Visual Studio 2012 と ASP.NET に見る、最新 Web 開発の魅力
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Visual Studio 2012 と ASP.NET に見る、最新 Web 開発の魅力

on

  • 1,316 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,316
Views on SlideShare
1,304
Embed Views
12

Actions

Likes
1
Downloads
10
Comments
0

2 Embeds 12

http://localhost 11
http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Visual Studio 2012 と ASP.NET に見る、最新 Web 開発の魅力 Visual Studio 2012 と ASP.NET に見る、最新 Web 開発の魅力 Presentation Transcript

  • 日本マイクロソフト株式会社デベロッパー & プラットフォーム統括本部 エバンジェリスト井上 章(いのうえ あきら)blogs.msdn.com/chack
  • セッションのゴールSession Takeaways• Visual Studio 2012 の Web 開発新機能 を学ぶ• Web 開発のトレンドと今後 を知るDeveloper Camp | 2012 Japan Fall
  • アジェンダThe NEW Visual Studio 2012 Web Developments• Web 開発のトレンド• Visual Studio 2012 Web 開発新機能• One ASP.NET• デバッグとテスト• Web アプリの発行• Web 開発の今後と Visual Studio 2012Developer Camp | 2012 Japan Fall View slide
  • Web 開発のトレンド View slide
  • Productivity Future Vision近未来の IT, Cloud, Web ...• 不可欠な Web 技術 (HTTP 1.1, HTML5, CSS3 ...)• Web API の進化と普及 (REST, JSON ...)• サーバー ロジック と クライアント UI の疎結合• クライアント側実装の多様化 • HTML5, CSS3, ECMAScript 5 • マルチデバイス (PC, Tablet, Mobile …) • レスポンシブ Web デザインDeveloper Camp | 2012 Japan Fall
  • マルチデバイス エクスペリエンスDevices, Platforms, Browsers• クロス デバイス • PC, スマートフォン, タブレット ...• クロス プラットフォーム • iOS, Android, Windows Phone ...• クロス ブラウザー • Web 標準と HTML5 / CSS3 • 実装レベル差異への対応Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • モダン Web アプリ エクスペリエンスSingle Page Application Architecture ASP.NET HTML View HTTP Async View Model REST Web API JSON クライアント XML サーバーDeveloper Camp | 2012 Japan Fall
  • できることなら 楽 したい ...HTML, CSS, JavaScript のコーディング 支援機能がたくさん!
  • Visual Studio 2012 Web 開発新機能
  • HTML エディターの進化Improvements of HTML Editor• インテリセンス・コード スニペットの強化• HTML5 スキーマ対応• 開始タグと終了タグの同期リネーム• 各要素のスマート タスク表示• 容易なユーザー コントロールへの展開Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • CSS エディターの進化Improvements of CSS Editor• インテリセンス・コード スニペットの強化• CSS3 スキーマ対応• ベンダー プレフィックス• メディア クエリー スニペット• カラー ピッカー• 階層形式インデント• カスタム リージョン コメントDeveloper Camp | 2012 Japan Fall
  • JavaScript エディターの進化Improvements of JavaScript Editor• インテリセンス・コード スニペットの強化• ECMAScript 5 サポート• HTML5 APIs サポート• インテリセンス コメントの 暗黙的参照とオーバーロード• アウトライン表示• 定義へ移動Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • さらに進化した Web 開発支援機能 #1Improvements of Web Development• Page Inspector (ページ インスペクター) • HTML, CSS の確認と検査 • サーバー サイド コード連動 • ページのプレビュー• 画像のサムネイル表示Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • さらに進化した Web 開発支援機能 #2Improvements of Web Development• デバッグ用ブラウザーの切り替え• フォルダー種別による 各種ファイルの追加メニュー (Web フォーム)Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • One ASP.NET
  • One ASP.NETASP.NET Web Stack※ One ASP.NET - Making JSON Web APIs with ASP.NET MVC 4 Beta and ASP.NET Web API : www.hanselman.com
  • ASP.NET Web フォームImprovements of ASP.NET Web Forms 豊富なサーバー コントロール イベント駆動型プログラミング• HTML5 対応プロジェクト テンプレート• NuGet パッケージ マネージャー対応• URL ルーティング• モデル バインディング• 強く型付けされたデータ コントロールDeveloper Camp | 2012 Japan Fall
  • ASP.NET MVC 4Improvements of ASP.NET MVC 4 HTML ベースの UI 開発 Model-View-Controller パターン• HTML5 対応プロジェクト テンプレート• モバイル アプリケーション テンプレート• Display Modes とビューの切り替え• スクリプトの自動縮小化 & 結合処理• Task, async, await による非同期アクション • Task-based Asynchronous Pattern (TAP)Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • ASP.NET Web APINew Framework for HTTP Services RESTful サービス構築のためのフレームワーク MVC 4 プロジェクト テンプレートの一部として提供 • URL ルーティング • モデル バインディング • スキャフォールディング (w/ Entity Framework) • OData クエリパラメータ (Microsoft.AspNet.WebApi.Odata)Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • SignalRAsync library for .NET リアルタイム・非同期・双方向通信ライブラリ NuGet パッケージとして提供• クライアント - サーバー間の永続的コネクション• トランスポートの自動ネゴシエーション • WebSocket, Server-Sent Events, Forever Frames, Long Polling• サーバーからクライアントへのプッシュや RPC 通信• 1 サーバーあたり数千の接続を非同期で処理Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • デバッグとテスト
  • Web アプリのデバッグImprovements of Debugging Tools• JavaScript コンソール • JavaScript エラーの確認 • 入力プロンプトによるスクリプト実行• DOM Explorer • 対話形式の HTML, CSS の表示と操作• IIS Express • 開発向けに最適化された軽量 Web サーバー • これまでの ASP.NET 開発サーバーに代わり既定で使用されるDeveloper Camp | 2012 Japan Fall
  • Web アプリのテストImprovements of Testing Tools• JavaScript の単体テスト • Jasmine / QUnit をテスト エクスプローラーに統合可能 • 拡張機能: Chutzpah※ test adapter for Visual Studio 2012• Web パフォーマンスとロード テストのプロジェクト • 容易なパフォーマンスとストレス テストの実施 • 同時アクセス ユーザー数や使用ブラウザーなどをシミュレート ※ フツパDeveloper Camp | 2012 Japan Fall
  • Web アプリの発行
  • Web アプリの発行Web Publishing Improvements• 発行時の Web.config の変換とプレビュー機能 • 変換前と変換後の Web.config を IDE で比較可能に• 容易になった Windows Azure への発行 • Windows Azure Web サイト, クラウド サービス • SQL データベースへのマイグレーション• TFS (Team Foundation Service) の利用 • TFS を利用したプロジェクト管理とソーシャル開発 • Windows Azure への発行と継続的インテグレーションDeveloper Camp | 2012 Japan Fall
  • Web 開発の今後と Visual Studio 2012
  • 言語とフレームワーク & ライブラリWeb 開発の今後• HTML5 / CSS3 • Web 標準として急速に普及 • マルチ プラットフォームにおける共通 UI マークアップ • 残るクロス ブラウザ・クロス プラットフォーム問題Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • 言語とフレームワーク & ライブラリWeb 開発の今後• JavaScript • 第一級のプログラミング言語としての進化と普及 • オブジェクト指向の知識と理解 • JavaScript ライブラリの普及やサーバー サイドへの応用 • jQuery / jQuery UI / jQuery Mobile / Modernizr / knockout.js ... • TypeScript, CoffeeScriptDeveloper Camp | 2012 Japan Fall
  • サーバー サイドのサービス化とその利用Web 開発の今後• 進む Web API の利用 • サーバー サイドのサービス インターフェースの実装と公開 • 実装手段の選択、非同期処理、ステートレス ...• クライアント サイド実装の多様化 • Web アプリケーション アーキテクチャの変化 • 非同期処理の知識と理解 • マルチデバイス対応Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • ネイティブ アプリ開発のための Web 技術Web 開発の今後• 応用が進む HTML5 + CSS3 + JavaScript • Windows 8: Windows ストア アプリ開発 • HTML5 + CSS3 + JavaScript + WinRT APIs • Windows デベロッパー センター: http://dev.windows.com/Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • 統合 Web 開発環境の必要性 開発者が避けては通れない Web 技術 HTML5 / CSS3 / JavaScript ... 最適な技術選択と アプリケーション アーキテクチャの検討 複雑化するクライアント サイド実装への対応 最適な開発環境・ツールの選択 コーディング、デバッグ、テストへの支援Developer Camp | 2012 Japan Fall
  • © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be acommitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION INTHIS PRESENTATION.