極的に参加しやすく、リラックスして課題に取り組めるようにしたためです。 O*#D&)$."D0$($9D855"J*)0.8"*)5D"5"3&)3.E&."D0$ c]O_N4CHpfJ.$"^0"99$"D3"&*&%$"3&$3($M$(8)*&")!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ."55$)($D&##)/&3#&).)0)(&**T$30&93)3#&.E&"*#D&)( $30&93)D&$#)*$)3"K)D2."3"0.&D&$M)D$)05&##$(&**& #D)($%$"3$(&*5"0#": -&99$"g$398)"D9)3$%%)$3"*#D&1O-4,G,1Q1,!H."3!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* *&%$"3$&0"99$"D3"5D&00")9D$#8D$0/$"dqd*".)*$: グループレッスンの他に、「ホームステイコース」も設けています。これは、イタリア語を教え るだけではなく、その土地の伝統的な様々な側面を教えることができる教師の家に、個人もし くはカップルで滞在するプランです。!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* さらにイタリア語レッスンとセットで料理コースの企画や地元のアグリトゥリズモやB&Bでの 滞在も手配します。 g)0.8"*)5D"/8"M&"..)0$"3$($$3."3#D"(8D)3#&9*$&M&3#$.8*#8D)*$.E&0$!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 0M"*9"3")-&99$"&"D9)3$%%)0&D)#&3&$*".)*$#$5$.$(&**).$##2J5"/&D$99$(&($.)#$ )**)5D&5)D)%$"3&(&**)5)0#)K)##))/)3"JM$0$#&).)3#$3&J).)0&$W$.$&)().&#)$& (&**)%"3): また、レッジョで文化イベントが開催される時に一緒に参加する企画や、町の粋なお店に集う!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* ひととき、フレッシュパスタを手作りする教室、この土地のワイナリー、チーズ製造所、バル サミコ醸造所を訪れる機会なども積極的に開催します。 1"3-&99$"g$398).$0$D&.))0)9D&($5)&0&&K&0#&5"5"*)D$J0$K)33"&0.8D0$"3$!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 08**+H55&33$3"&*839"$*S"J0$"D9)3$%%)3"M$0$#&98$()#&)-&99$"N/$*$)&)()*#D& .$##2M$.$3&."/&d"*"93)J7$D&3%&J6&D"3)J_)3#"M)J_$*)3"J7&DD)D)J6&3&%$)&..::: それだけではなく土地の伝統行事やお祭り、アペニン山脈やポー川流域へのハイキング、ガイド!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* 付きでレッジョ エミリア内やボローニャ、フィレンツェ、ヴェローナ、マントヴァ、ミラノ、 フェラーラ、ヴェネツィアなどの周辺都市への観光にも参加して頂けます。 g+)/V$&3#&K)/$*$)D&(&**)0.8"*)&*)($/&30$"3&c)/$08D)(+8"/"f(&**).$##2!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* D&3("3"$(&)*&$*0"99$"D3""*)M).)3%)0#8($").E$83P8&0$M"9*$)$//&D9&D& 3&**)M$#)P8"#$($)3)(&9*$$#)*$)3$&M"9*$)J9D)%$&)**)."D($)*$#2(&**&5&D0"3&J /&##&D&)**)5D"M)$*5D"5D$"$#)*$)3": 学校の家庭的な雰囲気と過ごしやすい町の規模は、イタリアでの日常生活に浸ってみたい人や 実際にイタリア語を実践で身に着けたい人にとって、この土地の人々の温かい人柄も相まっ!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* て、どなたにもこの土地での滞在や休暇を利用した留学が素晴らしいものとなるでしょう。 XXX:D&99$"*$398):$# 17!"!"!"#"$"%"&""(")"*"+","#")"("* この雑誌に記載されている記事・写真・ 図表などの無断転載を禁止します。

×