• Like
  • Save
for IBM IMM SMASH CLP request 2012 0911
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

for IBM IMM SMASH CLP request 2012 0911

on

  • 937 views

 

Statistics

Views

Total Views
937
Views on SlideShare
936
Embed Views
1

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

1 Embed 1

https://si0.twimg.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    for IBM IMM SMASH CLP request 2012 0911 for IBM IMM SMASH CLP request 2012 0911 Presentation Transcript

    • IBM IMM の現在の仕様とASU/rdmountの問題点と 他社(SMASH CLP準拠)との相違 1) new cobbler setup mode; Virtual Media boot install いままで << dhcpを使った通常のPXE bootによるセットアップ 問題点 a) dhcpネットワークが必要 b) Fabric network switch構成(link aggrigation; bonding)では利用できな い Fabric network switchでもインストールできる >> Virtual MediaにインストーラISOイメージを自動的にマウントしてインストールす る方法を開発12年9月11日火曜日
    • 新しいインストールモード(cobbler) Virtual Media boot install ステップ i) 納品情報からMAC ADDRESS: IP ADDRESSのCSV生成 ii) cobblerのテンプレート機能とCentOS(RHEL)のキックスタート機能を組み合 わせて、OSインストール用のISO bootを生成 iii) Virtual MediaとしてISOをマウント IBM(IMM ASU/rdmount) HP(iLO3/ SMASH CLP virtual meida mount) iv) IPMI v2コマンドによりISO bootを開始 ipmitool -H host -U USERID -P PASSW0RD chassis bootparam set bootflag force_cdrom ipmitool -H host -U USERID -P PASSW0RD chassis power reset (cdromがデフォルトで優先起動になっているため、 force_cdromは基本的に不要) v) kickstart中にbonding + VLAN接続(%pre) vi) kickstart最後に eject を最後に実行するように設定 vii) インストール終了後、OSはHDDから無事起動する12年9月11日火曜日
    • 2) IMM / ASU/rdmountでのVirtual Media boot install 問題点 a) rdmountの動作仕様上の問題 通常、下記のコマンドにより、クライアントツールでマウントする ./rdmount -v -l USERID -p PASSW0RD -d /export/install/install.iso -s target_host ASU/rdmountはcobblerサーバ上のものを利用(いちいちプロセスで起動) /opt/ibm/toolscenter/asu/rdcli-x86_64/rdmount 複数サーバインストールするとマウントが失敗する >> 同一クライアントからの複数ターゲットのマウントでは高確率で失敗する ./rdmount -v -l USERID -p PASSW0RD -d /export/install/install.iso -s target_host (1) ./rdmount -v -l USERID -p PASSW0RD -d /export/install/install.iso -s target_host (2) ./rdmount -v -l USERID -p PASSW0RD -d /export/install/install.iso -s target_host (3) ... ./rdmount -v -l USERID -p PASSW0RD -d /export/install/install.iso -s target_host (N) target_host(1) Virtual media ISO install.iso cobbler server target_host(2) ISO Virtual media install.iso target_host(3) Virtual media ISO ISO rdmont ... install.iso install.iso target_host(N) Virtual media ISO install.iso12年9月11日火曜日
    • 3) 他社Virtual Media mount SMASH CLPに対応(HP, DELL, Oracle(Sun), NEC, (vmware)) DMTF.orgによる業界標準仕様 (IBMも参加している) SP(管理プロセッサ)のコマンドとして実相されている 利用方法、細かいコマンドなどに差異があるが、だいたい同じ テキストスクリプトでコマンドを流すことで設定可能 マウント(iLO3 SMASH CLP) HTTP or HTTPSが指定可能(安定している) cd /map1/oemhp_vm1/cddr1 IBMとは逆でサーバのSP show set oemhp_image=http://cobbler.sv/install.iso がhttpdに取りに行くのが set oemhp_boot=connect 基本仕様でSPがマウント set oemhp_boot=once する show target_host(1) Virtual media ISO install.iso target_host(2) Virtual media ISO cobbler server install.iso NFS target_host(3) Virtual media ISO ISO HTTP(S) FTP ... install.iso install.iso target_host(N) Virtual media ISO install.iso12年9月11日火曜日
    • IBMも一部機種(BladeCenter)からSMASH CLP採用拡大の動きがあった 2009年ぐらい (SMASH spec. ; DSP0217 version 2.0.0, 2009/08/20) http://japan.zdnet/com/datacenter/analysis/20096499/ SMASH CLPをDMTF.orgによる業界標準仕様と認めている >> System Xには採用進まず、停滞(泣) >> 計画はあったと聞いている... なぜIMM CLIに何時まで経 公式資料 っても実装されないのか 「IMM操作ガイド」 > IMM CLIの機能が貧弱 日本IBM システム x 事業部 >> asu utilやrdmountを  テクニカル・セールス資料より 作ってしまった為では? Blade Center AMM 50022 Port / sshでSMASH CLP利用 50023 Port / telnetでSMASH CLP利用12年9月11日火曜日
    • IBMさんに要望 SMASH CLPの実装 まずは、SP(IMM)からhttpd or ftpdサーバのISOをマウン トさせてよ12年9月11日火曜日