phpstudy_php_to_node
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

phpstudy_php_to_node

on

  • 1,469 views

「PHPエンジニアがNodeエンジニアになったときの7つの効能」

「PHPエンジニアがNodeエンジニアになったときの7つの効能」

2014/6/23
PHP勉強会
LT発表

Statistics

Views

Total Views
1,469
Slideshare-icon Views on SlideShare
1,328
Embed Views
141

Actions

Likes
1
Downloads
0
Comments
0

4 Embeds 141

https://twitter.com 115
http://blog.hyec.jp 21
http://s.deeeki.com 4
https://kcw.kddi.ne.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    phpstudy_php_to_node phpstudy_php_to_node Presentation Transcript

    • 1 「PHPエンジニアが Nodeエンジニアになったときの 7つの効能」 2014/6/23 #php勉強会 @goodoo
    • 2 お前、誰よ • 株式会社 CyberX • CTO • 白井 英 • エンジニア • Twitter @goodoo • Blog http://ameblo.jp/goodoo • DQ10 すぐちむ (FB392-435) プクリポ(旅芸人)
    • 3 なぜPHPエンジニアがNode?
    • 4 一年前・・・
    • 5 _人人人人人人人人人人人人人_ > 突然の全社的取り組みの話 <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
    • 6 Node.jsでやらないか?
    • 7 いいこといっぱいあるよ!
    • 8 一年前の開発環境
    • 9
    • 10 全社取り組みの開発環境
    • 11 新しい技術要素
    • 12 一年前の開発環境
    • 13 テストコードなんてなかった・・・
    • 14 Jenkinsさんって役に立つの?
    • 15 Migration管理、いや無理っしょ
    • 16 Node.jsに切り替えた 結果は?
    • 17 桃源郷なんて なかった
    • 18 得られたものは 何か
    • 19
    • 20 一年前
    • 21 この先生きのこるには
    • 22 どうすればいいか?
    • 23 phpコミュニティで 学んだ事を生かす
    • 24 2012/11/3 phpmatsuri
    • 25 このスライドの内容を実践 http://www.ryuzee.com/contents/blog/6102
    • 26 ・ユニットテストを書く ・結合テストを自動化 ・継続的インテグレーションサーバを  つかう ・デプロイを自動化 ・環境構築を自動化
    • 27 2012/9/15 PHPカンファレンス
    • 28 このスライドの内容を取り入れる http://sotarok.hatenablog.com/entry/20120919/presented_git_and_pull_request_work_flow_at_phpcon2012
    • 29 アレンジ
    • 30 ・1チケット1ブランチ ・ブランチ名は、チケット番号 ・ローカルのVirtualBoxで開発 ・ローカルのテストが通ったら  featureへPUSH
    • 31 node port:1234 /var/www/feature/1234 チケット番号とURLを結びつけ node port:1235 /var/www/feature/1235 node port:1236 /var/www/feature/1236 node port:1237 /var/www/feature/1237 nginx 1234.example.com 1235.example.com 1236.example.com 1237.example.com server { listen 80; server_name ~^(?<port>d+).example.com; location / { set $url example.com; proxy_pass http://$url:${port}; } }
    • 32 現在の開発環境
    • 33
    • 34 自分たちのプロダクト
    • 35 Yakushimanode.jsのゲームエンジンフレームワーク
    • 36 ShiretokoBackbone.jsのラッパー
    • 37 IguazuDeploy & Migration Tool
    • 38 得られたもの
    • 39 ・TDD ・テストの自動化 ・デプロイの自動化 ・Migration管理 ・マージリクエストによる  コードレビュー
    • 40 技術的負債を少なく保つ
    • 41 品質を作り込む
    • 42 継続的デリバリー
    • 43 祈る開発ではなく 自信をもった開発へ
    • 44 自分たちのプロセスは 自分たちで進化させる ことができた!
    • 45 PHPコミュニティの 多様性、懐の深さの おかげ
    • 46 PHPコミュニティ っていいよね
    • 47 ご清聴ありがとうございました