20110722 usvc portfolio_jp

  • 582 views
Uploaded on

 

More in: Business
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
582
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 米国ベンチャーキャピタルの クリーンテック投資状況 2011年7月22日 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved
  • 2. 目次1. スマートグリッド概要2. スマートグリッド関連技術の分類3. 米国VCの投資分野 a. 米国VCの紹介 b. 技術分類別の投資状況(投資件数&投資件数)4. 日本のクリーンテックベンチャーへの示唆5. まとめ 2 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved
  • 3. この資料でお伝えする内容本資料の目的:米国VCのクリーンテック投資ポートフォリオをスマートグリッドの 構成技術別に分析し、先端市場である米国ではどの技術に注 目が集まっているかを明らかにし、日本のベンチャー企業、及 び業界関係者への示唆を考察する本資料の結論:1)米国VCの投資はエネルギー生産(各種再生可能エネルギー、 バイオ燃料など)、エネルギーマネジメント、蓄電池の3分野に 集中している。2)日本のベンチャーにとって「消費者との接点」「IT技術との親和 性」「資本」の3点からスマートグリッドの「需要側」の領域によ り多くの参入余地があると思われる。 3 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved
  • 4. 1. スマートグリッドのコンセプト図 4 ⓒ 2011 insprout Corporation.※東芝 電力流通システム事業部資料より抜粋 All rights reserved
  • 5. 1. 一般的なスマートグリッドの定義従来からの集中型電源と送電系統との一体運用に加え、情報通信技術の活用により、太陽光発電等の分散型電源や需要家の情報を統合・活用して、高効率、高品質、高信頼度の電力供給システムの実現を目指すもの(NEDO再生可能エネルギー技術白書 )「需要に合わせて電力を供給する」という従来の発想から、「供給に合わせて需要をコントロールする(デマンドサイドマネジメント:DMS)」へ発想の転換を図っていく必要がある。スマートグリッドは需要側の電力消費をコントロールすることにより、太陽光発電や風力発電などの大きな出力の変動を、電力系統と協調して吸収し、需要と供給のバランスを保つ役割を果たす(スマートグリッドジャパン) ビジネス視点でとらえる為には、スマートグリッドの 構成要素を意味ある形で分類することが必要 5 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved
  • 6. 2.スマートグリッドの技術領域 発電 送電 配電 消費 1 2 3 エネルギー生産 送配電系統の監視・制御技術 エネルギー消費 1) 再生可能エネルギー 4) 広域監視・制御(WAMS) 5) 配電自動化システム 6) EMS技術 2) 代替エネルギー 7) 次世代自動車 4 系統の効果的運用 8) リサイクル 3) 化石燃料効率化 10) 超伝導・高圧直流送電 9) 省エネ 11) パワーエレクトロニクス応用機器 5 先進的なインターフェース技術 12) AMI・スマートメータ 13) パワーコンディショナ技術 6 エネルギー貯蔵 14) 蓄電技術 6 ⓒ 2011 insprout Corporation.※分類は2010年度 NEDO再生可能エネルギー技術白書に基づく。網掛け領域は弊社で独自に追加。以降メインの6領域をLEV1、サブの14領域をLEV2とする。 All rights reserved
  • 7. 2. スマートグリッドの6つのメイン技術領域(LEV1) 技術領域 概要 代表的な企業 再生可能エネルギー及びバイオ燃料などの代替エネルギー。また既存の シャープ、京セラ、①エネルギー生産 化石燃料の効率化技術も含む。事業形態(部品の製造、ファーム運用、 BrightSource Energy など)の違いは分けていない。 Altarock Energy 現状の系統自動化、配電自動化システムに加え、DR、EMSに対して系統②送配電の監視・ 東芝、GE、 制御 運用システムとして情報の授受を行う技術。具体的には中央給電指令所 SIEMENSなど やローカルの給電所・制御所などでの監視・制御技術を指す。 需要家側のエネルギー設備を制御し、省エネを行う制御技術。具体的には IBM、山武、EnerNOC、③エネルギー消費 HEMS、FEMS、BEMSやデマンドレスポンスを指す。また次世代自動車 Tendrill、Opower、 としてEVやV2Gなども含む。 Tesla 送配電系統の運用効率や柔軟性、セキュリティー向上のための技術。④系統の効果的 具体的には超伝導送電、高電圧直流送電、パワーエレクトロニクス 住友電気、ABB 運用 応用技術。 分散型電源の系統連系技術、及び需要家危機と電力系統を結ぶ先進的 Siver Spring Networks、⑤先進的なインター フェース技術 なインターフェース技術。情報の授受、及び系統との保護協調機能を Itron、Landis+Gyr、 有する。具体的にはパワーコンディショナー技術、AMIを指す。 三菱電機 パナソニック、⑥エネルギー貯蔵 エネルギーの貯蔵技術。具体的には蓄電池を指す。 日本ガイシ 7 ⓒ 2011 insprout Corporation.※分類は2010年度 NEDO再生可能エネルギー技術白書に基づく。網掛け領域は弊社で独自に追加。以降メインの6領域をLEV1、サブの14領域をLEV2とする。 All rights reserved
  • 8. 2. スマートグリッドの14のサブ技術領域(LEV2-1) 技術領域 概要 代表的な企業 再生可能エネルギー(太陽光発電、太陽熱発電、風力発電、地熱発電など)の シャープ、京セラ,①エネルギー生産1) 再生可能エネルギー 関連ビジネス事業形態(部品の製造、ファーム運用、サービス提供など)の違いは BrightSource Energy 分けていない。 Altarock Energy①エネルギー生産 Amyris Biotechnologies バイオ燃料(エタノールなど)の関連ビジネス2) 代替エネルギー Mascoma, Gevo, KiOR①エネルギー生産 GreatPoint Energy 既存の化石燃料(石油、石炭など)のCO2排出削減、天然ガスへの変換技術など3) 化石燃料効率化 Luca Technologies 広域での系統状態監視・制御は、PMU(Pharos Measurement Unit:位相計測装置)を主要②送配電の監視・制御 コンポーネントとし、GPSの時刻情報を用いて同時刻の潮流、電圧などの系統データを収集し、 東芝、GE、Siemens4)広域監視・制御 状態監視を行うシステム。系統を最適管理し、また系統崩壊が起こる前に問題を予測・防止する 配電線や変電所に設置される機器の状態や電流値・電圧値等を遠隔監視しながら②送配電の監視・制御 配電線開閉器を自動操作することで、供給信頼度の向上や保守作業の省力化を図る 東芝、GE、Siemens5) 配電自動化 システム。 需要家側のエネルギー設備を制御し、省エネルギーや系統貢献を行う制御技術。③エネルギー消費 EnerNOC, Tendrill, 系統情報・気象情報・電力価格情報に基づく制御の場合もある。6) EMS技術 Opower 具体的には、HEMSやBEMS、FEM及びデマンドレスポンス③エネルギー消費 EVの他、電動車両による系統制御技術(V2G、G2V等)を含む Tesla, Fisker Automotive7) 次世代自動車 Better Place 8 ⓒ 2011 insprout Corporation.※分類は2010年度 NEDO再生可能エネルギー技術白書に基づく。網掛け領域は弊社で独自に追加。以降メインの6領域をLEV1、サブの14領域をLEV2とする。 All rights reserved
  • 9. 2. スマートグリッドの14のサブ技術領域(LEV2-2) 技術領域 概要 代表的な企業③エネルギー消費 Lehigh Technologies,8) リサイクル 各種リサイクル。金融サービスを含む(リサイクルポイントなど) RecycleBank③エネルギー消費 各種省エネ製品・サービス。LED電灯などを含む。また既存の自動車技術 Luminus Devices9) 省エネ の改良(低公害エンジンの開発など)も、このカテゴリーに含む SeaMicro, Caitin④系統の効果的運用 超電導送電とは、極低温下において、ある種の物質の電気抵抗がゼロに10) 超電導送電・ なる超電導体の特徴を利用し送電を行う技術。高電圧直流送電(HVDC) 住友電気、ABB 高電圧直流送電 とは、直流により高電圧送電を行う技術。④系統の効果的運用 大容量化した半導体素子を電力システム技術に活用し、系統運用の効率11) パワーエレクトロ 化を図る。主な用途として、無効電力制御による電圧調整、送電線インピニクス応用機器 ーダンスの変化による送電線潮流コントロールなどが挙げられる。⑤先進的なインター 電力需要等を計測し、通信技術を用いて定期的にその情報を電力会社 Siver Spring Networks,フェース12) AMI に送信することの他、家電制御機能等を有する場合もある。 Itron, Landis+Gyr⑤先進的なインターフェース 直流→交流への変換技術。13) パワーコンディショナー 今後、電力系統において太陽光発電等の大量の分散型電源の導入が Sharp, 京セラ技術 見込まれる。⑥エネルギー貯蔵 風力発電や太陽光発電に起因する余剰電力蓄電、ピーク負荷カットに14) 蓄電池 パナソニック、日本ガイシ よる送配電投資の抑制用途など 9 ⓒ 2011 insprout Corporation.※分類は2010年度 NEDO再生可能エネルギー技術白書に基づく。網掛け領域は弊社で独自に追加。以降メインの6領域をLEV1、サブの14領域をLEV2とする。 All rights reserved
  • 10. 3. 米国VCのクリーンテック投資状況 (Unit: Million) $4,500 20% $3,987 $4,000 $3,668 18% $3,500 17.67% 16% 13.91% 15.77% 14% $3,000 $2,605 10.95% 12% $2,500 $2,122 10% $2,000 $1,647 8.59% 8% $1,500 6.30% $1,038 6% $1,000 4% $500 2% $- 0% 2006 2007 2008 2009 2010 Q1 2011 Amount Invested (Cleantech) Cleantech % in Overall Invest 2006年~2010年までクリーンテック分野へのVC投資はCAGR22%の伸長率。 *Q1 2011はWEB分野とほぼ同額の投資実績であり、更に伸びると予想されている。 10※National Venture Capital Association資料より
  • 11. 3. クリーンテックに積極的な米国VCファーム Venture Investor # deals Draper Fisher Partners 16 Chrysalix Energy Venture 16 Capital Kleiner Perkins Caufield & Byers 12 今回この3ファームとエネ Carbon Trust Investment Partners 12 ルギー専業VCであるNth Element Partners 12 Powerの投資ポートフォリ Emerald Technology Ventures 10 オを検証する RockPort Capital Partners 10 Good Energies AG 10 Vantage Point Venture Partners 10 Khosla Ventures 8 SET Venture Partners 8 11 ⓒ 2011 insprout Corporation.※Cleantech Groupより抜粋 All rights reserved
  • 12. 3. スマートグリッド技術領域別の投資状況 (LEV1-1) (Unit:件数) :投資件数 70 60 :$100M以上の投資件数 60 50 40 31 30 18 20 13 15 10 4 0 3 2 2 0 0 0 0 0 術 産 費 蔵 御 他 用 技 生 消 貯 ・制 の 運 ス ー ー ー そ 的 視 ー ギ ギ ギ 果 監 ェ ル ル ル 効 フ の ネ ネ ネ の ー 統 エ エ エ 統 タ 系 ン 系 電 イ 配 な 送 的 進 先 エネルギー生産が全体の50%近くを占めている。 エネルギー生産と消費を繋ぐ送配電系統への投資はほぼ無し。 12 ⓒ 2011 insprout Corporation.※各VCの公開ポートフォリオより弊社にて独自調査・統計 All rights reserved
  • 13. 3. スマートグリッド技術領域別の投資状況 (LEV1-2) Number of Investment Number of Investment Over $100M LEV 1 Total LEV1 KPCB Nth DFJ Khosla KPCB Nth DFJ Khosla # Invest # Over $100Mエネル ー生 ギ 産 16 11 14 19 8 0 4 6 60 18エネル ー消 ギ 費 8 7 11 5 2 0 2 0 31 4エネル ー貯 ギ 蔵 3 0 6 4 0 0 0 0 13 0先 なイン フェース技 進的 ター 術 2 0 1 0 1 0 1 0 3 2系 効 的 用 統の 果 運 1 0 0 1 0 0 0 0 2 0送 系 の 視 配電 統 監 ・制御 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0その他 0 5 1 9 0 0 0 0 15 0Total 30 23 33 38 11 0 7 6 124 24 各VCとも投資分野に大きなバラつきは無い。 LEV1レベルでは、ベンチャー企業が参入できる市場は皆同じという示唆なのか? エネルギー生産は投資案件が大型化する傾向あり。 エネルギー生産案件の30%が$100M以上の資金調達(累計)をしている。 13 ⓒ 2011 insprout Corporation. ※各VCの公開ポートフォリオより弊社にて独自調査・統計 All rights reserved
  • 14. 3. スマートグリッド技術領域別の投資状況 (LEV2-1) (Unit:件数) :投資件数 :$100M以上の投資件数 35 30 30 25 20 20 16 15 15 13 8 10 8 10 6 4 4 5 1 1 0 32 0 22 10 00 20 00 00 0 0 ー ー ー ー ネ 車 S ス トロ 電 化 配 制御 他 ル 化 池 EM タ ョナ ギ エ 域 ニク ギ 動 送 率 の ク 動 電 ー 省 イ ル ル 自 流 効 ・ 自 そ 蓄 シ トメ 視 サ ネ ネ 代 直 料 電 、高 ィ 監 リ エ エ ー デ 世 圧 燃 ク 替 能 マ 送 コン レ 次 電 石 広 代 可 エ ス 化 ー ー 生 I・ AM ワ ワ 電 再 パ パ 導 伝 超 エネルギー生産全般、EMS、蓄電池の3分野に投資が集中している。 全体の72%をこの3分野で占めている。 14 ⓒ 2011 insprout Corporation.※各VCの公開ポートフォリオより弊社にて独自調査・統計 All rights reserved
  • 15. 3. スマートグリッド技術領域別の投資状況 (LEV2-2) Number of Investment Number of Investment Over $100M LEV 1 Total LEV1 LEV2 KPCB Nth DFJ Khosla KPCB Nth DFJ Khosla # Invest # Over $100Mエネルギー生産 再生可能エネルギー 7 7 8 8 4 0 3 1 30 8 代替エネルギー 5 2 4 9 2 0 0 4 20 6 化石燃料効率化 4 2 2 2 2 0 1 1 10 4エネルギー消費 EMS 5 6 5 0 1 0 0 0 16 1 省エネ 0 1 2 5 0 0 1 0 8 1 リサイクル 2 0 2 0 0 0 0 0 4 0 次世代自動車 1 0 2 0 1 0 1 0 3 2エネルギー貯蔵 蓄電池 3 0 6 4 0 0 0 0 13 0先進的なインターフェース技術 AMI・スマートメーター 1 0 1 0 1 0 1 0 2 2 パワーコンディショナー 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0系統の効果的運用 超伝導送電、高電圧直流送電 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 パワーエレクトロニクス 1 0 0 1 0 0 0 0 2 0送配電系統の監視・制御 広域監視・制御 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 配電自動化 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0その他 その他 0 5 1 9 0 0 0 0 15 0Total Total 30 23 33 38 11 0 7 6 124 24 VC間で注力投資分野の違いが明確になっている →Khoslaは代替エネルギーなど全般的にエネルギー生産分野への投資戦略が鮮明。EMSへの投資はゼロ EMS、蓄電池分野は$100M以上の案件が少ない(29件中1件) 15 ⓒ 2011 insprout Corporation. ※各VCの公開ポートフォリオより弊社にて独自調査・統計 All rights reserved
  • 16. 3. 米国VCの投資状況サマリー エネルギー生産全般、EMS、蓄電池 エネルギー生産全般、 、蓄電池の3分野に投資が集中している 、蓄電池 エネルギー生産: RPS法¹や各種補助金など政府の支援策で需要を作り出しており、 投資が集中している。 EMS: 米国のスマートグリッドは古い送電網への投資を避けるためピークカット(シフト) の需要サイドのコントロールを主眼に始まった 蓄電池: 発電~送配電~需要と全てのフェーズで必要な技術領域 一方で、送電網系統の監視・制御や超伝導送電などはほぼ皆無の状態 中央給電指令所などは電力会社と長年共同で開発をし、技術ノウハウを貯めている大企業 (東芝、Siemens、GEなど)が優位性を持つ市場と思われる エネルギー生産の分野は1件当たりの投資金額も大型化する傾向 エネルギー生産の分野は 件当たりの投資金額も大型化する傾向だが、EMSや 件当たりの投資金額も大型化する傾向 蓄電池分野での投資ではこの傾向は見られない エネルギー生産の約30%が$100M以上の大型案件 EMS、蓄電池の案件(約30件)の中で1件のみ 16 ⓒ 2011 insprout Corporation.¹カリフォルニア州では2020年までに電力会社が電力小売売上高の33%を再生可能エネルギーによって賄うことを義務化 All rights reserved
  • 17. 4. 日本のクリーンテックベンチャーへの示唆供給側(発電~送電~配電)の 需要側(消費)の技術分野 技術分野再生可能エネルギー代替エネルギー EMS化石燃料効率化広域監視・制御(WAMS)配電自動化超伝導・高圧直流送電 < AMI・スマートメーター 次世代自動車 リサイクル 省エネ系統用蓄電池 需要家用蓄電池パワーエレクトロニクスパワーコンディショナー仮説: スマートグリッドの消費側(特に赤字の分野)に より多くのベンチャーの参入余地があるのではないか? 17 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved
  • 18. 4. 仮説の考察 ~①~スマートグリッド=電力網のインターネット化であり、特にEMSの技術領域は“消費者”に接する技術・サービスであり、スマートグリッドの双方向性に寄与するため、潜在マーケットが大きい。 供給サイドから需要サイドへのパワーシフトが起こり、誰もがエネルギーを作り 消費する主体,「プロシューマー」(生産消費者)となる。省エネによる電力節約分 (ネガワット)と太陽光発電などによる創エネ分(ポジワット)を、EMSにつなげ、 発電収入やCO2削減分に対応したエコの価値を取引できるようにすれば、 「You Energy! 誰もがエネルギーを作れる」から「誰もが新ビジネスを創造できる」 というパラダイムが生まれ、おびただしいイノベーションの創造が「経済成長&雇用 創出」につながるというパラダイムへと発展する(加藤敏春 スマートグリッド革命)。 18 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved
  • 19. 4. 仮説の考察 ~②~Demand SideはIT技術を応用して進出できる領域が大きい。多くのITベンチャーがマーケティング視点をエネルギーに変更することで進出できる余地が大きい。 スマートグリッド企業の スマートグリッド・エンジニアの マネジメント層の出身業界 必要スキル Others 12% 再生可能エネルギーの知識(PV、風力発電、地熱発電など) 再生可能エネルギーの知識( 、風力発電、地熱発電など) IT Hardware 追加で必要な Telecom 知識 30% 8% 電気工学関連の知識(電気回路など) Finance 6% ネットワーク技術(WAN、LANなど) ネットワーク技術( 、 など) ITエンジニアが スマートアプライアンスなどの電気・制御・通信技術 Energy 既に持っている 19% 知識 IT Software アプリケーション技術(電力取引、消費電力管理ソフトなど) WEBアプリケーション技術(電力取引、消費電力管理ソフトなど) 25%IT業界出身者が過半数を占める 必要なスキルセットが類似している出所:Greentech Grid “Smart Grid2.0: the Soft Grid” 出所:SEがエネルギー産業で働くための「必須技術ベスト5」http://www.greentechmedia.com/articles/read/smart-grid- http://engineer.typemag.jp/slive/2011/05/-se5.php2.0-the-soft-grid1/ 19 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved
  • 20. 4. 仮説の考察 ~③~エネルギー生産など供給側の技術は概して必要資金が大型化する傾向日本のVCの投資金額は1億円~3億円が平均であり、エネルギー生産のように$100Mの資金需要があるビジネス領域への参入は厳しい 20 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved
  • 21. 5. まとめ米国VCの投資はエネルギー生産(再生可能エネルギー、代替米国 の投資はエネルギー生産(再生可能エネルギー、代替エネルギー、化石燃料効率化)、EMS、蓄電池の 分野に集中エネルギー、化石燃料効率化)、 、蓄電池の3分野に集中 、蓄電池の 分野に集中している。一方で投資がほぼ皆無の分野もあり、二極化している。エネルギー生産分野への投資は$100M以上の案件が3割を占めるなど大型化する傾向がある。一方でEMSや蓄電池などはさ や蓄電池などはさほど多額の投資を必要としない 多額の投資を必要としない。ほど多額の投資を必要としない日本のベンチャーにとって「消費者との接点」「 技術との親和 「消費者との接点」「IT技術との親和 「消費者との接点」「性」「必要資本」の3点からスマートグリッドの「需要側」の領域により多くの参入余地があると思われる。より多くの参入余地 21 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved
  • 22. TO BE CONTINUED次回はEMSの詳細構成とその領域で活躍する企業の紹介 22 ⓒ 2011 insprout Corporation. All rights reserved