Agile2010 とは何だったのか Development Department Architetcutre & Core Technology Section Architect Group Dai Fujihara Sep 17 th ,...
自己紹介 <ul><li>藤原 大(ふじはら だい) </li></ul><ul><ul><li>アーキテクチャ&コアテクノロジー課所属 </li></ul></ul><ul><ul><li>普段は標準化とか移行とかしています </li></u...
ざっくりサマリー <ul><li>アジャイルな組織の形 </li></ul><ul><ul><li>An Agile Enterprise より </li></ul></ul><ul><li>アジャイルの効果測定 </li></ul><ul><...
アジャイルな組織の形
アジャイルな組織の形 <ul><li>Organization </li></ul><ul><ul><li>What is trying to happen? </li></ul></ul><ul><ul><li>どんな企業文化を持っていますか...
アジャイルな組織の形
アジャイルな組織の形
アジャイルな組織の形 <ul><li>Conference を通して「 教育 」「 コーチ 」という言葉をよく聞いた </li></ul><ul><li>コーチングにより 株価の上昇 などの効果を出せるようになってきている模様 </li></u...
アジャイルの効果測定
アジャイルの効果測定 <ul><li>Scott Downey さん </li></ul><ul><ul><li>Napstar でコーチングしているらしい </li></ul></ul><ul><ul><li>詳しくは  http://www...
アジャイルの効果測定 Focus Factor =  Velocity / Work Capacity あ Velocity =  見積もった Velocity Work Capacity =  実際の Velocity こういうのが延々と語ら...
アジャイルの効果測定 見てみましょうー
アジャイルの効果測定 W ・エドワーズ・デミングさん アメリカ合衆国の統計学者、著述家、講演者、コンサルタントである。 1950 年から日本の企業経営者に、設計 / 製品品質 / 製品検査 / 販売などを強化する方法を伝授していったという。  ...
アジャイルの効果測定 <ul><li>どこでもやっぱり「 で、アジャイルやったらどうなるのよ? 」と聞かれるらしい </li></ul><ul><li>ロボコーチは、統計や分析に使えそうだが、何よりも、 計画ではなく、チームの性能を見える化 し...
Agile2010 とは何だったのか?
Agile2010とは何だったのか? <ul><li>Agile やるなら CI は必須 になりつつある? </li></ul><ul><li>Agile でもそれ以外でもなんでもよくて、「 常に改善する意欲 」で負けてないか? 探求心 を忘れ...
リソース <ul><li>アジャイルな組織の形 </li></ul><ul><ul><li>Scrum と CMMI の関係は、 Agile2007 の資料に似たようなのがあった </li></ul></ul><ul><ul><li>http:...
Agile2011 は Salt lake City で開催。 また、たくさんの Agile つながりな人たちに会えることを祈ってー ありがとうございましたー http://www.flickr.com/photos/booizzy/15272...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Agile2010とは何だったのか

11,265
-1

Published on

Agile2010ConferenceのFB資料です。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
11,265
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Agile2010とは何だったのか

  1. 1. Agile2010 とは何だったのか Development Department Architetcutre & Core Technology Section Architect Group Dai Fujihara Sep 17 th , 2010
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>藤原 大(ふじはら だい) </li></ul><ul><ul><li>アーキテクチャ&コアテクノロジー課所属 </li></ul></ul><ul><ul><li>普段は標準化とか移行とかしています </li></ul></ul><ul><ul><li>プロセスとか Agile とか、自分が楽になるものに興味があります </li></ul></ul><ul><ul><li>Twitter : @daipresents </li></ul></ul><ul><ul><li>Facebook : Dai Fujihara </li></ul></ul><ul><ul><li>Web: daipresents.com/weblog/fujihalab/ </li></ul></ul><ul><li>今回、楽天からは私を含め 3 人の参加でした </li></ul><ul><li>私は、 Agile2010 の主要3テーマ( Business 、 Leadership & Organization 、 Technical )の中から、 「 Leadership & Organization 」 中心にセッションをまわりました </li></ul><ul><li>今の興味は「エンタープライズ Agile 」です </li></ul>
  3. 3. ざっくりサマリー <ul><li>アジャイルな組織の形 </li></ul><ul><ul><li>An Agile Enterprise より </li></ul></ul><ul><li>アジャイルの効果測定 </li></ul><ul><ul><li>Scrum Metrics for Hyperproductive Teams より </li></ul></ul><ul><li>その他 </li></ul><ul><ul><li>幼い頃、家が燃えたときに学んだこととアジャイル </li></ul></ul><ul><ul><li>ギャップを気にするな! </li></ul></ul><ul><ul><li>エンタープライズレベルのレガシーコード改善 </li></ul></ul><ul><ul><li>CMMI と Scrum 使ったらすごくよくなった </li></ul></ul><ul><ul><li>オフショアでスクラムする場合に気をつけたいこと </li></ul></ul>
  4. 4. アジャイルな組織の形
  5. 5. アジャイルな組織の形 <ul><li>Organization </li></ul><ul><ul><li>What is trying to happen? </li></ul></ul><ul><ul><li>どんな企業文化を持っていますか? </li></ul></ul><ul><ul><li>アジャイルにフォーカスしていますか?普及していますか? </li></ul></ul><ul><li>Leadership </li></ul><ul><ul><li>あなたのリーダシップを展開していますか?他の人達によって使われていますか?こじんまりとなっていませんか? </li></ul></ul><ul><li>Business </li></ul><ul><ul><li>どうやってビジネスに最適化していますか? </li></ul></ul><ul><li>Program </li></ul><ul><ul><li>どのように製品に価値をつけていますか?私たちのプロセスにどんな調和が必要ですか? </li></ul></ul><ul><li>Management </li></ul><ul><ul><li>自己組織化されたチームにどのように価値を追加することができますか? </li></ul></ul><ul><li>Individual </li></ul><ul><ul><li>責任をどうもちますか? </li></ul></ul>
  6. 6. アジャイルな組織の形
  7. 7. アジャイルな組織の形
  8. 8. アジャイルな組織の形 <ul><li>Conference を通して「 教育 」「 コーチ 」という言葉をよく聞いた </li></ul><ul><li>コーチングにより 株価の上昇 などの効果を出せるようになってきている模様 </li></ul><ul><li>プラクティスとしての「 継続的な教育 」が必要であり「 教育にコストをかける文化づくり 」をしていく必要がある </li></ul><ul><li>ディスカッションでは「 役割 」について語られることが多かった </li></ul><ul><li>アジャイルチームから アジャイル組織 へ </li></ul>
  9. 9. アジャイルの効果測定
  10. 10. アジャイルの効果測定 <ul><li>Scott Downey さん </li></ul><ul><ul><li>Napstar でコーチングしているらしい </li></ul></ul><ul><ul><li>詳しくは http://www.rapidscrum.com/ にアクセスしてね </li></ul></ul><ul><ul><li>この人の Excel がすばらしい </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>日本のブログでも紹介されていました </li></ul></ul></ul>その名も「ロボコーチ」
  11. 11. アジャイルの効果測定 Focus Factor = Velocity / Work Capacity あ Velocity = 見積もった Velocity Work Capacity = 実際の Velocity こういうのが延々と語られるのだが、 それにしても考えたのはすごい。
  12. 12. アジャイルの効果測定 見てみましょうー
  13. 13. アジャイルの効果測定 W ・エドワーズ・デミングさん アメリカ合衆国の統計学者、著述家、講演者、コンサルタントである。 1950 年から日本の企業経営者に、設計 / 製品品質 / 製品検査 / 販売などを強化する方法を伝授していったという。 Wikipedia 調べ Attempts to force non-deterministic systems to operate at grater than 80% efficiency will cause short bursts of stabilization followed by extreme periods of destructive and unpedictable variations from that goal. 多分、80%が素敵と言っている。 画像:パブリックドメイン FDA
  14. 14. アジャイルの効果測定 <ul><li>どこでもやっぱり「 で、アジャイルやったらどうなるのよ? 」と聞かれるらしい </li></ul><ul><li>ロボコーチは、統計や分析に使えそうだが、何よりも、 計画ではなく、チームの性能を見える化 しているのがすばらしい </li></ul><ul><li>ガントチャートでは、計画が見えるようになる。しかし、 進捗率などはあつかいにくい 。ロボコーチだと、ベロシティの成長などが見えて、 チームのモチベーションが上がる </li></ul>
  15. 15. Agile2010 とは何だったのか?
  16. 16. Agile2010とは何だったのか? <ul><li>Agile やるなら CI は必須 になりつつある? </li></ul><ul><li>Agile でもそれ以外でもなんでもよくて、「 常に改善する意欲 」で負けてないか? 探求心 を忘れていないか? </li></ul><ul><li>日本だと Agile コーチがまだまだ足りない? </li></ul><ul><ul><li>コーチの人頑張れ </li></ul></ul><ul><ul><li>コーチされる人も頑張れ </li></ul></ul><ul><li>世界中の改善屋さんが集まるカンファレンスに、 日本チームがいるということ </li></ul><ul><ul><li>今年は 14 人?来年はもっとくるといいなー </li></ul></ul>
  17. 17. リソース <ul><li>アジャイルな組織の形 </li></ul><ul><ul><li>Scrum と CMMI の関係は、 Agile2007 の資料に似たようなのがあった </li></ul></ul><ul><ul><li>http://agile2007.agilealliance.org/downloads/presentations/sutherexp_425.pdf </li></ul></ul><ul><li>アジャイルの効果測定 </li></ul><ul><ul><li>Agile2010 資料: http:// www.rapidscrum.com/RoboCoach/index.php </li></ul></ul><ul><ul><li>効果測定 Excel : </li></ul></ul><ul><ul><li>http://scrum.jeffsutherland.com/2010/01/excel-spreadsheet-for-hyperproductive.html </li></ul></ul>「 Scrum Excel jeff 」でググってね
  18. 18. Agile2011 は Salt lake City で開催。 また、たくさんの Agile つながりな人たちに会えることを祈ってー ありがとうございましたー http://www.flickr.com/photos/booizzy/152721515/

×