CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26

1,387 views

Published on


CA Technologiesの、Mainframe2.0戦略がどう展開されているのか、またメインフレームのハードウェアやOSの進歩にどうCAは対応、取り組みを実施しているのか、皆様にご紹介いたします

http://caj-mf.com/blog/

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,387
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
396
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • June 2010 Mainframe 2.0 Copyright © 2010 CA
  • May 16-20, 2010 Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • - - 1 -
  • May 16-20, 2010 Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • June 2010 Mainframe 2.0 Copyright © 2010 CA
  • May 16-20, 2010 Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • May 16, 2010 [Presentation Name via Insert tab > Header & Footer] Copyright © 2010 CA
  • May 16, 2010 [Presentation Name via Insert tab > Header & Footer] Copyright © 2010 CA
  • Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • May 16, 2010 [Presentation Name via Insert tab > Header & Footer] Copyright © 2010 CA
  • May 16, 2010 [Presentation Name via Insert tab > Header & Footer] Copyright © 2010 CA
  • May 16, 2010 [Presentation Name via Insert tab > Header & Footer] Copyright © 2010 CA
  • Copyright © 2010 CA. All rights reserved.
  • June 2010 Mainframe 2.0 Copyright © 2010 CA
  • May 16, 2010 [Presentation Name via Insert tab > Header & Footer] Copyright © 2010 CA
  • CA Japan seminar mainframe2.0 2011/10/26

    1. 1. CA のメインフレーム戦略 日本 CA 株式会社 シニアディレクター  丸山智之 <ul><li>2011/10/26 </li></ul>
    2. 2. 4.  ゴール 2.   機会 3.  プログラム 1.   市場 業務の標準化と一元化による       効率性の追求 <ul><li>様々な要因がメインフレームのビジネスベースを牽引 </li></ul><ul><li>昨今の経済状況 </li></ul><ul><li>ガバナンスにかかる本当の費用の膨大さ </li></ul><ul><li>最も効率の良いプラットフォームに作業を集中させる傾向 </li></ul>課題 メインフレーム上の QoS は、非常に高いスキルによって支えられているが、 2000 年以降、スキルのある管理者は減る傾向にあるにも関わらず作業は 4 倍になっている CA の戦略 メインフレームによってもたらされるビジネスの圧倒的な価値を幅広く提供していくことでこの 2 つの課題解決の支援を行う 俊敏さ・スピード お客様 の経験 革新性 MF リーダー 最高の品質、サポート、プラットフォーム対応 Mainframe2.0 メインフレームの管理方法を一新 Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. 信頼性 仮想化 グリーン 安全性 回復 力 革新性 コスト 効率 提供するプログラム 自動化による簡略化 将来性に備えた管理 潜在的な価値の提供 継続するプログラム Mainframe Software Management 革新性 MVP と MSC 1 2 3
    3. 3. Mainframe 2.0 CA の約束 Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    4. 4. CA のメインフレームソリューションポートフォリオ ソフトウェア変更管理 データベース管理 メインフレームの データベース メインフレームの データ転送 メインフレーム上の Linux 管理 Mainframe 2.0 モダナイゼーションと マルチプラットフォーム アプリケーション開発 ネットワーク管理 PCI コンプライアンス リソース管理 セキュリティ管理 セッション管理 ストレージ管理 システム管理 Workload Automation による メインフレームホスト環境 データベースの バックアップとリカバリ管理 メインフレームの アプリケーション品質とテスト Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    5. 5. メインフレームの変化と進化 ソリューション ストラテジ チャレンジ 進化と共に新たなチャレンジの出現、 ストラテジとソリューションの拡張 Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    6. 6. 次世代は <ul><li>$1.5B の投資 </li></ul><ul><li>お客様と共に 3 年間の共同開発 </li></ul><ul><li>新しい統合アーキテクチャ </li></ul><ul><li>5.2 GHz 強大スケールのプロセッサ </li></ul><ul><li>同じエネルギー効率と比較してキャパシティが 60% 向上 </li></ul><ul><li>z10 より性能比 60% の処理速度 </li></ul>Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    7. 7. Cloud Cloud プラットフォーム zEnterprise <ul><li>スケーラビリティ </li></ul><ul><li>仮想化 </li></ul><ul><li>柔軟性 </li></ul><ul><li>オンデマンド </li></ul><ul><li> プロビジョニング </li></ul><ul><li>マルチ・テナント SLA </li></ul><ul><li>  マネージメント </li></ul>Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    8. 8. <ul><li>専用エンジンの利点 : </li></ul><ul><ul><li>システムのメインプロセッサーを増強せずに </li></ul></ul><ul><ul><li> パフォーマンスの向上が出来る。 </li></ul></ul><ul><ul><li>メインの CPU と比較して低価格であり、メインの CPU の MIPS 値にカウントされない為、 MIPS ベースのソフトウェアのコストを抑える事ができる。 </li></ul></ul><ul><li>専用エンジン : </li></ul><ul><ul><li>IFL(Integrated Facility for Linux) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>z/VM 配下の Linux 専用のエンジン </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>z IIP ( z Integrated Information Processor) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>DB2 のトランザクション・プロセッシング、 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>ネットワークの暗号化のワークロード用の </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>エンジン </li></ul></ul></ul><ul><ul><li>z Application Assist Processor (zAAP) </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>Java のワークロード実行用のエンジン </li></ul></ul></ul><ul><li>IFL,zIIP,zAAP </li></ul>System z 専用エンジン メインフレームの CPU は、ワークロードに特化した別々のエンジンを組み合わせ構成する事が出来き、全体の能力を増強し、より多くのバッチジョブとトランザクションを処理する事が出来る。 IBM Redbook Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    9. 9. z/VM とは ? Hypervisor – platform virtualization software that allows multiple operating systems to run on a host computer concurrently Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    10. 10. z/VM のゲスト OS として Linux が稼働しているイメージ   コストメリットに優れる Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. System z z/VM
    11. 11. challenges still remain Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    12. 12. メインフレームの直面するチャレンジ ソリューション ストラテジー <ul><li>チャレンジ </li></ul><ul><ul><li>コントロール・コスト </li></ul></ul><ul><ul><li>クリティカルなスキルの永続性 </li></ul></ul><ul><ul><li>俊敏性の増強 </li></ul></ul>メインフレームの管理は永遠に必要! Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    13. 13. 2011 最も重要な課題 75% が “ コスト コントロ - ル”と回答している 2011, IT 組織において最も重要な課題は? Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. Source: CA Technologies survey of hundreds of customers in North America (February 2010)
    14. 14. 従業員デモグフィックス <ul><li>Source: US Department of Labor; Bureau of Labor Statistics </li></ul>2012 年、 2002 年と比較した年齢別のグループ毎に従業員数の増減 割合 Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    15. 15. クリティカルなスキルの永続性 貴方の組織では、メインフレームの担当者の採用、トレーニングの正式なプログラムがありますか? Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. 56% いいえ 13% はい 31% 正式で ないがある
    16. 16. <ul><li>情報システム担当者に「現在取り組むべき ICT (情報通信技術)上のテーマ」を尋ねたところ、回答者の 45.7 %が「レガシー化した既存システムの見直し」を挙げた </li></ul>情報システムの更新と保守に関するアンケート調査 日経 BP コンサルティングが 2011 年 8 月、システム担当者を対象に調査 出典:日経コンピュータ 2011 年 10 月 13 日  pp.92-98   Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    17. 17. レガシー問題は、もはや“塩漬け”を許されないレベルまで切迫している 出典:日経コンピュータ 2011 年 10 月 13 日  pp.92-98   Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. 意識面だけでなく、実際にレガシー問題を抱えている企業は多い。「システム保守上の課題システム」の存在を尋ねたところ、回答者の 8 割が何らかの課題システム(=レガシーシステム)を抱えていた
    18. 18. レガシーシステムの保守における課題 出典:日経コンピュータ 2011 年 10 月 13 日  pp.92-98   Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    19. 19. 調査対象のプロフィール 出典:日経コンピュータ 2011 年 10 月 13 日  pp.92-98   Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. 今回の調査「情報システムの更新と保守に関する調査」は、日経 BP コンサルティングが 2011 年 8 月に実施した。調査モニターのなかから企業などの情報システム部門の勤務者を対象とし、インターネット調査で回答を集めた。有効回答 600 件を基に分析を実施した。  回答者が勤務する企業の従業員数と業種分布を下の図に示した。従業員規模は 1000 人と 300 人規模を境にほぼ 3 等分になるように依頼者を調整した。業種は製造業が 40.0 %と多く、流通業が 18.5 %、金融業が 5.5 %で、建設・サービス業などが 36.0 %である。
    20. 20. CA のメインフレーム ストラテージ&ソリューション <ul><li>ソリューション </li></ul><ul><ul><li>MVP, MSRP </li></ul></ul><ul><ul><li>MSM, Mainframe Academy </li></ul></ul><ul><ul><li>Chorus, Enterprise APM </li></ul></ul><ul><ul><li>z/Linux の包括的なポートフォリオ </li></ul></ul><ul><ul><li>実践的な製品の </li></ul></ul><ul><ul><li> 改善 </li></ul></ul><ul><li>ストラテジー </li></ul><ul><ul><li>価値の最大化 </li></ul></ul><ul><ul><li>管理の簡素化 </li></ul></ul><ul><ul><li>実践上の革新 </li></ul></ul><ul><li>チャレンジ </li></ul><ul><ul><li>コントロール・コスト </li></ul></ul><ul><ul><li>クリティカルなスキルの永続性 </li></ul></ul><ul><ul><li>俊敏性の増強 </li></ul></ul>メインフレームの管理は永遠に必要 ! Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    21. 21. 価値の最大化 メインフレーム・バリュー・プログラム (MVP) 所有するソフトウェアを最大限活用させる ゴール 所有するソフトウェアの最大限の活用 プロセス CA のエキスパートが無料で貴社担当者とソフトウェアの棚卸しを実施 結果 詳細なベストプラクティス、推奨を含む包括的なレポートの提供 Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    22. 22. 価値の最大化とコストの削減 CA メインフレーム ソフトウェア ラショナライゼーション プログラム お客様のコスト削減と リスクの軽減のパートナー <ul><li>部分的に使用されているベンダーのソフトウェアを CA のソリューションに統合してコスト削減の目標達成を手助けする </li></ul><ul><li>ツールによるマイグレーションは ROI を加速させる </li></ul><ul><li>立案した手法を、繰り返し実行し改善する事により、正確性の向上、リスクの軽減ができる </li></ul><ul><li>インフラの構成の複雑さを軽減 </li></ul><ul><li>機能の改善 </li></ul><ul><li>スタッフの生産性の向上 </li></ul>Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    23. 23. 価値の最大化とコストの削減 立証済みのコンバージョンツール & 手法 包括的なコンバージョンツール、手法により既存のソフトウェアを CA のソリューションに置き換える際の現状分析、潜在的なリスクの認識が確実に行われ、コンバージョンプロジェクトを成功に導きます。 CA メインフレーム ソフトウェア ラショナライゼーション プログラム Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. 機能 説明 価値の提案 ディスカバリーツール メインフレームソフトウェア ディスカバリーツール メインフレーム製品の識別 分析ツール メインフレームソフトウェア 分析ツール メインフレーム製品の使用状況の識別 マイグレーションツール メインフレームソフトウェア マイグレーションツール ツールによる自動マイグレーション 監査ツール メインフレームソフトウェア 監査ツール マイグレーション後の機能検証 追加の分析 カスタム分析 関連するユーザ作成のプログラムの評価 立証済みの手法 繰り返し手法 コンバージョンプロジェクトのスコープと実行の成功
    24. 24. 管理の簡素化 CA Mainframe Software Manager (CA MSM) Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. <ul><li>メインフレームのための Install Shield® と Windows Update </li></ul><ul><li>管理の劇的な簡素化 </li></ul><ul><li>導入時間の大幅短縮 </li></ul>
    25. 25. 管理の簡素化 CA Mainframe Software Manager 製品別の導入時間の比較 <ul><li>*Source: CA Lab test results </li></ul>87% 改善 * 93% 改善 * 8X 17X Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. Product       Expert SMP/E Expert MSM Change Novice SMP/E Novice MSM Change CA 1® 36 min 9 min 4X 3 hrs 12 min 14 min 14X CA Auditor for z/OS 26 min 7 min 4X 2 hrs 22 min 8 min 18X CA Datacom® 1hr 14 min 6 min 12X 3 hrs  8 min 10 min 19X CA JARS 37 min 5 min 7X 1 hr  11 min 6 min 12X CA Librarian® 28 min 2 min 14X 1 hr  13 min 6 min 12X CA MIM™ 30 min 5 min 6X 1 hr  31 min 5 min 18X CA OPS/MVS® 36 min 6 min 6X 1 hr  50 min 7 min 16X CA Panvalet® 54 min 3 min 18X 1 hr  11 min 5 min 14X CA SMF Director 40 min 5 min 8X 1 hr  10 min 6 min 12X CA SymDump® for CICS 38 min 3 min 12X 4 hrs  3 min 6 min 40X Totals 6 h 39 m 51 min 20 h 51 m 1 h 13 m
    26. 26. 管理の簡素化 進化する CA Mainframe Software Manager <ul><li>出荷実績 </li></ul><ul><li>   2009 年 リリース以来、 2011 年 9 月 現在、全世界で約 500 ユーザが </li></ul><ul><li>  使用中 </li></ul><ul><li>2011 年 9 月  CA Mainframe Software Manager 4.0 リリース </li></ul><ul><li>CA 製品の導入、メンテナンスの簡素化に加え、 </li></ul><ul><li> コンフィギュレーションの機能を追加 </li></ul><ul><li>他ベンダーの SMP/E で 導入された S/W の CSI をコンバージョンし、導入 S/W 一覧、その PTF レベルを閲覧できる総合カタログとしての使い方が可能 </li></ul>Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    27. 27. 管理の簡素化 メインフレーム アカデミー IT プロフェショナルの武器、メインフレームのコアプログラミング スキル習得 <ul><li>メインフレームカスタマーによるメインフレームカスタマー向けにデザインされたカリュキラム </li></ul><ul><li>ベンダーから独立 </li></ul><ul><li>8 週間没入法教育プログラム </li></ul><ul><li>実戦的なプロジェクトベースのカリュキュラム </li></ul><ul><li>受講者はメインフレームプロフェショナルとして認定 </li></ul><ul><li>アワード・ウイニング・プログラム </li></ul>Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    28. 28. メインフレームアカデミー 実戦的なプロジェクトベースのカリュキュラム <ul><li>基本的なプログラミングと z/OS 上の </li></ul><ul><li> アプリケーションの開発 </li></ul><ul><li>z/OS 上でのジョブの実行と出力 </li></ul><ul><li>z/OS の実環境と仮想環境の </li></ul><ul><li> パーティションニング  </li></ul><ul><li>基本的なトラブルシューティングの実行 </li></ul><ul><li>バッチジョブに必要な JES コマンドの実行 モニタリング、問題解析 </li></ul><ul><li>データベースの Create, Copy, Delete, Update </li></ul><ul><li>TSO/ISPF からデータセットの </li></ul><ul><li> アロケーション、削除等 </li></ul><ul><li>ISPF メニューの構造の理解 </li></ul>Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    29. 29. 実践上の革新 enterprise application performance management WAN/ WWW End User Router Firewall Switch Web Servers Load Balancer Portal SAP Siebel Web Services 3 rd Party Applications Databases MAINFRAME PSFT NETWORK USER BACK END FRONT END MIDDLEWARE App Server CICS Datacom DB2 CTG IMS MQ z/OS Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    30. 30. 困難なナレッジマネージメントとトランスファー Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    31. 31. CA Mainframe Chorus   知識ベースのマネージメントプラットフォーム Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    32. 32. <ul><li>既存製品の改善、及び、戦略的なパートナシップにより、 </li></ul><ul><li>System z 上の Linux(z/Linux) の有効な管理手段を提供し、効率的な運用でコストの削減に貢献する。 </li></ul><ul><ul><li>CA VM:Manager Suite for Linux on System z は、 z/Linux のテープ管理を含む様々な機能を提供する。 z/VM 上の S/W の導入、デプロイ、稼働監視を迅速、且つ、効率的に実施できる環境を実現する。 </li></ul></ul><ul><ul><li>Velocity zVPS Performance Suite は、 z/VM 、 z/Linux 、及び、 x86 系の Linux のリアルタイムのシステム資源のパフォーマンスを監視し、履歴としてパフォーマンスデータを保管する。パフォーマンスの最適化、及び、適切なキャパシティプランニングに貢献する。 </li></ul></ul><ul><ul><li>UPSTREAM for Linux on System z は、 z/Linux 、及び、 z/OS UNIX files のファイルレベル、ディレクトリ単位のバックアップ&リストア機能提供し、 CA のバックアップ&リストア ソリューションを拡張する。 </li></ul></ul><ul><ul><li>CA Mainframe Connector for Linux on System z は、 z/Linux のイベントを z/OS ベースの </li></ul></ul><ul><ul><li> システムの自動化製品 ( CA SOLVE:Operations Automation ) に統合し既存の管理インフラの有効利用に貢献する。 </li></ul></ul><ul><li>上記ソリューションは、システムの差異を吸収し、時間とコストの削減を可能し、 z/Linux にワークロードを統合するリスクを軽減させる。 </li></ul>z/Linux の包括的なポートフォリオ CA Solutions for Linux on System z の発表概要   Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    33. 33. z/Linux の包括的なポートフォリオ  ソリューションと製品群 CA VM:Manager Suite for Linux on System z CA VM:Secure CA VM:Director CA VM:Archiver CA VM:Operator™ CA SOLVE:Operations Automation CA Cross Enterprise APM CA SiteMinder CA Access Control CA Top Secret® for z/VM CA ACF2™ for z/VM CA VM:Secure CA VM:Backup CA VM:Tape UPSTREAM for Linux on System z zVPS™ Performance Suite CA Gen CA Easytrive CA Workload Automation Agents Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. バックアップとリカバリ 管理 アプリケーションパフォーマンス管理 Workload Automation オペレーション管理 セキュリティ管理 z/VM 管理 プロビジョニング パフォーマンス管理 アプリケーション開発 System z z/VM Linux Linux on System z Linux Linux Linux Linux
    34. 34. <ul><li>System z 専用エンジン zIIP の MIPS は、メインの CPU の MIPS 値はカウントされない為、 zIIP を有効活用する事により S/W のコスト( MIPs 値に連動)を抑える事ができる。 </li></ul><ul><li>CA では、製品の z IIP 上での稼働を積極的に推進している。 </li></ul><ul><li>以下、 zIIP 上をサポートしている製品群 </li></ul><ul><ul><li>DB2 管理製品群 </li></ul></ul><ul><ul><li>CA IDMS </li></ul></ul><ul><ul><li>CA Datacom </li></ul></ul><ul><ul><li>CA NetMaster </li></ul></ul><ul><ul><li>CA SOLVE:Operations </li></ul></ul><ul><ul><li>CA Vtape </li></ul></ul><ul><ul><li>CA SYSVIEW </li></ul></ul><ul><ul><li>CA MICS </li></ul></ul><ul><ul><li>CA Insight for DB2   等 </li></ul></ul>実践的な製品改善 製品の zIIP サポート Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    35. 35. <ul><li>Web インターフェイス </li></ul><ul><ul><li>多くの CA の管理製品は、標準で Web インターフェイスを提供している </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>CA SysView </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>CA NetMaster </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>CA SOLVE:Operations Automation </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>CA Vantage </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>CA Compliance Manager   等々 </li></ul></ul></ul>実践的な製品改善 標準的なテクノロジの積極的な採用 Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    36. 36. <ul><li>Eclipse との統合 </li></ul><ul><ul><li>アプリケーション開発系の製品群では、プラグインモジュールにより Eclipse との統合を実現している。 </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>CA InterTest </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>CA Endeavor </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>CA Gen 等 </li></ul></ul></ul>実践的な製品改善 標準的なテクノロジの積極的な採用 Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    37. 37. まとめ <ul><li>34 年間のコアビジネス </li></ul><ul><ul><li>そして次の 30 年も </li></ul></ul><ul><li>独立系のベンダーで最大のシェア </li></ul><ul><ul><li>強力に成長を続ける </li></ul></ul><ul><li>各マーケットセグメントで上位を占める製品群 </li></ul><ul><ul><li>ワールドクラスの製品群 </li></ul></ul><ul><li>ワールドクラスのお客様 </li></ul><ul><ul><li>信頼おけるパートナー </li></ul></ul><ul><li>積極的な投資 </li></ul><ul><ul><li>画期的な新製品の開発 (MSM,Chorus) </li></ul></ul><ul><li>革新的なリーダ </li></ul><ul><ul><li>Mainframe 2.0 </li></ul></ul><ul><li>広範囲で深いポートフォリオ </li></ul><ul><ul><li>ラショナライゼーション </li></ul></ul><ul><li>高い顧客満足度 </li></ul><ul><ul><li>お客様の成功が CA の成功 </li></ul></ul>CA は、今後もメインフレームソリューションのリーディングカンパニーとして、 簡素化されたプラットフォーム、 価値とパフォーマンスの最大化、そして 次世代のメインフレーム担当者へ様々な手段を提供する Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved.
    38. 38. プレゼンテーション条件 Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. このプレゼンテーションは、 2011 年 9 月 30 日時点での最新の情報およびリソース配分に基づいて作成されています。 CA は本書の内容を予告なく変更、撤回することがあります。このプレゼンテーションに相反する記載があったとしても、このプレゼンテーションは、( i ) CA ソフトウェア製品に関する既存または将来の使用許諾契約書またはサービス契約書に基づく CA またはそのライセンシーの権利、義務、またはその双方に影響を及ぼす、または( ii ) CA ソフトウェア製品の文書または仕様を変更することはありません。このプレゼンテーションに記載されている機能の開発、リリース、およびその時期については、 CA が自己の裁量で決定できるものとします。本書にこれと異なる記述があっても、本書で参照されている任意の CA 製品の将来のリリース出荷時に、 CA はそのリリースを( i )これらの製品の新規ライセンス契約者への販売のために提供し、( ii ) CA の保守およびサポートの一環として、提供可能になり次第、これらの製品の既存のライセンス契約者に定期的なメジャー製品リリースとして提供します。 このようなリリースは、現在 CA の保守およびサポートを利用するこれらの製品の現在のライセンス契約者に、提供可能になり次第提供されることがあります。この項の規定とこのプレゼンテーションに含まれるその他の情報に矛盾がある場合は、この項が適用されるものとします。
    39. 39. 情報提供のみを目的としています Mainframe 2.0 Seminar Copyright © 2011 CA. All rights reserved. このプレゼンテーションには、 CA の製品の一般的な方向性を示す情報が含まれている場合があります。このプレゼンテーションのすべての情報は、参考のために提供されているものであり、契約に盛り込まれるべきものではありません。本情報の正確性または完全性について、 CA は一切の責任を負いません。この文書は、当該の法律で認められる範囲で CA が「現状のまま」提供するものであり、いかなる種類の保証も伴いません。これには、特定の目的に対する市場性または適合性、非違法性についての黙示の保証が含まれますが、これに限定されるものではありません。 CA は、この文書の使用によって直接的または間接的に生じた損害について、たとえ CA がかかる損害の可能性について明確な通知を受けた場合でも、一切責任を負いません。これには、利益の損失、投資の損失、事業の中断、営業権、データの損失が含まれますが、これに限定されるものではありません。
    40. 40. お問い合わせ窓口 CA ジャパン・ダイレクト : 0120-702-600 [email_address] www.ca.com/jp www.ca.com/jp/solutions/mainframe.aspx

    ×