論理思考とプログラミング#08<br />N.Shimizu<br />chiko at sfc.keio.ac.jp<br />2010.6.3<br />1<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at ...
最終成果物について<br />ひとりプロジェクト<br />ひとりでプログラムを作り上げる<br />発注、設計、実装、テスト<br />Processingをつかったプログラム<br />インタラクティブ<br />グラフィカル<br />2...
最終発表<br />第12回と第13回<br />第12回にやったひとにはボーナスあり<br />だいたい1割から2割増<br />発表+質疑応答<br />持ち時間は8分くらい<br />発表5分、質疑応答3分<br />2010.6.3<b...
最終レポート<br />作成したプログラムの報告<br />書いて欲しいこと<br />プログラムの解説 / マニュアル<br />仕様と設計<br />実装上の工夫<br />自分の評価と今後の改善点<br />2010.6.3<br />4...
変数の宣言<br />int opacity;<br />変数の型<br />変数の名前<br />2010.6.3<br />5<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp>...
Javaの基本的な型<br />2010.6.3<br />6<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
命令の書式<br />line(100, 100, 200, 200);<br />命令<br />;<br />引数<br />2010.6.3<br />7<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at ...
メソッド<br />line(100, 100, 200, 200);<br />命令<br />;<br />引数<br />2010.6.3<br />8<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at s...
返り値<br />メソッドが仕事をした結果<br />意味はさまざま<br />作成物<br />計算した結果<br />成功 / 失敗 / ステータスコード<br />などなど<br />2010.6.3<br />9<br />論理試行とプ...
レファレンス<br />帰り値の意味<br />帰り値の型<br />2010.6.3<br />10<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
問題その1<br />ウィンドウサイズは400x400<br />背景は黒<br />2000本の線がランダムに引かれている<br />線の色はランダム<br />2010.6.3<br />11<br />論理試行とプログラミング#08 N....
問題その2<br />ウィンドウサイズは400x400<br />背景は黒<br />200個の正方形と200個の長方形がランダムな場所に描かれている<br />塗りの色はランダム<br />各辺の長さはランダム<br />2010.6.3<b...
問題その3<br />ウィンドウサイズは400x400<br />背景は黒<br />100個の円<br />塗りの色はランダム<br />各辺の長さはランダム<br />2010.6.3<br />13<br />論理試行とプログラミング#0...
その1の回答例<br />14<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />2010.6.3<br />size(400, 400);<br />backgroun...
width, height<br />width : 画面の幅<br />height : 画面の高さ<br />最初から宣言されている変数<br />15<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sf...
問題その4<br />ウィンドウサイズは400x400<br />背景は黒<br />20x20の正方形をびっちり敷き詰める<br />一つ一つの色はランダム<br />2010.6.3<br />16<br />論理試行とプログラミング#08...
こういう絵を描いてみよう<br />2010.6.3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />17<br />
if文:条件分岐<br />if(条件式){<br />条件が成り立っている場合の処理<br />}<br />2010.6.3<br />18<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio...
条件式<br />評価が true もしくは falseになる式<br />当てはまるもの<br />true / false<br />boolean型の変数<br />比較演算<br />論理演算<br />返り値がboolean型のもの<...
比較<br />2010.6.3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />20<br />
論理演算子<br />2010.6.3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />21<br />A||B(青い部分)<br />A&&B<br />
AならばB、それ以外はC<br />if(A){<br />   B<br />}else{<br />   C<br />}<br />Aが成り立つ場合<br />それ以外の場合<br />2010.6.3<br />22<br />論理試行...
else if <br />if(A){<br />   B<br />}else if(D){<br />   E<br />}else {<br />   C<br />}<br />AならばB<br />それ以外のとき<br />Dならば...
問題その5<br />400個の正方形をランダムな場所に描くこと<br />一辺の長さは20から40の間でランダムに決めること<br />左上の点が画面の半分より左にある場合は赤く塗り、右にある時は青く塗ること<br />2010.6.3<br...
問題その6<br />黒地に円を書く<br />塗りはなし<br />上3分の1は赤の円<br />次の3分の1は青の円<br />最後の3分の1は緑の円<br />円の大きさ、位置はランダム<br />2010.6.3<br />25<br ...
問題その7<br />黒地に円を書く<br />塗りはなし<br />円の大きさ、位置はランダム<br />画面を9分割し、その位置に応じて色を違えること<br />2010.6.3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

論理思考とプログラミング第8回

1,046 views
988 views

Published on

Published in: Education, Business, Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,046
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
80
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

論理思考とプログラミング第8回

  1. 1. 論理思考とプログラミング#08<br />N.Shimizu<br />chiko at sfc.keio.ac.jp<br />2010.6.3<br />1<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  2. 2. 最終成果物について<br />ひとりプロジェクト<br />ひとりでプログラムを作り上げる<br />発注、設計、実装、テスト<br />Processingをつかったプログラム<br />インタラクティブ<br />グラフィカル<br />2010.6.3<br />2<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  3. 3. 最終発表<br />第12回と第13回<br />第12回にやったひとにはボーナスあり<br />だいたい1割から2割増<br />発表+質疑応答<br />持ち時間は8分くらい<br />発表5分、質疑応答3分<br />2010.6.3<br />3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  4. 4. 最終レポート<br />作成したプログラムの報告<br />書いて欲しいこと<br />プログラムの解説 / マニュアル<br />仕様と設計<br />実装上の工夫<br />自分の評価と今後の改善点<br />2010.6.3<br />4<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  5. 5. 変数の宣言<br />int opacity;<br />変数の型<br />変数の名前<br />2010.6.3<br />5<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  6. 6. Javaの基本的な型<br />2010.6.3<br />6<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  7. 7. 命令の書式<br />line(100, 100, 200, 200);<br />命令<br />;<br />引数<br />2010.6.3<br />7<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  8. 8. メソッド<br />line(100, 100, 200, 200);<br />命令<br />;<br />引数<br />2010.6.3<br />8<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  9. 9. 返り値<br />メソッドが仕事をした結果<br />意味はさまざま<br />作成物<br />計算した結果<br />成功 / 失敗 / ステータスコード<br />などなど<br />2010.6.3<br />9<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  10. 10. レファレンス<br />帰り値の意味<br />帰り値の型<br />2010.6.3<br />10<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  11. 11. 問題その1<br />ウィンドウサイズは400x400<br />背景は黒<br />2000本の線がランダムに引かれている<br />線の色はランダム<br />2010.6.3<br />11<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  12. 12. 問題その2<br />ウィンドウサイズは400x400<br />背景は黒<br />200個の正方形と200個の長方形がランダムな場所に描かれている<br />塗りの色はランダム<br />各辺の長さはランダム<br />2010.6.3<br />12<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  13. 13. 問題その3<br />ウィンドウサイズは400x400<br />背景は黒<br />100個の円<br />塗りの色はランダム<br />各辺の長さはランダム<br />2010.6.3<br />13<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  14. 14. その1の回答例<br />14<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />2010.6.3<br />size(400, 400);<br />background(0, 0, 0, 100);<br />inti = 0;<br />while(i < 2000){<br /> float r = random(0, 255);<br /> float g = random(0, 255);<br /> float b = random(0, 255);<br /> float o = random(245) + 10;<br />stroke(r, g, b, o);<br /> float x1 = random(width);<br /> float y1 = random(height);<br /> float x2 = random(width);<br /> float y2 = random(height);<br /> line(x1, y1, x2, y2);<br />i = i + 1;<br />}<br />
  15. 15. width, height<br />width : 画面の幅<br />height : 画面の高さ<br />最初から宣言されている変数<br />15<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />2010.6.3<br />
  16. 16. 問題その4<br />ウィンドウサイズは400x400<br />背景は黒<br />20x20の正方形をびっちり敷き詰める<br />一つ一つの色はランダム<br />2010.6.3<br />16<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  17. 17. こういう絵を描いてみよう<br />2010.6.3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />17<br />
  18. 18. if文:条件分岐<br />if(条件式){<br />条件が成り立っている場合の処理<br />}<br />2010.6.3<br />18<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  19. 19. 条件式<br />評価が true もしくは falseになる式<br />当てはまるもの<br />true / false<br />boolean型の変数<br />比較演算<br />論理演算<br />返り値がboolean型のもの<br />2010.6.3<br />19<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  20. 20. 比較<br />2010.6.3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />20<br />
  21. 21. 論理演算子<br />2010.6.3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />21<br />A||B(青い部分)<br />A&&B<br />
  22. 22. AならばB、それ以外はC<br />if(A){<br /> B<br />}else{<br /> C<br />}<br />Aが成り立つ場合<br />それ以外の場合<br />2010.6.3<br />22<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  23. 23. else if <br />if(A){<br /> B<br />}else if(D){<br /> E<br />}else {<br /> C<br />}<br />AならばB<br />それ以外のとき<br />DならばE<br />それ以外ならばC<br />2010.6.3<br />23<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  24. 24. 問題その5<br />400個の正方形をランダムな場所に描くこと<br />一辺の長さは20から40の間でランダムに決めること<br />左上の点が画面の半分より左にある場合は赤く塗り、右にある時は青く塗ること<br />2010.6.3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />24<br />
  25. 25. 問題その6<br />黒地に円を書く<br />塗りはなし<br />上3分の1は赤の円<br />次の3分の1は青の円<br />最後の3分の1は緑の円<br />円の大きさ、位置はランダム<br />2010.6.3<br />25<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />
  26. 26. 問題その7<br />黒地に円を書く<br />塗りはなし<br />円の大きさ、位置はランダム<br />画面を9分割し、その位置に応じて色を違えること<br />2010.6.3<br />論理試行とプログラミング#08 N.Shimizu <chiko at sfc.keio.ac.jp><br />26<br />

×