知らないと地味にハマるOpenStackインストール時の注意点    Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License                                    ...
プロローグ   プロフィール       2011年3月末よりOpenStack関連の調査作業に従事し        始めた。ただ、OpenStackやクラウド全般に関していまま        で関わった事が無かったため、試行錯誤を繰り返し...
アジェンダ1.OpenStackについて                     6.nova-install実行時のハマ                                      りポイント2.OpenStackのインストール...
OpenStackについて   OpenStackは、NASAと米Rackspace社が共同で、開発を始めたオープンソース    のクラウドソフトウェアである。全ての開発は、オープンソースで行っている。   他のオープンソース系クラウドソフ...
OpenStackのインストール方法   パッケージ管理ソフトによるインストール       RHEL系                          rpmやyumコマンドなど       Ubuntu系             ...
nova.shとnova-installの違い   nova.sh        最新のソースコードを試す場合(開発環境構築用)        配布されたソースコード内に含まれている        All in One Server  ...
nova-installが作るAll in One Serverのイメージ      Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
nova-installが作るMulti Serverのイメージ   Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
nova-install実行時の                  ハマりポイント(1/2)トラブル内容                                      解決策nova-installが受け付けるOSは、Ubuntuの...
nova-install実行時の                ハマりポイント(2/2)トラブル内容                                   解決策インストールに利用するサーバのNICに複数ポー           ...
nova-install実行後の                ハマりポイント(1/2)トラブル内容                                    解決策euca2ools系コマンド(例、euca-describe-  ...
nova-install実行後の               ハマりポイント(2/2)トラブル内容                                   解決策euca-describe-instancesコマンドを実行した   ...
トラブル解決の手掛かりOpenStackのログ出力先は、nova.conf内の「--logdir=XXXディレクトリ」で変更することが出来る。nova-installを用いて構築した環境では、ログの出力先は「/var/log/nova」と設定さ...
インスタンスログの実例(起動成功)   1 [ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpuset   2 [ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpu   3 [ 0...
インスタンスログの実例(起動失敗)    1 [ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpuset    2 [ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpu    3 ...
参考情報   nova.sh関連        nova.shの使い方に関する詳細な解説(日本語)サイト         http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1104/04/news02.html...
皆さんも是非 OpenStackを使ってみてください。               また  openstack-ja@googlegroups.comで質問をすると、色々アドバイスを貰えますよ!!         Creative Common...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

知らないと地味にハマるOpen stackインストール時の注意点

10,551

Published on

「hbstudy#24 OpenStack祭り!!」の資料

Published in: Technology
0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
10,551
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
114
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "知らないと地味にハマるOpen stackインストール時の注意点"

  1. 1. 知らないと地味にハマるOpenStackインストール時の注意点 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License Date: 2011/06/17 Author : D.SHEN
  2. 2. プロローグ プロフィール  2011年3月末よりOpenStack関連の調査作業に従事し 始めた。ただ、OpenStackやクラウド全般に関していまま で関わった事が無かったため、試行錯誤を繰り返しなが ら調査作業を行っている状態。 スライドの内容  OpenStackのBexar第二版及びCactus版のインストー ルを実施した過程で、実際に遭遇したトラブル&解決方 法を紹介する。 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  3. 3. アジェンダ1.OpenStackについて 6.nova-install実行時のハマ りポイント2.OpenStackのインストール 方法 7.nova-install実行後のハマ りポイント3.nova.shとnova-installの 違い 8.トラブル解決の手掛かり4.nova-installが作るAll in 9.インスタンスログの実例 One Serverのイメージ (起動成功)5.nova-installが作るMulti 10.インスタンスログの実例 Serverのイメージ (起動失敗) 11.参考情報 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  4. 4. OpenStackについて OpenStackは、NASAと米Rackspace社が共同で、開発を始めたオープンソース のクラウドソフトウェアである。全ての開発は、オープンソースで行っている。 他のオープンソース系クラウドソフトウェアと比べて最も異なっている点は、別途有 料な(機能強化した)商用版を開発しない事を、OpenStackコミュニティーのポリ シーとして採用している。 最新の安定版(Cactus)は、2011年04月15日にリリースされた。次期安定版 (Diablo)のリリースは、2011年09月22日を予定している。 OpenStackは、「OpenStack Compute (Nova)」、「OpenStack Object Storage (Swift)」及び「OpenStack Image Service (Glance)」の3大コンポーネントで構成 されている。 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  5. 5. OpenStackのインストール方法 パッケージ管理ソフトによるインストール  RHEL系  rpmやyumコマンドなど  Ubuntu系  dpkgやapt-getコマンドなど スクリプトインストール  nova.sh  ソースコードと共に配布されているインストーラ  nova-install  Cactusから利用されるようになった新しいインストーラ。  nova-CC-install-v1.1.sh  Bexar時代に利用されていた古いインストーラ。今では使用していない。 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  6. 6. nova.shとnova-installの違い nova.sh  最新のソースコードを試す場合(開発環境構築用)  配布されたソースコード内に含まれている  All in One Server  VlanManagerがデフォルトのネットワーク  非対話形式でのインストール  起動する度にデータベース内容を強制的に削除した後に新規作成する nova-install  リリース版で構築する場合(運用環境構築用)  別途github.com からダウンロードする必要がある  All in One Server or Multi Server  FlatManagerがデフォルトのネットワーク  対話式でのインストール  ユーザが指定したタイミングでデータベースの内容を書き換える Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  7. 7. nova-installが作るAll in One Serverのイメージ Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  8. 8. nova-installが作るMulti Serverのイメージ Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  9. 9. nova-install実行時の ハマりポイント(1/2)トラブル内容 解決策nova-installが受け付けるOSは、Ubuntuのみ。 他のOSを諦めてUbuntuを使う。例えDebianであっても受け付けない。nova-installの実行環境は、英語しか考慮してい nova-installを動かす前に「LANG=C」 等を実ない。英語以外(例、日本語等)の環境で動かし 行する。た場合、インストーラが正しく動作しない。公式ドキュメント(OpenStack Compute 「sudo nova-install」を実行する前に、「sudoAdministration Manual)には、nova-installの -i」を実行して、完全にrootユーザに切り替えて実行方法として、「sudo nova-install」と書かれ から、nova-installを実行する。ているけど、その通りに実行しても必ずインストールに失敗する。具体的にはnova-installが「/root/creds」ディレクトリ配下の配置する認証ファイル(pk.pem、cert.pem、acert.pem)の作成に失敗する。nova-installは、インストール作業時のエラーハ 画面に「Enjoy your new private cloud!」と表ンドリングを殆ど行っていない。インストールに失 示されても簡単に信用せずに、敗しても、画面にはハードコーディングされた 「/var/log/nova/install.log」の内容をしっかり「Enjoy your new private cloud!」のメッセージ と確認する。が表示される。 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  10. 10. nova-install実行時の ハマりポイント(2/2)トラブル内容 解決策インストールに利用するサーバのNICに複数ポー eth0のポートにLANケーブルを接続した状態でト(例、eth0とeth1がある)が存在し、LANケーブ nova-installを実行する。nova-installはインスルをeth0以外のものに接続している場合、nova- トール時に強制的にeth0にブリッジデバイスを作installを実行すると、インストール終了後に、ネッ 成するため、eth0にLANケーブルを接続していなトワークが正しく動作しなくなる。 いと、インストール作業終了後にネットワークが正 しく動作しなくなる。nova-installが扱うFlatManagerの特徴が判ら FlatManagerでは、仮想マシーン(インスタンス)ず、仮想ネットワークの作成に戸惑う。 と物理マシーンが同一のネットワークセグメント 上に存在すると想定している。仮想ネットワークを 作成する際には、物理マシーンが利用するネット ワークセグメントを意識する必要が有る。 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  11. 11. nova-install実行後の ハマりポイント(1/2)トラブル内容 解決策euca2ools系コマンド(例、euca-describe- コマンド実行失敗の原因は、ケースバイケースでimages等)の実行に失敗する。 一概に言えない。単純に環境変数関係なら 「source /root/creds/novarc」を実行し て、euca2ool系が利用する環境変数を読み込ま せた後に、euca2ool系コマンドを実行すれば解 決出来る場合がある。「novarc」ファイルが存在 しない場合には、「nova-manage project zipfile」を実行して「novarc」ファイルを作成す る。インストール終了直後には、登録したインスタン インスタンスとの接続失敗原因もケースバイケースを起動させ接続(pingやssh等)することが出 スで一概に言えない。nova-installでは、インスト来たが、サーバを再起動させると登録したインス ール時にOpenStack用のiptablesを設定するがタンスを起動させることは出きるが、接続が出来 、サーバの再起動(reboot)を実施すると、設定がなくなる。 消える。iptablesの設定が消えている状態では、 登録したインスタンスが上手く起動出来ない状 態に陥る。見た目は起動しているように見えるけ ど、実際はホストマシーンから接続できない状態 に陥る。OpenStack用のiptablesの設定を登録 すれば解消する場合がある。 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  12. 12. nova-install実行後の ハマりポイント(2/2)トラブル内容 解決策euca-describe-instancesコマンドを実行した euca-get-console-outputコマンドを実行する際、時折表示されるインスタンスの情報と実際の とインスタンスの出力ログを見ることが出来状態に乖離がある。(例、インスタンスは起動して る。euca-get-console-outputコマンドは、いると表示されているけど、実際は起動していな 「/var/lib/nova/instances/instance-い。) XXXXXXXX」ディレクトリ配下にある 「console.log」の内容を表示している為 に、euca-get-console-outputを実行する代わ りに、テキストエディタ等で当該ファイルを直接見 てもよい。(なお、XXXXXXXXにはインスタンスの IDが入る) Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  13. 13. トラブル解決の手掛かりOpenStackのログ出力先は、nova.conf内の「--logdir=XXXディレクトリ」で変更することが出来る。nova-installを用いて構築した環境では、ログの出力先は「/var/log/nova」と設定される。なお、nova.confに「--logdir=XXXディレクトリ」の記述がない場合は、syslogに出力される。出力先(ディレクトリ名) ログファイル名 概要/var/log/nova nova-api.log nova-apiサービスの出力ログ nova-compute.log nova-computeサービスの出 力ログ。 nova-manage.log nova-manageサービスの出 力ログ。 nova-network.log nova-networkサービスの出 力ログ。 nova-objectstore.log nova-objectstoreサービスの 出力ログ nova-scheduler.log nova-schedulerサービスの 出力ログ nova-install.log nova-installプログラムの作業 ログ。 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  14. 14. インスタンスログの実例(起動成功) 1 [ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpuset 2 [ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpu 3 [ 0.000000] Linux version 2.6.35-24-virtual (buildd@yellow) (gcc version 4.4.5           ~ 中略 ~                         319 The keys randomart image is: 320 +--[ RSA 2048]----+ インスタンスの出力ログ後半部分に、keys 321 | .+= | randomart imageやssh host key 322 | o+++ . | fingerprintsが表示されていれば、インスタンス 323 | oEO+ o | 自体の起動に成功したと判断してよい。この状 324 | Oo.. . | 態で、起動したインスタンスと通信(pingやssh) 325 | .S.. .| が出来ない場合は、ネットワークまわりや 326 | o o . .| OpenStackのインスタンスに関する認証関連設 327 | . . . .| 328 | .| 定を疑うべき。 329 | | 330 +-----------------+           ~ 中略 ~                         351 ec2: ############################################################# 352 ec2: -----BEGIN SSH HOST KEY FINGERPRINTS----- 353 ec2: 2048 f2:4d:24:17:b3:cc:5a:72:ff:17:90:62:31:70:2b:a5/etc/ssh/ssh_host_rsa_key.pub (RSA) 354 ec2: 1024 99:cf:95:1c:dd:4b:6c:8b:ab:50:61:b6:33:03:28:87/etc/ssh/ssh_host_dsa_key.pub (DSA) 355 ec2: -----END SSH HOST KEY FINGERPRINTS----- 356 ec2: ############################################################# Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  15. 15. インスタンスログの実例(起動失敗) 1 [ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpuset 2 [ 0.000000] Initializing cgroup subsys cpu 3 [ 0.000000] Linux version 2.6.35-24-virtual (buildd@yellow) (gcc version 4.4.5           ~ 中略 ~                         299 init: cloud-init-local main process (285) terminated with status 1 300 cloud-init start running: Wed, 15 Jun 2011 07:11:55 +0000. up 2.87 seconds 301 2011-06-15 07:11:57,159 - DataSourceEc2.py[WARNING]: waiting for metadata service athttp://169.254.169.254/2009-04-04/meta-data/instance-id 302 303 2011-06-15 07:11:57,161 - DataSourceEc2.py[WARNING]: 07:11:57 [ 1/100]: url error[timed out] 304 305 2011-06-15 07:12:00,168 - DataSourceEc2.py[WARNING]: 07:12:00 [ 2/100]: url error[timed out] 306 インスタンスの出力ログ後半部分に、『waiting for metadata service at http://169.254.169.254/2009-04-04/meta-data/instance-id』や繰り返し『url error [time out]』が出力されていたら、インスタンス自体の起動に失敗したと判断してよ い。例示したケースの場合、OpenStackが利用するiptablesの設定が欠如している可能 性が高いために、単純に「iptables -t nat -A PREROUTING -d 169.254.169.254/32 -p tcp -m tcp --dport 80 -j DNAT --to-destination $NOVA_API_IP:8773」を再度実行すれば、問題を解決出来る可能性がある。 Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  16. 16. 参考情報 nova.sh関連  nova.shの使い方に関する詳細な解説(日本語)サイト http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1104/04/news02.html nova-install関連  nova-installの開発者が書いたOpenStackのインストールに関する詳細な解説(英語)サイト http://www.dubsquared.com/ ドキュメント関連  OpenStackの公式ドキュメント http://docs.openstack.org/cactus/  OpenStack Beginners Guide for Ubuntu 11.04。公式ドキュメントに匹敵する詳細な解説(英語)サイト http://cssoss.wordpress.com/2011/04/28/openstack-beginners-guide-for-ubuntu-11-04introduction- to-openstack-and-its-components/ Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  17. 17. 皆さんも是非 OpenStackを使ってみてください。 また openstack-ja@googlegroups.comで質問をすると、色々アドバイスを貰えますよ!! Creative Commons Attribution ShareAlike 3.0 License
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×