Your SlideShare is downloading. ×
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

【Jpug勉強会】10大ニュースで振り返るpg con2013

3,277

Published on

2013年6月8日(土)に行われた、第26回PostgreSQLのしくみ分科会とアプリケーション分科会勉強会で講演させていただいた『10大ニュースで振り返るPGCon2013』のスライドです。 …

2013年6月8日(土)に行われた、第26回PostgreSQLのしくみ分科会とアプリケーション分科会勉強会で講演させていただいた『10大ニュースで振り返るPGCon2013』のスライドです。
なお講演模様はこちらをご覧ください。
http://www.ustream.tv/recorded/34009251

# 読みやすいように、講演時の資料に対して少しだけ手を加えたものをアップしています。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,277
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation2013年年6⽉月8⽇日(⼟土)10⼤大ニュースで振り返るPGCon2013
  • 2. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 20.はじめに
  • 3. 3Copyright © 2012 NTT DATA Corporation10⼤大ニュース最初の⼀一つ⽬目は…Ø  時間の都合で、8⼤大ニュースをお届けすることになりました。
  • 4. 4Copyright © 2012 NTT DATA Corporationあらためまして⾃自⼰己紹介Copyright © 2011 NTT DATA CORPORATION NTTデータ  基盤システム事業本部システム⽅方式技術ビジネスユニット江川  ⼤大地所属やっていたこと⽒氏名年年代 やったこと              -‐‑‒2009 歴史のお勉強(⼤大学時代)2009-‐‑‒2011 Webシステム開発(Javaなど)2011-‐‑‒現在 PostgreSQL関係近況ご存知の通りオタワ⾏行行ってきました。Twitter@daiti0804
  • 5. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 5ニュースの前に…
  • 6. 6Copyright © 2012NTT DATA CorporationPGConとはu PostgreSQL最⼤大のカンファレンス—  ⽇日程:2013年年5/21(⽕火)ー25(⼟土)—  年年に⼀一度度、オタワにて開催—  過去の参加⼈人数:150名(2010年年)→  200名(2011年年)  →  250名(2012年年)—  Tutorials,  Talks,  Unconferenceの三部構成—  カンファレンスと同⽇日程で、Developer  meetingも開催—  開発者、ユーザが⼀一堂に会し、PostgreSQLの最新動向をチェック—  PostgreSQLコミュニティ内の関係構築—  URL:  http://www.pgcon.org/2013/—  NTTデータからは、藤井、江川が参加いたしました。
  • 7. 7Copyright © 2012NTT DATA CorporationPGConスケジュール⽇日付 イベント その他5/21 Tutorials  Day1 Cluster  summit,  XC  Day 5/22 Tutorials  Day2 Developer  Meeting 5/23 Talks  Day1 Major  Social  Event! 5/24 Talks  Day2   5/25 Unconference  Day   5/26 Tourist  Day   — ⽇日程:2013年年5/21(⽕火)ー25(⼟土)
  • 8. 8Copyright © 2012 NTT DATA Corporationその道のりは過酷およそ12時間のフライト、5時間以上のトランジット、13時間の時差。  DATE/TIME                CITY/AIRPORT                  FLIGHT                        FLTTIME    -‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒  5/20  (⽉月)    10:45    東京/成⽥田                        NH  012/V                        11:35                                          08:20    シカゴ、オヘア  (アメ5  -‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒  5/20  (⽉月)    13:47    シカゴ、オヘア  (アメ  UA3501/V              01:53                                          16:40    オタワ  (カナダ)            *01*  -‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒-‐‑‒  
  • 9. 9Copyright © 2012 NTT DATA Corporationその道のりは過酷シカゴ空港で待ち構えていたOracle、気温4℃のオタワ
  • 10. 10Copyright © 2012 NTT DATA Corporationそんな⼼心理理的障壁、物理理的障壁を乗り越え、PGConの会場が⽬目の前に…その道のりは過酷次のスライドから、PGCon2013  8⼤大ニュースをお届けします!!
  • 11. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 11第8位  people  overflowing
  • 12. 12Copyright © 2012 NTT DATA Corporationpeople  overflowing
  • 13. 13Copyright © 2012 NTT DATA Corporationpeople  overflowing⼈人、⼈人、⼈人•  参加⼈人数:256名Ø  ⽇日本⼈人参加者も(おそらく)過去最多の12名が参加会場に⼈人が⼊入りきらず、Tom  Lane,  Magnus,  HeikkiらPostgreSQLコミッター床に座るなんてことも…
  • 14. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 14第7位  クラスターサミット/XCサミット開催このニュースはDevelopers  meetingに参加した藤井よりお届けします
  • 15. 15Copyright © 2012 NTT DATA CorporationCluster  Summit/XC  DAY開催–  スポンサーはNTT  OSSセンタ–  PGConの会場近くのオタワ⼤大学敷地内で朝から晩まで会議•  9:30-‐‑‒14:30      Clustering  and  Replication  Developers  Summit•  15:00-‐‑‒18:00  PostgresXC  Day  –  参加は希望制で、レプリケーション製品やクラスタ製品の関係者が集結  以下のような製品開発者が参加•  pgpool-‐‑‒II•  Stado•  Postgres-‐‑‒XC•  PostgreSQL本体のレプリケーション•  Slony-‐‑‒I–  議論論の概要はWikiに。http://wiki.postgresql.org/wiki/PgCon2013CanadaClusterSummitn  Cluster  Summitとは…Ø  毎年年、PGConの裏裏で開催される会議の⼀一つ。PostgreSQLのレプリケーション製品やクラスタ製品の状況や製品に今後求められる機能の共有が⾏行行われる。
  • 16. 16Copyright © 2012 NTT DATA CorporationCluster  Summit/XC  DAY開催印象に残った機能たち(by  藤井)p  Logical  Replication  Updates–  詳細はまた後程。p  Event  Triggers–  Slony-‐‑‒Iでは、DROP  TABLEなどのDDLをレプリケーションすることはできません。–  しかし、9.3でEvent  Triggerが実装され、DDLにもトリガを定義できるようになり、それを使うことでDDLもレプリケーションできる下地ができました。–  まだまだEvent  Triggerはレプリケーションに必要な情報までは扱えないなど課題があるため、それを解決していこうというような議論論になりました。p  Pooling–  コネクションプーリングの機能をPostgreSQL本体に⼊入れるべきではという話です。–  Slony-‐‑‒Iの関係者がこの機能を提案しており、この⽅方はUnconferenceでも同様の議論論をするなど、かなり強い思いを持っているようです。
  • 17. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 17第6位  Setting  up  is  tough
  • 18. 18Copyright © 2012 NTT DATA CorporationTutorialsp ⼀一⽇日⽬目–  Data  Processing  Inside  PostgreSQLØ 資料料:http://momjian.us/main/writings/pgsql/data_̲processing.pdf–  PostgreSQL  Data  TypesØ 資料料:http://www.pgcon.org/2013/schedule/attachments/269_̲tour-‐‑‒of-‐‑‒postgresql-‐‑‒data-‐‑‒types.pdfp ⼆二⽇日⽇日–  PostgreSQL  on  ZFSØ 資料料:http://static4.usurf.usu.edu/vms/–  Agile  Database  DevelopmentØ 資料料:http://www.pgcon.org/2013/schedule/attachments/271_̲agile_̲db_̲dev.pdfn  Tutorialsとは…Ø  PostgreSQLの基礎的な内容の解説や周辺ツールの使⽤用⽅方法などをてほどきしてくれるPGCon⼀一⽇日⽬目、⼆二⽇日⽬目に⾏行行われるセッション。
  • 19. 19Copyright © 2012 NTT DATA CorporationTutorialsp ⼀一⽇日⽬目–  Data  Processing  Inside  PostgreSQLØ 資料料:http://momjian.us/main/writings/pgsql/data_̲processing.pdf–  PostgreSQL  Data  TypesØ 資料料:http://www.pgcon.org/2013/schedule/attachments/269_̲tour-‐‑‒of-‐‑‒postgresql-‐‑‒data-‐‑‒types.pdfp ⼆二⽇日⽇日–  PostgreSQL  on  ZFSØ 資料料:http://static4.usurf.usu.edu/vms/–  Agile  Database  DevelopmentØ 資料料:http://www.pgcon.org/2013/schedule/attachments/271_̲agile_̲db_̲dev.pdfn  Tutorialsとは…Ø  PostgreSQLの基礎的な内容の解説や周辺ツールの使⽤用⽅方法などをてほどきしてくれるPGCon⼀一⽇日⽬目、⼆二⽇日⽬目に⾏行行われるセッション。このセッションの模様を次からのスライドで振り返ります
  • 20. 20Copyright © 2012 NTT DATA CorporationPostgreSQL  on  ZFSq  ZFSを使⽤用するメリット–  速いレプリケーション–  低いオーバヘッドでスナップショットがとれる。–  スナップショットを送ったり、受け取ったり–  SSDキャッシュドライブ–  定期的なデータチェックと⾃自動修復復–  データ圧縮機能ZFSファイルシステムを使⽤用したレプリケーション、バックアップなどを⾏行行うチュートリアル。
  • 21. 21Copyright © 2012 NTT DATA CorporationPostgreSQL  on  ZFS講師「仮想環境を⽤用意してきた⼈人?」(2/3くらいの⼈人が⼿手を上げる)講師「じゃあ、容易易できていない⼈人はこのUSBを使って⽤用意してくれ」(USBは1個。ほしい⼈人は20⼈人弱…。)(みんな準備できるまではじまらない雰囲気…)講師「よし、じゃあネットワーク設定やるぞ。詰まったら質問してくれ」参加者「できません。」「俺も」「俺も」「俺も俺も」(……)講師「休憩にしよう」(⼀一時間半過ぎてる…)参加者はチュートリアルで使⽤用する仮想環境をあらかじめ⽤用意しなければいけなかったのだが…
  • 22. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 22第5位  Developers  meetingこのニュースはDevelopers  meetingに参加した藤井よりお届けします
  • 23. 23Copyright © 2012 NTT DATA CorporationDevelopers  meeting開催–  スポンサーはEDB–  PGConの会場近くのNovotelホテルで朝から晩まで会議–  ⽇日本からは海外さんと藤井が参加–  議論論の内容はWikiに。http://wiki.postgresql.org/wiki/PgCon_̲2013_̲Developer_̲Meeting–  Wikiの議論論を読むことで、将来的にPostgreSQLに⼊入る機能について予⾒見見可能n  Developer  Meetingとは…Ø  毎年年、PGConの裏裏で開催される会議。PostgreSQLのコア開発者のみが招待制で参加し、次リリースでの機能提案や開発の進め⽅方など様々な技術トピックについて議論論。
  • 24. 24Copyright © 2012 NTT DATA Corporation印象に残った機能提案p パラレルクエリ–  パラレル化が熱い(e.g.  9.3審機能パラレルpg_̲dump)–  現在のPostgreSQLでは、1クエリは1プロセス(1コア)でしか処理理できないため、CPU数を増やしても1クエリの性能を上げることはできませんでした。–  パラレルクエリは、1クエリを複数プロセスで並列列に(パラレルに)処理理して、性能を向上させる機能のことです。–  会議では、EDBが本格的にパラレルクエリに取り組むと宣⾔言していました。–  また、パラレルクエリを実装するのは⾮非常に難しいため、まずはパラレルソートやインデックス作成のパラレル化から徐々に取り組むことなどが議論論されました。
  • 25. 25Copyright © 2012 NTT DATA Corporation印象に残った機能提案p ⾼高速フェイルバック–  レプリケーションに対する不不満Ø フェイルバック–  例例えば、フェイルオーバ後に、古いマスタを新しいスタンバイとしてレプリケーションに組み込む場合、常に新しいマスタからバックアップが必要なことです。–  会議では、バックアップが必要な理理由や、その回避⽅方法、それに伴って解決しなければならない技術的な問題などが議論論されました。
  • 26. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 26第4位  Many  attractive  Talks
  • 27. 27Copyright © 2012 NTT DATA Corporationq  Day1                                                                                                                                    ※橙⾊色のものに参加-  Postgres  at  Disqus  -‐‑‒  keynote-  PostgresSQL  Concurrency-  Postgres  Preview-  Monitoring  of  Machines  using  PostgreSQL-  Corruption  Detection  and  Containment-  On  the  road  to  in-‐‑‒core  logical  replication!?  -  Nulls  Make  Things  Easier?-  Use  logging  hooks  for  real-‐‑‒time  log  analysis-  Hacking  on  PostgreSQL-  Sphinx  and  Postgres-  Query  Planning  Gone  Wrong-  Row  Level  Security-  PostgreSQL  on  Hadoop-  Lightning  talksCf.http://www.pgcon.org/2013/schedule/day_̲2013-‐‑‒05-‐‑‒23.en.htmlTalks  List
  • 28. 28Copyright © 2012 NTT DATA Corporationq  Day2                                                                                                                                    ※橙⾊色のものに参加-  Implementing  High  Availability-  Using  PostgreSQL  with  Redis-  Postgresql  in  Education-  How  Postgres  Got  Its  Groove  Back-  PostgreSQL  High  Availability  with  Corosync/Pacemaker-  Elephant  Puppets-  Understanding  PostgreSQL  timelines-  Visualizing  Postgres-  PostgreSQL  Backup  Strategies-  SQL  hints,  tips,  tricks  and  tuning-  Estimating  query  progress-  The  Billion  Tables  Project-  Introducing  PostgreSQL  Enterprise  Consortium  activities-  One  step  forward  true  json  data  type.-  Automated  PostgreSQL  Scaling  on  AWS-  Closing  sessionsCf.http://www.pgcon.org/2013/schedule/day_̲2013-‐‑‒05-‐‑‒24.en.htmlTalks  List
  • 29. 29Copyright © 2012 NTT DATA Corporation-  HA関連のセッションが多いØ  レプリケーション、クラスタ製品のトピック-  AWSなどクラウド関連の話も⼈人気Ø  「Automated  PostgreSQL  Scaling  on  AWS」は⽴立立ち⾒見見-  Hackingの話も増加-  事例例(Case  Study)は減少Talksの傾向詳しい分析はJPUG夏セミナ(6/22)でNTT  OSSセンタの坂⽥田さんより⾏行行われる予定です。ぜひともご参加ください!
  • 30. 30Copyright © 2012 NTT DATA Corporationロジカルレプリケーションp 講演タイトル:On  the  road  to  in-‐‑‒core  logical  replication!?  Part  1:  Architecture  of  Changeset  Extractionp フィジカルレプリケーションとロジカルレプリケーションの違いØ  フィジカルレプリケーション̶— マスタDBに⼊入っているWALを直接、スレーブDBに送る。Ø  ロジカルレプリケーション̶— マスタDBにデータが⼊入るときのSQLが、スレーブDB送られる。p この機能で何ができるのかØ  レプリケーション̶— DBクラスタ単位のレプリケーション̶— テーブル単位のレプリケーション̶— DBMSやバージョンをまたがったレプリケーションØ  監査Ø  ローリングアップデートAndres  Freundによるロジカルレプリケーションの講演がありました。すぐにコアに⼊入る機能ではないが、バージョンをまたがったレプリケーションやテーブル単位のレプリケーションが可能になるという夢が広がる機能です。
  • 31. 31Copyright © 2012 NTT DATA Corporationロジカルレプリケーションp  アーキテクチャロジカルレプリケーションでは、WALをプラグインが読み取り、スレーブへ送ります。プラグインはユーザが作成でき、その作り⽅方次第では、他のDBMSなどにもレプリケーションできる。マスタWALOutputPluginスレーブ
  • 32. 32Copyright © 2012 NTT DATA CorporationPostgres  Previewp  View̶—  UPDATEABLE  VIEW(更更新可能ビュー)̶—  MATERIALIZEABLE  VIEW(マテリアライズドビュー)p  FDW̶—  writable_̲FDW  花⽥田さんの講演でみなさんお分かりですねp  新しいロックモード̶—  FOR  KEY  SHARE̶—  FOR  NO  KEY  UPDATEp  レプリケーションの拡張̶—  性能向上p  データ型の拡張̶—  ラージオブジェクトの格納サイズアップ̶—  JSON型向けの関数追加Robert  TreatよりPostgreSQL9.3の新機能紹介がされました。ViewやFDWに関⼼心が寄せられているようで、コントリビュータの中では9⽉月頃のリリースが予想されています。
  • 33. 33Copyright © 2012 NTT DATA CorporationPostgres  Previewp  イベントトリガp  psqlコマンドの拡張p  LATERAL句句p  parallel  pg_̲dumpp  parallel  pg_̲upgradep  pg_̲xlogdumpp  COPY  FREEZEp  page  level  checksumsp  index  based  regex  searchesØ  資料料:http://slid.es/xzilla/postgres-‐‑‒9-‐‑‒3Robert  TreatよりPostgreSQL9.3の新機能紹介がされました。ViewやFDWに関⼼心が寄せられているようで、コントリビュータの中では9⽉月頃のリリースが予想されています。9.3の新機能紹介はJPUGの夏セミナで⾏行行います。詳しく知りたい⽅方はぜひご参加ください!http://www.postgresql.jp/events/jpug201306semi/
  • 34. 34Copyright © 2012 NTT DATA CorporationHow  Postgres  Got  Its  Groove  BackPeter  van  Hardenbergが今までPostgreSQLを振り返り、今後のPostgreSQLの予測を⽴立立てるという講演を⾏行行いました…が、その最中によもやのアクシデントが…p 講演タイトル:How  Postgres  Got  Its  Groove  Back̶—  アメリカの映画をもじったユニークなタイトルp バージョンごとの⽬目⽟玉機能を振り返るØ  ちなみに9.3は、̶—  マテリアライズドビュ―̶—  JSON型向け関数̶—  書き込み可能FDW̶—  正規表現を利利⽤用した検索索に対するインデックス提供(pg_̲trgm)
  • 35. 35Copyright © 2012 NTT DATA CorporationHow  Postgres  Got  Its  Groove  Back講演がのってきたところで、Twitterの通知が⼊入る気を取られるPeter…
  • 36. 36Copyright © 2012 NTT DATA CorporationHow  Postgres  Got  Its  Groove  Back何度度も来る通知に、「やめてくれ」と頼むPeter
  • 37. 37Copyright © 2012 NTT DATA CorporationHow  Postgres  Got  Its  Groove  Back悪ノリする他の参加者も。。。
  • 38. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 38第3位  Unconference  was  held  for  the  first  time  
  • 39. 39Copyright © 2012 NTT DATA CorporationUnconference  Unconferenceでは、話したい⼈人が全参加者の前で、ショートスピーチを⾏行行い、そこで⼈人気の⾼高いセッションを選んで、⿊黒板にはり出します。
  • 40. 40Copyright © 2012 NTT DATA Corporation※ストレージエンジンとは、実データへのアクセス処理理を主に⾏行行う機能部分Unconference  ⽩白熱したのはプラガバルストレージへの対応について。Tom先⽣生が前に⽴立立って、対応するためにはどうすればいいか、どういう問題があるのか講義する⼀一幕も。  
  • 41. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 41第2位  Tom  Lanes  job  change
  • 42. 42Copyright © 2012 NTT DATA CorporationTom  Lane  moves  to  Salesforce開発者会議中にTom  LaneがSalesforceに転職したことを発表しました。その⽇日の懇親会ではTom  Laneがいないところでもその話題で持ちきりでした。
  • 43. 43Copyright © 2012 NTT DATA CorporationTom  Lane  moves  to  SalesforcePGConのクロージングセッションでは恒例例のチャリティーオークションが⾏行行われましたが、Tomはそこで前職RedHat印のカバンを出品し、笑いを誘いました。
  • 44. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 44第1位  ⽇日本⼈人コミッタが新たに誕⽣生
  • 45. 45Copyright © 2012 NTT DATA Corporation藤井⽒氏がCommitterになられましたCommitterとは、PostgreSQLを直接変更更できる権限を持つ、世界で19⼈人しかいない開発者です。そのCommitterに藤井⽒氏が選ばれました。
  • 46. 46Copyright © 2012 NTT DATA Corporationコミッタ藤井雅雄からのメッセージこの度度、PostgreSQLコミュニティからの要請を受け、コミッタに就任しました。NTTデータやNTT  OSSセンタでの業務を通じ、PostgreSQLのレプリケーション機能の開発や品質向上などで微⼒力力ながらコミュニティ活動に尽くしてまいりました。その貢献が認められ、PostgreSQLのコミッタ就任という栄誉を得ましたことは、ひとえにJPUG含めPostgreSQL関係者の皆様を初め多くの⽅方々のご指導や⽀支えがあってのことであり、⼼心から感謝しております。  コミュニティが私を評価した最⼤大のポイントは、レプリケーションをはじめとしたPostgreSQLの⾼高可⽤用化・⾼高信頼化への取り組みです。現在、その成果を存分に活かしたDB製品であるGresCube(注)の開発に従事しております。これからは、ビジネスへの貢献でもPostgreSQL関係者、ユーザの皆様に恩返ししていきたいです。今後もPostgreSQLコミュニティの発展の為、決意を新たに邁進したいと思います。  注:http://oss.nttdata.co.jp/grescube/
  • 47. Copyright © 2012 NTT DATA Corporation 47おわりに
  • 48. 48Copyright © 2012 NTT DATA Corporation感想など…p  PGConは最新のPostgreSQL動向をチェックできるだけではなく、PostgreSQLのコア開発者とも話すことができるとてもエキサイティングなカンファレンスでした!p  PostgreSQLに新しい機能を⼊入れたい⽅方は(おそらく来年年も開発社会議に出る)藤井まで。p  9.3の新機能を知りたい⽅方はJPUG夏セミナで!p  PGCon2013についてもっと知りたい⽅方はJPUG夏セミナで!Ø  http://www.postgresql.jp/events/jpug201306semi/
  • 49. Copyright © 2011 NTT DATA CorporationCopyright © 2012 NTT DATA Corporation

×