• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Amazon Web Servicesブース:UI×API×AWS 横田 聡
 

Amazon Web Servicesブース:UI×API×AWS 横田 聡

on

  • 1,334 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,334
Views on SlideShare
1,253
Embed Views
81

Actions

Likes
0
Downloads
10
Comments
0

2 Embeds 81

http://classmethod.jp 80
http://localhost 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Amazon Web Servicesブース:UI×API×AWS 横田 聡 Amazon Web Servicesブース:UI×API×AWS 横田 聡 Presentation Transcript

    • UI×API×AWSCopyright © Classmethod 1
    • Copyright © Classmethod 2
    • なぜ UI?Copyright © Classmethod 3
    • Copyright © Classmethod 4
    • ・申込UP ・満足UP ・効率UP ・魅力UPCopyright © Classmethod 5
    • Copyright © Classmethod 6
    • ・ゴール指向 ・サーバ変更なし ・UI変更容易Copyright © Classmethod 7
    • Copyright © Classmethod 8
    • ・利用シーン ・機能厳選 ・サーバ変更なしCopyright © Classmethod 9
    • 鳥瞰図 決裁権者(最終承認) RIA iPhone SOAP SOAP PUSH Mail SOAP Apple APNS クラウド SAP NetWeaver BPM Amazon EC2 PDF SOAプラットフォーム クラウドCopyright © Classmethod 10
    • ・クラウドを繋ぐ ・API基盤 ・複数のUICopyright © Classmethod 11
    • RIA+クラウドが実現すること ブラウザ 社内システム 業務B DB 業務A 業務C DB デスクトップ 社外サービス WEB File サービス DB WEB サービス WEB DB サービス DB モバイル クラウド 業務B 業務A 業務C 仮想化 デバイス インタークラウドCopyright © Classmethod 12
    • ・利用者へ届く ・既存資産を活かす ・後から増やすCopyright © Classmethod 13
    • なぜUIとサーバー側を分けるのか? 重要 ユーザインタ ・人が使うものは使いながら日々洗練させる。 ・1カ月に1回のペースで更新。 フェース ・変化があることが良い。 ・様々なクライアント端末に対応。 APIの追加/更新は3カ月に1回程度API ・データ構造やロジックの定義には時間が 掛るが1回固まったら変更することは ロジック めったにない。 / データ ・1年に1回のペースで更新。 ・安定運用が肝。 → クラウド活用Copyright © Classmethod 14
    • 表示端末による自動切り替えCopyright © Classmethod 15
    • Twitterのインフラとインタフェース(例) システムインフラ 処理環境 Twitter基盤 ストレージ ネットワーク API セキュリティ ・・・Copyright © Classmethod 16
    • システムのグランドデザイン Amazon 処理環境 SPIN基盤 ストレージ ネットワーク API セキュリティ ・・・ クラス メソッド製Copyright © Classmethod 17
    • SPINプラットフォーム活用例Copyright © Classmethod 18
    • SPIN プラットフォームの技術基盤・Tomcat,MySQL・Spring Roo, Play/Scala・Amazon API・HTML5/CSS3/jQuery・iPhone/AndroidCopyright © Classmethod 19
    • SPINプラットフォームが載るAWS ・自動伸縮(ELB) AWS ・高可用性(EC2) 最大活用 ・無停止DB(RDS) ・事業継続(MultiAZ) ・バージョン管理(Beanstalk) ・負荷軽減(CloudFront) ・長期データ保存(S3)Copyright © Classmethod 20
    • SPINプラットフォームならでは ・セッション維持型LB ・セッションレプリケーション ・利用レポート(CloudWatch) ・マシンイメージ保存(AMI) ・iPhone/Android/HTML5対応 ・トランザクション、セキュリティ ・高速開発&高速更新Copyright © Classmethod 21
    • Copyright © Classmethod 22
    • ・Android SDK・HTML5/PhoneGap・AIR for AndroidCopyright © Classmethod 23
    • Copyright © Classmethod 24
    • ・Objective-C ・HTML5/PhoneGap ・AIR for iOSCopyright © Classmethod 25
    • クラスメソッドの サービスについてCopyright © Classmethod 26
    • 当社HPをCopyright © Classmethod 27 ご覧ください
    • 財団法人 建設物価調査会様の事例 お客様の課題 既存アプリの動作が遅く、UIがわかりづらく、 利用者が目的を達成するまでに時間が 掛っていた。BCPについても検討している。 解決策 クラスメソッドの解決策 ・データベースの再構築(高速レスポンス) ・ユーザーインタフェースを一新(Flex) ・クラウド(AWS)の活用(EC2,S3)Copyright © Classmethod 28
    • ・どこから手をつけて よいのかわからない ・やってみたけど、 うまくいかない お声かけください!Copyright © Classmethod 29
    • 当社HPをCopyright © Classmethod 30 ご覧ください
    • ・スマホアプリ検討中 ・どうやればよいのか ・サーバー連携したい お声かけください!Copyright © Classmethod 31
    • 当社HPをCopyright © Classmethod 32 ご覧ください
    • あるサービス企業様の事例 お客様の課題 離脱率を低減させたい。 直感的でわかりやすいUIが必要。 解決策 クラスメソッドの解決 ・OSSを活用してライセンスコスト低減 ・ビジネスの速度10倍速(業務改善) ・サービスメニュー数8倍(設定容易) ・新人へのシステム教育コスト激減Copyright © Classmethod 33
    • ・デザインは重要だと わかっているが… ・専門家に任せたい お声かけください!Copyright © Classmethod 34
    • Copyright © Classmethod 35
    • 1000本ノックを開始!!• クラスメソッドは、 Amazonクラウドに 強くコミットしています。 インタフェース開発に 情熱を持っています。 業務アプリのAPI化に 力を注いでいます。Copyright © Classmethod 36
    • Copyright © Classmethod 37