MaxForLive&Jitter

509 views

Published on

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
509
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

MaxForLive&Jitter

  1. 1. MaxForLive&Jitter
  2. 2. about me ‣ cohei aoki a.k.a coa ‣ coma/ROKUROのディレクター兼エンジニア ‣ 本業はフリーのプログロマー兼ディレクター ‣ CutterというFaderでMax/Mspを使った演奏を行うFader演奏家。 Fader歴3年くらい。 ! ‣ ‣ Twitter @coa00 Facebook cohei aoki
  3. 3. agenda 1. Live performance1 2. about Cutter 3. about MaxForLive 4. about Jitter 5. Live performance2
  4. 4. about Cutter • Cutterとは • Faderboardのフェーダーのカットす る早さを使って音を変化させるサン プラー。 • 早く切るとノイズっぽい音がでたり、 ピッチかえたり、色々できます。
  5. 5. Cutterをつくったきっかけ • Faderboardをなんとなく衝動買い。フェーダーを 動かして演奏できるんだろうなーとか思いつつ購入。
  6. 6. Faderboardの制約 • しかしFader を上下してもMIDIのNote データのON/OFFしかとれない。つま り、Faderの位置で音を変えることがで きない・・・
  7. 7. Faderboardはゴミ • Faderの位置でパラメータ動かせないな んてただのMIDI 盤だ!! • ゴミじゃん!!企画者なんてものつく りやがった!だまされた!
  8. 8. 発想の転換 • NoteのON/OFFの時間をタイマーで とってなんかできない? • サンプルのレングス変化さたらかっこ よかった。これを操作したら演奏にな るかも?
  9. 9. Max/Mspの制作プロセス • サンプラーは、Maxオデッセイという 本をみたら、サンプラーのサンプルが あったのでそれを改造 • 本にのってないことはHelpのパッチを コピペして改造。 • Helpを頑張って読めばなんとかなる。
  10. 10. Cutter初号機 Max/Mspだけで制作
  11. 11. MaxMspでCutterをつくってわかった こと • 10本のFaderに10個のサンプラーをつくった らカオスになった・・ • 割り当てたサンプルデータや管理するために 苦労した。プリセットデータをxmlに保存し たりけっこうたいへん。 • Delayもコンプレッサーも自作。車輪の発明 すぎる・・・
  12. 12. MaxForLiveの登場 • MaxのパッチをLiveのInstrumentalとして 扱うことができる。 • Delayとかコンプレッサーのようなよくあ るエフェクターは自作しなくてもいい。 • MaxのパッチのデータはLiveSet保存時に まとめて保存。
  13. 13. Cutter Ver MaxForLive 一つのFaderをつくってDrumRack彫り込むよ うにした!
  14. 14. 活用例 MaxForLive • DrumRackの中にMIDI Instrumentをいれるこ とでnoteごとにパッチを動かすことができる。 • LiveのDelayとかコンプレッサーとパッチを組 み合わせることで音の幅を広げることができる • MaxのパッチのデータはLiveSet保存時にまと めて保存。LiveObectを使えばLive保存時pttr に保存させる。
  15. 15. about Jitter • JitterとはMaxでビデオ、3DCGをつく るためのライブラリ集。 • Maxの音をとりこんで映像を動かした り生成したりすることができる。
  16. 16. なんでJitterに手をだした? • VJに映像をいれてライブしたらなんか 気に食わなかったので自分でやること にした。 • Alva Natoみたいに音を見えるようにし たら楽しくない?
  17. 17. そもそもAudio Dataとは? • Audioデータの中身は少数値の羅列 • Jitterは毎秒ごとにくるデータを二次元 配列で扱える。
  18. 18. Jitterで3D描画をしたい! • 音は二元配列。3Dはx,y,zの三次元のデータ が必要。 • 1次元足りない!汗 z軸のデータがないと ペラペラなものしかできないぞー!汗 • 残りの1次元はなんか計算してつっこむ。計 算なんでもいい。綺麗にみえたらなんでもい い!!
  19. 19. Audioを三次元に・・・ • 計算はこんな感じにしてます!難しい ことは解説しません!とにかく三次元 のデータになればOK!
  20. 20. MaxForLiveとJitterの連携の注意 • MaxForLiveを使ってJitterのパッチを Instrumentsとして作成できない。 • Liveの音を送るには音を一旦Jitterの動画デー タであるMatrix形式にしないといけない。 • MaxForLiveで音をMatrixにしてjit.net.send で送る。jitter側はjit.net.receiveで受け取る。
  21. 21. Live to Jitter こんなパッチをオーディオエフェクトして作成 すればOK
  22. 22. まとめ • MaxForLiveを使うとLiveのInstrumentとし て扱えるのでつくりたいところだけつくれる。 • 音は二次元なので3Dにしたい場合は工夫が 必要。 • JitterにLiveから送るにはjit.net.sendを使お う。
  23. 23. 最後に・・・ • もし今日の話に興味をもった方、聞い てみればもう少し詳しくお話します!
  24. 24. Coma Discotheque Ver.0.03 12/22 @西麻布Bullet s http://vimeo.com/77287875

×