Your SlideShare is downloading. ×
0
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Cloud a to_z_20120220_rev1
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Cloud a to_z_20120220_rev1

2,451

Published on

大分県ハイパーフォーラム第66回講演資料

大分県ハイパーフォーラム第66回講演資料

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,451
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
27
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Cloud A to Z 導入編:はじめてのクラウド2012年2月版18 January 2012Page: 1
  • 2. About me :-) Daisuke Kawada Cloud Architect atoll Project twitter: @daisuke_kawada mail: daisuk@atoll.jp url: http://atoll.jp Publication: クラウドガバナンス現在進行形(TechTarget アイティメディア社) http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1111/22/news08.html Presentation: デジタルテレビ情報化研究会、電子情報通信学会、オージス総研 100年アーキテクチャフォーラム、CUPAクラウドネットワーク研究 会等多数。 Product: PSTN接続したWeb Phone ASP: RiRiRi Phone 2001 アカウントフェデレーションシステム : IAP 2001 分散コンテンツ流通基盤 : Uniter 2006 OSS Cloud Stack : copse 2011 注意: Atoll projectは筆者のプライベートプロジェクトです。Atoll projectおよびDaisuke Kawadaの発言 は個人の見解であり所属する組織(某通信事業者)を代表する意見ではありませんってば。18 January 2012Page: 2
  • 3. About me :-) Daisuke Kawada Cloud Architect atoll Project 要するに、ネットワークと接続して自律的に発展・複雑化 していくシステム開発を本業にしていたのですが、いつ の間にか、それがクラウド開発になってしまっています。 これまでにも増して構成要素が増えてしまったので、設 計実務以前の、そもそも市場ってどうなるの?とか、そ のときユーザーはどう振る舞うの?とか、それを受けて 立つために設計者はどーすりゃいいの?といった要求 フェーズを含む、そもそも話の検討ばっかりする羽目に 陥って、とほほな状態の今日この頃であります。 注意: Atoll projectは筆者のプライベートプロジェクトです。Atoll projectおよびDaisuke Kawadaの発言 は個人の見解であり所属する組織(某通信事業者)を代表する意見ではありませんってば。18 January 2012Page: 3
  • 4. Today’s Contents Section1:これまでに起こったこと Section2:クラウドってどんなもの? Section3:クラウドで何が変わる? Section4:ご利用にあたっての注意点 Section5:変わっていく世界18 January 2012Page: 4
  • 5. Previous cloud これまでに起こったこと18 January 2012Page: 5
  • 6. Jan 24 1999 .comバブルの最中に生まれたweb2.018 January 2012Page: 6
  • 7. Darcy DiNucci, “Fragmented Future”執筆 Web2.0初出 初出サイトは現在アクセス不能。Internet Archive収録データは下記。 http://web.archive.org/web/20100124124745/http://www.cdinucci.co m/Darcy2/articles/Print/Printarticle7.html18 January 2012Page: 7
  • 8. この文章、かなり深く思考さ れていて学ぶべき点が多く、 詳しく紹介したいところなん ですがここはぐっとこらえて18 January 2012Page: 8
  • 9. Sep 30 2005 Web 2.0ブームの火付け役が18 January 2012Page: 9
  • 10. Description Tim OReilly Date : 2008/1/26/7:38 Source :hhttp://www.flickr.com/photos/35034363287@ N01/2228299097/18 January 2012 Author : Robert Scoble from Half Moon Bay, USA Licensing : Attribution 2.0 GenericPage: 10
  • 11. Tim OReilly What is Web 2.0? Sep 30 2005 O’REILLY readar http://radar.oreilly.com/archives/2005/09/what-is-web-20.html Description Tim OReilly Date : 2008/1/26/7:38 Source :hhttp://www.flickr.com/photos/35034363287@ N01/2228299097/18 January 2012 Author : Robert Scoble from Half Moon Bay, USA Licensing : Attribution 2.0 GenericPage: 11
  • 12. “Web 2.0 is about systems that harness collective intelligence.” Tim OReilly What is Web 2.0? Sep 30 2005 O’REILLY readar http://radar.oreilly.com/archives/2005/09/what-is-web-20.html Description Tim OReilly Date : 2008/1/26/7:38 Source :hhttp://www.flickr.com/photos/35034363287@ N01/2228299097/18 January 2012 Author : Robert Scoble from Half Moon Bay, USA Licensing : Attribution 2.0 GenericPage: 12
  • 13. “Web 2.0は集合知を利用したシステム。” Tim OReilly What is Web 2.0? Sep 30 2005 O’REILLY readar http://radar.oreilly.com/archives/2005/09/what-is-web-20.html Description Tim OReilly Date : 2008/1/26/7:38 Source :hhttp://www.flickr.com/photos/35034363287@ N01/2228299097/18 January 2012 Author : Robert Scoble from Half Moon Bay, USA Licensing : Attribution 2.0 GenericPage: 13
  • 14. いいこと言ってます!18 January 2012Page: 14
  • 15. Core Competencies of Web 2.0 Companies • Services, not packaged software, with cost-effective scalability • パッケージソフトウェアではなく、費用効率が高く、拡張性のあるサービスを提供する。 • Control over unique, hard-to-recreate data sources that get richer as more people use them • 独自性があり、同じものを作ることが難しいデータソースをコントロールする。このデー タソースは利用者が増えるほど、充実していくものでなければならない。 • Trusting users as co-developers • ユーザーを信頼し、共同開発者として扱う。 • Harnessing collective intelligence • 集合知を利用する。 • Leveraging the long tail through customer self-service • カスタマーセルフサービスを通して、ロングテールを取り込む。 • Software above the level of a single device • 単一デバイスの枠を超えたソフトウェアを提供する。 • Lightweight user interfaces, development models, AND business models • 軽量なユーザーインターフェース、軽量な開発モデル、そして軽量なビジネスモデルを 採用する。 原文: http://oreilly.com/web2/archive/what-is-web-20.html18 January 2012 訳文: http://japan.cnet.com/sp/column_web20/20090039/5/Page: 15
  • 16. なるほど。18 January 2012Page: 16
  • 17. ところがその翌日18 January 2012Page: 17
  • 18. Oct 1 2005 Web 2.0がBuzzwordになった日18 January 2012Page: 18
  • 19. “Im not fond of definitions” Tim OReilly Web 2.0: Compact Definition? Oct 1 2005 O’REILLY readar http://radar.oreilly.com/archives/2005/10/web-20-compact-definition.html Description Tim OReilly Date : 2008/1/26/7:38 Source :hhttp://www.flickr.com/photos/35034363287@ N01/2228299097/18 January 2012 Author : Robert Scoble from Half Moon Bay, USA Licensing : Attribution 2.0 GenericPage: 19
  • 20. “私は定義を見つけられなかった。” Tim OReilly Web 2.0: Compact Definition? Oct 1 2005 O’REILLY readar http://radar.oreilly.com/archives/2005/10/web-20-compact-definition.html Description Tim OReilly Date : 2008/1/26/7:38 Source :hhttp://www.flickr.com/photos/35034363287@ N01/2228299097/18 January 2012 Author : Robert Scoble from Half Moon Bay, USA Licensing : Attribution 2.0 GenericPage: 20
  • 21. ええっ!18 January 2012Page: 21
  • 22. 一転して、なんでも アリになっちゃいました。18 January 2012Page: 22
  • 23. buzzword 一見、専門用語のようにみえるが、明確な合意や定義のない用語。 出典:wikipedia18 January 2012Page: 23
  • 24. Page: 24 0% -200% 200% 400% 600% 800% 1000% 1200% 2004-01-0418 January 2012 2004-03-28 2004-06-20 2004-09-12 2004-12-05 2005-02-27 cloud 2005-05-22 web 2.0 2005-08-14 2005-11-06 2006-01-29 2006-04-23 2006-07-16 2006-10-08 2006-12-31 Internet/Telecom average 2007-03-25 2007-06-17 2007-09-09 2007-12-02 2008-02-24 2008-05-18 Source : http://www.google.com/insights/search/?hl=ja#cat=0-13&q=web%202.0%2Ccloud&cmpt=q 2008-08-10 2008-11-02 2009-01-25 2009-04-19 2009-07-12 2009-10-04 2009-12-27 2010-03-21 2010-06-13 2010-09-05 2010-11-28 2011-02-20 2011-05-15 2011-08-07 2011-10-30 2012-01-22 検索キーワード人気度推移(全世界:2004/01/04-2012/02/05)
  • 25. 次に起こったのは .comバブルの再現18 January 2012Page: 25
  • 26. .comバブルの反省を出発点とし たWeb2.0が提出した考え方自 体は現在も有効です。しかし、 Web1.0=従来型サービスとした ものの「従来型」の定義を明確せ ず、Web2.0と比較していたので Web2.0固有の定義が確立でき ませんでした。18 January 2012Page: 26
  • 27. その11か月後18 January 2012Page: 27
  • 28. Aug 25 2006 Amazon EC2 Public beta開始 当時の記事が今でもAWS blogで読めます。 http://aws.typepad.com/aws/2006/08/amazon_ec2_beta.html18 January 2012Page: 28
  • 29. 3か月後18 January 2012Page: 29
  • 30. Nov 8 2006 捨てる神あらば拾う神あり18 January 2012Page: 30
  • 31. Description : Ray Ozzie at the Web 2.0 Conference 2005. Date : 2005/10/5 Source :http://www.flickr.com/photos/x180/50041543/in /set-1076331/18 January 2012 Author : James Duncan Davidson/OReilly Media, Inc.Page: 31 Licensing : Attribution 2.0 Generic
  • 32. Ray Ozzie Nov 8 2006 Web 2.0 Summit http://news.cnet.com/2100-1012_3- 6133895.html Description : Ray Ozzie at the Web 2.0 Conference 2005. Date : 2005/10/5 Source :http://www.flickr.com/photos/x180/50041543/in /set-1076331/18 January 2012 Author : James Duncan Davidson/OReilly Media, Inc.Page: 32 Licensing : Attribution 2.0 Generic
  • 33. “I think there are scenarios that have tremendous opportunities to take advantage of the advent of different device types.” Ray Ozzie Nov 8 2006 Web 2.0 Summit http://news.cnet.com/2100-1012_3- 6133895.html Description : Ray Ozzie at the Web 2.0 Conference 2005. Date : 2005/10/5 Source :http://www.flickr.com/photos/x180/50041543/in /set-1076331/18 January 2012 Author : James Duncan Davidson/OReilly Media, Inc.Page: 33 Licensing : Attribution 2.0 Generic
  • 34. “私はさまざまな デバイスタイプの 出現を活用する 途方もない機会を 持つシナリオが あると思う” Ray Ozzie Nov 8 2006 Web 2.0 Summit http://news.cnet.com/2100-1012_3- 6133895.html Description : Ray Ozzie at the Web 2.0 Conference 2005. Date : 2005/10/5 Source :http://www.flickr.com/photos/x180/50041543/in /set-1076331/18 January 2012 Author : James Duncan Davidson/OReilly Media, Inc.Page: 34 Licensing : Attribution 2.0 Generic
  • 35. About Ray Ozzie • 1984: Lotus Development出資でIris Associates創業。 • 1989: Lotus Notes最初のリリース出荷。 • 1994/5: Lotus DevelopmentにIris Associates買収される。 • 1995/7: IBM にLotus Developmentが買収される。 • 1997/10: Groove Networksを創立、P2P Groupware Groove発表。 • 2005: MicrosoftにGroove Networksが買収される。 同時にRay OzzieがMicrosoftの最高技術責任者に就任。 • 2006/6/15: Bill GatesよりCSA(Chief Software Architect)を引き継ぐ。 • 2010/10/18: CSAを退任。 • 2012/1: 新ステルスプロジェクト(iPhone/Androidにフォーカスしてい る模様)、cocomoをスタート。18 January 2012Page: 35
  • 36. その8日後18 January 2012Page: 36
  • 37. Cloud definition クラウドってどんなもの?18 January 2012Page: 37
  • 38. Nov 16 2006 インターネット否定に対する反論の文脈から生まれたクラウド18 January 2012Page: 38
  • 39. Description : Eric E. Schmidt, Chairman and CEO of Google Inc and a member of the Board of Directors of Apple Computer. Date : 2005/5/13 Source : Charles Haynes flickr account18 January 2012 Author : Charles Haynes Licensing : Attribution-ShareAlike 2.0 GenericPage: 39
  • 40. Eric E. Schmidt Don’t bet against the internet Nov 16 2006 The Economist http://www.economist.com/node/8133511 Description : Eric E. Schmidt, Chairman and CEO of Google Inc and a member of the Board of Directors of Apple Computer. Date : 2005/5/13 Source : Charles Haynes flickr account18 January 2012 Author : Charles Haynes Licensing : Attribution-ShareAlike 2.0 GenericPage: 40
  • 41. “Today we live in the clouds.” We’re moving into the era of “cloud” computing, with information and applications hosted in the diffuse atmosphere of cyberspace rather than on specific processors and silicon racks. The network will truly be the computer. Eric E. Schmidt Don’t bet against the internet Nov 16 2006 The Economist http://www.economist.com/node/8133511 Description : Eric E. Schmidt, Chairman and CEO of Google Inc and a member of the Board of Directors of Apple Computer. Date : 2005/5/13 Source : Charles Haynes flickr account18 January 2012 Author : Charles Haynes Licensing : Attribution-ShareAlike 2.0 GenericPage: 41
  • 42. “私達は今日、雲の中に住んでいる” 私たちはクラウド時代に移行しつつある。情報とアプリケーションは特定の プロセッサやシリコンラックではなく、サイバースペースに拡散していく。 ネットワークは真のコンピュータとなる。 Eric E. Schmidt Don’t bet against the internet Nov 16 2006 The Economist http://www.economist.com/node/8133511 Description : Eric E. Schmidt, Chairman and CEO of Google Inc and a member of the Board of Directors of Apple Computer. Date : 2005/5/13 Source : Charles Haynes flickr account18 January 2012 Author : Charles Haynes Licensing : Attribution-ShareAlike 2.0 GenericPage: 42
  • 43. “私達は今日、雲の中に住んでいる” 私たちはクラウド時代に移行しつつある。情報とアプリケーションは特定の プロセッサやシリコンラックではなく、サイバースペースに拡散していく。 ネットワークは真のコンピュータとなる。 Eric E. Schmidt Don’t bet against the internet Nov 16 2006 The Economist http://www.economist.com/node/8133511 Description : Eric E. Schmidt, Chairman and CEO of Google Inc and a member of the Board of Directors of Apple Computer. Date : 2005/5/13 Source : Charles Haynes flickr account18 January 2012 Author : Charles Haynes Licensing : Attribution-ShareAlike 2.0 GenericPage: 43
  • 44. Dont bet against the internet. インターネットが負ける方に賭けるな。18 January 2012Page: 44
  • 45. “Today we live in the clouds.” We’re moving into the era of “cloud” computing, with information and applications hosted in the diffuse atmosphere of cyberspace rather than on specific processors and silicon racks. The network will truly be the computer. Eric E. Schmidt Don’t bet against the internet Nov 16 2006 The Economist http://www.economist.com/node/8133511 Description : Eric E. Schmidt, Chairman and CEO of Google Inc and a member of the Board of Directors of Apple Computer. Date : 2005/5/13 Source : Charles Haynes flickr account18 January 2012 Author : Charles Haynes Licensing : Attribution-ShareAlike 2.0 GenericPage: 45
  • 46. “私達は今日、雲の中に住んでいる” 私たちはクラウド時代に移行しつつある。情報とアプリケーションは特定の プロセッサやシリコンラックではなく、サイバースペースに拡散していく。 ネットワークは真のコンピュータとなる。 Eric E. Schmidt Don’t bet against the internet Nov 16 2006 The Economist http://www.economist.com/node/8133511 Description : Eric E. Schmidt, Chairman and CEO of Google Inc and a member of the Board of Directors of Apple Computer. Date : 2005/5/13 Source : Charles Haynes flickr account18 January 2012 Author : Charles Haynes Licensing : Attribution-ShareAlike 2.0 GenericPage: 46
  • 47. We’re moving into the era of “cloud” computing, with information and applications hosted in the diffuse atmosphere of cyberspace rather than on specific processors and silicon racks. The network will truly be the computer. 私たちはクラウド時代に移行しつつある。情報と アプリケーションは特定のプロセッサやシリコンラ ックではなく、サイバースペースに拡散していく。 ネットワークは真のコンピュータとなる。18 January 2012Page: 47
  • 48. The network will truly be the computer. ネットワークは真のコンピュータとなる。18 January 2012Page: 48
  • 49. この言葉を理解するために 少々歴史の勉強をしましょう18 January 2012Page: 49
  • 50. 1837 解析機関設計スタート。18 January 2012Page: 50
  • 51. バベッジの 解析機関 の、試作品。詳細に興味がある方はこちらをご覧ください。 ちなみに十進法採用です。 http://www.sciencemuseum.org.uk// Description : Français : Machine Analytique de Charles Babbage, exposée au Science Museum de Londres (Mai 2009) Date : 2007//1/3 Souce : http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/ac/A nalyticalMachine_Babbage_London.jpg18 January 2012 Author : Bruno Barral (ByB)Page: 51 Permission : Attribution-ShareAlike 2.5 Generic
  • 52. Charles Babbage 1791/12/26-1871/10/18 概要 Obituary portrait of Charles Babbage (1791- 1871) published in The Illustrated London News on 4 November 1871. The original caption was "The late Mr. Babbage." This portrait was derived from a photograph of Babbage taken at the Fourth International Statistical Congress which took place in London in July 1860.[1] Hook, Dinan (2002). Origins of cyberspace: a library on the history of computing, networking, and telecommunications. Norman Publishing. pp. 161, 165, ISBN 0930405854 日付 Originally published 4 November 1871 原典 A scan or photograph of a page from The Illustrated London News newspaper. 作者 Unknown staff artist for The Illustrated London News18 January 2012 許可 (ファイルの再利用) Published in 1871, copyrightPage: 52 expired 70 years after publication, 1941
  • 53. 解析機関は実装できていれば チューリング完全を達成した 最初の“コンピュータ”になるは ずでした。18 January 2012Page: 53
  • 54. 1936 「計算可能数について──決定問題への応用」発表18 January 2012Page: 54
  • 55. チューリング完全 計算理論において、任意の計算メカニズムがチューリング機械と 同じ計算能力を持つとき、その言語はチューリング完全(Turing- complete)あるいは計算完備であるという。 出典:wikipedia18 January 2012Page: 55
  • 56. チューリング機械 イギリスの数学者A.M.チューリングが 1936 年に発表した「計算 可能数について──決定問題への応用」において数学基礎論で 当時懸案となっていた計算可能性問題に対する解答として提案 した仮想機械。同論文はデジタル計算機に可能な計算と不可能 な計算を明らかにした。チューリング機械は自己書き換え可能( プログラム可変)で他のあらゆる計算機の模倣が可能(万能チュ ーリング機械)とされた。18 January 2012Page: 56
  • 57. 1:無限に長いテープ 2:その中に格納された情報を読み書きするヘッド 3:機械の内部状態を記憶するメモリ で構成され内部状態とヘッドから読み出した情報の 組み合わせに応じて A:ヘッド位置のテープに情報を書き込む B:機械の内部状態を変える C:ヘッドを右か左に一つ移動する18 January 2012Page: 57
  • 58. つまり、外部から命令を読み 込み(1,2,3)、自分自身を書き 換え(B)、結果を出力(A)し、 次の処理に備える(C)ことが できる機械。18 January 2012Page: 58
  • 59. Alan Mathison Turing 1912/6/23-1954/6/7 Non-free media information and use rationale for Claude Shannon Description : Alan Mathison Turing at the time of his election to a Fellowship of the Royal Society. Photograph was taken at the Elliott & Fry studio on 29 March 1951. There is another photograph taken at the same session where he is not looking directly at the camera. Date : 1951/3/29 Souce : http://www.ieee.org/portal/cms_docs_sscs/sscs/08Spring/KFig6_turing.jpg Author : Original uploader was Venusianer at de.wikipedia Copyright : The copyright is held by the National Portrait Gallery, London. Low resolution? : Is low and only as much resolution as necessary to identify and show the person described in the article, not enough to be used for piracy. Purpose of use : Illustrates the subject of the article Claude Shannon. It is a historically significant photo of a famous individual performing an historic experiment. Its inclusion in the article adds significantly to the article because it shows the subject of this article performing an historic experiment. Replaceable? : No free equivalent is available. The subject of the photograph is deceased, therefore a "new" image can not be created of this person. A free image may not exist, but in the event of a free image being located for this person in the future, this image should be deleted as soon as possible.18 January 2012 Other information : The image is readily available on other websites. Further use of this image on Wikipedia is not believed toPage: 59 disadvantage the copyright holder or degrade its market value.
  • 60. つまり、バベッジの解析機関は 完成していればデジタル計算 機にできることは全部できる機 械だった、ってこと。18 January 2012Page: 60
  • 61. また、十分に複雑で、高速に 動作するチューリング機械の 実装方法について、この論文 時点では明確な答えはありま せんでした。18 January 2012Page: 61
  • 62. 1937 たぶん今世紀で最も重要で、かつ最も有名な修士論文 (Howard Gardner)の登場18 January 2012Page: 62
  • 63. デジタル回路設計 修士論文継電器とスイッチ回路の記号論的解析においてスイッ チのオン・オフを記号論理の真・偽に対応させると、スイッチの直 列接続はANDに、並列接続はORに対応することを示し、あらゆ る論理演算がスイッチ回路(デジタル論理回路)で実行できること を証明。 出典:wikipedia18 January 2012Page: 63
  • 64. Claude Shannon 1916/4/30-2001/2/24 Non-free media information and use rationale for Claude Shannon Description : This image is being used to illustrate the article of Claude Shannon and is used for informational or educational purposes only. Source : Found at Bell Labs website, The photo was part of a press release, widely circulated in the public domain through news articles appearing in national newspapers and books. Its use in Wikipedia is therefore claimed under the Fair use guidelines. http://www.bell-labs.com/news/2001/february/26/1.html Article : Claude Shannon Portion used : Entire Picture Low resolution? : Is low and only as much resolution as necessary to identify and show the person described in the article, not enough to be used for piracy. Purpose of use : Illustrates the subject of the article Claude Shannon. It is a historically significant photo of a famous individual performing an historic experiment. Its inclusion in the article adds significantly to the article because it shows the subject of this article performing an historic experiment. Replaceable? : No free equivalent is available. The subject of the photograph is deceased, therefore a "new" image can not be created of this person. A free image may not exist, but in the event of a free image being located for this person in the future, this image should be deleted as soon as possible.18 January 2012 Other information : The image is readily available on other websites. Further use of this image on Wikipedia is not believed toPage: 64 disadvantage the copyright holder or degrade its market value.
  • 65. 論理回路 論理回路(ろんりかいろ 英:Logic circuit、ロジック・サーキット)は 論理演算を行う電気回路及び電子回路である。「真」と「偽」を、 電圧の正負や高低、電流の方向や多少、位相の差異、パルスな どの時間の長短、などで表現し、論理素子などで論理演算を実 装する。電圧の高低で表現する場合それぞれを "Hi", "Lo" 等と いう。基本的な演算を実装する論理ゲートがあり、それらを組み 合わせて複雑な動作をする回路を構成する。状態を持たない組 み合わせ回路と状態を持つ順序回路に分けられる。 出典:wikipedia18 January 2012Page: 65
  • 66. 論理ゲート と呼ばれる18 January 2012Page: 66
  • 67. MIL論理記号例(MIL STD-806) NOT OR AND XOR NOR NAND XNOR18 January 2012Page: 67
  • 68. スイッチ を18 January 2012Page: 68
  • 69. 伝送路 で結ぶことによって18 January 2012Page: 69
  • 70. 二進数半加算器回路の例 入力値:A S 和 OR AND NOT C 桁上がり 入力値:B AND AB CS 00 00 01 01 10 01 11 1018 January 2012 出典:wikipediaPage: 70
  • 71. 決まった答えの 組み合わせを 出力する18 January 2012Page: 71
  • 72. 1940 チューリング機械を知らない人が世界最初のチューリング機械を実装18 January 2012Page: 72
  • 73. Zuse Z3 詳細に興味がある方はこちらをご覧ください。 ちなみに二進法採用です。 http://www.zib.de/zuse/home.php/Main/Page Description : Zuse Z3 im Deutschen Museum in München Date : 2007//1/3 Souce : hhttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Z 3_Deutsches_Museum.JPG Author : Original uploader was Venusianer at18 January 2012 de.wikipedia Permission : GFDLPage: 73
  • 74. Konrad Zuse 1910/6/22-1995/12/18 Konrad Zuse Interne Archive http://www.zib.de/zuse18 January 2012Page: 74
  • 75. ただし、Z3はプログラムを格 納するテープが外部に必要で 現代的なプログラム内蔵方式 のコンピュータはもう少し後に 登場します。18 January 2012Page: 75
  • 76. 1945/6/30 プログラム内蔵方式の提案18 January 2012Page: 76
  • 77. プログラム内蔵方式 プログラム内蔵方式(ストアドプログラム方式)は、主記憶に置かれたプ ログラムを実行するコンピュータ・アーキテクチャの方式の一つである。 ノイマン型アーキテクチャに内包されるため、また、このような分類が議 論になるような初期の計算機において、プログラム内蔵でプログラムは 全てROMに置いた、というものはないため、ノイマン型で実現されるプ ログラムが書き換え可能という性質と混同されやすい。 出典:wikipedia18 January 2012Page: 77
  • 78. ノイマン型アーキテクチャ ノイマン型アーキテクチャ(von Neumann architecture)は、計算機の 基本的な構成法のひとつで5つの部分からなる。演算論理装置(ALU)、 制御装置、メモリ、入出力と、これらを接続する情報経路=伝送経路であ る。EDVACに関する報告書First Draft of a Report on the EDVACが 初出。(筆者注:ジョン・エッカートとジョン・モークリーの貢献についての 論争については割愛する) 出典:wikipedia First Draft of Report on the EDVACの 原文に興味がある方はこちらをご覧ください。 http://qss.stanford.edu/~godfrey/vonNeumann/vnedvac.pdf18 January 2012Page: 78
  • 79. ノイマン型アーキテクチャ ブロック図 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 伝送装置18 January 2012Page: 79
  • 80. ノイマン型アーキテクチャ 実装イメージ 記憶装置 制御装置 伝送装置 演算論理装置 入出力装置18 January 2012Page: 80
  • 81. John von Neumann 1903/12/28-1957/2/8 Description John von Neumann Date : 2008/1/20 Souce : hhttp://www.lanl.gov/history/atomicbomb/images/Neum annL.GIF Author : LANL Permission : This work is in the public domain in the United States because it is a work of the United States18 January 2012 Federal Government under the terms of Title 17,Page: 81 Chapter 1, Section 105 of the US Code.
  • 82. 1951-1961 プログラム内蔵方式コンピュータ実装と運用 (ABCマシンやその他もろもろの件は割愛)18 January 2012Page: 82
  • 83. EDVAC U.S. Army Photo of en:EDVAC as installed in en:BRL building 328. Man at the console: ? Man at the paper tape machine: Richard Bianco. Source Photo located at: http://ftp.arl.mil/ftp/historic- computers/ his image is a work of a U.S. Army soldier or employee, taken or made during the course of the persons18 January 2012 official duties. As a work of the U.S. federalPage: 83 government, the image is in the public domain.
  • 84. この、ご先祖様と18 January 2012Page: 84
  • 85. Tablet Description Deutsch: IFA 2010, Berlin Date 4 September 2010 Source Own work Author Bin im Garten18 January 2012 Permission Creative Commons Attribution-SharePage: 85 Alike 3.0 Unported
  • 86. ノイマン型アーキテクチャに基 づいて製作されている点で、 アーキテクチャ的には等価な ものだと言えます。18 January 2012Page: 86
  • 87. ところで、18 January 2012Page: 87
  • 88. ノイマン型アーキテクチャ ブロック図 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 伝送装置18 January 2012Page: 88
  • 89. ノイマン型アーキテクチャ ブロック図 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 伝送装置18 January 2012Page: 89
  • 90. 基板の配線18 January 2012 掲載例は日経エレクトロニクス2007/1/15 組み込み速修 キット収録のNE-R8C/25基盤。筆者所蔵(撮影含む)Page: 90
  • 91. CPUの配線 Description : InternalIntegratedCircuit2 Date : 2004/12/16 Souce : http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/93/In ternalIntegratedCircuit2.JPG18 January 2012 Author : Angeloleithold Permission Attribution-ShareAlike 3.0 UnportedPage: 91
  • 92. 光ファイバー Description : AMS-IX optical patch panel Date : 2008/5/22 Souce : http://fbz.smugmug.com/gallery/4650061_iuZVn/5/282 300855_hV8xq#282337724_tZqT2 Author : Fabienne Serriere18 January 2012 Permission Attribution-ShareAlike 3.0 Unported (CC BY-SA 3.0)Page: 92
  • 93. Internet Description : Partial map of the Internet based on the January 15, 2005 data found on opte.org. Each line is drawn between two nodes, representing two IP addresses. The length of the lines are indicative of the delay between those two nodes. This graph represents less than 30% of the Class C networks reachable by the data collection program in early 2005. Lines are color-coded according to their corresponding RFC 1918 allocation as follows:Dark blue: net, ca, us / Green: com, org / Red: mil, gov, edu / Yellow: jp, cn, tw, au, de / Magenta: uk, it, pl, fr / Gold: br, kr, nl / White: unknown Date : Original upload: December 1, 2006 Souce : http://en.wikipedia.org/wiki/File:Internet_map_1024.jpg Author : The Opte Project18 January 2012 Permission : This file is licensed under the Creative Commons Attribution 2.5 Generic license.Page: 93
  • 94. 伝書鳩 ちゃんとRFC1149(鳥類キャリアによるIP)って規格があります。 もちろんエイプリルフールの冗談なんですが、ちゃんと動作する(ハズ)です。 詳細に興味がある方はこちらをご覧ください。 http://tools.ietf.org/html/rfc1149 Description : Postduif Date : 2005/12/5 Souce : http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3d/P ostduif.jpg18 January 2012 Author : BenTheWikiManPage: 94 Permission : public domain
  • 95. 全部、伝送装置と言えます。18 January 2012Page: 95
  • 96. 再び、時代を遡ります。18 January 2012Page: 96
  • 97. 1736 ケーニヒスベルクの橋は渡れるか?18 January 2012Page: 97
  • 98. ケーニヒスベ ルクの橋渡 This image (or other media file) is in the public domain because its copyright has expired. This applies to Australia, the European Union and18 January 2012 those countries with a copyright term of life of the author plus 70 years.Page: 98
  • 99. A 一筆書き可能な場合の十分条件 ・すべての頂点の次数(頂点につ ながっている辺の数)が偶数 → 運筆が起点に戻る場合(閉路) a b f ・次数が奇数である頂点の数が2 で、残りの頂点の次数は全て偶 数 → 運筆が起点に戻らない場 合(閉路でない路) B e D c d ケーニヒスベルクはすべての頂点 g が奇数で、次数が奇数である頂点 の数が4で残りの頂点が0の閉路 のため、一筆書き不能。 C18 January 2012Page: 99
  • 100. グラフ理論 グラフ理論(グラフりろん、Graph theory)は、数学の一分野。ノ ード(節点・頂点、英語:node)の集合とエッジ(枝・辺、英語: edge)の集合で構成されるグラフの性質について研究する学問 である。なお「エッジ」をリンク(英語:link)という場合もある。「つ ながり方」に着目して抽象化された「点とそれをむすぶ線」の概念 がグラフであり、グラフが持つ様々な性質を探求するのがグラフ 理論である。 出典:wikipedia18 January 2012Page: 100
  • 101. Leonhard Euler 1707/4/15-1783/9/18 This image (or other media file) is in the public domain because its copyright has expired. This applies to Australia, the European Union and18 January 2012 those countries with a copyright term of life of the author plus 70 years.Page: 101
  • 102. 無向グラフ例:バラバシ=アルバートモデル Description : Scale Free network generated by Barabasi-Albert model Date : 2007/7/24 Souce : Cytoscape2.5 and igraph and R18 January 2012 Author : Keiichiro OnoPage: 102 Permission : Attribution-ShareAlike 2.5 Generic (CC BY-SA 2.5)
  • 103. 有向グラフ例:筆者のFaceBook友人関係18 January 2012Page: 103
  • 104. 複雑ネットワーク 複雑ネットワーク(ふくざつネットワーク, complex networks)は、 現実世界に存在する巨大で複雑なネットワークの性質について 研究する学問である。複雑ネットワークは、1998年に「スモール ワールドモデル」という数学モデルが発表されたことを契機に、現 実世界の様々な現象を説明する新たなパラダイムとして注目を 集めている。多数の因子が相互に影響しあうことでシステム全体 の性質が決まるという点において複雑系の一分野でもある。 出典:wikipedia18 January 2012Page: 104
  • 105. 1832 1800年のボルタ電池発明から紆余曲折し実用的な電信誕生にたどり着く18 January 2012Page: 105
  • 106. Telegraphy 電信の発明。写真はモールス式の商用製品で Pavel Schilling発明のオリジナルより洗練されている。 二進法です。 http://www.zib.de/zuse/home.php/Main/Page Description Telegraph Date 7 March 2008 Source Own work Author Zacatecnik18 January 2012 Permission GNU Free Documentation License,Page: 106 Version 1.2
  • 107. Baron Pavel Lvovitch Schilling 1828-1837 http://www.ieeeghn.org/wiki/index.php/Milestones:Shilling%27s_Pioneering_Contri bution_to_Practical_Telegraphy,_1828-1837 Description : USSR stamp, P. L. Shilling, 1982, 6 k. Date : 2007-10-16 (original upload date) Source : Personal collection Author : Processed by Andrei Sdobnikov18 January 2012 Permission : This work is not an object of copyrightPage: 107 according to Part IV of Civil Code No. 230-FZ of the Russian Federation of December 18, 2006.
  • 108. 1875 発明王と競り勝って先陣確保した特許18 January 2012Page: 108
  • 109. Telephone 若かりし頃のベル自身によるデモの様子。 Description An actor portraying Alexander Graham Bell speaking into a early model of the telephone for a 1926 promotional film by the American Telephone & Telegraph Company (AT&T): see 1926 recreation of Alexander Graham Bell inventing the telephone. AT&T Archives. Archived from the original on 22 June 2011. Retrieved on 22 June 2011. Date: 1926 Source Early Office Museum Author film commissioned by AT&T Permission his work is in the public domain because it was published in the United States between 192318 January 2012 and 1963 and although there may or may not havePage: 109 been a copyright notice, the copyright was not renewed.
  • 110. Alexander Graham Bell 1847/3/3-1922/8/2 Description : Portrait of Alexander Graham Bell Date : c. between 1914 and 1919 Source : Library and Archives Canada / C-017335 Author : Moffett Studio Licensing : his work is in the public domain in the United States because it was published (or18 January 2012 registered with the U.S. Copyright Office) beforePage: 110 January 1, 1923.
  • 111. 1876 HUB and Spokeの発明18 January 2012Page: 111
  • 112. 電話交換機 正確には電話交換台の発明、写真は1900年当時の様子。 Description : English: A Telephone Exchange operator in en:Richardson, Texas, circa 1900. This was scanned by the uploader from the Richardson Public Library local history archives, courtesy of the Richardson Historical and Genealogical Society. Date : circa 1900 Source : This was scanned by the uploader from the Richardson Public Library local history archives, courtesy of the Richardson Historical and Genealogical Society.Transferred from en.wikipedia; transferred to Commons by User:Geanixx using CommonsHelper. Author : Original uploader was NathanBeach at18 January 2012 en.wikipediaPage: 112 Permission : PD-US.Permission
  • 113. Puskás Tivadar 1844/9/17-1893/3/16 Description : Tivadar Puskás (1844–1893) Hungarian inventor, telephony pioneer. Date : 2011. március 2. Source : vmek.oszk.hu Author : unknow Licensing : his image (or other media file) is in the public domain because its copyright has expired. This applies to Australia, the European Union and18 January 2012 those countries with a copyright term of life of thePage: 113 author plus 70 years.
  • 114. ノード数:2リンク数:0端末数:018 January 2012Page: 114
  • 115. ノード数:2リンク数:1端末数:218 January 2012Page: 115
  • 116. ノード数:12リンク数:1端末数:218 January 2012Page: 116
  • 117. ノード数:12リンク数:11端末数:2218 January 2012Page: 117
  • 118. ノード数:12リンク数:66端末数:13218 January 2012Page: 118
  • 119. ノード数:13リンク数:12端末数:1218 January 2012Page: 119
  • 120. 10,000 ノード数 メッシュ接続時リンク数 メッシュ接続時端末数 H&S接続時リンク数 H&S接続時端末数(交換機含) 5,000 0 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 10018 January 2012Page: 120
  • 121. メッシュ接続の場合、ノード数 が増えると、あっという間にネ ットワークが爆発的に複雑に なってしまいます。また、伝送 経路の設備も大量に必要にな ります。18 January 2012Page: 121
  • 122. 1903 1870年代から利用されていた株価表示機を改良して誕生18 January 2012Page: 122
  • 123. テレタイプ 写真は第二次世界大戦中の米軍オペレータ This work is in the public domain in the United States because it is a work of the United States Federal Government under the terms of Title 17, Chapter 1, Section 105 of the US Code. See Copyright. Note: This only applies to works of the Federal Government and not to the work of any individual U.S. state, territory, commonwealth, county, municipality, or any other subdivision. This template also does not apply to postage stamp designs published by the18 January 2012 United States Postal Service since 1978. (SeePage: 123 206.02(b) of Compendium II: Copyright Office Practices).
  • 124. 18 January 2012Page: 124
  • 125. 1 0 1 1 1 0 0 0 1 1 1 0 0 0 1 1 1 0 1 1 1 0 1 1 1 0 0 0 1 1 1 0 1 1 1 0 1 1 1 0 0 0 1 0 1 1 1 0 1 0 118 January 2012Page: 125
  • 126. キーボードの文字を 見たまま入力できるし、 平文で出力される。 This work is in the public domain in the United States because it is a work of the United States Federal Government under the terms of Title 17, Chapter 1, Section 105 of the US Code. See Copyright. Note: This only applies to works of the Federal Government and not to the work of any individual U.S. state, territory, commonwealth, county, municipality, or any other subdivision. This template also does not apply to postage stamp designs published by the18 January 2012 United States Postal Service since 1978. (SeePage: 126 206.02(b) of Compendium II: Copyright Office Practices).
  • 127. ある意味、世界で最初の WYSIWYG This work is in the public domain in the United States because it is a work of the United States Federal Government under the terms of Title 17, Chapter 1, Section 105 of the US Code. See Copyright. Note: This only applies to works of the Federal Government and not to the work of any individual U.S. state, territory, commonwealth, county, municipality, or any other subdivision. This template also does not apply to postage stamp designs published by the18 January 2012 United States Postal Service since 1978. (SeePage: 127 206.02(b) of Compendium II: Copyright Office Practices).
  • 128. 1947 “情報”の定義18 January 2012Page: 128
  • 129. “情報量”の定義 通信の数学的理論において情報の量(情報量)を事象の起こる 確率によって定義し、連続して起こる確率事象の情報量の期待 値(平均情報量)であるエントロピーの概念を導入した。 出典:wikipedia18 January 2012Page: 129
  • 130. Claude Shannon 1916/4/30-2001/2/24 Non-free media information and use rationale for Claude Shannon Description : This image is being used to illustrate the article of Claude Shannon and is used for informational or educational purposes only. Source : Found at Bell Labs website, The photo was part of a press release, widely circulated in the public domain through news articles appearing in national newspapers and books. Its use in Wikipedia is therefore claimed under the Fair use guidelines. http://www.bell-labs.com/news/2001/february/26/1.html Article : Claude Shannon Portion used : Entire Picture Low resolution? : Is low and only as much resolution as necessary to identify and show the person described in the article, not enough to be used for piracy. Purpose of use : Illustrates the subject of the article Claude Shannon. It is a historically significant photo of a famous individual performing an historic experiment. Its inclusion in the article adds significantly to the article because it shows the subject of this article performing an historic experiment. Replaceable? : No free equivalent is available. The subject of the photograph is deceased, therefore a "new" image can not be created of this person. A free image may not exist, but in the event of a free image being located for this person in the future, this image should be deleted as soon as possible.18 January 2012 Other information : The image is readily available on other websites. Further use of this image on Wikipedia is not believed toPage: 130 disadvantage the copyright holder or degrade its market value.
  • 131. シャノンの情報理論 • 意味論的な観点から見た通信は、工学的な通信の問題とは無 関係である。として、情報の「意味」と「量」の問題に分解し、「量 」の取り扱いに集中した。 • 「量」の取り扱いを行う単位として、リレーやフリップフロップ回路 のような2つの安定状態を持つ装置は1bitの情報を蓄えること ができる。とし、オン/オフ(=真/偽でもよい)二つの状態のいず れかであることを識別可能とする最小情報単位としてbitを用い た。 • 集合の中のメッセージ=bitの個数が有限で、全ての選択が等し く起こりうる場合、特定のメッセージが選択される可能性は対数 関数で表せる、と定義した。 • そこから連続して起こる確率事象の情報量の期待値(平均情報 量)であるエントロピーの概念を導入した。 出典:通信の数学的理論を基に筆者作成18 January 2012Page: 131
  • 132. ここまで来たところで 三度、時間を遡ります。18 January 2012Page: 132
  • 133. 1850 ガタパーチャの伝来で絶縁性能が向上して実現した海底ケーブル18 January 2012Page: 133
  • 134. 海底ケーブル 図版は1858年の敷設状況。 陸上ケーブル網の敷設がすでに進んでいる点に注目 Description Map of the 1858 Atlantic Cable route (from http://atlantic-cable.com/Maps/index.htm). Date the 1858 Source Howes Adventures & Achievements of Americans Author N/A Permission mage is out of copyright, but the scan used here was sourced from http://atlantic- cable.com/Maps/index.htm without my permission (I18 January 2012 am the site owner). I grant permission for use of thePage: 134 scan on Wikipedia.
  • 135. 1902 地球一周の海底ケーブル網開通18 January 2012Page: 135
  • 136. 地球一周達成 英国によるAll red Lineの敷設完了 Description Image of the All Red Line as drawn in 1902 or 1903 Date 1903 Source The All Red Line - The Annals and Aims of the Pacific Cable Project Author George Johnson (1836-1911) Permission This image (or other media file) is in the public domain because its copyright has expired. This applies to Australia, the European Union and18 January 2012 those countries with a copyright term of life of thePage: 136 author plus 70 years.
  • 137. Description 1901 Eastern Telegraph Company System Map from A.B.C. Telegraphic Code 5th Edition Date 1901 Source http://atlantic-cable.com/Maps/index.htm Author Permission This image (or other media file) is in the public domain because its copyright has expired. This applies to Australia, the European Union and those countries with a copyright term of life of the18 January 2012 author plus 70 years.Page: 137
  • 138. 1964 Time Sharing Systemサービス事業者Tymnet設立 60’s後半以降TSSサービスが隆盛する18 January 2012Page: 138
  • 139. TTS Time Sharing System事業者の登場 Non-free media information and use rationale for Claude Shannon Description : Project GENIE created the SDS 940 computer as a modification of the 930 specifically for timesharing. Date : 1965 ca. Source : Courtesy of The Bancroft Library, University of California http://www.computerhistory.org/revolution/mainframe- computers/7/181/726 Author : Galloway, Dennis Copyright Owner : University of California at Berkeley Portion used : Entire Picture Low resolution? : Is low and only as much resolution as necessary to identify and show the person described in the article, not enough to be used for piracy. Purpose of use : Illustrates the subject of the article Claude Shannon. It is a historically significant photo of a famous individual performing an historic experiment. Its inclusion in the article adds significantly to the article because it shows the subject of this article performing an historic experiment. Replaceable? : No free equivalent is available. The subject of the photograph is deceased, therefore a "new" image can not be created of this person. A free image may not exist, but in the event of a free image being located for this person in the future, this image should be deleted as soon as possible.18 January 2012 Other information : The image is readily available on other websites. Further use of this image on Wikipedia is not believed to disadvantage the copyright holder or degrade its market value.Page: 139
  • 140. 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 伝送装置18 January 2012Page: 140
  • 141. 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 伝送装置18 January 2012Page: 141
  • 142. それまでコンピュータは 一つの建屋の中で完結していました。 記憶装置 入出力装置 制御装置 伝送装置 演算論理装置18 January 2012Page: 142
  • 143. ここで、入出力装置を切り離して 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置18 January 2012Page: 143
  • 144. 街を越えて 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置18 January 2012Page: 144
  • 145. 電気通信網を介して接続するようになると 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置18 January 2012Page: 145
  • 146. 電気通信網を伝送装置として 組み込んだシステムに発展しました。 記憶装置 入出力装置 制御装置 伝送装置 演算論理装置18 January 2012Page: 146
  • 147. 原理的に国を跨いだ接続であっても ITUが互換性を担保してますから 伝送遅延さえ許容できれば問題なく動作します。 記憶装置 入出力装置 制御装置 伝送装置 演算論理装置 A国 B国 C国18 January 2012Page: 147
  • 148. 実際に商用提供され、60’s後半から70’sにかけて 流行したTSSは入出力装置を「賢く」して利便性を 高めていました。VT100が代表例です。 記憶装置 記憶装置 入出力装置 入出力装置 制御装置 制御装置 伝送装置 演算論理装置 演算論理装置 A国 B国 C国18 January 2012Page: 148
  • 149. さらにbus配線して伝送制御を分散したり 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 伝送装置18 January 2012Page: 149
  • 150. 伝送制御を専門的に取り扱う仕組みを用意したり 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 チューリング機械はあらゆ る機会を模倣できることを 思い出してください。18 January 2012Page: 150
  • 151. 複数のコンピュータに仕事を振り分ける仕組みを 用意するなど発展してきました 制御装置 制御装置 制御装置 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 入出力装置 制御装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置18 January 2012Page: 151
  • 152. ノイマン型のチューリング機械が 積み重なってできているネットワーク 制御装置 制御装置 制御装置 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 入出力装置 制御装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置18 January 2012Page: 152
  • 153. 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 演算論理装置 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置18 January 2012Page: 153
  • 154. 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 A国 B国 C国18 January 2012Page: 154
  • 155. もしかすると18 January 2012Page: 155
  • 156. Internet Description : Partial map of the Internet based on the January 15, 2005 data found on opte.org. Each line is drawn between two nodes, representing two IP addresses. The length of the lines are indicative of the delay between those two nodes. This graph represents less than 30% of the Class C networks reachable by the data collection program in early 2005. Lines are color-coded according to their corresponding RFC 1918 allocation as follows:Dark blue: net, ca, us / Green: com, org / Red: mil, gov, edu / Yellow: jp, cn, tw, au, de / Magenta: uk, it, pl, fr / Gold: br, kr, nl / White: unknown Date : Original upload: December 1, 2006 Souce : http://en.wikipedia.org/wiki/File:Internet_map_1024.jpg Author : The Opte Project18 January 2012 Permission : This file is licensed under the Creative Commons Attribution 2.5 Generic license.Page: 156
  • 157. に繋がる個々の18 January 2012Page: 157
  • 158. ノイマン型アーキテクチャ ブロック図 記憶装置 入出力装置 制御装置 演算論理装置 伝送装置18 January 2012Page: 158
  • 159. が18 January 2012Page: 159
  • 160. 論理ゲート NOT OR AND XOR NOR NAND XNOR18 January 2012Page: 160
  • 161. 程度の粒度に見えるほどマ クロな構造を形成するところ までイメージされていたのか もしれません。18 January 2012Page: 161
  • 162. 「心の社会」 心のエージェントたちは、一つ一つをとってみれば、心とか思考をまったく 必要としないような簡単なことしかできない。それなのに、こうしたエージェ ントたちがある特別な方法でいろいろな社会を構成すると、本当の知能に まで到達することができるのである。 Marvin Minsky The Society of Mind 1987 Description : Marvin Minsky at the KI 2006 artificial intelligence conference in Bremen Date : 2006/6/16 Source : http://www.flickr.com/photos/steamtalks/48376884018 January 2012 Author : Flickr contributor Steamtalks Licensing : Attribution-ShareAlike 2.0Page: 162
  • 163. “私達は今日、雲の中に住んでいる” 私たちはクラウド時代に移行しつつある。情報とアプリケーションは特定の プロセッサやシリコンラックではなく、サイバースペースに拡散していく。 ネットワークは真のコンピュータとなる。 Eric E. Schmidt Don’t bet against the internet Nov 16 2006 The Economist http://www.economist.com/node/8133511 Description : Eric E. Schmidt, Chairman and CEO of Google Inc and a member of the Board of Directors of Apple Computer. Date : 2005/5/13 Source : Charles Haynes flickr account18 January 2012 Author : Charles Haynes Licensing : Attribution-ShareAlike 2.0 GenericPage: 163
  • 164. July 15 2009 Follow the Moon18 January 2012Page: 164
  • 165. Non-free media information and use rationale for Claude Shannon Description : The equipment yard at the Google data center in Belgium features no chillers. Source : http://www.datacenterknowledge.com/archives/2009/07/15/googles-chiller-less-data-center/ Article : google Low resolution? : Is low and only as much resolution as necessary to identify and show the person described in the article, not enough to be used for piracy. Purpose of use : Illustrates the subject of the article Claude Shannon. It is a historically significant photo of a famous individual performing an historic experiment. Its inclusion in the article adds significantly to the article because it shows the subject of this article performing an historic experiment. Replaceable? : No free equivalent is available. The subject of the photograph is deceased, therefore a "new" image can not be18 January 2012 created of this person. A free image may not exist, but in the event of a free image being located for this person in the future, thisPage: 165 image should be deleted as soon as possible.
  • 166. Google’s Chiller-less Data Center直訳するとgoogleの冷却装置を廃したデータセンター DATA CENTER KNOWLEDGE掲載の全文はこちら http://www.datacenterknowledge.com/archives/2009/07/15/googles-chiller-less-data-center/ Non-free media information and use rationale for Claude Shannon Description : The equipment yard at the Google data center in Belgium features no chillers. Source : http://www.datacenterknowledge.com/archives/2009/07/15/googles-chiller-less-data-center/ Article : google Low resolution? : Is low and only as much resolution as necessary to identify and show the person described in the article, not enough to be used for piracy. Purpose of use : Illustrates the subject of the article Claude Shannon. It is a historically significant photo of a famous individual performing an historic experiment. Its inclusion in the article adds significantly to the article because it shows the subject of this article performing an historic experiment. Replaceable? : No free equivalent is available. The subject of the photograph is deceased, therefore a "new" image can not be18 January 2012 created of this person. A free image may not exist, but in the event of a free image being located for this person in the future, thisPage: 166 image should be deleted as soon as possible.
  • 167. This approach has been discussed by cloud technologists Geva Perry and James Urquhart as a strategy for cloud computing providers with global data networks, who could offer a “follow-the-moon” service to enterprise customers who would normally build data centers where power is cheap. このアプローチはクラウド技術者のGeva Perryと James Urquhartでグローバルデータネットワーク とクラウドコンピューティングプロバイダ向けの戦 略として議論されていて“月を追いかける”ことで、 企業利用者が通常のデータセンターを構築する より電力費用を安価にできます。18 January 2012Page: 167
  • 168. follow-the-moon 月を追いかける http://www.google.com/about/datacenters/18 January 2012Page: 168
  • 169. DATA CENTER KNOWLEDGE掲載記事Google Data Center FAQに記載されて いるData center一覧(2008年版)を基にgoogle mapを利用して筆者作成 http://www.datacenterknowledge.com/archives/2008/03/27/google-data-center-faq/ Google Earth版はこちら18 January 2012Page: 169
  • 170. Google data center locationDATA CENTER KNOWLEDGE掲載記事Google Data Center FAQに記載されて いるData center一覧(2008年版)を基にgoogle mapを利用して筆者作成 http://www.datacenterknowledge.com/archives/2008/03/27/google-data-center-faq/ Google Earth版はこちら18 January 2012Page: 170
  • 171. 昼夜の温度差を利用し夜間 外気でサーバ冷却を実現す るために地球規模で時差を 利用したロードバランシング を狙った“follow-the-moon”コ ンセプトの存在を公表してい ます。18 January 2012Page: 171
  • 172. 2012 もう、えらいことになってます。18 January 2012Page: 172
  • 173. CPUあたり搭載トランジスタ数(2010年:23億個/core搭載) 10,000,000,000 1,000,000,000 100,000,000 10,000,000 1,000,000 100,000 10,000 1,000 トランジスタ数 100 指数 (トランジスタ数) 10 1Intel社資料を基に筆者試算18 January 2012Page: 173
  • 174. 世界の計算資源量(1998年比5000倍超) 300% 6000 1998年を1とした総計算資源 250% 計算機増設需要 5000 200% 4000 150% 3000 100% 2000 50% 1000 0% 0 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2005Gartner World Wide Server Market Forecastを基に筆者試算18 January 2012Page: 174
  • 175. 日本のインターネット伝送量(1997年比3561倍) 500 450 1日のピークトラヒックの 400 月平均[Gbps] 350 1日の平均トラヒックの月 300 平均[Gbps] 250 200 150 100 50 0 1997/01 1998/01 1999/01 2000/01 2001/01 2002/01 2003/01 2004/01 2005/01 2006/01 2007/01 2008/01 2009/01 2010/01 2011/01Source : http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban04_01000026.html18 January 2012Page: 175
  • 176. Non-free media information and use rationale for Claude Shannon Description : CAIDA’s IPv4 & IPv6 AS Core AS-Level INTERNET GRAPH Source : http://www.caida.org/research/topology/as_core_network/pics/ascore-2010-aug-ipv4v6-standalone-1600x876.png Article : CAIDA Low resolution? : Is low and only as much resolution as necessary to identify and show the person described in the article, not enough to be used for piracy. Purpose of use : Illustrates the subject of the article Claude Shannon. It is a historically significant photo of a famous individual performing an historic experiment. Its inclusion in the article adds significantly to the article because it shows the subject of this article performing an historic experiment. Replaceable? : No free equivalent is available. The subject of the photograph is deceased, therefore a "new" image can not be18 January 2012 created of this person. A free image may not exist, but in the event of a free image being located for this person in the future, thisPage: 176 image should be deleted as soon as possible.
  • 177. All data and images presented in TeleGeography’s Telecom Resources are licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivs 3.018 January 2012 Unported License. Direct links to our site are greatly appreciated.Page: 177
  • 178. For further information, contact the GSM Association by e-mail at infolink@gsm.org telephone +44 20 7759 2300, fax +44 20 7759 2301 or visit www.gsmworld.com Produced by Europa Technologies Limited for the GSM Association.18 January 2012 Visit www.coveragemaps.com for GSM coverage map products & services. © 2009 GSM Association & Europa Technologies Limited. Edition 2009-A.Page: 178
  • 179. 契約数は40億超 出典:World ICT Visual Data Book 2010 契約数は2008年 図版は2009年版で2012年現在インタラクティブマップとして公開されています。 詳細に興味のある方はこちらをご覧ください。 http://maps.mobileworldlive.com/ For further information, contact the GSM Association by e-mail at infolink@gsm.org telephone +44 20 7759 2300, fax +44 20 7759 2301 or visit www.gsmworld.com Produced by Europa Technologies Limited for the GSM Association.18 January 2012 Visit www.coveragemaps.com for GSM coverage map products & services. © 2009 GSM Association & Europa Technologies Limited. Edition 2009-A.Page: 179
  • 180. 日本国内移動体通信契約数推移(2012/1現在:122,251,100契約) 下記出典に基づいて筆者作成。※1:総人口は2007年までは人口推計確報による、 ※2:2008年以降は将来人口推計2006/12(中位推計)による。 ※3:総契約数(実 数)はTCAによる。 ※4:近似モデルはガンマ分布モデルを採用。 ※5:法人契約数 近似モデルはシードプランニング予測“ 2009年版携帯電話の法人市場展望”に基づ いて作成。 ※6:ユニークユーザー数近似モデルは総務省通信利用動向調査に基 づく。※7: 2005年利用者数推計および同推計に基づいて作成した2014年ユニーク ユーザー数に基づいて作成。 ※8:総契約数近似モデルはシードプランニング予測 "2009年版 モバイルWiMAX・次世代方式携帯電話の市場展望"に基づいて作成。 ※9:各近似モデル間の整合性は総契約数>=ユニークユーザー数>=法人契約数と なるよう調整済み。18 January 2012Page: 180
  • 181. クラウドという言葉が生まれ 定義と仕様化が始まります18 January 2012Page: 181
  • 182. ここで時間は四度遡り…。 時間無いので省略します。18 January 2012Page: 182
  • 183. 2006/9/12 GGF、EGAが合併してOGF=Open Grid Forum発足 2009/3/31 Open Cloud Manifesto=OCM発足 2009/4/20 CSA=Cloud Security Alliance発足 Security Guidance公開 2009/4/27 DMTFがOpen Cloud Standards Incubatorを設立 2009/6/1 NIST Draft NIST Working Definition of Cloud Computing公開 2009/7/30 GSAがNIST定義に基づくIaaS調達RFQ公開 2009/8/5 CCUG Cloud Computing Use Case White Paper v1.0公開 2009/10/18 ISO/IEC JTC 1/SC38設立 2010/3/1 TCI=Trusted Cloud Initiative発足 2010/3/31 TM Forum/DMTF提携 2010/4/12 SNIAクラウド管理インタフェース仕様CDMIv1.0公開 2011/9/8 SP500-292/293vol1,2公開(Draft) 2011/10/26 CSA TCI Reference Architecture公開 2012/1/24 The Open Group SOCCIF公開18 January 2012Page: 183
  • 184. ここに並べただけでも 11もの団体が標準化に乗り 出しています。18 January 2012Page: 184
  • 185. そもそも18 January 2012Page: 185
  • 186. 標準とは、与えられた状況において 1: 最適な秩序を達成することを目的に、 2: 共通的に繰り返して使用するために、 3: 活動又はその結果に関する規則,指針 又は特性を規定する文書であって、 4: 合意によって確立し、一般に認められて いる団体によって承認されているもの。 と定義されています。 出典:JIS Z8002:200618 January 2012Page: 186
  • 187. 標準化によって従来、 1: 互換性確保、 2: 生産効率向上、 3: 適切な品質の設定 4: 正確な情報提供 が期待され、近年、 5: 技術普及 6: 安全確保 7: 環境保護 8: 競争条件整備 9: 貿易促進 も期待されるようになってきています。18 January 2012Page: 187
  • 188. 1: 互換性確保、 2: 生産効率向上、 3: 適切な品質の設定 4: 正確な情報提供 5: 技術普及 6: 安全確保 7: 環境保護 8: 競争条件整備 9: 貿易促進18 January 2012Page: 188
  • 189. 1: 互換性確保、 伝統的な 2: 生産効率向上、 デジュール 3: 適切な品質の設定 スタンダードの 4: 正確な情報提供 領域 5: 技術普及 6: 安全確保 7: 環境保護 8: 競争条件整備 9: 貿易促進18 January 2012Page: 189
  • 190. 1: 互換性確保、 伝統的な 2: 生産効率向上、 デジュール 3: 適切な品質の設定 スタンダードの 4: 正確な情報提供 領域 5: 技術普及 6: 安全確保 7: 環境保護 8: 競争条件整備 9: 貿易促進18 January 2012Page: 190
  • 191. 1: 互換性確保、 伝統的な 2: 生産効率向上、 デジュール 3: 適切な品質の設定 スタンダードの 4: 正確な情報提供 領域 5: 技術普及 6: 安全確保 7: 環境保護 新しい領域 8: 競争条件整備 9: 貿易促進18 January 2012Page: 191
  • 192. 1: 互換性確保、 伝統的な 2: 生産効率向上、 デジュール 3: 適切な品質の設定 スタンダードの 4: 正確な情報提供 領域 5: 技術普及 6: 安全確保 マネジメント規 7: 環境保護 格等が取組ん 8: 競争条件整備 でいる領域 9: 貿易促進18 January 2012Page: 192
  • 193. 1: 互換性確保、 伝統的な 2: 生産効率向上、 デジュール 3: 適切な品質の設定 スタンダードの 4: 正確な情報提供 領域 5: 技術普及 NISTが 6: 安全確保 クラウドで 7: 環境保護 8: 競争条件整備 取組んでいる 9: 貿易促進 領域18 January 2012Page: 193
  • 194. マネジメント NISTが 規格等が クラウドで 取組んでいる 取組んでいる 領域 領域18 January 2012Page: 194
  • 195. 同じものなら要らない18 January 2012Page: 195
  • 196. 標準の分類 フォーマル標準 ダウンストリーム活動 インターナショナル・スタンダード (国際標準) コンセンサス・スタンダード リージョナル・スタンダード (地域標準) ドメスティック・スタンダード (国内標準) デジュールスタンダード フォーラム・スタンダード インフォーマル標準 デファクト・スタンダード アップストリーム活動 ダウンストリーム活動:課題発見と将来予見に基づく標準誘導 アップストリーム活動:標準化活動参加メンバー個々の利益追求18 January 2012Page: 196
  • 197. 18 January 2012Page: 197
  • 198. 18 January 2012Page: 198
  • 199. 18 January 2012Page: 199
  • 200. 18 January 2012Page: 200
  • 201. 18 January 2012Page: 201
  • 202. 18 January 2012Page: 202
  • 203. 18 January 2012Page: 203
  • 204. 18 January 2012Page: 204
  • 205. ではNISTってなに?18 January 2012Page: 205
  • 206. Source http://maps.google.co.jp/maps?q=gaithersburg&hl=ja&ie=UTF8&sll=39.174338,- 77.144941&sspn=0.794194,0.918732&t=v&brcurrent=3,0x0:0x0,0&hnear=%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82 %B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0+%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B4%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%18 January 2012 83%BC+%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89+%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%Page: 206 E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD&z=12
  • 207. NIST Information Technology Laboratory http://www.nist.gov/itl/cloud/ Source http://maps.google.co.jp/maps?q=gaithersburg&hl=ja&ie=UTF8&sll=39.174338,- 77.144941&sspn=0.794194,0.918732&t=v&brcurrent=3,0x0:0x0,0&hnear=%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82 %B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0+%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B4%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%18 January 2012 83%BC+%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89+%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%Page: 207 E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD&z=12
  • 208. アメリカ合衆国の国立標準技術研究所(National Institute of Standards and Technology, NIST)は、アメリカ合衆国商務省配下の技術部門であり非監督 (non-regulatory )機関である。その任務はアメリカの技術革新や産業競争 力を強化するために、経済保障を強化して生活の質を高めるように計測学、 規格、産業技術を促進することである。 出典:wikipedia18 January 2012Page: 208
  • 209. NISTが産業としてのクラウドの定義に取り組む理 由は、「定義し、標準化することが米国の産業技 術振興に役立つから」だろう。とはいえ筆者は、 NISTによるクラウドの定義が世界の誰にでも公開 されており、内容が妥当で、既に広く流通している のならば、わが国がその定義を拒否する理由は 何もないと考える。日本の総人口が縮小している 中、国内で閉じた市場を形成するより、拡大する 国際市場に参入する機会を確保した方が便益は 大きいと考えるからだ。(クラウドガバナンス現在 進行形第一回より)18 January 2012Page: 209
  • 210. ではよく言われるNIST標準 とはなんだろう?18 January 2012Page: 210
  • 211. NIST SP800-145 The NIST Definition of Cloud Computing18 January 2012Page: 211
  • 212. NIST SP800-145ではクラウドを 5つの本質的特徴 3つのサービスモデル 4つのデプロイメントモデル で表現しています。18 January 2012Page: 212
  • 213. 5つの本質的特徴 On-demand self-service オンデマンドセルフサービス Broad network access ネットワークからの標準アクセスとアクセス機器の 選択の自由 Resource pooling マルチテナントに対して動的に割り当てられる プールされた資源 Rapid elasticity 従量制で購入可能な資源の迅速で柔軟な プロビジョニング Measured Service 高度な資源消費測定による資源消費の最適化18 January 2012Page: 213
  • 214. 5つの本質的特徴のブロック図 On-demand Self-Serviceを リソースプール自体と利用 実現するためにポータル上 Dashboard Billing 者に割り当てされた資源そ にダッシュボードやAPIを整 れぞれの消費状況をリアル 備する必要があり、Broad API Mediation タイムに計測して出力でき、 network accessと接続され かつ、適切に課金できる必 ている必要がある。 要がある。 etc.etc. Log On-demand self-service Measured Service PC Network Network 資源が物理・仮想いずれか、 さらに概念を拡張するなら自 Server Server 前か外注かを問わずに資源 Smart 種別毎に管理可能でなけれ Device ばならない。 Storage Storage セルフサービスポータルや 割り当てを受けた資源との etc.etc. 接続が自由に行えるアクセ etc.etc etc.etc. ス環境をさまざまな危機に対 Broad network して提供する必要がある。 access Rapid elasticity Resource pool 資源割り当てと解除は動的に 即時実行可能でなければなら ない。18 January 2012Page: 214
  • 215. 3つのサービスモデル SaaS サービスとして提供されるソフトウェア PaaS サービスとして提供されるプラットフォーム IaaS サービスとして提供されるインフラストラクチャ18 January 2012Page: 215
  • 216. クラウド化が進むと視点次第で立場が入れ替わる 利用者から見えるの は自社サイトだけ Cloud Consumer (利用者)視点 自社サイト PaaS IaaS 統計機能 EC site SNS SaaS (API) (API) 自社サイトから見ると PaaSだが、利用者が 直接アクセスすれば 自社サイトから見ると SsaS IaaSだが、ダッシュボ ードUIはSaaS?18 January 2012Page: 216
  • 217. 3つのサービスモデルのブロック図 Cloud Consumer Cloud Consumer (利用者)視点 (利用者)視点 SaaS SaaS PaaS PaaS 新:NIST SP500-292モデル IaaS IaaS UIを持つものはすべてSaaS サービス層 サービス層 旧:CCUCGモデル 資源抽象化・管理層 資源抽象化・管理層 機能毎に分類 ハードウェア ハードウェア 設備 設備 物理資源層 物理資源層 サービスオーケストレーション サービスオーケストレーション NIST SP500-292 CCUCGホワイトペーパー 記載モデル 記載モデル18 January 2012Page: 217
  • 218. 4つのデプロイメントモデル Private Cloud : プライベートクラウド 特定の利用主体専用に提供されるクラウド Community Cloud:コミュニティクラウド 複数の特定された利用主体で共用されるクラウド Public Cloud:パブリッククラウド 不特定の利用者で共用されるクラウド Hybrid Cloud:ハイブリッドクラウド 複数の異なるクラウドを合成し構成されたクラウド18 January 2012Page: 218
  • 219. 4つのデプロイメントモデルのブロック図 プライベートクラウド 利用者A 仮想資源 物理資源 Rapid elasticity Resource pool ※インフラストラクチャが利用者占有となっている点がポイント ※インフラストラクチャがオンプレミスであることは要件ではない18 January 2012Page: 219
  • 220. 4つのデプロイメントモデルのブロック図 コミュニティクラウド 利用社A 仮想資源 利用社B 物理資源 利用社C Rapid elasticity Resource pool 例:A,B,Cは合同事業体 ※利用者間で共同利用についての合意が存在することがポイント ※実用上はSAMLやXACMLなどによるSSO実装が必要だろう18 January 2012Page: 220
  • 221. 4つのデプロイメントモデルのブロック図 パブリッククラウド 利用社A 仮想資源 利用社B 仮想資源 物理資源 利用社C 仮想資源 Rapid elasticity Resource pool ※もっとも一般的な利用法だが従来のホスティングサーバとは異なり クラウドの5つの本質的特徴に基づいた要件を満たしている。18 January 2012Page: 221
  • 222. 4つのデプロイメントモデルのブロック図 ハイブリッドクラウド 利用社A 仮想資源 物理資源 Resource pool 利用社B 仮想資源 物理資源 利用社C 仮想資源 Rapid elasticity Resource pool ※複数のクラウドにまたがってロードバランシングするクラウドバーストは ハイブリッドクラウドの一形態。18 January 2012Page: 222
  • 223. NIST SP500-292 NIST Cloud Computing Reference Architecture18 January 2012Page: 223
  • 224. NIST SP800-145は概念的 枠組み定義とユースケース は提示しましたが、実装モデ ルは示していません。アクタ ー定義も漠然としています。18 January 2012Page: 224
  • 225. そこで18 January 2012Page: 225
  • 226. クラウドコンピューティングのアクター定義 Cloud Consumer クラウドプロバイダーのサービス利用者 Cloud Provider クラウド実装を行いサービス提供を行う事業者 Cloud Auditor クラウド実装およびサービスの監査を行う事業者 Cloud Broker Cloud ProviderとCloud Consumerを仲介する事業者 Cloud Carrier Cloud ProviderとCloud Consumerを接続し トランスポートを提供する事業者18 January 2012Page: 226
  • 227. NIST SP500-292 アクター定義ブロック図 Cloud Consumer Cloud Auditer Cloud Broker Cloud Provider Cloud Carrier NIST SP500-292掲載図を基に筆者作成18 January 2012 Source http://www.nist.gov/manuscript-Page: 227 publication-search.cfm?pub_id=909505
  • 228. アーキテクチャモデルに 整理すると18 January 2012Page: 228
  • 229. NIST SP500-292 アーキテクチャモデル サービス SaaS ビジネスサポート インター クラウドコンシューマ メディエーション (クラウド利用者) PaaS (販売代理) IaaS プライバシー プロビジョニング/ セキュリティ サービス層 サービス コンフィグレーション アグリゲーション (サービス集約) 資源抽象化・管理層 セキュリティ監査 ポータビリティ/ ハードウェア インター プライバシー監査 サービス オペラビリティ 設備 アービトラジ 物理資源層 (裁定取引) パフォーマンス監査 クラウドサービス サービスオーケストレーション マネジメント クラウドオーディター クラウドプロバイダー クラウドブローカー (クラウド監査人) (クラウド事業者) (クラウド仲介事業者) クラウドキャリア (クラウド通信事業者) NIST SP500-292掲載図を基に筆者作成18 January 2012 Source http://www.nist.gov/manuscript-Page: 229 publication-search.cfm?pub_id=909505
  • 230. これでもかなり 抽象化してあります18 January 2012Page: 230
  • 231. TCAリファレンスアーキテクチャだと このくらい細かく分類されています。 Reference Architecture Version 1.1 Guiding Principles Define protections that enable trust in the cloud. Develop cross-platform capabilities and patterns for proprietary and open-source providers. Will facilitate trusted and efficient access, administration and resiliency to the customer/consumer. Business Operation Information Technology Presentation Services Security and Risk Presentation Platform Support Services Operation & Support Management Provide direction to secure information that is protected by regulations. The Architecture must facilitate proper and efficient identification, authentication, authorization, administration and auditability. Presentation Modality End-Points Centralize security policy, maintenance operation and oversight functions. Access to information must be secure yet still easy to obtain. (BOSS) (ITOS) Consumer Service Platform Enterprise Service Platform Mobile Devices Mobile Device Management Company Desktops Speech Recognition (IVR) Governance Risk & InfoSec Delegate or Federate access control where appropriate. B2E B2M owned Third-Party Public Kiosk Compliance Management Social Portable Devices Must be easy to adopt and consume, supporting the design of security patterns Colaboration Compliance Policy Management The Architecture must be elastic, flexible and resilient supporting multi-tenant, multi-landlord platforms Compliance IT Operation Media B2B B2C Handwriting Management Exceptions Self Assessment Capability Mapping Fixed Devices Medical Devices Smart Appliances (ICR) The architecture must address and support multiple levels of protection, including network, operating Search E-Mail e-Readers P2P Vendor Audit IT Risk Risk Portfolio Risk Audit Planning Management Management Management Management Dashboard system, and application security needs. Contact/Authority DRP IT Governance Independent Third-Party Internal Maintenance Technical Awareness and Training Residual Risk Management High Level Use Cases Audits Audits Audits Plan Test Architectrure Standards and Information System Regulatory Management Management Governance Guidelines Mapping Intellectual Property Protection Privilege Management Infrastructure Data Governance Resource Management PMO Program Portfolio Management Application Services Identity Management Domain Unique Identifier Federated IDM Authentication Services SAML Token Risk Based Auth Multifactor Mgmnt Segregation Maturity Data Ownership / Stewardship Data Classification Handling / Labeling / Security Policy of Duties Project Mgmnt Model Programming Interfaces Security Knowledge Lifecycle Integration Middleware Identity Provisioning Attribute Provisioning OTP Smart Card Password Management Secure Disposal of Rules for Information Contractors Roadmap Biometrics Network Clear Desk Policy Data Leakage Prevention Remediation Authentication Strategy Alignment Input Single Sign On SaaS, Rules for Validation Security Authorization Services Middleware Data Retention Attack Code Security Application Policy WS-Security Authentication PaaS, IaaS Design Policy Definition Patterns Samples Framwrok - ACEGI Enforcement Patterns Identity Verification OTB AutN Policy Principal Data Operational Risk Human Resources Service Delivery Mangement Management Connectivity & Delivery Resource Data Privilege Usage Management Management Security Development Process Management XACML Keystroke/Session Password Role Operational Risk Committee Service Level Information Technology Obligation Logging Vaulting Self-Service Software Quality Assurance Management Privilege Usage Resource Crisis Business Management Resiliency Application Stress and Out of the Box (OTB) AutZ Gateway Protection Security Management Impact Analysis Employee Employment Vulnerability Volume Code Review Key Risk Indicators Termination Background Agreements Job Objectives Internal SLAs Availability Resiliency Scanning Testing Abstraction Business Continuity Screening Descriptions OLAs External SLAs Management Analysis Threat and Vulnerability Management Planning Testing Roles and Employee Vendor Management Responsibilities Awareness Capacity Planning Compliance Testing Vulnerability Management Risk Management Framework Service Dashboard Information Services Employee Code of Conduct Databases Servers Network Application Infrastructure DB Business Technical Assessment Assessment Independent Risk Management Asset Management Application Performance Penetration Testing Threat Management Service Operational Monitoring Service Delivery Reporting Services ITOS Problem Management Incident Management BOSS Internal External Source Code Scanning Risk Taxonomy PMO Strategy Roadmap Security Monitoring Services Costing Bugdeting Service Catalog SLAs OLAs Dashboard Data Mining Reporting Tools Business Intelligence Risk Assessments Data Process SIEM Event Database Application Honey End-Point Charge Back Investment Budgeting CMDB Knowledge Management Classification Ownership Infrastructure Protection Services Platform Mining Monitoring Monitoring Pot Monitoring Contracts Recovery Plans Data Governance Security Monitoring HR Data White Listing Server End-Point Event Cloud E-Mail Market Threat Counter Non- Service Change Audit Business (Employees & Anti-Virus, Anti- Host Correlation Monitoring Journaling Intelligence Risk Production Management Management Findings Strategy Anti- HIPS / Host HIPS /HIDS Threat Contractors) Spam, Anti-Malware Firewall Assessments Data Session Authorization Authentication Application Network Computer Virus HIDS Firewall SOC Portal Management Events Events Events Events Events Media Hardware Based Service Support Events Forensic Tools Lockdown Trusted Assets Managed Security Knowledge Branding Information Data Network Services Base Protection Anti-Phishing Service Support Service Leakage Metadata Segregation NIPS User Directory Services Firewall Content DPI Inventory Control Content Filtering White Listing User Behavior & Configuration Events HIPS Filtering Real-time internetwork defense (SCAP) Events Profile Patterns Rules Transformation Services NIPS / Wireless (Metadata) Risk Management Active DBMS NIDS Protection Application Configuration Management Knowledge Directory LDAP X.500 Link Layer Network Security Real Database Privilege Repositories Repositories Repositories XML Applicance Application Firewall Repository Events Services Meta Time Software Usage Events Legal Services Internal Investigations Capacity Planning Management Physical Inventory Configuration Management GRC RA BIA Directory Black Listing Filtering Secure Messaging Secure Collaboration Filtering Forensic e-Mail Virtual Services Contracts E-Discovery Automated Asset Configuration Database Registry Location Federated Analysis Journaling (CMDB) Change ACLs CRLs Compliance NIPS DLP eDiscovery Directory Discovery Management DR & BC Services Services Services Data Protection VRA TVM Monitoring Events EVents Incident Response Legal Logs Events Services Plans Preparation Incident Management Problem Management Data lifecycle management Automated Event Root Cause Meta Data Data Security Incident Data Masking Data Tagging Response Ticketing Classifiation Analysis Control De-Identification Self-Service Ticketing Trend Analysis Problem Resolution Internal Infrastructure Infrastructure Services Virtual Infrastructure eSignature (Unstructured data) Life cycle management Data Obscuring Data Seeding Cross Cloud Security Incident Orphan Incident Management Response Facility Security Patch Servers Desktop “Client” Virtualization Storage Virtualization Data Leakage Prevention Intellectual Property <<insert Jairo’s content> Block-Based Virtualization Prevention Knowledge Management Controlled Physical Asset Management Local Session- Remote VM-Based Host-Based Storage Network-Based Data Discovery Intellectual Digital Rights Based (VDI) LDM LVM Appliance Network End-Point Server Compliance Monitoring Secure Build Device- Best Trend Security Job Security Access Handling Image Management LUN Based Switched (Data in Transit) (Data in Use) (Data at Rest) Property Management Electronic Service Discovery Benchmarking Barriers practices Analysis Aids FAQ Surveillance Data Security Patrols Physical Authentication Software Hardware Application Virtualization Virtual Cryptographic Services Equipment Client Application Server Application Workspaces File-Based Virtualization Key Management PKI Signature Services Data-in-use Encryption (Memory) Change Management Release Environmental Risk Management Streaming Streaming Symmetric Asymmetric Change Management Physical Security Equipment Power Maintenance Keys Keys Data-in-Transit Encryption Data-at-Rest Encryption Domain Location Redundancy (DB, File, SAN, Desktop, Service Approval Mobile) Review Server Virtualization Network Database (Transitory, Fixed) SABSA Provisioning Workflow Board Scheduling Virtual Machines (Hosted Based) Virtualizaton Network Address Virtualization Testing Version Container Storage Availability Space ITIL v3 Planned Changes Build Control Network Full Paravirtualization Hardware-Assisted Virtualization IPv4 IPv6 Mobile Device Project Operational Emergency Virtualization Policies and Standards Process or Changes Chages Changes Source Code Management Services Services Services OS TPM Virtual External Internal Operational Security Baselines Job Aid Guidelines Role Based Awareness Solution Data TOGAF Network Segementation Authoritative Time Source VIrtualization Virtualization Memory (VLAN) (VNIC) Smartcard Virtualization Information Security Policies Technical Security Standards Data/Asset Classification Best Practices & Regulatory correlation JERICHO Chief Architect: Jairo Orea Lead Architects: Marlin Pholman, Yaron Levi, Dan Logan. Team: David Sherr, Richard Austin , Vern Williams, Anish Mohammed, Harel Hadass, Phil Cox, Yale Li, Price Oden, Tuhin Kumar, Rajiv Mishra, Ravila White, Scott Matsumoto, Rob Wilson, Charlton Barreto, Ryan Bagnulo, Subra Kumaraswamy. Date: 07/20/2011 Revision: 12th Review18 January 2012Page: 231 Source https://cloudsecurityalliance.org/wp-content/uploads/2011/11/TCI-Reference-Architecture-1.1.pdf
  • 232. 実は、現時点でNIST SP500-292定義を満足する 事業者はありません。18 January 2012Page: 232
  • 233. さきほど18 January 2012Page: 233
  • 234. 18 January 2012Page: 234
  • 235. NISTの定義活動が ダウンストリーム活動志向で フォーマル標準志向で 市場創造志向だ と表現した理由がこれです。18 January 2012Page: 235
  • 236. なので、いつまでに実現して ほしいか要望が出ています18 January 2012Page: 236
  • 237. NIST SP500-293 NIST Cloud Computing Standards Roadmap18 January 2012Page: 237
  • 238. 2011/9/8にVolume1,2が 公開されたのですが、 2011/11/03にVolume3が 追加されています。18 January 2012Page: 238
  • 239. まさに現在進行形です18 January 2012Page: 239
  • 240. What changed? クラウドで何が変わる?18 January 2012Page: 240
  • 241. プロダクトからサービスへ18 January 2012Page: 241
  • 242. 低コスト化による、所有する 経済モデルが普及を後押し したコンピューティングという 行為がユビキタス化とともに 利用する経済モデルへ再び 変わるでしょう。18 January 2012Page: 242
  • 243. 製品と役務の対比 パッケージ デリバリー オンラインサービス パーマネントライセンス ライセンス サブスクリプション 出荷時固定 QC 常時改善 保守契約による メンテナンス 常時保守18 January 2012 Description : Microsoft Office 2010 / MicrosoftOffice 365 ※画像はイメージです。 Trademark : Microsoft ® Office 2010 TMPage: 243
  • 244. クラウドコンピューティングによって変化する部分 計算側面 シリアル計算主体からパラレル計算主体へ 実装側面 サイロ型からSOAへ 開発側面 ウォーターフォールからアジャイルへ 運用側面 労働集約から知識集約へ 財務側面 埋没費用から機会費用へ18 January 2012Page: 244
  • 245. シリアル計算主体から パラレル計算主体へ18 January 2012Page: 245
  • 246. クラウドはたくさんの コンピュータの束ですから18 January 2012Page: 246
  • 247. 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 仮想伝送装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 入出力装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 演算論理装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 記憶装置 物理伝送装置 物理伝送装置 物理伝送装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 制御装置 伝送装置 伝送装