Your SlideShare is downloading. ×
0
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ

14,332

Published on

Ultimate Agilist Tokyo セッション4 『これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ』ソニックガーデン倉貫さんとの講演資料になります。 …

Ultimate Agilist Tokyo セッション4 『これまでの開発から、これからの開発へのチェンジ』ソニックガーデン倉貫さんとの講演資料になります。

Published in: Technology
0 Comments
26 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
14,332
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
47
Comments
0
Likes
26
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 藤原 大 @daipresents•楽天株式会社 開発ユニット アジャイルグループ マネージャ•プロジェクトファシリテー ター、トレーナー•趣味は沖縄離島巡り•http://daipresents.com/
  • 2. 上記以外にもサービスはあります。
  • 3. アジャイル歴•• 2008 SIer•2009 XP•2011 コーチ、トレーナ2012 マネージャ
  • 4. これまでの開発これからの開発Photo : http://www.flickr.com/photos/paix_et_amour/3834921604/
  • 5. これまでの開発•工程別プロジェクト管理•最後は納品・検収する形•仕様・品質・計画重視
  • 6. 最近の開発•アジャイル、リーン•継続的デリバリー• 変化に対応
  • 7. 完成型と持続型講演を依頼させていただくときにでてきたキーワード。「完成型から持続型へのパラダイムシフト」というテーマで、テストや、品質、マネジメントなどの考えかたや意識の変化について
  • 8. これまでとこれから パラダイムシフト
  • 9. では本編へハッシュタグ#uatagileA
  • 10. アジャイル テスト・品質マインドセット
  • 11. アジャイル テスト・品質マインドセット
  • 12. XPとの出会い ケント・ベックの本を読み込んでいったら、そこに僕のイメージした理想の姿があったんです。 第二回「倉貫義人が語る、ソニックガーデンできるまで」より http://bit.ly/Pkx4Ru
  • 13. 10年を迎えた日本の アジャイル
  • 14. 最近のアジャイル•最近のアジャイルムーブメント•アジャイルサムライの大ヒット•大手企業も関心
  • 15. 注目される Enterprise Agile•大規模アジャイル事例•分散開発アジャイル事例• 求められる組織改革
  • 16. アジャイルの誤解•速い、安い•アジャイルは難しい•成果を数値に出せない「アジャイル開発」で解決できることは何か∼アジャイルは「速い・安い」のファストフードではない -Social Change! http://bit.ly/TBKqnF
  • 17. アジャイルはロック• 大規模よりも、小さなチーム• 情熱のない人たちの多い会社よりも、自 分の人生を捧げるほどの情熱を仕事に• 他の誰かを変えようとすることよりも、 自分自身がアジャイルであり続けるため に挑戦していくこと アジャイルはロックだったんじゃなかったか∼アジャイルジャパン2012東京サ テライトを開催します - Social Change! http://bit.ly/QRDOlF
  • 18. つぶやきより たぶん、私がソフトウェアテストのことを語るのは、ここが最初で最後だと思います。アジャイルとサービスビジネスのテストについて。場所が鹿児島なんですが。link: JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST12 Kyushu -
  • 19. アジャイル テスト・品質マインドセット
  • 20. 品質のパラダイム•仕様通りだとOK?•バグがなければOK?• 計画通りだとOK?
  • 21. 品質とはなにか? 品質の高いコードとは、DRY(繰り返しの無い)なコードです。DRYなコードは保守性が高いです。保守性が高ければ、機能の追加も、不具合の修正も、仕様の変更も速く出来ます。私たちの求めるスピードとは、そういうことです プログラマの採用のときに見極めるTIPS∼テクニック・インテリジェンス・パーソナリ ティ・スピード - Social Change! http://bit.ly/PkxHug
  • 22. スピードの意味の変化
  • 23. テストと品質 テストと品質について考えている。それらは何がよくて何がよくないか、それは、誰が顧客で、どんなニーズに、どういう方法で解決を提供するのか、つまりどんなビジネスをするかに依存している。F1ドライバーとタクシー運転手では、求められるものが違う。そこに同じ手法は使えない。
  • 24. アジャイル テスト・品質マインドセット
  • 25. アジャイル導入の壁
  • 26. 大企業と小企業 ここで得た「ひらめき」があり「情熱」が湧いたなら、今すぐ動き出しましょう。思うだけでは何も変わらないのです。彼らの言葉を使うと「Get Real(形にしてみよう!)」なんです。 書評:小さなチーム、大きな仕事ー37シグナルズ成功の法則 - Social Change! http://bit.ly/TBKLqm
  • 27. 職業エンジニア•開発の変化について来れない•決めて欲しい• 慢性的なエンジニア不足
  • 28. クラフトマンシップ
  • 29. • ソフトウェアが動作するだけでなく、ソフト ウェアをよりよく作ることも重視する。• 変化に対応するだけでなく、確実に価値を加え ることも重視する。• 個人とその相互作用だけでなく、プロフェッ ショナルたちのコミュニティも重視する。• 顧客との共同作業だけでなく、生産的なパート ナーシップも重視する。http://manifesto.softwarecraftsmanship.org/ ソフトウェア職人マニフェスト:出撃命令http://bit.ly/PLwPP7
  • 30. つぶやきより クラフトマンシップについて考えている。クラフトマンによるクラフトマンが中心の会社とは、どんな姿をしているのか
  • 31. これからの プログラマとは? 私が考えるプログラマーは、当然お客様とも話しをするし、ユーザと会話ができて設計もできる、当然プログラミングも運用も出来る、ソフトウェアの全てに責任を持てる人をプログラマーと呼びます。アジャイルになるための3つの行動∼わたしにとっての「Social Change」 - Social Change!http://bit.ly/TBKVOC
  • 32. コミュニティ
  • 33. 共感を増やす まずは社内で勉強会を立ち上げようとしま した。エクストリーム・プログラミングの 勉強会をやりましょうって ・・・[中 略]・・・それが反応ゼロでした(爆)。 まったくのゼロ、誰一人何も言ってきませ んでした。・・・[中略]・・・それを機に 社外のコミュニティに参加するようになり ました。第二回「倉貫義人が語る、ソニックガーデンできるまで」 - SonicGarden 株式会社ソニックガーデンhttp://bit.ly/Pkx4Ru
  • 34. コミュニティとの関係 どれだけ腕の立つプログラマーであって も、現場に入ればそれでいいなということ ではなく、力があっても外に情報を出して いないのは存在していないに等しい。アジャイルになるための3つの行動∼わたしにとっての「Social Change」 - Social Change!http://bit.ly/TBKVOC
  • 35. これからの開発へ
  • 36. これからの開発とは?
  • 37. アジャイルとは?

×