Your SlideShare is downloading. ×

Code4Lib 2011 参加報告会 ONO Haruki

2,521

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,521
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Code4Lib JAPAN小野 永貴 (筑波大学)
  • 2.  小野永貴  Code4Lib JAPAN コアメンバー  筑波大学大学院 図書館情報メディア研究科 博士前期課程 Code4Lib 2011 渡航  日本派遣団:6名の一員として渡航  海外初渡航(日本初脱出)  初国際線, 初入国審査, 初パスポート, 初英会話... 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 2
  • 3.  Code4Lib  図書館システム・図書館のICT技術活用に関 する世界的コミュニティ(アメリカ中心)  通年: メーリングリスト 年1回の国際会議  図書館員・研究者・企業など多様な図書館シ ステム関係者が集結・発表・情報交換  ‚学術会議‛とは違い、内容は極めて多岐に渡る  開発, 技術, 実践報告, 運用事例, 理念, 悩み, ノウハウ… 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 3
  • 4.  Loosely-structured conference  PC使用率が半端ない  電源が会場のいたるところに  現地会場でもIRCチャット  それを拾うAsk me!セッションも  ソーシャルな会議の仕組み  講演事前審査:voting  Wikiに書き込むLightning Talks  多数のSocial Event 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 4
  • 5. 1. 海外の図書館現場の実際の現状・ 先端的事例を知ることができる2. 海外の大学環境・図書館を実際に 見学することができる3. 日本の取り組みも十分世界に通用 することがわかる  情報発信の場として,意見をもらう場として 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 5
  • 6. Code4Lib 2011 Conference 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 6
  • 7.  日程  2月7日: Pre Conference  2月8日~10日: Conference 場所  インディアナ州ブルーミントン  Biddle Hotel and Conference Center, Indiana University Bloomington 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 7
  • 8.  10,400 km  from Tsukuba, Ibaraki, Japan. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 8
  • 9. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 9
  • 10. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 10
  • 11. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 11
  • 12. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 12
  • 13. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 13
  • 14. アメリカの大学の学習環境・施設 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 14
  • 15. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 15
  • 16.  何でもある統合大学施設  カンファレンスホール・会議ルーム  ホテル(←我々も宿泊)  コンピュータルーム・キオスク端末  学習ワークスペース・技術サポートスタッフ  学生掲示板・情報発信スペース  フードコート・ファストフード  電気屋・大学グッズショップ・書店・理髪店  ビリヤード・ボーリング場・ゲーセン… 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 16
  • 17. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 17
  • 18. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 18
  • 19. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 19
  • 20. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 20
  • 21. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 21
  • 22. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 22
  • 23. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 23
  • 24. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 24
  • 25. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 25
  • 26. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 26
  • 27. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 27
  • 28. 学生の 学習・日常生活・娯楽 までワンストップに支援する、学部・学科を超えた統合的な福利厚生施設 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 28
  • 29. Code4Lib 2011 Conference 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 29
  • 30. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 30
  • 31. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 31
  • 32. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 32
  • 33. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 33
  • 34. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 34
  • 35.  シングルセッションが原則  250人が1ホールに集結  全員で1つのセッションを聞き、質問・情報 共有する(LightningTalks含む) 一部のみ分科会ライク  Pre-conference  テーマ毎のチュートリアルやワークショップ  Breakout Sessions  テーマやシステム毎にディスカッション 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 35
  • 36. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 36
  • 37. Code4Lib 2011 Conference 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 37
  • 38.  Pre Conference  1日目: チュートリアル・ワークショップ Industry Remarks & Keynote  2日目午前: 基調講演 Main Session  2日目午後~4日目: 採択者のプレゼン発表  1人20分: 発表・質疑応答の配分自由 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 38
  • 39.  Breakout Sessions  2日目・3日目の夕方:  システム・ソフト毎に話題を絞ったディスカッション Lightning Talks  2日目~4日目に3回設定: 約30人枠  当日限定エントリー: Wikiに名前・テーマを書く  1人5分発表: 本年、日本人3名発表! Ask anything!  会場全体に質問をし、会場の誰かが答える  全員で疑問や悩みを共有し、適切な人が解決する 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 39
  • 40. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 40
  • 41. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 41
  • 42. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 42
  • 43. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 43
  • 44. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 44
  • 45. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 45
  • 46. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 46
  • 47.  NDL Search 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 47
  • 48.  Making integrated search system which your choice - primo central index or summon? 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 48
  • 49.  Two Engineering Projects of LIS at Tsukuba in Japan: Project Shizuku and Project Lie 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 49
  • 50. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 50
  • 51. Code4Lib 2011 Conference 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 51
  • 52.  頻出キーワード  Solr  Drupal  (次世代OPAC) その他、個人的注目点  Visualization, GIS, Library Websites, Mobile, Tablet 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 52
  • 53.  全文検索エンジン  オープンソース  多くの検索システム事例の発表がSolrを採用  図書館系検索システム技術者はSolrが大好き?  C.f. 日本利用されている他の検索・計算エンジン  Senna, Tritonn, Sedue, Geta, HyperEstraier, Namazu... →詳細は田辺様からご報告 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 53
  • 54.  オープンソースCMSの1つ  Contents Management System  HTML等を書くことなく、Webブラウザ上で文章や画像・ 映像を投稿することで、Web上にコンテンツを生成・管理 できるシステム  プラグインで簡単に機能を追加したり表示を工夫できる  低コストな開発・運用が可能  他: WordPress, MovableTypeなど Drupal  国立国会図書館Current Awarenessも使用 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 54
  • 55.  図書館での利用事例が多数  図書館Webサイトの低コストな構築  学術機関リポジトリのシステム・I/F  DSpaceやWordPressより圧倒的多数  世界的にはDrupalがメジャー? Pre-conference  ‚Islandora Repository System‛(1日目午前)  Fedoraベースの新たな機関リポジトリシステム  FedoraはDrupal上で作られている 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 55
  • 56.  ‚Drupal 7 as Rapid Application Development Tool‛(2日目昼)  Drupalが、ツールや機能の高速開発に有用で あることを主張 ‚Chicago Underground Library’s Community-Based Cataloging System‛(3日目午前)  街のコミュニティを活かしたカタログ機能  どんあ街でも適用できるよう、Drupal独立モ ジュールとして開発 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 56
  • 57.  ‚Visualizing Library Data‛(2日目午前)  OCLCのもつ大規模データを可視化する  WorldCat, WorldCat Registry…など  データの可視化は、ユーザへのサービスや、 図書館の意思決定に有効である  QRコード  チャート・グラフ  地図:Google Chart API 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 57
  • 58. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 58
  • 59. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 59
  • 60.  ‚GIS on the Cheap‛(3日目午後)  地理情報から資料を検索できる  Solr・PostgreSQLを使用  Solrは最新バージョンで地理情報をネイティブな 型として扱えるようになった  位置情報や範囲情報をクエリに検索可能 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 60
  • 61.  ‚Enhancing the Mobile Experience: Mobile Library Services at Illinois‛(2 日目午後)  イリノイ大学, 2010年春 モバイルサイト公開  図書館のモバイルWebサイトに何が必要か  機能ごとに検討  OPACやアカウント情報だけでなく、アクセス地図 やバスの情報も必要  VuFindの上にI/F構築 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 61
  • 62. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 62
  • 63. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 63
  • 64. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 64
  • 65. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 65
  • 66.  ‚Let‘s Get Small: A Microservices Approach to Library Websites‛(3日目 午後)  小さいサービス・システムを組み合わせて図書館 Webサイトを構築する手法を提案  図書館で利用可能な様々なサービス・システムを検 討 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 66
  • 67.  ‚Building an Open Source Staff- Facing Tablet App for Library Assessment‛(4日目午前)  エビデンスベースで図書館をdesignすべき  図書館利用者が、いつ・どこで・なにをしてい るか、TabletPCを用いてトラッキングする  統計データとして可視化し、空間設計に有効活 用する  オープンソースフレームワークとして夏に公開 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 67
  • 68. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 68
  • 69. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 69
  • 70. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 70
  • 71. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 71
  • 72.  田辺様よりご報告  Code4Lib JAPAN Scholarship にて渡航 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 72
  • 73. 2011/3/5 Code4Lib 2011 参加報告会 73

×