Branchless Banking in Actuality
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

Branchless Banking in Actuality

  • 831 views
Uploaded on

This paper introduces the actualities of branchless banking, a financial enterprise without branches, to show that, despite its current difficulties, it can effectively help developing countries......

This paper introduces the actualities of branchless banking, a financial enterprise without branches, to show that, despite its current difficulties, it can effectively help developing countries modernize. It enables the poor in these countries to easily access to financial services. I describe the characteristics of this new financial project in comparision with microfinance and mobile banking. Then, by taking M-PESA in Kenya
as a pioneering example of branchless banking, I suggest that M-PESA's success crucially illuminates the future expansion of the brand-new banking.

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
831
On Slideshare
831
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
5
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. ブランチレスバンキングの現状Branchless Banking in Actuality宮本 瑛Ei Miyamotomiyamoto@towardthevirtual.comThis paper introduces the actualities of branchless banking, a financial enterprise without branches, toshow that, despite its current difficulties, it can effectively help developing countries modernize. It enablesthe poor in these countries to easily access to financial services. I describe the characteristics of this newfinancial project in comparision with microfinance and mobile banking. Then, by taking M-PESA in Kenyaas a pioneering example of branchless banking, I suggest that M-PESAs success crucially illuminates thefuture expansion of the brand-new banking.キーワード ブランチレスバンキング,モバイルバンキング,マイクロファイナンス,M-PESA1.ブランチレスバンキングと開発近年、ブランチレスバンキング(branchlessbanking)という言葉が脚光を集めるようになった。試みにカタカナで表記しておいたこの語は、店頭での接客を前提とせず、町中の ATM や携帯電話(mobile)やパソコンを介してサービスを提供する無店舗型金融を指すものである1。多くのブランチレスバンキングでは、代理店(agent)としての小売業者や郵便局を通じて顧客とのお金の受けわたしをおこななっている。ブランチレスバンキングは、貧しい人々に対する小規模の金融事業を意味するマイクロファイナンス(microfinance)と緊密なつながりをもっている。バングラデシュのグラミン銀行(Grameen Bank)が、五人一組の連帯責任のもとに貧困層に対しお金を貸しつける事業をおこなっていることはよく知られるようになった。ブランチレスバンキングは、携帯電話などのICT(Information and Communication Technology)を取りいれることで、従来のマイクロファイナンスを効率化しようとする試みである。ここで、アフリカをはじめとする開発途上国における金融を取りまく独特な状況を概観しておく必要があるだろう。途上国の金融制度は、先進国のそれとは比較にならないほど低い水準にある。アフリカの多くの地域では社会的基盤は脆弱であり、人口密度は低く、都市と農村には長い距離がある。法律や経済をはじめ、1現在のところ数は限られているが、ブランチレスバンキングを冠した先行研究には、(Ivatury・Mas, 2008);(Mas,2009);(Pickens・Porteous・Rotman, 2009)などがある。また、これらと非常に近しい問題意識を抱く研究としては、モ バ イ ル バ ン キ ン グ を 論 じ た ( Duncombe, 2009 ) ;(Kumar・McKay・Rotman, 2010)などが挙げられる。なかでも、モバイルバンキングに関する研究の包括的なレビューである(Duncombe・Boateng, 2009)は味読に値する。保健や教育などの基礎的な制度は未整備で、金融機関が事業を展開するための環境はそろっていない。こうした状況は、開発途上国において、人々が金融サービスを利用するうえでの足枷となっている。実際に、農村の貧しい人々が金融機関を利用するには様々な障壁がある。銀行を利用しようにも、支店がある近隣の都市までいくことが難しい。貯金や送金などの需要があっても、金融機関を利用するために休日を返上して遠距離バスに搭乗することは現実的ではないのだ。そもそも多くの銀行は、貧困層に対して門戸を開いてさえいない。多くのマイクロファイナンス実施機関(MFI: Microfinance Institution)は、こうした状況のなかにビジネスのチャンスを見出し、二輪車や自転車をもちいて行員を農村まで派遣することで、お金を回収したり借り手の相談に乗ったりといった業務をおこなっている。ブランチレスバンキングは、ICT を最大限に活用することで、従来のマイクロファイナンスにつきものであった金融機関と顧客との金銭と情報のやりとりを効率化しようとする試みである。携帯電話から送金ができるようになれば、小額の振りこみのために人々が遠くの都市にまで足を運ぶ必要はなくなる。MFI にとっても、現地を訪問する営業活動は最小限にとどめ、通話やメールで顧客との関係を維持することが可能になる。金融機関を利用するために来店が不要であることは、先進国での同種のサービスが便利である以上に、開発途上国において重要な意義をもっているのだ。ブランチレスバンキングは、マイクロファイナンスと同様、開発(development)の一つの試みとして位置づけられる。典型的な農村の貧困層は、通常の金融サービスを利用できないがために、家のなかにお金を隠しておいたり、家族に送るための現金の入った封筒を知りあいの手に委ねたりと、安全とはいいがたい行動を取らざるをえなかった。携帯電話やパソコンから
  • 2. 2預金や送金の操作が可能になれば、このようなインフォーマルな金融に頼ることのリスクは大幅に軽減される。マイクロファイナンスに ICT をかけあわせたブランチレスバンキングは、金融サービスの提供によって貧しい人々の生活を近代化するプロジェクトである。とりわけアフリカにおいて、これまでは金融機関から顧客とみなされていなかった貧困層がこのビジネスモデルにより金融サービスを利用できるようになってきている2。ブランチレスバンキングは、近年の開発の潮流のなかであらわれた営みである。ここ十数年のあいだ、コンピュータが身近なものとなりインターネットが普及するうちに、途上国を開発するためにこうした技術を利用しようとする動きが生まれてきた。ICT4D(Information and Communication Technology forDevelopment)などと総称されるこうした試みが目指すものは、端的にいって開発途上国における情報へのアクセスの改善である。たとえばインドの農村に e-チョーパル(e-Choupal)とよばれる情報センターが設置されたことにより、現地の農民は穀物の適正価格を知ることができるようになり、仲買人から作物を安く買いたたかれることがなくなった(Prahalad, 2005=2005);(Hart,2007=2008)。また、インターネットに接続されたパソコンを備えつけた一種の情報センターを設置し、地域の住民に開放することは世界中でおこなわれはじめている(Hart, 2007=2008);(Parkinson・Lauzon,2008)。生活のなかに ICT を組みこむことは、開発途上国の人々にそれまでは手に入らなかった情報を提供し、情報の不均衡を解消する意義を有している。こうした事例が蓄積されるにつれ、開発のなかで ICTを活用することの効果が認知されるようになった。開発における ICT の導入は、携帯電話の爆発的な普及と軌を一にしながら本格的に進められてきた。たとえば、テキストメッセージ機能を利用し HIV/AIDSに関するケア情報を遠く離れた患者に届けた事例や、ワイヤレス通信に PDA(Personal Digital Assistants)の使用を組みあわせることで本部の診療所と離れた地域で医療活動に従事するスタッフとをつないだ事例が報告されている(Kinkade・Verclas, 2008)。このように開発の現場で便利に用いられるようになった携帯電話を、金融というフィールドにおいて活用しようとするのがブランチレスバンキングに他ならない。ところで、ブランチレスバンキングには多くの類語が存在する。モバイルバンキング・インターネットバンキング(internet banking)・マイクロファイナンス・ソーシャルファイナンス(social finance)など、一考するだけで似たような意味をもつ言葉がいくつも浮かんでくる。ここではモバイルバンキングとマイク2アクセスのみならず、実際にサービスを使うための費用の面でもブランチレスバンキングは優れている。高利貸しなどのインフォーマルな金融よりはもちろん、銀行をはじめとする金融機関が提供するフォーマルな金融よりも、ブランチレスバンキングは一般に安価なものであるという(McKay・Pickens, 2010)。ロファイナンスをとりあげ、これらとブランチレスバンキングとの違いを手短に論じておこう。モバイルバンキングという語は、携帯電話から残高照会や送金を提供する金融サービスを指す一般的な用語である。日本の銀行のほか、Bank of America などもこの語を冠したサービスを提供しており、先進国で広く用いられるようになっている。議論の簡略化のために大まかな違いをのべると、モバイルバンキングはあくまで店頭での接客を補完するものであるのに対し、ブランチレスバンキングはむしろ無店舗によるサービス提供をこととする事業である。国内外に無数の支店網をもつ先進国の金融機関が展開する前者に対し、後者は店舗の存在をそもそも前提しない。さらに、モバイルバンキングのほとんどが純粋に営利目的によってなされる一方で、ブランチレスバンキングの実践が途上国の開発という意義をもつものであることも顕著な違いである。次に、マイクロファイナンスとブランチレスバンキングとの違いを考察しよう。マイクロファイナンスは、担保をもたない・社会的信用が低いなどの理由によって銀行などの従来の金融サービスから排斥されてきた貧困層・低所得層に対し、多くの場合担保を要求せず、小額の融資や貯蓄などのサービスを提供する金融事業のことである。先述のとおり、マイクロファイナンスをおこなう機関は、借り手をグループ単位に編成したり、融資の対象となる事業に対しコンサルティングを施したりすることで貸出金の確実な回収を目指している。マイクロファイナンスの対象となる人々はほぼブランチレスバンキングのそれと重なるものであるが、顧客との関わり方は双方で大きく異なっている。マイクロファイナンスの魅力は、集会などの定期的な話しあいをもつことにより、お金の借り手と貸し手とが顔のみえる関係を築くことのできる点にある。これに対しブランチレスバンキングは、ATM や携帯電話やパソコンの画面のなかで完結するサービスであり、そこには対面にもとづく豊かなコミュニケーションは発生しない。むしろ、そうした「人間味(human touch)」(Ivatury・Mas, 2008, p.11)を ICT によって簡略化していこうとするのがブランチレスバンキングの基本的な考え方である。以上、モバイルバンキングとマイクロファイナンスとの比較によって、ブランチレスバンキングを理念的に浮かびあがらせてきた。実際には、ケニアの M-PESA の事例を引きつつ次にみるように、ブランチレスバンキングと呼ばれる多くの取りくみが他の組織による有人店舗を顧客とのお金の受けわたしのための窓口としている。マイクロファイナンスを手がけるNPO が事業のなかで携帯電話を活用しようとすることもある。純粋なかたちのブランチレスバンキングが存在すると考えるよりは、ブランチレスバンキングやマイクロファイナンスやモバイルバンキングなどが混然一体となり、開発途上国の金融を近代化させつつあるととらえるほうが精確である。最後に、開発途上国においてブランチレスバンキングを実施することの意義を考えたい。ブランチレスバ
  • 3. 3ンキングは、金融へのアクセスを改善することにより、貧しい人々の生活を近代化する効果をもっている。貯金という観点からは、タンス貯金や衣服のなかに現金を隠しもつことを余儀なくされていた人々は、ブランチレスバンキングによって金銭の盗難や紛失のリスクから解放される。為替という観点からは、違法な送金業者や手渡しによって稼ぎを家族に送らなくてもいいようになる。融資という観点からは、高利貸しや知人・親戚からインフォーマルな借りいれをせず、相場にみあった金利のもとで健全にローンを組めるようになる。保険という観点からは、不意の事故や病気から自己や家族を守ることが可能になる。マイクロファイナンスがあつかう金融商品は、フォーマルな金融機関が提供するものとほぼ同じであることが知られている(Brau・Woller, 2004, p.8)。総合的な金融サービスを提供することによって貧しい人々の暮らしはより安全で便利なものとなる。社会のなかで生活するための金融に対するニーズに先進国と開発途上国との違いはほとんどないのだ。ブランチレスバンキングは、金融という観点から貧困層にエンパワーメント(empowerment)を施し、巨視的には現地の社会を開発していく営みである。2.ケニアにおけるM-PESAの事例以下では、ケニアにおける M-PESA という電子送金サービスの現況をみていく。M-PESA は、貧困層に向けた携帯電話による送金(remittance)事業であり、広くブランチレスバンキングやマイクロファイナンスの一種とみなしうるものである。M-PESA の事例を通じて、開発途上国でブランチレスバンキングに取りくむことの意義を考察していく3。M-PESA は、携帯電話を利用した 1 対 1(peer-to-peer)の電子送金サービスである。これに登録することで、ユーザーは個々に電子的なアカウントを与えられ、他人と金銭を電子的にやりとりできるようになる。アカウント上のお金は、代理店(agent)の店頭や提携関係にある金融機関の ATM から出しいれできる。M-PESA の M は携帯電話(mobile)を、PESA はスワヒリ語でお金を意味するものであり、まさしく携帯電話による電子的なお金のやりとりを標榜する事業であることがみてとれる。2007 年 3 月にボーダフォン(vodafone)系列のサファリコム(Safaricom)という携帯電話事業者によってリリースされた M-PESA は、わずか 2 年後の 2009年 5 月には 700 万人のユーザーを獲得し、ケニアの全成人の 40%が使用するまでのものとなった(Camner・Pulver・Sjöblom, 2009, p.3)。M-PESA では一回につき平均で 20 ドルが取引きされ、これまでに総べて 16 億ドル以上に相当する金額が決済された(Mas・Morawczynski, 2009, p.77)。お金の出しいれの窓口となる小売業者の総数は 16,900 にも達している(Mas・Radcliffe, 2010, p.3)。従来、他に信頼できる送金の手段がなかったケニアの人々の潜在的な需要を押さえたことで、M-PESA は一挙に普及をみること3本節は、筆者の修士論文の一項に手をいれたものである(宮本, 2010)。になったのである4。以下では、インタビューにもとづいた M-PESA に対する民族誌的(ethnographic)研究(Morawczynski・Pickens, 2009)によりつつ、この金融サービスがケニアでいかように用いられているのかをみていく。第一に、このサービスは都市の送り手(urbansender)と農村の受け手(rural recipient)というふたつの典型的な顧客層を対象としたものである。前者のほとんどが男性であり、後者のほとんどは女性であるという。首都のナイロビをはじめとする都市への移住が進展したケニアにおいて、出稼ぎに出た一家の稼ぎ頭が故郷に残してきた親族にお金を送るというのが主たる使途である。他の送金手段と比べたとき、安価であり、アクセスしやすく、安全であることから M-PESA は人気を集めている。農村の受け手は、これに登録するよう都市の送り手から促されているという。M-PESA はもともと送金を想定して築かれたサービスであるのだが、一部のユーザーのなかにはこれを貯蓄(saving)のために使っている者も存在する。銀行を利用しているユーザーの 1/3 近くが、預けいれや引きだしに便利であるという理由で M-PESA を現金の保管のために用立てているという。M-PESA は、タンス預金などのインフォーマルな貯蓄を代替するものとしても機能しているのだ5。M-PESA の導入によって変わったことの第一は、ケニアにおいてフォーマルな金融サービスの恩恵にあずかる人が増えたことである。ケニアでは、38%もの人口がいかなる金融サービスからも除外されており、35%の人口はインフォーマルな金融のみを利用している(Camner・Pulver・Sjöblom, 2009, pp.5-6)。こうした人々は、手渡しやバスの運転手による仲介など、リスクをともなう送金手段の利用を強いられていた。M-PESA の導入のわずか 1 年後の 2008 年にはこうした状況は一変し、ケニアの人々が M-PESA を利用して送金をおこなう割合は 47%にも達したという。こうしたなかで、人々はこのサービスを利用した小額の決済をこれまでより頻繁におこなうようになった4M-PESA が開始されるまでのサファリコムの内部の事情については(Hughes・Lonie, 2007)に詳しい。5こうしたユーザーのほとんどは、銀行口座と M-PESA のアカウントを上手に使いわけている。アクセスしやすい M-PESA は日々の消費に好んで用いられる一方、銀行口座は長期間の貯蓄にあてられる。本来 M-PESA は貯蓄を目的としたものでないため、アカウント上のお金には利子がつかないためである。2 桁のインフレ率を記録するケニア経済においては、利子による収益は軽視できる代物ではないのだ(Mas・Morawczynski, 2009, p.89)。このほか、ケニアにおける中央銀行の規制によらないインフォーマルなものであることも、貯蓄手段としてみたときの M-PESA の弱点である。また、突然の大きな額の払戻しに対し、多くの代理店は対応できない(Mas・Radcliffe,2010, p.17)。それでも、民族紛争の影響を受け混乱していたこともある銀行と比較して、この金融サービスは高い評価をえているようだ(Economist, 2009)。
  • 4. 4(Morawczynski・Pickens, 2009, p.3)。従来のインフォーマルな金融サービスでは、手数料やアクセスの悪さなどの問題があり、都会から農村への送金はひと月かふた月に一回のペースでまとめてなされるものであった。頻繁な送金は、安価であり便利であることに加え、金融サービスとしての M-PESA のきちんとした性格から生じる安心感にもとづいておこなわれているようだ。M-PESA はいまでは、子どもの学費から居酒屋での飲み代・医療費やタクシーの運転手への運賃の支払いまで、幅広く決済の手段として用いられている(Economist, 2009)。お金を直接もちはこぶことのリスクを減らすことができるため、タクシーの運転手はM-PESA による支払いを歓迎しているという。M-PESA はいまや公共料金の支払いにも進出しており、電気代の 20%がこれによって回収されている(Mas・Radcliffe, 2010, p.4)。M-PESA がケニア社会に与えたインパクトは、人々の金融に対する意識の変化にとどまらない。まずこの金融サービスは、少なからぬ額の所得の向上をケニアの人々にもたらすものであった。農村の人々は、M-PESA を利用することで、従来のインフォーマルな手段で送られたお金を遠くのサービス拠点まで取りにいくための旅費を捻出する必要がなくなった。これに加え、お金が頻繁に送られてくるようになったことにより、5%から 30%の所得の向上が農村の人々にもたらされたという。他方で、思わぬ副次的な効果もあった。M-PESA の頻繁な利用により、出稼ぎ先から農村へお金を届けにいく必要性が薄れたことによって、都市への移住者が故郷に戻る頻度は減った。このことは、農村に残された妻たちの関心事(concern)となっているという。農村の女性にとってみれば、自分名義の電子アカウントをもつことは、お金に関して夫からの自立(autonomy)を果たすことを意味している。女性に対するエンパワーメントという意義を有する一方で、このサービスはこれまでのケニア社会における家族の形態を変化させるものでもあるのかもしれない。さて、M-PESA の成功要因であるが、これは携帯電話を使ったサービスであるということに尽きるだろう。気軽にもてる携帯電話に誰でも簡単に使うことができセキュリティ面にも配慮した送金のプラットフォームを築いたことが、M-PESA の今日の成功を約するものであった。携帯電話のインフラを利用することで諸経費を減らし、従来の銀行や送金業者にとってはとてもわりにあわないような低価格でサファリコムは充実したサービスを提供しているのである(Omwansa, 2009,p.112)。さらに、サファリコムがケニアにおいて 1997 年から事業をおこなっており、この国の携帯電話市場において 70%のシェアをもっていることから、ユーザーの多くがこの事業者に高い信頼をおいていることも見逃せない(Morawczynski・Miscione, 2008, p.8)6。同6このほか、現地の部族(tribe)のしがらみに左右されることのないサファリコムの社長の姿勢も共感を集めているじ理由により、代理店の多くはサファリコムブランドの M-PESA をあつかうことに対しすぐに賛意を示したという(Hughes・Lonie, 2007)。サファリコムが有する大きな市場シェアは、M-PESA が浸透をみるうえで大きな役割を果たしたのである。また、ブランドマネジメント(brand management)や、安定したサービスを顧客に提供するためのマーケティングの観点からもサファリコムの戦略は非常に優れたものであった(Mas・Morawczynski, 2009)。本部が代理店に徹底的な管理・指導をおこなうことによって、どの代理店を訪れてもユーザーは同等のサービスを受けることができるようになっている。こうした取りくみが、M-PESA というブランドの価値を高め、ユーザーに愛着を抱かせる効果を生んでいる。こうしたことが重なり、M-PESA のユーザー数がクリティカルマス(critical mass)に達するにおよんで、この金融サービスのネットワーク効果(networkeffect)が育ちはじめた。ケニアの成人の 40%が M-PESA を利用しているという事実は、サファリコムのこうした巧みな戦略によるものである7。このような M-PESA の成功に刺激され、携帯電話事業者(mobile operator)と銀行の関係者はチームを組織し、世界の各地で同様のサービスの展開を検討している(Economist, 2009)。ケニアでは 2009 年からZain という事業者が Zap money という携帯電話による金融サービスをリリースし、サファリコムに追従しようとしている。ウガンダでも 2009 年に、MTN という事業者がスタンビック銀行(Stanbic bank)と手を組んで同種のサービスを展開し、これまでに一定の成果を収めている。ガーナでもこの事業への着手をすませた MTN は、アフリカや中東を中心とする 20 カ国で同種のサービスに着手する構想を練っているという。M-PESA は、これまではその恩恵にあずかれなかった人々を対象として携帯電話を介した金融サービスを提供するという点において、ブランチレスバンキングやマイクロファイナンスと呼びうるものである。M-PESA は、携帯電話を利用した金融サービスであるがために、金融・情報インフラに対するアクセスの改善を貧困層にもたらす。それでは、この事例から、開発におけるブランチレスバンキングの意義をどのように考えられるであろうか。第一に、金融インフラを整えることが貧困層にもたらす効果について考えたい。繰りかえし述べてきたとおり、ケニアに限らず開発途上国においては、人々は非常に素朴な手段で金銭の管理をおこなっている。安全性のあまり高くない家に財産のほとんどをおいておくことをはじめ、物売りが売りあげを腰巻きや衣服のなかに大切にしまっておくことは頻繁にみられる。先進国の人間からみれば、安全性という観点から非常識とも思えるこうした行為は、金融サービスを利用できようだ(Morawczynski・Miscione, 2008, p.9)。7このように多くのユーザーを擁する反面、2009 年 5 月の時点においては、M-PESA はまだ単体の事業として収益をあげるには至っていない(Pickens・Porteous・Rotman, 2009,p.4)。
  • 5. 5ないことに加え、金銭に関する健全なリテラシーをもちえないことに起因するものである。携帯電話を介してフォーマルな金融サービスを利用できるようになることは、安全な貯金や決済の手段を用意することに加え、お金に関するきちんとした感覚を人々のなかに養う効果をもつものと考えられる。ブランチレスバンキングは、金融という観点から開発途上国の人々の生活を近代化する意義をもっているのだ。現状よりさらに携帯電話を用いたお金のやりとりが一般的なものとなれば、電子的なアカウントを利用し、マイクロファイナンスの核たる融資をおこなうことも可能になるだろう。金融機関からの借りいれはもちろん、借り手からの継続的な返済は、電子的にやりとりされることで安全かつ便利なものとなる。これと預金や為替を組みあわせることで、蓄えられたお金を引きだしたり、家族に送ったりすることも簡単にできるようになる。ブランチレスバンキングにこの種のサービスを導きいれることは、金融機関と貧しい人々の双方にとって利の多いものである。インフラとしての金融サービスは、ひとたび整備されることで、先進国と同等の生活を貧しい人にもたらしていく。M-PESA は当初はマイクロファイナンスの提供を想定して設計されていたのだが、リリース前におこなわれた予備調査の結果を踏まえ、急遽、送金を主たる目的としたものに変更されたという経緯がある(Mas・Morawczynski, 2009, p.89);(Mas・Radcliffe, 2010,p.12)。M-PESA の登場をみたケニアにおいて貧困層への事業融資にどれだけのニーズがあるのかは不明であるが、M-PESA がこの国においてこれだけの存在感を獲得したいまとなっては、そのネットワークを別の使途に広げることも十分に考えられるであろう。送金以外にも、年金ファンドの管理・賃金の支給・緊急ローンの支払い・保険やクレジットの提供など、M-PESA は幅広くもちいられうるものである(Omwansa,2009, p.116)。さらに、M-PESA の経験にもとづき、ブランチレスバンキングを他国・他地域に移転することでさらに広い範囲で金融の近代化が可能となろう8。3.ブランチレスバンキングの今後以上、ケニアにおけるM-PESAをブランチレスバンキングの先駆的な例として取りあげてきた。ブランチレスバンキングは途上国を開発するための万能のツールでは決してない。電波が届かない場所では携帯電話は使いものにならないが、そうしたところは開発途上国にはまだまだ多い(Singh, 2009)。有線の電話ほどではないが、携帯電話を安定して使用できるようにするには大きな額の投資が必要となる。いか8このような展望に対する懸念もみられる。M-PESA はケニアでは一定の成功を収めたものの、国柄など様々な違いから隣国のタンザニアでは苦戦している(Camner・Pulver・Sjöblom, 2009, pp.5-6)。M-PESA について詳細な調査をおこなった Morawczynski 自身、「ケニアでのモバイルバンキングの成功は他のところでは起こりえないかもしれない」と述べている(Economist, 2009)。M-PESA の成功を広げていくために課題は数多い。に革新的なものであろうと、技術の力によって一国全体の状況を早急に変えることは困難である。また、携帯電話やコンピュータなどのICTに大きく依存した試みであるがゆえの弱点もある。高齢であることや読みかきができないことは、人々がブランチレスバンキングを利用するうえでの支障となる。開発においてICTを活用しようとする取りくみがしばしば批判されるように、ブランチレスバンキングの当事者はデジタルデバイド(digital divide)の問題に無関心であってはならないのだ。さらに懸念されるのはセキュリティ上の問題である。この種のサービスを運営するとき、他人へのなりすましやパスワードの盗用など、一部のユーザーによる悪用の可能性をつねに念頭に置いておく必要がある。情報や金融に関するリテラシーに乏しい途上国の人々を対象としたものであるだけに、詐欺や横領などの犯罪を未然に防ぐ制度やシステムの設計が求められる。これらの欠点の一方で、ブランチレスバンキングがまだまだ緒についたばかりの事業であることは銘記されるべきであろう。銀行が主導する(banking-led)サービスにすべきか、それとも通信事業者が主導する(telecom-led)サービスにすべきかなど、試行錯誤をくりかえしつつ各国の当事者たちはブランチレスバンキングを実現しようとしている9。ガーナやバングラデシュや南アフリカなど、世界の各地でM-PESAからの影響を受けた事業がおこなわれはじめているのだ。さらに付言するならば、島嶼部や山間部など、都市化が進んでいない日本の奥地においてもブランチレスバンキングがもたらしうるものが非常に大きいことは忘却されてはならない。それぞれの事例の蓄積に加え、これらに対する研究の蓄積が待たれるところである。ブランチレスバンキングの動向から、今後とも目を離せそうにない。(みやもとえい・都市銀行勤務)参考文献Brau, J. C. & Woller, G. M. (2004) Microfinance: AComprehensive Review of the Existing Literature.Journal of Entrepreneurial Finance and BusinessVentures. 9, 1, 1-26.(http://marriottschool.byu.edu/emp/brau/JEFBV%202004%20Vol.%209%20Micro%20Finance.pdf)Camner, G. & Pulver, C. & Sjöblom E. (2009) What Makesa Successful Mobile Money Implementation? –Learnings from M-PESA in Kenya and Tanzania.Mobile Money for the Unbanked. September 2009.GSMA.(http://mobileactive.org/files/file_uploads/mpesa_ke_tz.pdf)Duncombe, R. (2009) Impact Assessment of Mobile Phoneson Development: Concepts, Methods and Lessons for9マイクロファイナンスの担い手である MFI のいくつかは、様々な課題に直面しながらブランチレスバンキングへの進出を試みている(Kumar・McKay・Rotman, 2010)。
  • 6. 6Practice. Development Informatics Working PaperSeries. 2009, 39. Centre for Development Informatics,Institute for Development Policy and Management, SED.(http://www.sed.manchester.ac.uk/idpm/research/publications/wp/di/documents/di_wp39.pdf)Duncombe, R. & Boateng, R. (2009) Mobile Phones andFinancial Services in Developing Countries: A Reviewof Concepts, Methods, Issues, Evidence and FutureResearch Directions. Development Informatics WorkingPaper Series. 2009, 37. Centre for DevelopmentInformatics, Institute for Development Policy andManagement, SED.(http://www.sed.manchester.ac.uk/idpm/research/publications/wp/di/documents/di_wp37.pdf)Economist. (2009) Beyond voice: New uses for mobilephones could launch another wave of development.Economist. Sep 24th 2009.(http://www.economist.com/specialreports/displaystory.cfm?story_id=14483848)Hart, S. L. (2007) Capitalism at the Crossroads: AligningBusiness, Earth, and Humanity. Upper Saddle River, NJ.Wharton School Publishing. [石原薫訳『未来をつくる資本主義——世界の難問をビジネスは解決できるか』英治出版. 2008 年]Hughes, N. & Lonie, S. (2007) M-PESA: Mobile Money forthe “Unbanked” –Turning Cellphones into 24-HourTellers in Kenya. innovations. winter & spring 2007, 2,1-2, 63-81. MIT Press Journals.(http://www.policyinnovations.org/ideas/policy_library/data/m_pesa/_res/id=sa_File1/INNOV0201_pp-63-81_hughes-lonie_1.pdf)Ivatury, G. & Mas, I. (2008) The Early Experience withBranchless Banking. CGAP Focus ote. April 2008, 46.CGAP (Consultative Group to Assist the Poor).(http://www.cgap.org/gm/document-1.9.2640/FN46.pdf)Kinkade, S. & Verclas, K. (2008) Wireless Technology forSocial Change: Trends in Mobile Use by GOs.Washington, DC and Berkshire, UK. UN Foundation-Vodafone Group Foundation Partnership.(http://mobileactive.org/files/MobilizingSocialChange_full.pdf)Kumar, K. & McKay, C. & Rotman, S. (2010) Microfinanceand Mobile Banking: The Story So Far. CGAPFocus ote. July 2010, 62. CGAP (Consultative Groupto Assist the Poor).(http://www.cgap.org/gm/document-1.9.45546/FN62_Rev.pdf)Mas, I. (2009) The Economics of Branchless Banking.innovations. spring 2009, 4, 2, 57-75. MIT PressJournals.(http://www.mitpressjournals.org/doi/pdf/10.1162/itgg.2009.4.2.57)Mas, I. & Morawczynski, O. (2009) Designing MobileMoney Services: Lessons from M-PESA. innovations.spring 2009, 4, 2, 77-91. MIT Press Journals.(http://www.microfinancegateway.org/gm/document-1.9.37315/INNOVATIONS-Mpesa%20Service%20Design.pdf)Mas, I. & Radcliffe, D. (2010) Mobile Payments Go Viral:M-PESA in Kenya. Yes Africa Can: Success Storiesfrom a Dynamic Continent. March 2010. World Bank.(http://siteresources.worldbank.org/AFRICAEXT/Resources/258643-1271798012256/M-PESA_Kenya.pdf)McKay, C. & Pickens, M. (2010) Branchless BankingPricing Analysis. May, 2010. CGAP(ConsultativeGroup to Assist the Poor).(http://www.cgap.org/gm/document-1.9.43876/Branchless_Banking_Pricing_Analysis_May_2010.pdf)宮本瑛 (2010) 「ガーナ社会における kiva.org のオンライン・マイクロファイナンス――インターネットを通じた社会開発の事例研究――」 東京大学大学院学際情報学府平成 21 年度修士学位論文.Morawczynski, O. & Miscione, G. (2008) Exploring Trustin Mobile Banking Transactions: The Case of M-PESAin Kenya.(http://www.nextbillion.net/archive/files/Morawczynski%20and%20Miscione-%20GATES.pdf)Morawczynski, O. & Pickens, M. (2009) Poor People UsingMobile Financial Services: Observations on CustomerUsage and Impact from M-PESA. CGAP Brief. August2009. CGAP (Consultative Group to Assist the Poor).(http://www.cgap.org/gm/document-1.9.36723/MPESA_Brief.pdf)Omwansa, T. (2009) M-PESA: Progress and Prospects.innovations. Mobile World Congress 2009, 107-123.MIT Press Journals.(http://www.strathmore.edu/pdf/innov-gsma-omwansa.pdf)Parkinson, S. & Lauzon, A. C. (2008) The Impact of theInternet on Local Social Equity: A Study of a Telecenterin Aguablanca, Colombia. Information Technologiesand International Development. 4, 3, 21-38.(http://itidjournal.org/itid/article/viewPDFInterstitial/300/132)Pickens, M. & Porteous, D. & Rotman, S. (2009) Scenariosfor Branchless Banking in 2020. CGAP Focus ote.October 2009, 57. CGAP (Consultative Group to Assistthe Poor).(http://www.cgap.org/gm/document-1.9.40599/FN57.pdf)Prahalad, C. K. (2005) The Fortune at the Bottom of thePyramid: Eradicating Poverty Through Profits. UpperSaddle River, NJ. Wharton School Publishing. [スカイライト コンサルティング訳『ネクスト・マーケット——「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略』英治出版. 2005 年]Singh, R. (2009) Mobile phones for development and profit:a win-win scenario. ODI Opinions. April 2009, 128.Overseas Development Institute. London.(http://www.odi.org.uk/resources/download/2846.pdf)