• Save
TC x IA "UX Design" Technical Communication Symposium 2012 Tokyo
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

TC x IA "UX Design" Technical Communication Symposium 2012 Tokyo

on

  • 2,680 views

TCシンポジウム2012 (東京開催) の「TC×IA」セッションでプレゼンした資料です。

TCシンポジウム2012 (東京開催) の「TC×IA」セッションでプレゼンした資料です。

Statistics

Views

Total Views
2,680
Views on SlideShare
2,293
Embed Views
387

Actions

Likes
23
Downloads
0
Comments
0

8 Embeds 387

http://www.bookslope.jp 185
https://ocean.cybozu-dev.com 107
https://twitter.com 79
https://si0.twimg.com 6
https://ocean.s.cybozu-dev.com 6
http://pinterest.com 2
http://a0.twimg.com 1
http://localhost 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

TC x IA "UX Design" Technical Communication Symposium 2012 Tokyo Presentation Transcript

  • 1. TC×IA≒UXデザイン坂本貴史 @bookslope2012.8.29 Technical Communication Symposium 2012 @TokyoTwitter #tcsympo
  • 2. グラフィックデザイナー出身 2002年 ネットイヤーグループ 国内大手企業のWeb戦略坂本貴史 Web情報アーキテクチャ専門家UX Designer クリエイティブディレクション IA Institute会員 HCD-Net会員 OpenUMプロジェクト発起人 IAシンキング著者 寄稿・講演多数
  • 3. by Sgkh
  • 4. 情報分類検索パターン by Ipoh kia
  • 5. 目次と索引のサン ッチ ドイ 目次 コンテンツ 索引Table of Contents Contents Index 手順 内容 50音順
  • 6. 目次と索引 ≒ ナビゲーション ナビゲーション コンテンツ Navigations Contents 目次 & 50音順 内容
  • 7. 情報分類 ≒ 行動パターン 階層構造 目的別 料金・割引 料金を見直したい 料金プラン 割引料金プランA 料金プランB 料金プランC 割引プランA 割引プランB
  • 8. 目次と索引 ≒ 検索パターン 検索 検索結果 コンテンツRequirements Results Contents 検索入力 目次 & 50音順 内容
  • 9. アクセス分析 & 解析
  • 10. 流入元・流出先の分析
  • 11. 可視化 されやすい領域 ビジュアルデザイン可視化されにくい領域 ワイヤーフレーム サイトストラクチャ ナビゲーション ラベル コンセプト・戦略 ユーザー コンテンツ コンテキスト
  • 12. サイトストラクチャ
  • 13. コンテンツインベントリ
  • 14. サイト構造 = 目次
  • 15. ワイヤーフレーム
  • 16. アノテーション
  • 17. 画面構成 = 紙面構成
  • 18. デザインパターン
  • 19. 上部に配置 中央に配置
  • 20. レスポンシブウェブデザイン
  • 21. マルチデバイス
  • 22. マニュアルマニュアルないし手引書(てびきしょ)とは、ある条件に対応する方法を知らない者(初心者)に対して示し、教えるための文書である。 Wikipedia
  • 23. インターネット利用率/年間79.1 % (C) 総務省
  • 24. Useful 役に立つ Usable Desirable使いやすい 好ましい Valuable 価値がある Findable Accessible見つけやすい アクセスしやすい Credible 信頼できる
  • 25. 使い始め
  • 26. 利用者のニーズ 使用前 使い始め 使用中どこで買えるか知りたい どう始めるか知りたい 保管方法を知りたい価格を知りたい どう使うか知りたい 修理の仕方が知りたい料金を知りたい 便利な方法を知りたい 買い替え方法を知りたい
  • 27. UXジャーニーマップ
  • 28. UXジャーニーマップの構成要素ステージ ユーザー コンテクストどういう状況か だれが関係するか 場所や環境ビジネス アクション エモーション製品やサービス なにをしているのか どう感じるか
  • 29. 生産性の追求 仕様の解説 など利便性Usable 有用性 Useful 目的別やFAQ など
  • 30. 満足度の追求 最低限のことがわかる など 使いやすい Usable 役に立つ Usefulさまざまな問題が解決する など
  • 31. これまでの活用範囲 基本仕様など さまざまな目的別切り口 基本 応用 編集 接点 Basic Practical Curation Touch Pointコンテンツ ユーザー マルチチャネルだがそれがわからない 利用状況に合わせた使い方など
  • 32. これからの活用案 基本情報を外部で使えるような規格 まとめサイトやインフルエンサーと連携 基本 応用 編集 接点 Basic Practical Curation Touch Pointコンテンツ ユーザー クロスメディアで配信 APIやRSSを活用できるネットと連携
  • 33. 外部で利用できる規格
  • 34. ユーザー主導の媒体との連携
  • 35. 付加価値は、他メディアでの利用のしやすさにある“ ポータビリティ指向のマニュアル “ Portability Oriented Manual
  • 36. どのように How 何を誰に WhatWho
  • 37. ありがとうございました坂本貴史 @bookslope2012.8.29 Technical Communication Symposium 2012 @TokyoTwitter #tcsympo