[コデアル株式会社] Ruby on rails 開発環境設定勉強会(株式会社シンクスマイル主催)

925 views
865 views

Published on

Published in: Engineering
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
925
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

[コデアル株式会社] Ruby on rails 開発環境設定勉強会(株式会社シンクスマイル主催)

  1. 1. Ruby On Rails で画像処理を作ろう! 株式会社シンクスマイル 磯部 尚志 2014年05月10日 Copyright © 2012 5smile, Inc. All Right Reserved.
  2. 2. page 2 ■ アジェンダ #0 自己紹介 #1 本日のゴール #2 やりたいことを決めましょう #3 Ruby On Railsを知ろう #4 自分のMacに開発環境を作ろう! #5 Railsを起動しよう!
  3. 3. page 3 #0 自己紹介
  4. 4. page 4 名前
  5. 5. page 5 磯部 尚志
  6. 6. page 6 何してん の?
  7. 7. page 7 株式会社 シンクスマイル で働いています。
  8. 8. page 8 経営理念 「したことないをへら す」
  9. 9. page 9 どんな 会社?
  10. 10. page 10 面白い 会社です
  11. 11. page 11 こんな感じ これうちの 社長
  12. 12. page 12 何してん の?
  13. 13. page 13 開発 してます。
  14. 14. page 14 Ruby
  15. 15. page 15 なんで Ruby?
  16. 16. page 16 答え
  17. 17. page 17 怠け者
  18. 18. page 18 Java C/C++
  19. 19. page 19 1の機能 1000行
  20. 20. page 20 Ruby
  21. 21. page 21 1個の機能 1行
  22. 22. page 22 そんな Ruby
  23. 23. page 23 Web サイトを作って みましょう!
  24. 24. page 24 #1 本日のゴール
  25. 25. page 25 最終的にこれを作ります。
  26. 26. page 26 Ruby On Rails 敷居が高い!? 最初が高いです。
  27. 27. page 27 どの辺が? 1.Rubyのインストール 2.Railsのインストール 3.Railsの起動 この辺でつまづくとワケワカメ
  28. 28. page 28 今日は自分のマシンで Railsをあげられるところま でやりましょう!
  29. 29. page 29 Ruby VS PHP  結論、どちらも必要です。  ここでポイント  コスト => コードを書く量が少ない。  セキュリティ(外部問題因子の軽減含む ) => 説明すると難しいので割愛  エンジニアのウキウキ感 => Rubyが出来るとPHPが出来た よりウキウキする(重要!!!)
  30. 30. page 30 ということで 今日はウキウキ感を味わって 帰って下さい。
  31. 31. page 31 ■Ruby On Rials を知ろう  今回は最新バージョンを利用します  基本的な知識を手に入れる  基本的な使い方を見る  いつも実際にやっていることを一緒にやって行きま す。  Rubyのアプリを開発するためのアプリ環境をライブ構築  難しいことは極力やりません、最小限で行きましょう!
  32. 32. page 32 #2 やりたいことを決めましょう
  33. 33. page 33 ■ここまでやりたい!  Homebrewのインストール  Xcodeのインストール  Rbenvのインストール  Ruby最新版をインストール  Railsをインストール  Railsの起動  せっかくなのでページを一枚作りましょう -次回への準備 できたらやります。  IDE 開発ツールをインストール  Imagemagicのインストール  MYSQLのインストール
  34. 34. page 34 #3 早速一緒に環境を作りましょう
  35. 35. page 35 ■Xcodeとコマンドラインツールがない人は入れまし ょう Xcodeはアップルストアから落として下さい♪ コマンドラインツールは配りますね♪ これがないと色々インストールに失敗してしまうんです。 なので覚えておきましょう!
  36. 36. page 36 ■コマンドプロンプトをあげよう
  37. 37. page 37 ■Homebrewのインストールします。 $ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go/install)” $ sudo mv /opt/local ~/macports $ brew doctor $ brew update $ brew –v => 0.9.5が出ればOK Homebrewとは・・・Mac用のパッケージ管理ソフトです。
  38. 38. page 38 ■rbenvをインストールします。 # brew install rbenv # echo 'if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi' >> ~/.bash_profile # brew install ruby-build # brew install rbenv-gemset # brew install rbenv-gem-rehash brew install readline brew install apple-gcc42 rbenvとは・・・Rubyは様々なバージョンがあって結構 依存するんです。だから管理するツールがあります。 これも覚えましょう!
  39. 39. page 39 ここまでこれば あと一息
  40. 40. page 40 ■使ってみましょう # rbenv install 2.1.1 # rbenv global 2.1.1 # gem install bundler # rails new 自分の好きな名前
  41. 41. page 41 # cd [自分の名前] # bundle exec rails s http://localhost:3000/ へアクセスしましょう!
  42. 42. page 42 # bundle exec rails g controller [好きな名前] show 早速ページを作ってみよう!!!
  43. 43. page 43 使える IDE Rubymineをインストールしよう http://www.jetbrains.com/ruby/
  44. 44. page 44 ControllerとViewの関係 Controller Rubyを書く View HTMLを書く いちおRubyOK
  45. 45. page 45 ■今後のエンジニアで求められること  事業側から求められるもの  常に「早く、いいものを」  必要なスキル  出来るだけ不得意なところに便利な武器を持つ  世の中にある便利なものを知る、使える  その上でリーン・スタートアップにフィットする方法を選 ぶ

×