【Unite2014】Unity2Dのよくある問題とその解決方法

1,535 views
1,366 views

Published on

Unite2014のやつ

Published in: Engineering
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,535
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
24
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【Unite2014】Unity2Dのよくある問題とその解決方法

  1. 1. Unite2014 Unity2Dのよくある問題とその解決方法
  2. 2. HD/SDの切り替え • HD用、SD用画像を用意してスクリプトで切り替える • OpenSceneで対象シーンを開き、SpriteRendererについているSpriteのテクス チャーを差し替えてSaveSceneする • Sprite差し替えたらUnloadUnUseAssetsを使ってメモリ解放した方がいい
  3. 3. AssetBundleでのSDとHDの用意 • これもSD用とHD用の2種類のアセットバンドルを用意する • CollectDependenciesで依存関係を考慮できる • Rendererの名前と一緒の名前のスプライトを用意するなどで読み込 みするといい
  4. 4. Re-Skinning • 2Dアニメーションでのコントローラなどの再利用 • LateUpdateがアニメーション実行後に呼ばれるのでこのタイミングでスプライ トを差し替えるといい
  5. 5. クォータービューでの前後関係 • SpriteRenderer.sortingOrderを利用する • 整数しか扱えないので、Transformの座標を利用する場合は注意 • ExecuteInEditMode属性をMonoBehaviourにつけると実行しなくても 確認可能 • ピボットを基準にTransformが反映されるので下の方がいい
  6. 6. ピクセルパーフェクト • orthographicsSize = Screen.height / pixelToUnit / 2 • /2の意味はいまいちわからない • Sprite/DefaultシェーダのPixelSnapをオン
  7. 7. サンプル • http://goo.gl/Mv3JdE

×