Your SlideShare is downloading. ×
MTDDC Meetup NAGOYA 2014 Keynote
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

MTDDC Meetup NAGOYA 2014 Keynote

1,929

Published on

MTDDC Meetup NAGOYA 2014 Keynote presentation

MTDDC Meetup NAGOYA 2014 Keynote presentation

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,929
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. for MTDDC Meetup NAGOYA 2014 「Movable Type 6 にみる一歩先の CMS」 Jan 18, 2014 Daiji Hirata CTO, Six Apart Ltd.
  • 2. About Me: Daiji Hirata ● 1996-1999: WLAN/IEEE802.11 (NTT) ● 2000-2004: Venture Investment (Neoteny) ● 2003-2006: VP Technology (Six Apart) ● 2007-2012: CFO/CTO (News2u) ● 2012-present: CTO (Six Apart)
  • 3. What’s Movable Type: ● 2001年、サンフランシスコで生まれたブログツール ● 10年にわたり互換性を維持した安定かつ高機能 CMS ● 強力なテンプレートエンジン MTML ● 静的ファイル生成と柔軟なアーカイブマッピング • ダイナミックもサポート ● 優れた拡張性 • プラグイン、テーマ、API ● 充実のセキュリティ対策とサポート
  • 4. 新バージョンの開発コンセプト ● Movable Type の良さを活かしながら、さらなる進化を • 開発コンセプトは 「Simple, Smart, Speedy」 • 高機能でかつシンプル、軽快に • ページ管理からコンテンツ管理へ ! ● 互換性は極力重視 • Transformer プラグインに配慮し
 管理画面のDOM構造は 5.2 と互換に
  • 5. CMS Features/Roles ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● HTML Template Engine Editing Content Versioning Workflow Access Control Collaboration, User Management Document Management Multilingual Scaling SEO …
  • 6. MT6 What’s new ● ● ● ● ● ● ● ● ● Data API Chart API Loupe New Dashboard Widget Notification Center Schedule un-publishing Blog articles in Website Cloud Support (MT Cloud, Windows Azure, AWS) Code Improvement: x1.6 rebuild performance
  • 7. Data API ● REST/JSON ベースの API ● JavaScript ライブラリも提供します ● XMLRPC/Atom より軽快に動作、カバレッジも広範囲 ● プラグインで拡張可能 ! ● HTML5 + CSS + JavaScript + DataAPI でさまざまなことが可能に
  • 8. var api = new MT.DataAPI({ baseUrl: "https://your-host/mt/mt-data-api.cgi", clientId: "your-client-id" }); ! api.listEntries(siteId, function(response) { if (response.error) { // Handle error return; } ! for (var i = 0; i < response.items.length; i++) { var entry = response.items[i]; // Render an entry } });
  • 9. Data API の使い方 ● 専用の管理画面 • もうバージョンアップで悩まない ● より高度な検索の組み込み ● サイト上からダイナミックなコンテンツ読み込み ● スマートフォンアプリとの組み合わせ ! などなど…
  • 10. なぜ Data API が必要なのか? ● ウェブをとりまく環境の変化 • スマートフォン、モバイル、マルチデバイス ● CMS は単純な HTML 出力ツールではいけない
  • 11. ブラウザ ● いわゆるモダンブラウザの普及 ● HTML+CSS+JS で十分なクライアントアプリの動作環境に ● ブラウザ — サーバ間の通信はページ読みこみだけではなくなった
  • 12. デバイスの変化 ● MT が登場した2001年のデバイスは… ● デスクトップはWindows XP iモード/WAP , ● 海外ではまだカメラ付きは珍しかった… ● VGA/XGA くらいの画面サイズ前提 ● いまどき ● 当時の高性能PC並のパワー、マルチコア、64bit CPUも ● クライアント側での高度な処理を前提にできる環境に ● でも、制限はある
  • 13. 通信環境 ● 2001年当時は ADSL / 3G が最新環境! ● いまどき • 4G/LTEで100Mbps。自宅に1Gbpsも。 ● 通信帯域は早くなったけれども…… ● モバイルでは遅延が大きく、通信量制限があるので配慮は必要 ● まだ富豪的でなく、必要十分な通信だけを行うほうが望ましい
  • 14. これからの CMS には Data API が不可欠 ● Public / Private モードを両方サポート • 必要十分なデータの取得/投入が可能 ● JavaScript のライブラリも用意 ● 軽量、高速なレスポンス ● プラグインで拡張性も ● これまでの管理画面と合わせてどうぞ ● Webインターフェイス付きのREST/JSONデータストア
  • 15. Loupe ● スマートフォン向けの管理アプリ ! ● HTML5 + CSS + JavaScript Data API + Chart API カードの拡張も可能 ● MITライセンスでの提供 ● ● • 自由に遊んでみてください!
  • 16. CMS はどう変わるべきなのか ● 2001年 ● サーバサイドで HTML/CSS 全部つくって送る ● テンプレートエンジンだけで十分だった ● いまどき ● クライアントサイドにもコードを置いて
 必要に応じて追加でデータを取得して表示 ● テンプレートエンジンだけでなく「プラットフォーム」に
  • 17. Data API の今後の拡張 ● コンテンツの拡充 ● アイテム (Assets) ! ● ページデザインからの脱却 ● テンプレートレンダリング
  • 18. 本体もまだまだバージョンアップします ● External Assets (アイテム) ● Custom Fields ● Data API ● Cloud Functions ● Message Center ! などなど、これからも開発を続けていきます
  • 19. これからもよろしくおねがいします

×