Your SlideShare is downloading. ×
nworks (Veeam )Management Pac For V Mware V5
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

nworks (Veeam )Management Pac For V Mware V5

2,285

Published on

VMware対応総合管理ツール

VMware対応総合管理ツール

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,285
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide
  • MP title slide
  • MP & SPI
  • MP
  • This slide MP only
  • *Optional technical detail slide MP only
  • This slide MP only – ToDo: similar slide for SPI (external nodes feature) (Optionally) Leverage the data from Ops Mgr agent inside a Windows VM Spot problems in the VI before they impact the application and service level
  • MP & SPI Secure – HTTPS encrypted xml over network Scalable – good summarisation and packaging Easy to configure – one port (443) to open, one connection to manage, one user account Rich data – detailed metrics and events on all VI aspects, down to the VM granularity
  • MP Supports multiple vCenter servers Can run in a VM Read-only role Easy to set up
  • MP .Net 2 app running silently as a service on any Windows server ReadOnly perms are all that’s required Single windows user, single port (443)
  • MP & SPI Lower deployment and management overheads
  • Transcript

    • 1. Management Pack for VMware Version 5.0 for System Center Operations Manager 2007 & R2 Industry-leading management integration with nworks Management Pack and VMware vCenter TM www.climb.co.jp
    • 2. Veeam からの nworks ソリューション
      • ユーザのエンタープライズ管理システム( EMS )との仮想化統合
        • 現状の資産を最大限に活用
      • エンタープライズ・クラス機能
        • 高度の拡張性
        • 高可用性( HA )とロードバランシング
        • 詳細で、独創的なヘルス・モデル
      • エージェントレス・アーキテクチャ
        • 将来的にも利用可能
    • 3. ユーザのマイクロソフト資産を活用
      • System Center Operations Mgr を活用
        • vSphere コンポーネントのすべてをフルに可視化 –
          • vCenter, ESX ホスト , Clusters, VMs
        • すべての標準的管理機能を利用可能–
          • パフォーマンス、イベント、ステート
          • トポロジー・ダイアグラム、ダッシュボード
          • レポート、監査
          • 通知、応答
          • エンドユーザ・カスタム化
    • 4. 可視化とモニタリング基準
      • 詳細なヘルス・モデル
        • vSphere 4 サポート
        • 多数の Vmware メトリクスとイベント
        • グラフとレポート
        • ハードウェア警告
    • 5. VMware メトリクス
      • 仮想化に特有で重要なメトリクスのモニター -
        • VM バルーン・メモリ
        • VM CPU レディー時間
        • ホスト・メモリー・スワップ
        • クラスタ・メモリ・プレッシャ
      • ビルドイン・ スレッシホールド
      • ノレッジ・ベース
    • 6. フィジカル、バーチャル、アプリケーションをコネクト
      • ミッション・クリティカルなアプリケーション、そして vSphere をモニタ
      • エンド・ツー・エンドの可視化 :
        • ハードからハイパーバイザへ
        • ハイパーバイザから VM へ
        • VM からアプリ / サービスへ
    • 7. VMware API を活用
      • 安全性
      • 拡張性
        • ESX ホストを 100% サポート
      • 設定の容易性
      • 豊富なデータ・ソース
        • 多数のメトリクス、イベント、プロパティ
      • 現状と将来の Vmware バージョンをサポート
        • VC 2.x, ESX & ESXi 3.x
        • vCenter, ESX & ESXi 4.x
    • 8. Nworks アーキテクチャ
    • 9. Nworks Collector
      • vCenter サーバをサポート
      • VM で稼動可
      • リードのみ
      • 設定が容易
    • 10. v5.0 の新機能 : Management Center
      • 複数の Collector を中央で管理
        • 高可用性 ( HA)
        • ロード・バランシング
        • ライセシング
      • 導入と管理のオーバヘッドの低減化
      • 継続する管理コストの低減化

    ×