AWSクラウドデザインパターン(CDP) - コンテンツ配信編 -
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

AWSクラウドデザインパターン(CDP) - コンテンツ配信編 -

on

  • 6,908 views

 

Statistics

Views

Total Views
6,908
Views on SlideShare
6,697
Embed Views
211

Actions

Likes
17
Downloads
133
Comments
0

6 Embeds 211

http://aws.clouddesignpattern.org 177
http://agw.dentsu.co.jp 17
https://twitter.com 9
http://s.deeeki.com 6
http://us-w1.rockmelt.com 1
http://b.hatena.ne.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

AWSクラウドデザインパターン(CDP) - コンテンツ配信編 - Presentation Transcript

  • 1. AWSクラウドデザインパターン -コンテンツ配信編-
  • 2. 自己紹介名前 片山暁雄所属 アマゾンデータサービスジャパン株式会社ID @c9katayamaIDE Eclipse好きなAWSサービス Amazon SimpleWorkflow
  • 3. AWS クラウドデザインパターンとはAWSクラウドを使ったシステムアーキテクチャ 設計を行う際に発生する、典型的な問題とそれ に対する解決策・設計方法を、分かりやすく分 類して、ノウハウとして利用できるように整理 したものである。http://www.facebook.com/awscdp
  • 4. パターン例FloatingIPパターンサーバ障害時やバージョン アップ時に、瞬時にサーバ切 り替えを行いたい場合に利用EIPの付け替えを行い、サーバ を切り替える
  • 5. このシナリオの背景雲の写真を載せるブログサイト開始はじめは個人的に開始動画や過去画像集も公開し始めるまさかの大人気まさかの海外展開
  • 6. 利用環境・ソフトウェアAmazon Linux (64bit)Movable Type 5.12 (MTOS)Apache HTTP Server 2.2.21MySQL 5.1.52Perl 5.10.1S3FS 1.61
  • 7. 雲の写真を載せるブログサイト開始MovableTypeをEC2に インストールRoute53でDNSレコー ドを管理スタティック パブリッシングインスタンス1台で 運用
  • 8. 動画、過去画像集を公開ユーザー要望により動画や過去画像集を 公開サイズが大きく、ダウンロード負荷の高 いコンテンツの配信EC2のスケールアップ・アウトは費用が かかるデータ容量は未知数
  • 9. Web Storageパターンアクセス負荷の高い動画 や画像コンテンツを、 S3に逃がすパターンS3のDNS名をCNAME登 録して利用S3の信頼性の高いWeb サーバ機能を利用するEC2に比べて安価
  • 10. パターンを適用 動画・過去画像集をS3へ S3にサブドメインを 割り当て メインサイトから リンクを作成
  • 11. まさかの大人気雲マニア御用達のサイトへアクセス増により、アクセス出来ない状 況にEC2やELB導入は費用がかかる
  • 12. Direct Hostingパターン HTML、画像、CSSなど静的 コンテンツをすべてS3でホス ティング EC2はコンテンツ更新と、コ メント投稿や動的なページだ けで使用 JSONPを使用し、EC2から表 示用の差分データだけを取得 して画面更新する方法も可能
  • 13. パターンを適用配信のメインサイトと してS3を使用サイトのメインDNS 名をS3へ割り当てMTの生成ファイルを S3へ定期コピー
  • 14. S3マウントソリューションS3FS http://code.google.com/p/s3fs/S3FS-C,S3FS-C(Cloudpack special) https://github.com/memorycraft/s3fs-cloudpackS3Backer http://code.google.com/p/s3backer/S3QL http://code.google.com/p/s3ql/TntDriver http://tntdrive.com/
  • 15. まさかの海外展開海外の雲マニアがサイトを発見海外有名ニュースサイトへの掲載が決定掲載までに海外からのアクセスへの対応 が必要
  • 16. Cache Distributionパターン ユーザーに近い場所からの配信 世界各地のエッジサーバを利用し、オリジン サーバのコンテンツをキャッシング Amazon CloudFrontを使用 よりよいレスポンスと負荷分散を実現
  • 17. パターンの適用3つのサブドメインを使用 www,data,mt S3から配信するデータは、Contents Distributionパ ターンを適用 ブログコンテンツ 動画・画像集 コンテンツ管理・ コメント投稿
  • 18. 最終的に・・・メインコンテンツをS3+CloudFrontにしたので、 更新が遅い(コメントの反映など)最終形 メイン:S3(Direct Hosting) 動画・画像:S3+CloudFront(Cache Distribution) 検索・コメント:EC2
  • 19. デザイン推移動画 海外 最終 人気 最初だけでなく周期的なカイゼン
  • 20. ご利用は計画的に
  • 21. ご清聴ありがとうございました@c9katayama