Lead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX Design

5,030 views

Published on

Loftwork で開催したセミナー「UXで企業Webサイトにイノベーションを起こす方法」でプレゼンした「IAシンキングで導く、UXデザイン」のスライドです。

Published in: Design
2 Comments
42 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
5,030
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
483
Actions
Shares
0
Downloads
118
Comments
2
Likes
42
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Lead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX Design

  1. 1. IAシンキングで導く、これからのUXデザイン 坂本貴史 @bookslope 2012.8.10 ロフトワークセミナー Twitter #lwseminar
  2. 2. 坂本貴史 UX Designer グラフィックデザイナー出身 2002年 ネットイヤーグループ 国内大手企業のWeb戦略 情報アーキテクチャ クリエイティブディレクション IA Institute会員 HCD-Net会員 OpenUMプロジェクト IAシンキング 寄稿・講演
  3. 3. UXデザインIAシンキング フレームワーク
  4. 4. IAシンキングを身につける
  5. 5. by Sgkh
  6. 6. 情報分類 検索パターン by Ipoh kia
  7. 7. 開始 完了 意図 結果 ユーザーニーズ サイトの目的 機能仕様 ビジュアルデザイン 情報デザイン インターフェースデザイン インタラクションデザイン コンテンツ要求 ナビゲーションデザイン 情報アーキテクチャ
  8. 8. コンテクスト ホームを配置 お知らせ、製品情報、サービス・機能、料金・割引・お客 様サポートの順番 PRが下のメニューで切り替えが可能 オススメコンテンツを配置 目的から探すを配置 お知らせやニュースの下にキャンペーンを配位 サポート「Mydocomo」やオンラインショップのリンク バナーを配置 法人やそれ以外のメニューを配置 その下に企業情報 コンテンツ リファレンス
  9. 9. デザインパターン
  10. 10. 面積を大きく 目に入りやすく わかりやすくするには 文字を大きく太く 読みやすく コントラストを強く 識別をしやすく
  11. 11. なぜ を繰り返す by quinn.anya
  12. 12. ユーザーニーズ サイトの目的 機能仕様 ビジュアルデザイン 情報デザイン インターフェースデザイン インタラクションデザイン コンテンツ要求 ナビゲーションデザイン 情報アーキテクチャ 仮説 事象 なぜ
  13. 13. ビジュアルデザイン 機能・コンテンツ サイト構造や動線
  14. 14. 仮説パターンを見つけること“ “ IAシンキングを身につけるとは
  15. 15. なぜ 楽しいのか
  16. 16. 問題解決のアプローチ 思考プロセスの可視化
  17. 17. UXデザインとメリット
  18. 18. UXデザインとは UXD 利用シーンの計画=
  19. 19. 利用者数 アクセス数 アクセス分析 利用時間 購入情報
  20. 20. 箱を開けるシーン 顧客仮説
  21. 21. 数字だけでは見えない課題の発見“ “ UXデザインを取り入れるメリットとは
  22. 22. 2011年4月 2011年7月 3.00 2.00 1.00 0 トレンド ?
  23. 23. 2.5時間 1日あたりの接触時間 パソコンテレビ スマートフォン 2.5時間 65分 51分 アプリ利用インターネット利用インターネット利用視聴
  24. 24. 顧客開発のための計画“ “ プロダクト開発ではなく
  25. 25. 役に立つ Useful 価値がある Valuable 信頼できる Credible 使いやすい Usable アクセスしやすい Accessible 好ましい Desirable 見つけやすい Findable
  26. 26. 満足する 安心する 利用しやすい アクセスしやすい 役に立つ 価値がある 信頼できる 使いやすい アクセスしやすい 好ましい 見つけやすい
  27. 27. メディアの整理ができる サイト/アプリの役割がわかる KGIなど目標や指標が立てやすい
  28. 28. これからのフレームワーク
  29. 29. 戦略策定をするためのフレームワーク“ “ UXデザインとは
  30. 30. koboの利用体験
  31. 31. 購入後に 購入者が koboの 箱をあける
  32. 32. UXジャーニーマップ
  33. 33. ユーザー ビジネス タッチポイント
  34. 34. ステージ どういう状況か ユーザー だれが関係するか コンテクスト 場所や環境 ビジネス 製品やサービス アクション なにをしているか エモーション どう感じるか
  35. 35. 体験を表現するためには
  36. 36. ステージ 購入後に ユーザー 購入者が コンテクスト 自宅で ビジネス koboの アクション 箱をあける エモーション 期待大で楽しい
  37. 37. ステージ 比較検討時 ユーザー 潜在顧客 コンテクスト 勤務先の会社 ビジネス Web開発ソリューション アクション 開発会社を調べる エモーション 困っている
  38. 38. ビジョン駆動型のアプローチ“ “ 過去の課題の積み上げではなく、未来のあるべき姿を描く
  39. 39. UXデザインパッケージ“ “ デジタル新規事業を一歩進める netyear.net
  40. 40. ありがとうございました Twitter #lwseminar 坂本貴史 @bookslope 2012.8.10 ロフトワークセミナー

×