• Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
862
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Code4Lib Conference 2012 参加報告筑波大学図書館情報メディア研究科 / 株式会社しずく ラボ 常川真央 1
  • 2. Code4Lib Conference とは本家Code4Libが年1回開催するイベントCode4Libメンバーの投票により発表内容が決まるCode4Lib Conference 2012 日程: 2012年2月7日~9日 開催地: アメリカ合衆国シアトル 会場: Renaissance Seattle 2
  • 3. シアトルの様子 3
  • 4. シアトルの様子シアトル市立図書館 スターバックス 1号店 4
  • 5. カンファレンス会場 5
  • 6. 全体のスケジュール2月6 プレカンファレンス日2月7 基調講演 (1)日 メインセッション ブレイクアウトセッション(1)2月8 メインセッション日 ブレイクアウトセッション(2)2月9 メインセッション日 基調講演(2) 6
  • 7. 基調講演 Code4Lib中心メンバ2名による講演 Dan Chudnov Bethany Nowviskie Code4Lib ができた経緯、運営体制の 課題や今後の展望について議論を交 えて講演 7
  • 8. プレカンファレンス( 9件 )1. Developing applications using REST web services2. Linkfest | wiki page for notes, etc3. Whats New in Solr4. Knocking Down Silos: Tools and Approaches for Simplifying Discovery5. Git -r done6. Blacklight7. DACS and EAD Overview8. Digging into metadata: context, code, and collaboration9. "Geo" 8
  • 9. Developing applications using REST web services OCLC BASE APIを使ってRESTウェ ブサービスの基礎を学ぶ OCLC以外のAPIも多数紹介され た Dewey.info Flickr API など 9
  • 10. Blacklighthttp://projectblacklight.org/Ruby on Rails 製のディスカバリーインターフェースプレセッションではblacklightのインストールまでをワークショップ形式で教わった 10
  • 11. その他の見所What‘s New in Solr – Solr の新機能について解説。P2P通信によるインデックス情報の共有など“Geo” – 書誌情報中の地理情報を利用した検索システムについて議論するプレセッション 11
  • 12. メインセッション4つのトピックに分けて紹介していきますデータベース・ Git , Solr , Hachi Trust検索エンジンUIデザイン iPhone , Android , Bootstrap調査・分析 Google Analytics Linked Open Data , eX-Catalog ,その他 HTML5 , Schema.org 12
  • 13. データベース・検索エンジン1. NoSQL Bibliographic Records: Implementing a Native FRBR Datastore with Redis2. Indexing big data with Tika, Solr & map-reduce3. Search Engine Relevancy Tuning - A Static Rank Framework for Solr/Lucene -Slides4. Beyond code: Versioning data with Git and Mercurial. (Stephanie Collett and Martin Haye)5. HathiTrust Large Scale Search: Scalability meets Usability6. Relevance Ranking in the Scholarly Domain7. Practical Agile: Whats Working for Stanford, Blacklight, and Hydra 13
  • 14. Search Engine Relevancy Tuning A Static Rank Framework for Solr/Lucene 検索エンジン Lucene の ランキングを調整 動的・静的なランキン グを併用 Static Rank - 検索クエリ の影響が無いランキン グ Dinamic Rank – 本文を TF・IDFでランキングhttp://code4lib.org/conference/2012/schultz 14
  • 15. Beyond code: Versioning data with Git and Mercurial バージョン管理システムを 利用してデジタル資料アー カイブの管理を行う 大量のファイルの変更を追 跡・記録することが可能 HATHI TRUST や eScholarship で実運用され ている 15http://code4lib.org/conference/2012/collett
  • 16. Beyond code: Versioning data with Git and Mercurial バージョン管理システムを 利用してデジタル資料アー カイブの管理を行う 大量のファイルの変更を追 跡・記録することが可能 HATHI TRUST や eScholarship で実運用され ている 16http://code4lib.org/conference/2012/collett
  • 17. Beyond code: Versioning data with Git and Mercurial バージョン管理システムを 利用してデジタル資料アー カイブの管理を行う 大量のファイルの変更を追 跡・記録することが可能 HATHI TRUST や eScholarship で実運用され ている 17http://code4lib.org/conference/2012/collett
  • 18. NoSQL Bibliographic RecordsImplementing a Native FRBR Datastore with Redis Redisを利用してFRBR準 拠の書誌情報を蓄積・ 管理するプロトタイプ を開発 Redisとは メモリベースの Key- Value データベースシス テム 18 http://code4lib.org/conference/2012/nelson MySQL等に比べて非常
  • 19. UIデザインの部1. Kill the search button II - the handheld devices are coming2. Stack View: A Library Browsing Tool3. Design for Developers4. Your UI can make or break the application (to the user, anyway)5. Quick and Dirty Clean Usability: Rapid Prototyping with Bootstrap 19
  • 20. Kill the search button II the handheld devices are coming 検索ボタンを使わせずに 検索ができる Android ア プリ クリック以外の動作で操 作 指でなぞる 裏返す 20http://code4lib.org/conference/2012/thogersen 横に傾ける
  • 21. Kill the search button II the handheld devices are coming 検索ボタンを使わせずに 検索ができる Android ア プリ クリック以外の動作で操 作 指でなぞる 裏返す 21http://code4lib.org/conference/2012/thogersen 横に傾ける
  • 22. Stack View: A Library Browsing Toolhttp://librarylab.law.harvard.edu/projects/stackview/code4lib/ 本を積み上げるように検 索結果を表示する UI JavaScriptのライブラリと して配布されている 本のサイズは実際の書籍 のページ数・サイズを反 映 色は貸出数を表す 22
  • 23. Stack View: A Library Browsing Toolhttp://librarylab.law.harvard.edu/projects/stackview/code4lib/ 本を積み上げるように検 索結果を表示する UI JavaScriptのライブラリと して配布されている 本のサイズは実際の書籍 のページ数・サイズを反 映 色は貸出数を表す 23
  • 24. 調査・分析の部1. Discovering Digital Library User Behavior with Google Analytics2. How people search the library from a single search box 24
  • 25. Discovering Digital Library UserBehavior with Google Analytics (http://code4lib.org/conference/2012/hess ) Google Analytics と jQuery を 使ってディジタルライブラ リー専用のアクセス統計 ツールを開発 例: 19世紀イギリス文学の 資料のアクセス状況はロン グテールに 25
  • 26. How people search the library from a single search box ( http://code4lib.org/conference/2012/lown ) NCSU図書館でのユーザの情報 探索状況を調査 ウェブページ上のマウス操作 アクセス統計 26
  • 27. Linked Open Data & HTML51. "Linked-Data-Ready" Software for Libraries2. Your Catalog in Linked Data3. HTML5 Microdata and Schema.org4. ALL TEH METADATAS! or How we use RDF to keep all of the digital object metadata formats thrown at us 27
  • 28. HTML5 Microdata and Schema.org( http://www.slideshare.net/jronallo/html5-microdata- and-schemaorg ) HTML5にメタデータを埋め込む方法を解 説 28
  • 29. HTML5 Microdata and Schema.org( http://www.slideshare.net/jronallo/html5-microdata- and-schemaorg ) HTML5にメタデータを埋め込む方法を解 説 29
  • 30. HTML5 Microdata and Schema.org( http://www.slideshare.net/jronallo/html5-microdata- and-schemaorg ) HTML5にメタデータを埋め込む方法を解 説 30
  • 31. その他Building research applications with MendeleyThe Golden Road (To Unlimited Devotion): Building aSocially Constructed Archive of Grateful DeadArtifactsIn-browser data storage and meLies, Damned Lies, and Lines of Code Per Day 31
  • 32. Building research applications with Mendeley 文献管理ソフト 「 Mendeley 」の開発者によ る講演 文献管理だけではなく、新た なピアレビューの基盤づくり なども 学術研究のコラボレーション 支援へと発展させていきたい という姿勢がうかがえたhttp://code4lib.org/files/Code4Lib2012WilliamGunn.pptx 32
  • 33. Building research applications with Mendeley 文献管理ソフト 「 Mendeley 」の開発者によ る講演 文献管理だけではなく、新た なピアレビューの基盤づくり なども 学術研究のコラボレーション 支援へと発展させていきたい という姿勢がうかがえたhttp://code4lib.org/files/Code4Lib2012WilliamGunn.pptx 33
  • 34. Building research applications with Mendeley 文献管理ソフト 「 Mendeley 」の開発者によ る講演 文献管理だけではなく、新た なピアレビューの基盤づくり なども 学術研究のコラボレーション 支援へと発展させていきたい という姿勢がうかがえたhttp://code4lib.org/files/Code4Lib2012WilliamGunn.pptx 34
  • 35. カンファレンスでのCode4Lib JAPANの活動 35
  • 36. ブレイクアウトセッション 36
  • 37. ライトニングトーク 岡本 ( saveMLAK ) 37
  • 38. ライトニングトーク高久・江草 ( saveMLAK ) 38
  • 39. ライトニングトーク吉本 ( カーリルについて) 39
  • 40. ライトニングトーク常川 ( Project Shizuku ) 40
  • 41. 感想 共通基盤としてのSolr実運用している事例の多くでSolrが使われている単に使用するだけでなく、Solr を拡張する事例も増えているSolr を軸足にしてこれからの検索システムの開発ノウハウが蓄積されつつある 41
  • 42. 感想gitHubコミュニティの浸透 gitHub : オープンソース開発者向け SNS 多くの登壇者がgithubにソースコード を公開 カンファレンス中にもgithub上で活発 に開発が進められていた githubがCode4Lib上のコラボレーショ 42 ンの基盤となりつつある
  • 43. 感想日本での取り組みの評価 LTで紹介した日本での試みにみな 関心を抱いていた Enju については知名度が高まりつ つある → FOSS4LIB ・ GitHub上に 公開されている しかし、日本の図書館の現状につ いては殆ど知られていない 43
  • 44. まとめ日本にいても、 世界中の Library Geek と コラボレーションができる時代に日本での取り組みもGitHubやFOSS4LIBなどを使って どんどん世界へ発信していきましょう! 44
  • 45. おわり 45