Amazon Data Services Japan            Akio Katayama                2011.10.13
自己紹介名前:片山 暁雄所属:アマゾンデータサービスジャパン職種:ソリューションアーキテクトID:@c9katayama好きなAWSサービス:   AWS Toolkit for Eclipse
アジェンダAWSのサービスElastic Beanstalkとは仕組みデモまとめ
AWSのサービス
ヨーロッパ                アジア 米国 西部                    西部(北カリフォルニア)              (ダブリン)              パシフィック                    ...
AWSのサービス       技術の親和性                                AppsApps   Apps     Apps                                          Saa...
AWSのサービス           Your Application                              本日ご紹介
Elastic Beanstalkとは
Elastic Beanstalkとは Beanstalk = 豆の木   アプリケーションが実る幹のイメージ Webアプリケーションの実行環境を構築・ 管理するサービス 使用可能な言語:Java Tomcat6 および Tomcat7をサポート
Elastic Beanstalkとは APIの制約・処理時間の制約なし   ライブラリやフレームワークの制約もなし   WARやZIPであればデプロイOK ロードバランサー・オートスケーリング   スケーリングの条件設定が可能 詳細な環...
Elastic Beanstalkとは WARファイルのバージョン管理 複数環境の構築が可能   本番・テストなど目的別に構築可能 開発・管理ツールも提供   Webインターフェース   Eclipseプラグイン   リモートデバッグ機能
開発・管理ツール                      AWS Management                         Console    AWS Toolkit for      Eclipse
仕組み
アプリケーション管理の論理構成                                                     Environmentと                                          ...
テクニカルアーキテクチャ                                                   実行環境が                                                   一気に...
他サービスとの連携AWSの他のサービスと連携可能  Relational Database Service(RDBサービス)      • Oracle,MySQL    Simple DB(キーバリューストア)    ElastiCac...
お好みで柔軟な環境構築が可能に デフォルト構成で使用          パラメータ調整         他サービスとの連携                テンプレートカスタマイズ                    SSH接続
料金   Elastic Beanstalk自体の利用は0   Environment 構築に伴って利用したAWS   サービスに対して課金利用サービス                    単位     コスト計算              ...
制約事項現在米国東部(US-EAST)でのみ利用可能  しばしお待ちを。。。Amazon VPC(Virtual Private Cloud)は未対応
まとめ
まとめスケーラブルなJava環境を容易に構築アプリケーションに制約なしAWSの各種サービスと連携可能柔軟な環境カスタマイズ料金は時間課金
Elastic Beanstalkで大きな実(アプリケーション)を       育てよう!
Thanks!
無料Webセミナーほぼ週刊AWSマイスターシリーズ(全10回)    10/19   第4回 IAM & Consolidated Billing    10/26   第5回 ELB,AutoScaling,CloudWatch    ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Elastic beanstalk

1,862 views
1,791 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,862
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Elastic beanstalk

  1. 1. Amazon Data Services Japan Akio Katayama 2011.10.13
  2. 2. 自己紹介名前:片山 暁雄所属:アマゾンデータサービスジャパン職種:ソリューションアーキテクトID:@c9katayama好きなAWSサービス: AWS Toolkit for Eclipse
  3. 3. アジェンダAWSのサービスElastic Beanstalkとは仕組みデモまとめ
  4. 4. AWSのサービス
  5. 5. ヨーロッパ アジア 米国 西部 西部(北カリフォルニア) (ダブリン) パシフィック (東京) アジア 米国 東部Gov Cloud (北バージニア) パシフィック (シンガポール) 世界5つの地域、11カ所のゾーン
  6. 6. AWSのサービス 技術の親和性 AppsApps Apps Apps SaaSM/W M/W M/W PaaS 仮想OS 仮想OS OS ・・・・・・ ・・・・・・ 既存社内環境 / PaaS / SaaS データセンター 従量制課金と拡張性
  7. 7. AWSのサービス Your Application 本日ご紹介
  8. 8. Elastic Beanstalkとは
  9. 9. Elastic Beanstalkとは Beanstalk = 豆の木  アプリケーションが実る幹のイメージ Webアプリケーションの実行環境を構築・ 管理するサービス 使用可能な言語:Java Tomcat6 および Tomcat7をサポート
  10. 10. Elastic Beanstalkとは APIの制約・処理時間の制約なし  ライブラリやフレームワークの制約もなし  WARやZIPであればデプロイOK ロードバランサー・オートスケーリング  スケーリングの条件設定が可能 詳細な環境設定が可能  サーバスペック、VM設定など40項目以上の設定
  11. 11. Elastic Beanstalkとは WARファイルのバージョン管理 複数環境の構築が可能  本番・テストなど目的別に構築可能 開発・管理ツールも提供  Webインターフェース  Eclipseプラグイン  リモートデバッグ機能
  12. 12. 開発・管理ツール AWS Management Console AWS Toolkit for Eclipse
  13. 13. 仕組み
  14. 14. アプリケーション管理の論理構成 Environmentと Versionを追加可能 Application Environment Version URL Environment Configuration WAR WAR Environment URL Environment Configuration WAR WAR Environment WAR URLは URL Environment Configurationスワップ可能 Configuration Template Environmentごとに 設定が可能
  15. 15. テクニカルアーキテクチャ 実行環境が 一気に構築 Environment ElasticLoadBalanceingManagement S3 Console SNS HM HM EC2 EC2 eclipse AutoScaling CloudWatch Security Group 管理ツールで 構築実行 ※ HM = HostManager
  16. 16. 他サービスとの連携AWSの他のサービスと連携可能  Relational Database Service(RDBサービス) • Oracle,MySQL  Simple DB(キーバリューストア)  ElastiCache(memcached)  Simple Email Service(メール送信)  CloudFront(コンテンツ配信)  Simple Queue Service(キューイング)  …
  17. 17. お好みで柔軟な環境構築が可能に デフォルト構成で使用 パラメータ調整 他サービスとの連携 テンプレートカスタマイズ SSH接続
  18. 18. 料金 Elastic Beanstalk自体の利用は0 Environment 構築に伴って利用したAWS サービスに対して課金利用サービス 単位 コスト計算 コストAmazon EC2 1 $0.02/hr * 24 hours * 30 days $14.40t1.micro instanceElastic Load Balancer 1 $0.025/hr * 24 hours * 30 days $18.00ELB Data Processing 15GB $0.008/GB * 15GB $0.12Elastic Block Store volume 8GB $0.10/GB * 8GB $0.80S3 Storage for WAR File 1GB $0.14/1GB + $0.01 PUT,GET $0.15Bandwidth In and Out 15GB Inbound is free, 15 GB out * $1.80 $0.12 月額 $35.27
  19. 19. 制約事項現在米国東部(US-EAST)でのみ利用可能  しばしお待ちを。。。Amazon VPC(Virtual Private Cloud)は未対応
  20. 20. まとめ
  21. 21. まとめスケーラブルなJava環境を容易に構築アプリケーションに制約なしAWSの各種サービスと連携可能柔軟な環境カスタマイズ料金は時間課金
  22. 22. Elastic Beanstalkで大きな実(アプリケーション)を 育てよう!
  23. 23. Thanks!
  24. 24. 無料Webセミナーほぼ週刊AWSマイスターシリーズ(全10回)  10/19 第4回 IAM & Consolidated Billing  10/26 第5回 ELB,AutoScaling,CloudWatch  11/1 第6回 CloudFormation  11/9 第7回 Virtual Private Cloudhttp://aws.amazon.com/jp/event_schedule/

×