家庭盟誓
<ul><li>①  天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として  </li></ul><ul><li> ② 本郷 の地を求め  </li></ul><ul><li> ③ 本然 の創造理想 </li></ul><ul><li> ④ 地上天国 と ...
<ul><li>  ① 天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として </li></ul><ul><li> ②  神様と真の御父母様に侍り </li></ul><ul><li> ③ 代表的家庭、中心的家庭 となり  </li></ul><ul><l...
  ①  天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として  ② 四大心情圏  ③ 三大王権  ④  皇族圏を完成すること 家庭盟誓3節
<ul><li>  ① 天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として </li></ul><ul><li> ②  神様の創造理想、 </li></ul><ul><li> ③  天宙大家族を形成し </li></ul><ul><li> ④  自由と平...
<ul><li>   ① 天一国主人 私達の 家庭 は真の愛を 中心 として </li></ul><ul><li> ② 主体的 天上世界、 </li></ul><ul><li> ③ 対象的  地上世界 の 統一、 </li></ul><ul><...
①  天一国主人 私達の 家庭 は真の愛を 中心 として   ②  神様と真の御父母様の 代身家庭 ③  天運 を動かす 家庭 となり ④  天の 祝福 を 周辺 に 連結 させる 家庭 を完成すること 家庭盟誓6節
<ul><li>①  天一国主人 私達の 家庭 は真の愛を 中心 として   </li></ul><ul><li> ②  本然 の 血統 と 連結 された </li></ul><ul><li> ③  為 に生きる 生活 を 通 して </li>...
①  天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として   ② 成約時代 を迎え   ③ 絶対信仰、絶対 愛、絶対服従  ④ 神人愛一体 理想 を成し、  ⑤ 地上天国、 天上天国の解放圏と釈放圏を完成すること 家庭盟誓8節
統一原理 を 学ぶ 理由
<ul><li>(1) 神観   (人生観・結婚観・国家観・世界観・宇宙観・歴史観) </li></ul><ul><li>(2) 人生   ( 心と体 ・葛藤・対立・闘争) </li></ul><ul><li>       家庭破壊(離婚、不倫...
(1)  価値観:正しいこと、正しくないことをどう見分けるか ? (善・悪 、真・偽) (2) 価値観 が異なると 考え⇒判断⇒主張⇒決定⇒行動⇒生活方式が異なってくる .  (例: 韓国南北 ⇒  価値観 が異なるゆえに ) ‏ 2 .   ...
<ul><li>3. 統一世界、平和世界  実現 の 為 に </li></ul>人間は自由、平等、平和、統一、幸福を願う 統一世界、 平和世界はどこから成されるべきか ? 私から ! 個人 の 心 体 統一      真の家庭を通して平和実現...
5. 諸問題を解決できない理由   (1) 創造主神様を否定して解決しようとするため (2) 神様を信じつつも神様をのけ者にして     自己中心的に考え、解決しようとするため (3)人間自身 が堕落した人間であることを    認定しようとしな...
二、人間   現実世界 のあらゆる 問題出発、解決 の 出発 「 私 」 問題 闘争 平和 統一 問題 闘争 平和 統一 1. 「私」とはどんな存在? 悪 善 体 悲しみ 喜び (不幸) (幸福) 無知  (本性・創造理想) 葛藤・対立・闘争 ...
  本然の人間    (神の子女) 本性 人間堕落 2.堕落人間 (1) 理想 喪失 無知 葛藤・対立・闘争 神の創造理想 (理想家庭、国家、世界)
・  神様の実存、心情、御旨不知 ・ 人生問題(出発、目的、死後) ・ 善悪問題 ・ 物質世界根本 ・ 自然法則 心 体 霊 肉 堕落人間 心霊 知能 無知 2.堕落人間 (2) 宗教 科学 (主) (対) 物質世界 本質世界 霊的無知 肉的無...
三、 宗教 と 科学 <ul><li>1.宗教 </li></ul><ul><ul><ul><ul><li>本然 の 世界 は 宗教不必要 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>堕落人間 は ...
<ul><li>(2) キリスト教 </li></ul><ul><li> 1) 人類救援を標榜して世界宗教となる </li></ul><ul><li> 2) 宗教の根本使命を喪失 </li></ul><ul><li>   ① 心の無知を悟らせ神...
偽りのオリーブ  の木の畑 真のオリーブ  の木の畑 サ 神 死 ロマ  11/17 : メシヤが来て、偽りのオリブの木を切り          真のオリブに接ぎ木 宗教を信じ宗教で救い(重生)を受けるのではなく、来られたメシヤ (真の父母)を...
<ul><ul><li>3) 実践力喪失 </li></ul></ul><ul><ul><li>  ( 理念の未整備で実践力、説得力を喪失) </li></ul></ul><ul><ul><li>4)  儀式と制度の宗教になる </li></u...
1) 研究対象:有⇒無 2) 壁 に突き当たる 3) 価値観を無視して科学が発達したため、   人類は一方では生活が便利になった反面、    他方では莫大な被害を被っている 2.科学
四、 原理出現 の 必然性 1. 摂理の時代性から見て(心霊、知能発達) 堕・人 ノア アブラ モーセ イエス 再臨主 箱舟 祭物 律法 福音 新御言 1600 400 400 2000 1600 ( 原理 ) ‏ ( 成約 ) ‏ ( 新約...
2.聖書的 に見て (聖書根拠) ①  ヨハネ  16/25  :      わたしはこれらのことを比喩で話したが、もはや比喩では話さないで、あからさまに、     父のことをあなたがたに話してきかせる時がくるであろう ②  ヨハネ  16/1...
五、  原理の使命 1. 現実世界の問題を解決   1)存在 と関係の問題  2)家庭、青少年問題  3)人種差別問題  4)宗教紛争問題  5)国境問題  6) AIDS 問題 7)聖書根本問題(教派)  8)霊界問題(死後世界) 9)思想問...
<ul><li>3.統一世界、平和世界実 現 </li></ul><ul><li>   ( 1 )  神様と真の父母様を中心とする世界大家族実現 ( 天国家族実現 )  </li></ul><ul><li>;  1)  真の父母様を中心とする真...
六、 統一原理の構造と中心内容の概観 1.  統一原理の構造 2. 中心内容 前編 – 総序 –  7 章 後編 – 緒論 –  6 章 創造原理 堕落論 復帰 復帰原理 終末論 救主論 復活論 予定論 緒論 復帰摂理 再降臨準備時代 キリスト...
原理 は真の父母様により解かれた 〇 地上、天上 の億万のサタンと闘い勝利し、天の前に  公認 を受け、地上に来て宣布。 生命 の御言 〇  原理 を探し出す難しさ  : 太平洋の海原で砂粒を拾い、糸を通して    繋ぎ合わせることより難しいの...
1935(16 才 ) 4. 17  大命 召命 1935. 4.17 ~ 1945. 8. 15  原理究明 1945  ~  1952  原理伝播 1952. 5. 10  原理原本( 釜山、大邱、ソウル 伝道) 1954. 5. 1   ...
お父様が16歳になられた1935年に書かれた祈祷文の詩。 この祈祷の詩が紹介された本の中でお父様は「私は16歳になった歳の復活祭の聖日の朝に イエス様が現れた。 この日から私は神様の御旨を成就させるために天の命ずるままに御旨の道を歩んできた」と...
しかし、騙されたとしても、私は信じる。 裏切られたとしても、私は許す。 私は憎悪する者を根こそぎ愛するだろう。 涙を拭いて笑顔で迎えよう。 他人を騙すことだけしか知らない者たちを、 裏切っても悔い改めない者たちまでも・・・・・ おお、主よ!愛す...
この祈祷の詩は、1950年代末アメリカに派遣されたある宣教師によって伝えられる。2001年、 アメリカのある食口がこの詩を読んで感銘を受け、国際詩人協会に送る。世界で一番名誉ある 国際詩人協会の国際名作詩審査委員たちが9つの審査基準によって審査...
創造原理
  第一節  神の二性性相과と被造世界      (一)神の二性性相     (二)神と被造世界との関係    第二節 万有原力と授受作用 および四位基台      (一)万有原力     (二)授受作用     (三)正分合作用による三対象目...
(1) 創造原理 とは ? <ul><li>1)  よく生きる 法( 設計図 ) </li></ul><ul><li> 物   – 使用法  ( 設計 どおりに 使用 ) - 100V, 220V </li></ul><ul><li>人間 – ...
(2)神観 <ul><li>1 ) 古代哲学 ( ギリシャ哲学 ) ‏ </li></ul><ul><ul><li>質料の本質は規定せず宇宙の原質を扱った </li></ul></ul><ul><ul><li>①  タレス –  水 </li>...
<ul><li>5)  今日の 科学 ( 物理学 )‏ </li></ul><ul><ul><li>物質 の 究極的 原因的 要素 が 力 ( エネルギー ) であることを明らかにしている </li></ul></ul><ul><ul><li>...
1 .  神の 二性性相 <ul><li>〇 出エ 3/14 :  神様は 自存 なさる </li></ul><ul><li>〇 ロマ 1/20 :  神の 神性 と 能力 は 被造万物 に (共通法則 がある ) </li></ul>原 因 ...
心情 真の愛(人格) 無限大霊 神: 第一原因 (創造主、絶対者、唯一者) 神 被・万 (共通法則) ロマ 1/20 性相 形状 陰性 陽性 二性性相の中和的統一体 本性相と本形状の関係 ⇒ 完全同一要素(統一体) 水と水蒸気と氷  = H 2...
○  神様は私の父、 私の父母(心情、真の愛、人格、絶対性) ○  私は神様の子女  :    ⇒  観念ではなく心情的で侍り、仕えて生きなければならない 男性格主体 性相  形状 陽性 陰性 統一体 中和的統一体 男性 (男子) 女性 (女子...
①  心情、 真の愛の本体 ②  情知意、 美真善の本体 ③  原理、法度、 秩序の根源者 ④  永遠、不変、絶対、唯一、自存者、 遍在性 ⑤  真の愛、真の生命、真の血統の根となられる方(根源者) ⑥  良心の主体 ⑦  生命の根源者 無限大...
神様の属性 ‏ <ul><li>① 絶対 ・ 唯一 ・  不変 ・ 永遠 </li></ul><ul><li>② 一心 ・ 一体 ・ 一念 ・ 一核 </li></ul><ul><li>③ 絶対信仰・愛・服従・絶対主人 </li></ul><u...
「参考 1 」 神相 神性 普遍相 個別相 性・形 陽・陰 個性 被造物 神様の側面 心情  :真の愛(人格) Logos  :  理法 創造性  : ① 神様の本質的属性 ( 性相の核心) ② 真の愛の根 ③ 神の人格の核 創造の土台が心情(...
「参考2」  性相の内部 観念   :具体的 表象 概念   :抽象的 表象 原則 ( 法則 )  :価値法則 ,  自然法則 数理   :  は高度の数学者 性相 内的性相 ( 機能的要素 ) ‏ 内的形状 ( 形の要素 ) ‏ 知  –  ...
「参考3」  個性の尊貴性の根拠 個性の尊貴性 : 神来性、 絶対性 性相 形状 内的性相 内的形状 神
「参考4」  宇宙の本質は何か ?   (物質 ?   、精神 ?   ) 本性相と本形状の関係  完全同一 要素(統一体) 水と水蒸気と氷= H 2 O  二性性相論(統一体)  唯一論 唯一 唯一論 唯一思想 神主義 頭翼思想 (哲学) 唯...
① 父子の思想である ② 宇宙の根本法度が父子の法度である ③ 神を父として信じ ,  侍り ,  仕える唯一思想 ④ 神は観念的存在ではなく、人間과との父子関係としていらっ    しゃる。  創造主 である神は人間の父母であられ、父母でい  ...
<ul><li>①  神様は、本性相と本形状の 二性性相 の 統一体 </li></ul><ul><li>②  神様は、本 陽性 と本 陰性 の 中和的統一体 </li></ul><ul><li>③  神様は、   心情と真の愛の神様 </li...
なぜ神は見ることができず、 感じることができないのか ? <ul><li>(1 )なぜ見ることができないのか ?   無形 にいましたもうためである </li></ul><ul><ul><li>① 肉的五官 で見ることのできるものとできないもの...
「参考8」  創造 か ?  進化 か ? <ul><li>(1)「創造」 である。 なぜ創造か ? </li></ul><ul><ul><li>① あらゆる存在はペアで存在 ( 愛ゆえに ) ‏ </li></ul></ul><ul><ul>...
汎神論、流出説 ( プロティノス ) 創造の動機と目的がない  ⇒  基督教の創造説を完全補完 神が被造世界を創造なさるようになった 動機と目的が何なのか ? 創造の動機 :心情と愛  創造目的 : 喜び 心情動機説を明らかにすることで生成説論...
2. 神と人間との関係 (1) 心と体の関係 (人間は第二の神) 神 人 心 体 = アダム エバ 神の息子であると同時に神の体 神の娘であると同時に神の相対(アダムの夫人) (第二 の心) (第一 の心) 縦的 愛 横的 愛 人間を神同様に見...
(2) 父子の関係 <ul><li>1) なぜ神と人間が父子関係 ? ( 神様は父母、人間は子女である理由 ) ‏ </li></ul><ul><ul><li>①  真の愛は直短距離を通る(真の愛⇒真の生命⇒ 真の血統) </li></ul><...
(3) 神の真の子女になろうとするなら ① 神に似なければならない。子供は父母に似なければ(内性、外形、血統) ② 真なる人間は神様に似た人間 絶対性 =絶対神格 (人格)        絶対人格(神格) 神人責任分担完成    =   神人愛...
(4) 真なる教育 神 人 心 体 神 子女 男 女 神性 心情 善民 神 理想 人 万 世界 神人一体 聖殿 完全 1) 神の真の子女となるために 教育 人間教育(心情、規範) 知識教育(技術、知識) 生育 繁殖 主管 マタイ 7/21 : ...
 神相的 存在 普遍相 個別相 性・形  統一体 陽・陰  統一体 個性 体 人間 神相的存在 ロゴス的存在 創造的存在 心情的存在 各位的存在 対象各位=対象的存在 主体各位=主体的存在 -> 連帯的存在
(5) 人間はどのような存在なのか ? 1)心情的 存在 心情 知 意 情 真 美 善 (科学・哲学) (倫理・道徳) (芸術) 価値 心の機能
2) ロゴス的 存在 目的 心情 内・性 内・形 ロゴス =(法則) (理性)= 理法 法則 必然性 機械性 理性 自由性 目的性 自然法則(自然) 価値法則(人間) 宇宙の秩序 家庭の規範 =
(神) 主体 対象 心情 (人) (万) 3)格位的 存在 - (連体) - - (連体) - 合成体 主体 対象 心情 合成体 対象格位 主体格位 対象意識 主体意識
(6)二性性相 が現実世界問題解決の鍵 (性相、形状 は 万能の Key ) 性相 形状 神 性相 形状 人 心情 (心) (体) 従って人間が集まり、生きる所には必ず性相、形状の  均衡 を備え、その存在目的과と価値を達成しなければならない ...
「参考1」    性相と形状の属性としての     現実問題解決 先次 後次 人間 ( 子女) 性相と形状 陽性と陰性 人格の完成 ( 個性完成 ,  修身 ) ‏ 夫婦の結合 ( 家庭完成 ,  斎家 ) ‏ 神 (父母) 陰 陽
「参考2」  人間の最後の革命 <ul><li>① 産業、政治、宗教、文化革命 </li></ul><ul><li>問題解決 × 、平和統一世界 × 、 幸福の世界 × </li></ul><ul><li>② 人間革命 </li></ul><u...
3. 神と被造世界との関係 神 性相 形状 + - + - 被・万 性相 形状 + - + - 形象 象徴 (地図) (国旗) 人 万物 心 体 + - + - = = 創・原 展開 された 個性真理体 関係 有形 無形 外的 内的 (女性格対...
周易 聖書 太 神 陰陽     五行    万物              万物 = = 道 ( ヨハネ 1/1 ) 創造原理から見た易学と聖書 ( 一陰一陽之謂道 ) ( 道也者言也 ) ? ? 太 ? ? 神 易学 聖書 人格的存在を説明...
西洋の本体論:形相と質料     性相と形状 東洋の本体論:  陰 ,  陽    陽性と陰性 西洋文化             統一      東洋文化 「参考」 統一 統一文化
1.万有原力 存在 ->  力が必要 万有原力 2.授受作用 主 対 授受作用 の力   (結果、対象、外的) 万有原力      (原因、主体、内的) 生存、繁殖、作用 授受作用 ①  神が存在するための根本の力 ②  被造物が存在するための...
(1) 全ての存在は相対的存在(相応的存在) なぜ相対的存在?:授受作用をするため   発展 何を授け受けるか ? : 愛と美     喜び     幸福 主 対 宇宙 蝶 動物 花 植物 動脈 静脈 導管 篩管 聖書 マタイ 7/2 批判 受...
(2) 授受作用から見た良心作用 良心 の力 授受作用 により生じる 全ての人に作用しており、善へと導く 本然の良心の主体は神 本然の人間の良心作用 堕落人間の良心作用 神 本心 真理 良心 = 良心の力->善 真理 良心 = 堕落人間が真理だ...
(3) 授受作用から見た堕落と救援 神 人 完成人間 堕落人間 救われた人間 神 人 サ メ 人 サ 神 仲保者 テモⅠ 2/5 道 真理 生命 ヨハネ 14/6 神 本心 하 良心  神  神 体(性相) 体(形状) 体 몸 サタン 天 (偽...
3.正分合作用 と三対象目的および四位基台 (1)正分合作用 神を正としそれより 分立し再び合性一体化する 作用を正分合作用と言う 神 +- 子女 +- 男 + 女 - 正 分 合 正 反 合 「 神の原理」 「 サタン理論」 人間堕落 より生...
(2)三対象目的 四者が各各主体の位置に立つ時、残りの三者は 三対象の 位置 に立つ ① 四者が授受作用をすれば 三対象目的が 完成 ② あらゆる 存在の中心は神である ③ あらゆる 動機は神から    自己が動機になってはいけない 主 対 神 合
(3) 四位基台 ①  神の創造目的の完成基台 ②  存在基台 ③  愛の根本基台 ④  善の根本基台 ⑤  力の根本基台 ⑥  三段階根本基台 ⑦  4、3、12 数の根本基台 主 対 神 合 1) 四者が授受作用して三対象目的が完成されれば...
2) 四位基台の種類  ①個人的四位基台 ②家庭的四位基台  ③主管的四位基台 心 体 神 人 男 女 神 子 人 万 神 理想
<ul><li>3)  四位基台の存在様相 </li></ul><ul><ul><li>円形運動 </li></ul></ul><ul><ul><li>球形運動 </li></ul></ul>上 下 左 右 後 前 絶対価値の基準:神 絶対価値...
4.  神様の遍在性  神    創造目的を完成した世界においては、   神の本性相と本形状の実体となっている 被造物のあらゆる 個性体が 球形運動をなし、 神様が運行することのできる根本的な    基台を造成するようになっている    このよ...
5.  生理体の繁殖  生理体が存続する為には繁殖せねばならず、   その繁殖は授受作用による正分合作用によってなされる 主 対 神 合 オシベ メシベ 神 種 オス メス 神 子
6. 全ての存在が二性性相になっている理由 <ul><li>1) 存在する為に </li></ul><ul><ul><li>①  存在する為に力が必要  </li></ul></ul><ul><ul><li>②  力は授受作用から </li><...
「結論」  宇宙の法則(天道) <ul><li>(1) 存在の原則  : 二性性相で存在 </li></ul><ul><ul><li>① 相対的存在、相応的存在(相対的関係 であって、相克ではない) </li></ul></ul><ul><ul...
1) 存在起源の原則   :  「為に存在」 2) 存在生活の原則  : ①  「為に生きること」  ② 愛すること  ( 怨讐を愛せよ ) ③   より公的に生きねばならない 「結論2」  存在の起源と生活の原則
「参考1」  共産主義人間観 猿 人間 (高等動物)に進化 同類項 ベンツ(高級車) ,  ポニー(軽自動車)を (1)フランス生物学者「ジャン・ラマルク」の学説から出たもの 動物と植物において、環境変化が後孫に遺伝される   構造変化を起こす...
(2) エンゲルスの人間観 エンゲルスは「ジャン・ラマルク」の進化論により人間観を立てる 猿 労働 人間 道具の   使用   言語   理性 (過程) 労働は神である 労働により全ての人間発達をもくろむ理論が   共産主義人間観である(中国の...
(3) 共産主義人間観の問題点 ①  人間を高等動物と見るとき  –  人格に何の必要が ? 猿よりも人間がより大切にされるべき哲学的根拠が   共産主義思想にはない ②  動く物質=機械 自由、創意性は動く物質には必要ない 機械が何の創意性、...
(4) 共産主義人間観の結論 ① 彼らの弁証法論理は闘争を目標としている 闘争において緊要な要素は「憎悪」である ここに共産主義の非人間化現象が起こる ② 人間の命はハエの命と同様だ 共産主義 人命 虐殺 : 総計 1億5千万名(60年間) ソ...
唯物論は観念論哲学である そして人間は物質ではない 主人  –  人間の上にいるのではない。 金日成 主体思想 である       (  、宗教   否定、愛、生命   否定 ) 決定  –  人民大衆が 主体  –  支配階層、資本家、打倒の...
<ul><li>〇 真なる人間観はいかなるものであるべきか ? </li></ul><ul><ul><li>(人間の人権と尊厳性はどこに根拠を置かれなければならないか ? ) </li></ul></ul><ul><ul><li>憲法に ? <...
三、創造目的 1. 創造の動機と目的 (1)  創造の動機 (2) 創造目的 心情 対象 ① 似た対象(創 1/27 ) ② 善の対象(ヨハネ 14/20 ) ③ 完全なる対象 ( マタイ 5/48) ‏ ④ 心情の対象 ( 創 1/28) ‏...
2. 神の喜びのための善の対象 (1) 神の運行  = 四位基台 神の喜び  = 四位基台 創  1/28 (三大祝福) 神 心 体 神 男 女 神性 心情 善民 神 人 万 世界 神人一体( ヨハネ 14/20 ) 神殿 ( コリントⅠ 3/...
        家庭 は 天国 の 基本単位 <ul><li>   ① 構成要因:父母・夫婦・子女(兄弟) </li></ul><ul><li>②  関係性(上下・右左・前後) </li></ul><ul><li> ③ 関係性一体(統一体) <...
<ul><li>④   家庭 の 秩序 は 宇宙秩序 の 基本 </li></ul><ul><li>⑤   家庭 は神様の 創造理想 </li></ul><ul><li>神様は  3 数 (   ・   ・    ) </li></ul><ul...
家庭全体 がなすべきこと <ul><li>( 1 )  一心統一 </li></ul><ul><li>( 2 )  純潔 純血 純愛  ( 絶対性 ) ‏ </li></ul><ul><li>( 3 )  孝子 忠臣 聖人  聖子 の 家庭 の...
人生 の願い <ul><li>人生 の願は 本郷 の地を探すこと </li></ul><ul><li>失った 本郷 の地を探していくこと </li></ul><ul><li>私が生まれた 本郷 とはどこか ? </li></ul>生殖器 男子 ...
3.二重目的 存在 性相的部門 – 性相的目的(全体) 形状的部門 – 形状的目的(個体) 私的 公的 「連体、有機体」 力 素 原 分 植 動 人 神 個人 家庭 氏族 民族 国家 世界 天宙 神
「参考1」  結婚 はなぜするのか ? 1)完全 になるため ① 完全 な   に似るため(結婚する前は半分) ② 神の真の愛を占領する為に ③ 愛の完成 ( 自己完成 )  の為に(愛は相対を通して完成) ④ 生殖器の主人は相対 2)神を完成...
「参考2」   真の父母と成約時代 1) 神の創造理想 ア エ 創 1/28 三大祝福 生育:個性完成 繁殖:家庭完成 主管:主管性完成 言約 旧約 新約 (유대教) (基督教) (統一教) (40年) 世界基督教統一神霊協会(教会) 世界平和...
2) 四大心情圏と三大王権 夫婦   女 完男 神 +- (子女) 父母(現在)人類代表 祖父母(過去)   を代表した位置 子女(未来) 未来の王 三大王権 (家庭) 皇族圏 人類 は    の子女 神 神 子女の心情 兄弟の心情 夫婦の心情...
「参考3」   真の家庭理想 完成 ① 主体となる夫は主体であられる神と一つとなり  妻を完成させる ② 対象となる妻は主体となる夫と一つとなり   夫を完成させる ③ 夫と妻は息子娘として生まれ父母に侍り 成長 完成 する ④ よって夫は母に...
① 主体である兄は主体であられる父母と一つとなり弟・妹を完成させる ② 対象 である弟・妹は主体である兄と一つとなり兄を完成させる ③ 兄と弟・妹は父母様の分身として生まれる ④ 従って兄は父母に侍るように弟・妹に侍り   弟・妹は父母に侍るよ...
3) 真の夫婦は変更できない 子女 夫婦 父母 不変更 不変更 (   ?   )
4)結論 ① 天地の根本法度  : 父子の法度 ② 人生の目的  : 三大祝福完成  ( 神に喜びを返して差し上げる善の対象) ③ 人間完成  :心情完成 ⇒ 生心完成 ⇒ 霊人体完成           四大心情圏完成⇒  真の愛「為に生きる...
四、 創造本然の価値決定とその価値の基準 2. 価値の決定 1. 価値の定義 主体 対象 欲求 充足 内容 性質 (1) 目的観から見た価値決定 主体 目的観 対象 合 例 刀 紙 家 家庭  国家  世界  天宙 孝子 忠臣 聖人 聖子 価値...
ある個性体の創造本然の価値は その個性体が  の創造理想を中心として ある対象として存在する目的と、 それに対する人間主体の創造本然の 価値追求欲が 相対的関係を結ぶことにより 決定 神 創造理想 人間主体 価値追求欲 対象 存在目的 創造本然...
3. 創造本然の価値の基準 神 人間 主体 対象 合 (1) 価値の基準 : 絶対、唯一、永遠、不変 ① 人間 × 主権者 × 指導者 × 知識者 × 良心者 × 四位基台の中心が絶対者 であられる神であるから この価値の基準も絶対者 なる神で...
人間 の心は知・情・意の 3 機能を発揮する 人間の肉身はその心、すなわち 知・情・意の感応体として、 その行動は真・美・善の価値を 追求 するものとして現れる 神は人間の心の主体であられるので 知・情・ 意の主体でもあられる したがって人間は...
5. 愛と美 ,  善と悪 ,  義と不義 神から 分 立されたニ性の実体が 相対基準を造成して授受作用をすることにより 四位基台 を成すようになるとき、 それらが神の第三対象として合性一体化する為に 主体 が対象に与える情的な力を愛といい 対...
(2) 善と悪 神 主体 対象 合 主体と対象が愛と美を良く授け受けして合性一体化することにより、 神の第三対象となり、四位基台を造成することにより 神の創造目的を成就する行為やその行為の結果を善といい、 サタンを中心として四位基台を造成するこ...
(3) 義と不義 善の目的を成していく過程において その  善のための生活的要素を義といい、 悪 ( サタン ) の目的を成していく過程において その 悪のための生活的要素を不義という 人間 善 悪 義          不義 善 のための 生...
五、 被造世界の創造過程と被造物の成長期間 1. 被造世界の創造過程 聖書 の啓示性 6日:創造期間->創造過程 の 6 段階 を意味 1日=24時間( ペテロⅡ  3/8 ) 新生代 中生代 古生代 原生代 始生代 無生代 人間 動物 植物 ...
①  創造過程 から見て (6 日 ) ‏ ②  堕落 から見て(完成後の堕落はありえず) ③  聖書的 に見て ( 創 1/5) ‏ ④  人間に責任分担を下さったことから見て(未完成) 2.被造物 の成長期間 (1)成長期間 がある証拠
蘇生期 長成期 完成期 成長期間 ( 夕 ) ‏ 創 1/5 万物 人 完・万 完・人 原理 自律性 主管性 (生理的人間) (人格的人間) (完全対象) 神 (完全主体) (2)成長期間 : 3段階 ( 朝 ) ‏ 間接主管圏 ( 原理の力)...
(3) 責任分担を与えて下さった理由 ① 神様は人間を創造なさったために人間を主管する資格がある ② 人間も神様の子女となる資格と万物を主管する    資格を得ようとすれば万物を創造しなければならない    しかしながら人間は万物創造の能力がな...
(1)創造原理 から見て(天宙の二重構造) 神 人 無形実体世界 有形実体世界 天 地 (霊界) (自然界) 霊人体 肉身 有限、瞬間 時空制約 対 肉 横 無限、永遠 時空超越 主 霊 縦 ( 木 ) ‏ ( 実 ) ‏ 六、 人間を中心とす...
(3)霊人体創造 から見て 1) 霊人体に関する聖句 2)霊人体 の再出現 (2)聖書 から見て 創世記 1/1  :  神が天地創造(霊界、自然界創造) (創2 / 7 )   ⇒ 命の息  ⇒肉身 (  コリントⅠ15 / 44 )  霊の...
霊人体(生心) 肉身(肉心) 10個月 胎児 胎盤 (生心) (霊体) 100年 永生 ー成長ー 完成 出生 - 個性完成 - 結婚 - 完全 —  永生 水 気 愛 2.人間 の3段階生活 土 地上生活準備 霊界生活準備 真の愛を完成 四大心...
(+) 空気、光 (-) 飲食物 (+) 神の生素 (原理 、愛) 生霊要素  ( + ) ‏ 生力要素(-) (原理 の御言) ( 生活化した人格) 肉体 肉心 霊体 生心 肉身 霊形体 生命体 生霊体 天国 楽園 ルカ 23/43 霊形体級...
(1) 肉身生活の重要性 ①  肉身 を着て霊人体の成長・完成(3段階完成) ③  贖罪は地上でしなければならない . ( 蕩減条件を立てて清算) 善生活 ⇒ 霊人体善化 ⇒ 天国 悪生活 ⇒ 霊人体悪化 ⇒ 地獄 ②  地上生活: 四大心情圏...
私 (2)霊人体 重要性 ①  霊界の主人(愛の主人) ②  肉身の主体 ③  神と霊交(侍って生きる) ④  永生 ⑤  肉身と同一の様相 ⑥  霊人体 に一生が自動的に記録(ビデオテープの如く) (3) 天国と地獄の決定 利己 為己 ...
(4) 生心と肉心の関係から見た人間の心 1) 生心と肉心の関係は性相(主体)と形状(対象)の関係と同じ 神 生心 肉心 心 神 生心 肉心 本心 真理 生心 肉心 良心 目的 ( 自分が真理だと  信じるもの) 性相 形状 合性一体化 すれば...
①  性相 と形状の関係は同じ ②  内と外の関係 ③  本心と良心はいつも神の善なる目的を 指向 しその御心に従うようになる ④  本心と良心は神の御心と方向を異にする 邪心に反発して善を指向するようになる ①  堕落により、生心は神から生素...
(+) 空気、光 (-) 飲食物 生霊要素 生力要素(-) サタン 肉体 肉心 霊体 生心 「参考1」 信仰の必要性 ( 1)ロマ 7/22 : パウロの嘆息 ->  二つの法があることを悟る(天の法、サタンの法) 自己 の考え ( 罪の法)...
(2) サタン分立 ⇒ 自己否定 「 原理で自己拘束」 = 原理的 生活(  式 生活) (為 に生きる) (3) 神の祝福 神様の真の愛、生命、血統相続 付け加えられた真の愛の「純」をよく育てよう ⇒ 「真の愛、真の生命、 真の血統 」 神 ...
<ul><li>(1)霊界 での 3段階 審判 </li></ul><ul><ul><li>①  人格審判 =  愛 </li></ul></ul><ul><ul><li>②  功労審判 = 公的生活 ( 人間は公的存在) </li></ul>...
天国 は探していく所か ? 送ってもらう所か ? 探していく所 ⇒  自身の霊人体を完成して天国になり天国生活 (1)為 に生きたか ? 自己の為に生きた者 ⇒ 地獄 他の為に生きた者 ⇒ 天国 (2)怨讐 を愛したか ? 私を好きな人が何人か...
注意 すべきこと <ul><li>(1)原理 (御言)は私の霊人体の食べ物である </li></ul><ul><ul><li>① 肉の糧食 ー 飲食 </li></ul></ul><ul><ul><li>② 霊の糧食 ー 原理(御言)=「真の愛...
堕落論
 第一節 罪 の根     (一)生命の木と善悪を知る木    (二)蛇の正体     (三)天使の堕落と人間の堕落     (四)善悪の果     (五)罪の根   第二節 堕落の動機と経路     (一)天使の創造とその使命および人間との ...
  人間は誰でも悪を退け、善に従おうとする本心の指向性をもっている。 しかし自分も知らずにある悪の力に駆られ、本心の願わざる悪を行うように なるのである。キリスト教では、この悪の勢力の主体をサタンと呼ぶのである。  神の子女として創造された人間...
1. 罪の根(原罪)     ① 文字?    神のみ言:創 2/17    生命以上の価値    イエスのみ言:マルコ 7/15,  マタイ 15/11                    口(罪にならない) ② 試験 : 愛の神 -  死...
(1) 生命の木と善悪を知る木 ア 旧約 新約 創 3/24   箴 3/12  黙 22/14 生 生 生 黙 22/13 善悪樹 生命樹 創 2/9 善悪の果 箴 11/30; 義人 の実=生命樹 ヨハネ 15/5  ぶどうの木 ロマ 11...
( 2 ) 蛇の正体 ①  人間と対話 ②  の御旨を知 ③  人間誘惑の知恵 ④  所在地;天( 黙 12/9 ) ⑤  能力 ⑥  時空超越 下等動物 霊的存在 (天使) 하
(3)天使の堕落と人間の堕落 巨大な龍 年を経た蛇 天使 姦淫 腰 犯罪 人間 犯罪 創 2/25 創 3/7 ヨブ 31/33 イザヤ 14/12 ペテロⅡ 2/4 ユダ 1/6 ~ 7 悪魔 / サタン (天下) 黙 12/9 ルーシェル ...
①  宗教ごとに淫乱を最高の罪 ②  イスラエル民族の割礼 ③  末世、 淫乱で滅亡 ( 蒔いた通り刈取る ) ‏ ④  社会的現実、 文明の発達と性犯罪 ⑤  遺伝は血統を通して ⑥  国家の興亡盛衰 ー 淫乱( AIDS ) ⑦  青少年堕...
2.  堕落の動機と経路(なぜ堕落?) (1)天使創造目的 <ul><li>1)  僕の使命(ヘブル  1/14 、黙  22/9 ) </li></ul><ul><li>   ① 創 18/10 :  アブラハムに神の重大な祝福の御言を伝...
天使世界 天子 ア エ 天 (2) 堕落の動機と経路 神 霊的堕落  肉的堕落 神 良心の呵責 不安恐怖 天使知恵 霊的堕落 愛の減少感 堕落時の性稟 受け継ぐ ( 堕落性) サタンの子女になる サタンがこの世の主人 結果 肉的堕落 経路   ...
3. 人間はどのようにして成長期間中に   堕落 したのか ? ( 1 ) 愛の力と原理の力 ① 成長期間にある未完成のアダムとエバは非原理的愛  (  の愛)の力によりいつでも堕落する可能性があった ② 機関車も異常なく汽車のレールも異常ない...
( 2 ) 戒めを下さった理由 堕落 を防止するために戒めを下さった    神の直接的な愛の主管を受けることができなかった    未完成期には非原理的な愛の力が発動されれば 堕落 する   ようになるので、堕落を防止する為に戒めを下さった ( ...
神 子女 善 サ 子女 悪 4.  堕落の結果 欲望  愛 行為 善 悪 信 不信 ( 1 ) サタンと堕落人間 動機・方向・目的 (行為・結果自体 Х ) 1)  真の父母 2)  真の子女 3)  真の家庭 (王権) 1) 人間 はサタンの...
「参考」 神の祖国創建 天宙平和統一国 天一国 ①  血統転換 ②  所有権転換 ③  心情圏転換(本性) ー侍る生活実践 1.三大転換 2.三大解放 ① サタンの血統から 解放(根絶) ② サタンの主管から 解放(堕落性) ③ サタンの生活か...
( 2 ) 人間世界に対するサタンの活動 肉身 霊人体 サ 悪霊人 自然界 霊界 悪思考・行動 ルカ  22/3 イスカリオテのユダにサタンが入った
( 3 )目的性 から見た善と悪 神を中心として四位基台を造成したならば、 善の世界を成し遂げていたことだろう。 しかしこれと目的を反対にする愛をもって サタンを中心とした四位基台を造成した為に 悪の世界を成就してしまった。 従って善と悪は同一...
( 4 )罪 とは ? 1) 意味:サタンと相対基準を造成して授受作用をなす       事ができる条件を成立させることによって       天法に違反するようになること 2)  罪の種類 ① 自犯罪 ( 葉 ) ‏ ② 連帯罪 ( 枝 ) ‏...
   天使が神に反逆してエバと血縁関係を結んだ時、 偶発的 に   生じたすべての性稟で、エバとアダムに継承されたもので    あり、堕落性を誘発する根本的な性稟 ア エ サ 神 天 ( 5 )堕落性本性(根性) 神 犠・奉(通) 悪繁殖 (...
5. 自由と堕落 ( 1 ) 自由の原理的 意義  1)  原理を離れた自由はない 自由 行動 意志 心 原理 2)  責任のない自由はない 人間は自由意志によって責任分担を完遂することで完成  従って責任のない自由はない 責任のない自由は自由...
(2) 自由によって堕落したのではない 堕落することで真の自由を失ってしまった サ 神 人 死線 自由 死 生 真の愛 非原理的 愛 自由 ではない
(3) 自由を下さった理由  <ul><li>欲望  : 神から付与された創造本性  </li></ul><ul><li>創造目的  :  喜び ⇒ 喜びは欲望を満たす時感じられるもの </li></ul><ul><li>万一、 人間に欲望がな...
6. 人間堕落行為を干渉し給わなかった理由 (1) 原理の絶対性と完全無欠性のために 蘇生 長成 完成 万 人 完万 完人 間接主管圏 (原理結果主管圏) 自律性 主管性 原理 + 人間責任分担 創造性(第2創造主)    の子女資格 万物主管...
(2) 神のみ創造主であらせられるために 神は創造したものだけ主管 ⇒ 主管、干渉し、創造性を付与 堕落、罪、 地獄はサタンが創造 万一  これを干渉すれば  サタンも悪を創造した第2創造主として認定した結果になる 従って神のみ創造主であらせら...
(3) 人間を万物の主管位に立たせるために 蘇生 長成 完成 万 人 完万 完人 間接主管圏 自律性 主管性 原理 +  人間責任分担 神 直接主管圏 (真の愛) 間接主管圏 の人間を直接主管すれば ⇒  人間は責任分担を完遂できない ⇒  人...
サタンは愛の姦夫である ( 愛の怨讐である ) ‏ (1) サタンは四大心情圏を蹂躪した怨讐中の怨讐である     四大心情圏の蹂躙 ( 娘・姉妹、夫人、母、祖母 ) ‏ (2) 愛の怨讐を愛さなければならない神の心情 (3) 愛の怨讐の息子を...
<ul><li>「参考2」    なぜ 怨讐を愛さなければならないのか ? </li></ul><ul><li>(1) 創造の動機が心情であるために </li></ul><ul><li>① サタンが神に「怨讐を愛さなければならない」と </li...
「参考3」   我々がすること 神 真の父母 無形の真の父母(心) 実体 の真の父母(体) 天地父母統一安着     生活圏 全体 全般 全権 全能 ① 神が信じる者になろう ② 神の心情を知り、慰労して差し上げよう ③ 神を解放して差し上げる...
人類歴史終末論
  第一節  神の 創造目的完成 と人間の堕落      (一) 神の創造目的の完成      (二) 人間の堕落     第二節 救 いの 摂理      (一)救 いの 摂理 はすなわち 復帰摂理 である      (二) 復帰摂理の目的 ...
序論  我々は、人類歴史がいかにして始まり、また、これがどこへ向かって流れているかということを、これまで知らずに生きてきた。したがって人類歴史の終末に関する問題を知らずにいるのである。多くのキリスト教信徒たちは、ただ聖書に記録されていることを文...
ペテロⅡ  3/12   :  天と地  × 、 火の審判 マタイ  24/29  :  太陽、月、星 テサロニケⅠ  4/16-17  :  復活、空中 に引き上げられる 1. 終末の意義 ( 人類歴史の始まりと目的) (1) 本然の歴史 ...
4)聖書  :  生命の木復帰(創  2/9->  黙  22/14 ) 創  2/9 園の中央に命の木と、善悪を知る  木とをはえさせられた 黙  22/14 いのちの木に預かる特権を与えられ・・ 完成 したアダム (真の父) 再臨主 (真...
2. 終末 神 子女 エ ア 善 サ 子女 エ ア 悪 天国 地獄 信 不信 創   2/17 原罪 悔改 祈祷 信仰 救世主 終末 原罪 X 贖罪 X 祈祷 X 信仰 X 救世主 X 終末 X 転換期 (終末) 天上 地上 天上 地上
終末は何度かあった ① ノア  :  創 6/13   ② イエス  :  ヨハネ 5/22,  マラキ 4/1 ③ 再臨  :  マタイ  24/29,  ルカ  17/26 ( ノアの時にあったように、人の子の時にも・・・ ) ‏ ノア イ...
3. 終末の徴候に関する聖句 ( 1 )  地が 滅 ぶ (ペテロⅡ  3/12 ~ 13 ) 文字? 比喩・象徴? ① ノア :  創  6/13 ( 私は彼らを地と共に滅ぼそう ) × ② イエス :  ペテロⅡ  3/12 (天は燃え...
(2)  空中に引き上げられ ( テサロニケⅠ  4/17 ) ‏ 文字? 比喩・象徴: ? 1) 空中に引き上げられ 彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い・・・ 空中に引き上げられ  =   生活理念 が変わる 2)意味 ( サ...
( 3 )  火の審判 ( ペテロⅡ  3/12 ) ヤコブ 3/6 : 舌は火である ヨハネ 5/24   私の言葉を聞いて、私を使わされた方を信じる者は・・ ヨハネ 12/48   私の語ったその言葉が、終わりの日にその人を・・   イ...
( 4 ) 日、月、星 マタイ 24/29   創  37/9-10   わたしはまた夢をみました 。 日と月と十一の星が私を拝みました・・ 文字? 比喩・象徴:  ? 1)日、月、星 2)意味 日 月 星 父 母 兄弟 イエス 聖神 基督教 ...
1)第1祝福復帰現象(個性完成) 第1祝福復帰現象 から見て現世は終末  4. 現世が終末である マタイ  24/32 : イチジクの葉 (1) 三大祝福復帰現象 から見て 博愛主義 本性愛 を探し求める 神の愛で横的に絡み合った世界 本然の...
2)第2祝福復帰現象 三大祝福復帰現象から見た現世は終末 カイン – 人生観 – 人本 ( ヘレニ )  –  唯物 – 共産 アベル  – 人生観 – 神本 ( ヘブラ )  –  唯心 – 民主 アダム 統一 3)第3祝福復帰現象(主...
(2)社会現象 から見て 1) 植えたとおり、刈り入れる 天 エ ア (おじさん) (娘) 母 子 エデンの園のアダムとエバの堕落 ⇒ 不倫  2)近親相関関係 ⇒ 近親相姦関係 社会現象から見て現世は終末
5. 終末と私達の姿勢 (相衝的) 内的:不安・恐怖・混沌 外的 :軋轢・闘争 ①  謙遜な心で祈祷を通して神霊的なものを感得するようにする ②  因習的な観念に執着せず神霊に呼応させて ③ 新しい時代の摂理に新しい真理を探さなければならない ...
メシヤの降臨と その再臨の目的
 第一節  十字架による救いの摂理     (一)メシヤとして降臨されたイエスの目的     (二)十字架の贖罪により救いの摂理は完成されただろうか    (三)イエスの十字架の死    (四)十字架の贖罪による救いの限界とイエス再臨の目的  ...
序論  メシヤという言葉は、ヘブライ語で油を注がれた人を意味するが、特に王を意味する言葉である。イスラエル選民は彼らの預言者たちの預言によって、将来イスラエルを救う救世主を、王として降臨させるという神の御言を信じていた。  これがすなわち、イス...
救援=復帰 キリスト ⇒ 救世主  ⇒  イエス  - 33 才      復活昇天 基督
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
New Presentation of Divine Principle, jap lang
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

New Presentation of Divine Principle, jap lang

2,607

Published on

Japanese language

Published in: Health & Medicine
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,607
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
17
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • New Presentation of Divine Principle, jap lang

    1. 1. 家庭盟誓
    2. 2. <ul><li>① 天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として </li></ul><ul><li> ② 本郷 の地を求め </li></ul><ul><li> ③ 本然 の創造理想 </li></ul><ul><li> ④ 地上天国 と 天上天国を創建すること </li></ul><ul><ul><li>① 関心 を持つ(私は 主人である) </li></ul></ul><ul><ul><li>② 責任 を持つ </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 保護 する </li></ul></ul><ul><ul><li>④ 育成 する </li></ul></ul>主人 「参考」 家庭盟誓1節
    3. 3. <ul><li>  ① 天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として </li></ul><ul><li> ② 神様と真の御父母様に侍り </li></ul><ul><li> ③ 代表的家庭、中心的家庭 となり </li></ul><ul><li> ④ 家庭 では孝子、国家では忠臣、 </li></ul><ul><li> ⑤ 世界では聖人、天宙では聖子の家庭の道理を完成  </li></ul><ul><li>   すること </li></ul>家庭盟誓2節
    4. 4.   ① 天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として  ② 四大心情圏  ③ 三大王権  ④ 皇族圏を完成すること 家庭盟誓3節
    5. 5. <ul><li>  ① 天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として </li></ul><ul><li> ② 神様の創造理想、 </li></ul><ul><li> ③ 天宙大家族を形成し </li></ul><ul><li> ④ 自由と平和と統一と幸福の世界を完成すること </li></ul>家庭盟誓4節
    6. 6. <ul><li>  ① 天一国主人 私達の 家庭 は真の愛を 中心 として </li></ul><ul><li> ② 主体的 天上世界、 </li></ul><ul><li> ③ 対象的 地上世界 の 統一、 </li></ul><ul><li> ④ 前進的 発展 を 促進化 すること </li></ul>家庭盟誓5節
    7. 7. ① 天一国主人 私達の 家庭 は真の愛を 中心 として ② 神様と真の御父母様の 代身家庭 ③ 天運 を動かす 家庭 となり ④ 天の 祝福 を 周辺 に 連結 させる 家庭 を完成すること 家庭盟誓6節
    8. 8. <ul><li>① 天一国主人 私達の 家庭 は真の愛を 中心 として </li></ul><ul><li> ② 本然 の 血統 と 連結 された </li></ul><ul><li> ③ 為 に生きる 生活 を 通 して </li></ul><ul><li> ④ 心情文化世界 を 完成 すること </li></ul>家庭盟誓7節
    9. 9. ① 天一国主人私達の家庭は真の愛を中心として  ② 成約時代 を迎え  ③ 絶対信仰、絶対 愛、絶対服従  ④ 神人愛一体 理想 を成し、  ⑤ 地上天国、 天上天国の解放圏と釈放圏を完成すること 家庭盟誓8節
    10. 10. 統一原理 を 学ぶ 理由
    11. 11. <ul><li>(1) 神観   (人生観・結婚観・国家観・世界観・宇宙観・歴史観) </li></ul><ul><li>(2) 人生   ( 心と体 ・葛藤・対立・闘争) </li></ul><ul><li>       家庭破壊(離婚、不倫)、青少年淪落、 AIDS 問題、学校教育、 </li></ul><ul><li>      労使問題、公害問題、食糧問題、人種差別問題、国境問題、 </li></ul><ul><li>   宗教問題、思想問題(哲学、民主・共産) </li></ul><ul><li>(3) 神観 ・ 霊界 問題 解決のために </li></ul><ul><li>(4) 存在 との 関係 問題 (哲学 の 根本問題) </li></ul><ul><li>   ( 指導者 < 宗教・政治・経済・ 学界・言論界 >がその場凌ぎ ⇒根本解決 不可 ) </li></ul>1.現実世界の全ての問題解決の為に 一、 統一原理を学ぶ理由
    12. 12. (1) 価値観:正しいこと、正しくないことをどう見分けるか ? (善・悪 、真・偽) (2) 価値観 が異なると 考え⇒判断⇒主張⇒決定⇒行動⇒生活方式が異なってくる .  (例: 韓国南北 ⇒  価値観 が異なるゆえに ) ‏ 2 . 真なる価値観 確立の為に
    13. 13. <ul><li>3. 統一世界、平和世界 実現 の 為 に </li></ul>人間は自由、平等、平和、統一、幸福を願う 統一世界、 平和世界はどこから成されるべきか ? 私から ! 個人 の 心 体 統一      真の家庭を通して平和実現      (男子、女子)    真なる者 神様の子女           偽なる者 サタンの子女 私 ? 4. 真なる「私」を知る為に  
    14. 14. 5. 諸問題を解決できない理由   (1) 創造主神様を否定して解決しようとするため (2) 神様を信じつつも神様をのけ者にして     自己中心的に考え、解決しようとするため (3)人間自身 が堕落した人間であることを    認定しようとしないため   
    15. 15. 二、人間 現実世界 のあらゆる 問題出発、解決 の 出発 「 私 」 問題 闘争 平和 統一 問題 闘争 平和 統一 1. 「私」とはどんな存在? 悪 善 体 悲しみ 喜び (不幸) (幸福) 無知  (本性・創造理想) 葛藤・対立・闘争 個人 世界 堕落 「先天」  × 「後天」 ○ 悪行 善行 欲望 心 ( 矛盾した存在) 相反する目的 破滅 邪心 本心
    16. 16.   本然の人間    (神の子女) 本性 人間堕落 2.堕落人間 (1) 理想 喪失 無知 葛藤・対立・闘争 神の創造理想 (理想家庭、国家、世界)
    17. 17. ・ 神様の実存、心情、御旨不知 ・ 人生問題(出発、目的、死後) ・ 善悪問題 ・ 物質世界根本 ・ 自然法則 心 体 霊 肉 堕落人間 心霊 知能 無知 2.堕落人間 (2) 宗教 科学 (主) (対) 物質世界 本質世界 霊的無知 肉的無知 統一
    18. 18. 三、 宗教 と 科学 <ul><li>1.宗教 </li></ul><ul><ul><ul><ul><li>本然 の 世界 は 宗教不必要 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>堕落人間 は 宗教 が 必要 </li></ul></ul></ul></ul><ul><ul><ul><ul><li>現実 の 宗教 はどうか ? </li></ul></ul></ul></ul><ul><li>(1)現実 宗教:責任 果たせず </li></ul><ul><ul><li>1)来世 重点 ⇒ 現実物質 安住 </li></ul></ul><ul><ul><li>2)教理未備点(現実問題解決 できず ) </li></ul></ul><ul><ul><li>3)   の 摂理 を知らず (天運喪失) </li></ul></ul>哲学:神 を証しする学問(宇宙の根本) 宗教: 神に侍って生きる生活を明らかにする事 神
    19. 19. <ul><li>(2) キリスト教 </li></ul><ul><li> 1) 人類救援を標榜して世界宗教となる </li></ul><ul><li> 2) 宗教の根本使命を喪失 </li></ul><ul><li>  ① 心の無知を悟らせ神様の摂理が分かるようにさせる:使命  X </li></ul><ul><li>  ② メシヤを迎えるための新婦使命を果たすべき:使命  X </li></ul><ul><li>( 私は新郎であり、あなたたちは 新婦 だ) </li></ul><ul><ul><ul><li>     神様は私の父 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li> 私は神様の息子 ( 独り子 ) ‏ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li> 新郎新婦 ( 家庭理想 を立てられない ) ⇒ 倫理観・価値観破壊 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>万民兄弟理想を教えられない </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>③ 「地の塩」「世の光」 (マタイ  5/13-16 ) の使命を果たせず </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>  ( この世の事が教会(宗教)内に入り世俗化してしまった) </li></ul></ul></ul>イエス 父子関係 説明 できない
    20. 20. 偽りのオリーブ  の木の畑 真のオリーブ  の木の畑 サ 神 死 ロマ  11/17 : メシヤが来て、偽りのオリブの木を切り         真のオリブに接ぎ木 宗教を信じ宗教で救い(重生)を受けるのではなく、来られたメシヤ (真の父母)を信じ(侍り) 祝福(真の愛)で救いを受ける ④ キリスト教;宗教の使命果たせず 偽りのオリーブ  の木の畑 メシヤ 宗教 真の父母 (天一国) 祝福 イエス 再臨主 = キリスト教 ユダヤ教 統一教 ( 長兄 ) ( 二番目) ( 三番目 ) ‏ 復活 ア エ (堕落世界) 堕落
    21. 21. <ul><ul><li>3) 実践力喪失 </li></ul></ul><ul><ul><li>  ( 理念の未整備で実践力、説得力を喪失) </li></ul></ul><ul><ul><li>4) 儀式と制度の宗教になる </li></ul></ul><ul><ul><li>  ( 神様の摂理の方向感覚を喪失) </li></ul></ul><ul><ul><li>5) 生活の方便(手段)となる </li></ul></ul><ul><ul><li>  ( 神様の理想実現 、なおざりに) </li></ul></ul><ul><ul><li>6) 初代教会精神の喪失(宗教改革の火消える) </li></ul></ul>
    22. 22. 1) 研究対象:有⇒無 2) 壁 に突き当たる 3) 価値観を無視して科学が発達したため、   人類は一方では生活が便利になった反面、   他方では莫大な被害を被っている 2.科学
    23. 23. 四、 原理出現 の 必然性 1. 摂理の時代性から見て(心霊、知能発達) 堕・人 ノア アブラ モーセ イエス 再臨主 箱舟 祭物 律法 福音 新御言 1600 400 400 2000 1600 ( 原理 ) ‏ ( 成約 ) ‏ ( 新約 ) ‏ ( 旧約 ) ‏ ア・エ 完成 神 完成 長成 蘇生
    24. 24. 2.聖書的 に見て (聖書根拠) ① ヨハネ  16/25 :     わたしはこれらのことを比喩で話したが、もはや比喩では話さないで、あからさまに、     父のことをあなたがたに話してきかせる時がくるであろう ② ヨハネ  16/12 :     わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない ③ ヨハネ  16/13 : 真理の聖霊が来る時には、あなたがたをあらゆる 真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、来るべきことをあなたがたに知らせるであろう。 ④ 黙  10/10-11 :    あなたは、もう一度、多くの民族、国民、国語、王たちについて、預言せねばならない ⑤ ルカ  5/38 : 新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである
    25. 25. 五、 原理の使命 1. 現実世界の問題を解決   1)存在 と関係の問題 2)家庭、青少年問題  3)人種差別問題 4)宗教紛争問題  5)国境問題 6) AIDS 問題 7)聖書根本問題(教派) 8)霊界問題(死後世界) 9)思想問題 ( 民主、共産) 10) 真なる価値観問題 2. 真なる価値観 確立 1) 神観を確実に明らかにし 2)霊界 ( 死後の世界の問題 ) を確実に明らかにし   3)真の父母を確実に明らかにし 4)堕落した人間であることを確実に明らかにし 5)蕩減復帰を確実に明らかにし   6)責任分担を確実に明らかにしなければならない
    26. 26. <ul><li>3.統一世界、平和世界実 現 </li></ul><ul><li>  ( 1 ) 神様と真の父母様を中心とする世界大家族実現 ( 天国家族実現 ) </li></ul><ul><li>; 1) 真の父母様を中心とする真の家庭理想実現、絶対純潔(絶対生殖器) </li></ul><ul><li>2) 無知から知へ(堕落人間を創造本然の人間へ) </li></ul><ul><li>     ① 神様が確実に分かるように   ④ 堕落人間(罪人)が分かるように   </li></ul><ul><li>     ② 真の父母が確実に分かるように⑤ 蕩減復帰を確実に分かるように  </li></ul><ul><li>     ③ 霊界が確実に分かるように   ⑥ 責任分担を確実に分かるように </li></ul><ul><ul><li>3) 神様の祖国光復(天一国、 全人類祝福家庭) </li></ul></ul><ul><ul><li>( 2 ) 民主・ 共産主義の根本を明らかに:統一世界、平和世界実現 </li></ul></ul><ul><ul><li>( 3 ) 宗教と科学の統一(思想統一) </li></ul></ul><ul><ul><li>( 4 ) 聖書の根本問題解決(教派統一、宗教統一) </li></ul></ul><ul><ul><li>( 5 ) 人類を新しい世界へ導く(天宙大家族編成) </li></ul></ul><ul><li>4 .   真なる「私」を確立 </li></ul><ul><li>創造本然の人間と堕落した人間の姿を明らかに </li></ul>
    27. 27. 六、 統一原理の構造と中心内容の概観 1. 統一原理の構造 2. 中心内容 前編 – 総序 – 7 章 後編 – 緒論 – 6 章 創造原理 堕落論 復帰 復帰原理 終末論 救主論 復活論 予定論 緒論 復帰摂理 再降臨準備時代 キリスト論 再臨論 イエス様とは誰なのか ? 使命? 真の人間 = メシヤ= 真の父母= 重生 再臨主 = メシヤ= 真の父母= 祝福(重生)              天地 人真の父母 旧約( 39 권) - 使  9/6 メシヤ= イエス様 新約( 27 권) - 黙  22/14 メシヤ =再臨主 聖書 13 章 568p (韓国語版)、(※日本語版 -604p ) 救援= 聖書 の究極の目的 :  を迎えること 原理の究極の目的 :  を迎え の教えを受け   を信じて侍り                  の真の子女となり創造目的 を完成すること メ 統一原理は統一教会の教理ではなく万民が知って生活すべき天道であり原理である 神 メ メ メ メ
    28. 28. 原理 は真の父母様により解かれた 〇 地上、天上 の億万のサタンと闘い勝利し、天の前に 公認 を受け、地上に来て宣布。 生命 の御言 〇 原理 を探し出す難しさ : 太平洋の海原で砂粒を拾い、糸を通して    繋ぎ合わせることより難しいのが原理を探し出すこと 〇 メシヤ ( 真の父母様 ) に会うこと : 太平洋の海原で一匹しかいない         魚を釣り上げるよりもっと難しいのが真の父母に出会うこと 〇 原理 の御言は 20 世紀 に出現した真の愛の原子爆弾 , 永生の原子    爆弾、 救世 の御言、永生の御言、 統一 の御言、 平和 の御言、    祝福の御言 原理 の性格 :絶対的啓示(文献 Χ 、頭脳 Χ ) 1920. 1. 6 韓国 平安北道 定州郡 徳彦面上思里 2221 誕生 1935 年 (16 才 ) 復活節早朝、天の大命を受ける 1945 年 解放前までに天の原理を完全究明、整理 「参考1」
    29. 29. 1935(16 才 ) 4. 17  大命 召命 1935. 4.17 ~ 1945. 8. 15  原理究明 1945 ~ 1952  原理伝播 1952. 5. 10  原理原本( 釜山、大邱、ソウル 伝道) 1954. 5. 1   ソウル、協会創立 1957. 8. 15  原理解説 1966. 5. 1   原理講論 統一原理を根本とし統一思想、勝共理論を明らかにする 「参考2」
    30. 30. お父様が16歳になられた1935年に書かれた祈祷文の詩。 この祈祷の詩が紹介された本の中でお父様は「私は16歳になった歳の復活祭の聖日の朝に イエス様が現れた。 この日から私は神様の御旨を成就させるために天の命ずるままに御旨の道を歩んできた」と あいさつの言葉が残されている 私が人を疑う時、私は苦痛を感じる。 私が人を審判する時、私は耐えられない。 私が人を憎悪する時、私は存在価値を失う。 しかし、もし私が信じれば、私はだまされる。 この夕べ、私は頭を抱え、苦痛と悲しさに震えている。 私は間違っているのか? そうだ。私が間違っているのだ。 「参考 3」 栄光の王冠 ( Crown   of Glory )
    31. 31. しかし、騙されたとしても、私は信じる。 裏切られたとしても、私は許す。 私は憎悪する者を根こそぎ愛するだろう。 涙を拭いて笑顔で迎えよう。 他人を騙すことだけしか知らない者たちを、 裏切っても悔い改めない者たちまでも・・・・・ おお、主よ!愛するという痛みよ。 私の苦痛を見てください。 燃え上がるこの私の胸に主の御手を置いてください。 私の胸は深い苦悩によって破裂しそうだ。 しかし、裏切った者を私が愛する時、私は勝利を得るだろう。 もし、あなたも私のように愛するなら、 私はあなたに「栄光の王冠」を捧げることだろう。                        1935年  文鮮明
    32. 32. この祈祷の詩は、1950年代末アメリカに派遣されたある宣教師によって伝えられる。2001年、 アメリカのある食口がこの詩を読んで感銘を受け、国際詩人協会に送る。世界で一番名誉ある 国際詩人協会の国際名作詩審査委員たちが9つの審査基準によって審査。この詩が最優秀作 として選ばれ、国際詩人協会の年譜で紹介される。2002年には、アメリカのフロリダ州、オーランド で開催された国際詩人協会会議で、この詩が朗読され、会議期間中展示される。このとき授与 されたトロフィーと最優秀賞メダルは天正宮博物館に保管中。 <9つの審査基準> (1)創造性              (6)応集性と結合性 (2)根源性              (7)一貫性 (3)文体                (8)論理性 (4)主題                (9)理解と解析力 (5)言語の駆使と単語の選定能力
    33. 33. 創造原理
    34. 34.   第一節 神の二性性相과と被造世界    (一)神の二性性相    (二)神と被造世界との関係   第二節 万有原力と授受作用 および四位基台    (一)万有原力    (二)授受作用    (三)正分合作用による三対象目的を完成한した四位基台    (四)神の遍在性    (五)生理体の繁殖    (六)すべての存在が二性性相になっている理由   第三節 創造目的    (一)被造世界を創造された目的    (二)神の喜びのための善の 対象   第四節 創造本然の価値    (一)創造本然の価値の決定とその価値の基準    (二)創造本然の知情意と創造本然の真美善    (三)愛と美、善と悪、義と不義   第五節 被造世界の創造過程とその成長期間    (一)被造世界の創造過程    (二)被造物の成長期間   第六節 人間を中心とした無形実体世界と有形実体世界    (一)無形実体世界と有形実体世界    (二)被造世界における人間の位置    (三)肉身と霊人体との相対的関係
    35. 35. (1) 創造原理 とは ? <ul><li>1) よく生きる 法( 設計図 ) </li></ul><ul><li> 物 – 使用法 ( 設計 どおりに 使用 ) - 100V, 220V </li></ul><ul><li>人間 – 生きる 法 ( 創造原理 どおりに生きるべき ) </li></ul><ul><li>2) いつ 決定 されるのか ? </li></ul><ul><li>   物 –工場 で作る時  ( 設計図 )‏ </li></ul><ul><li>人間 – 神様の 創造 時  ( 創造原理 )   </li></ul><ul><li>3) よく生きる 人間 – 創造原理 どおりに生きる人間 </li></ul><ul><li>   よく生きられない 人間 – 創造原理 どおりに生きられない人間 </li></ul><ul><li>    ( 故障 した 人間、重病患者 )‏ </li></ul>人生と宇宙を創造した神の創造の設計図 人生と宇宙を知るためには神をよく知らなければならない 統一原理は教理ではなく、万人が知って 生活すべき真の 原理 である 序論
    36. 36. (2)神観 <ul><li>1 ) 古代哲学 ( ギリシャ哲学 ) ‏ </li></ul><ul><ul><li>質料の本質は規定せず宇宙の原質を扱った </li></ul></ul><ul><ul><li>① タレス – 水 </li></ul></ul><ul><ul><li>② アナクシメネス – 空気 </li></ul></ul><ul><ul><li>③ アナクシマンドロス – 無限者 </li></ul></ul><ul><ul><li>④ ヘラクレイトス – 火 </li></ul></ul><ul><ul><li>⑤ ピタゴラス – 数 </li></ul></ul><ul><ul><li>⑥ パルメニデス – 有 </li></ul></ul><ul><ul><li>⑦ エンペドクレス–土 , 、水、 , 空気 </li></ul></ul><ul><ul><li>⑧ アリストテレス – 第 1 質料 </li></ul></ul><ul><li>2 ) 東洋哲学  – 理気説  :気を各々宇宙の質料と見た . </li></ul><ul><ul><ul><li>気 – 陰 , 陽 </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>木、火、土、金、水 – 五行 </li></ul></ul></ul><ul><li>3)中世時代 哲学論争 </li></ul><ul><ul><li>  宇宙の根源は? ( 神は存在するか否か ) ‏ </li></ul></ul><ul><ul><li>宇宙の本質は? ( 精神か物質か ) ‏ </li></ul></ul><ul><li>4 ) 近世 </li></ul><ul><ul><li>   精神 ( 民主世界 ) ‏ </li></ul></ul><ul><ul><li>   物質 ( 共産世界 ) ‏ </li></ul></ul>
    37. 37. <ul><li>5) 今日の 科学 ( 物理学 )‏ </li></ul><ul><ul><li>物質 の 究極的 原因的 要素 が 力 ( エネルギー ) であることを明らかにしている </li></ul></ul><ul><ul><li>最近 の 量子物理学 はそのエネルギーの 出所 も明らかにするだろう </li></ul></ul><ul><li>6)神 は存在するか ? </li></ul><ul><li>いかに 存在 するか ? (有無論争、本質論争) </li></ul><ul><li>神の 属性 は何であり , どのように知ることができるか ? </li></ul><ul><li>   ( 見えるものを通して知ることができる ) </li></ul><ul><li>7) 既存 の 神観 は 確実 には 説明 できず </li></ul><ul><li>愛 ,  善 ,  生死禍福 ,  審判 ,  絶対・唯一・不変・永遠 の神 </li></ul><ul><li>① 創 1/27 :人間 は神の似姿 ( 何が似ているのかが曖昧 ) ‏ </li></ul><ul><li>② 流出説 ( プロティノス ) – 創造 の 動機、目的 が漠然としている </li></ul><ul><li>8) 統一原理 の 神観 </li></ul><ul><li>確実 である </li></ul>
    38. 38. 1 . 神の 二性性相 <ul><li>〇 出エ 3/14 : 神様は 自存 なさる </li></ul><ul><li>〇 ロマ 1/20 : 神の 神性 と 能力 は 被造万物 に (共通法則 がある ) </li></ul>原 因 結果 神 被・万 (作家) (作品) (共通法則) 存在の法則 因・果法則 相似の 法則 ロマ 1/20 一、 神の二性性相と被造世界
    39. 39. 心情 真の愛(人格) 無限大霊 神: 第一原因 (創造主、絶対者、唯一者) 神 被・万 (共通法則) ロマ 1/20 性相 形状 陰性 陽性 二性性相の中和的統一体 本性相と本形状の関係 ⇒ 完全同一要素(統一体) 水と水蒸気と氷 = H 2 O  ⇒ 二性性相論 = 唯一論 万有原力(能力) 原理、法度、秩序 無限大力 本 本 陽 性 形 陰 二性性相の中和的統一体 格位として見れば男性格主体 属 性 関係 本 力 陰性 陽性 内命性 素粒子 物質(素) 電子 陽子 内命性 原子 物質(原) 陰 イオン 陽 イオン 内命性 分子 体 メシベ オシベ 心 植物 体 メス オス 心 動物 体 女子 男子 心 人間 形状 (外形) 陰性 陽性 性相 (内性) 対象、外的、結果、横的、有形 対象 外的 主体 内的 主体、内的、原因、縦的、無形 関係
    40. 40. ○ 神様は私の父、 私の父母(心情、真の愛、人格、絶対性) ○ 私は神様の子女 :   ⇒  観念ではなく心情的で侍り、仕えて生きなければならない 男性格主体 性相  形状 陽性 陰性 統一体 中和的統一体 男性 (男子) 女性 (女子) 父 (1) 神は二性性相として存在 統一体 心情 ・真の愛・人格 原理・法道・秩序 絶対性 統一体 心情 ・真の愛・人格 原理・法道・秩序 絶対性
    41. 41. ① 心情、 真の愛の本体 ② 情知意、 美真善の本体 ③ 原理、法度、 秩序の根源者 ④ 永遠、不変、絶対、唯一、自存者、 遍在性 ⑤ 真の愛、真の生命、真の血統の根となられる方(根源者) ⑥ 良心の主体 ⑦ 生命の根源者 無限大の霊、無限大の力としておられる(力の本体) (2)  神
    42. 42. 神様の属性 ‏ <ul><li>① 絶対 ・ 唯一 ・ 不変 ・ 永遠 </li></ul><ul><li>② 一心 ・ 一体 ・ 一念 ・ 一核 </li></ul><ul><li>③ 絶対信仰・愛・服従・絶対主人 </li></ul><ul><li>④ 真の愛・生命・血統・真の家庭 </li></ul>静性  動性 純性  愛性  一和 統一 平和   一和 統一 平和   一和 統一 平和   一和 統一 平和
    43. 43. 「参考 1 」 神相 神性 普遍相 個別相 性・形 陽・陰 個性 被造物 神様の側面 心情 :真の愛(人格) Logos : 理法 創造性 : ① 神様の本質的属性 ( 性相の核心) ② 真の愛の根 ③ 神の人格の核 創造の土台が心情(真の愛) 心情 (真の愛)に似なければならない 機能、性質、 能力の側面 理性 = 自律性   法則 = 必然性 神 相互関係性: 正分合作用、四位基台 (構造)
    44. 44. 「参考2」 性相の内部 観念 :具体的 表象 概念 :抽象的 表象 原則 ( 法則 ) :価値法則 , 自然法則 数理 : は高度の数学者 性相 内的性相 ( 機能的要素 ) ‏ 内的形状 ( 形の要素 ) ‏ 知 – 知的機能 , 認識能力 理性 : 普遍的に真理を探求하する能力 悟性 : 論理的に原因 , 理由を能力 感性 : 五官を通して知る能力 ( 直感的認識能力 ) ‏ 情 – 情的 機能 :情感性 ( 喜怒哀楽 感情 , 感じる能力 ) ‏ 意 – 意的 機能 :意欲性 ( 欲求 , 決心 , 決断 能力 ) ‏ 神
    45. 45. 「参考3」 個性の尊貴性の根拠 個性の尊貴性 : 神来性、 絶対性 性相 形状 内的性相 内的形状 神
    46. 46. 「参考4」  宇宙の本質は何か ? (物質 ? 、精神 ? ) 本性相と本形状の関係 完全同一 要素(統一体) 水と水蒸気と氷= H 2 O 二性性相論(統一体) 唯一論 唯一 唯一論 唯一思想 神主義 頭翼思想 (哲学) 唯一者 (科学) 第一原因者 (宗教) 神 唯心論 × 唯物論 × 唯心 × 唯物 × 唯心思想 × 唯物思想 × 民主主義 × 共産主義 × 右翼 × 左翼 × 神思想 真の父母思想 真の愛思想
    47. 47. ① 父子の思想である ② 宇宙の根本法度が父子の法度である ③ 神を父として信じ , 侍り , 仕える唯一思想 ④ 神は観念的存在ではなく、人間과との父子関係としていらっ    しゃる。 創造主 である神は人間の父母であられ、父母でい     らっしゃる。 この思想が唯一思想である。 ⑤ 唯一思想 は 頭翼思想 である(神主義) ⑥ 唯一者の本質属性が心情(真の愛)である 唯一思想 とは何か ? 「参考5」
    48. 48. <ul><li>① 神様は、本性相と本形状の 二性性相 の 統一体 </li></ul><ul><li>② 神様は、本 陽性 と本 陰性 の 中和的統一体 </li></ul><ul><li>③ 神様は、 心情と真の愛の神様 </li></ul><ul><li>( 愛 の 根源者、愛 の 主人) </li></ul>宇宙の根本は何か ? ( 宇宙の根本を求めて) 陽性 陰性 神様は二つの生殖器を持っていらっしゃる。    を使って し 、  する為に人間を創造 男女生殖器( 生殖器で愛そうとする) 愛することで(一体)となる 「参考6」 愛は概念であり 実際ではない 男性 女性 男子 女子 愛 繁殖 体
    49. 49. なぜ神は見ることができず、 感じることができないのか ? <ul><li>(1 )なぜ見ることができないのか ? 無形 にいましたもうためである </li></ul><ul><ul><li>① 肉的五官 で見ることのできるものとできないものがある </li></ul></ul><ul><ul><li>目: 光線○、 X線 × </li></ul></ul><ul><ul><li>耳: 音波○、 超音波 × 、 電波 × </li></ul></ul><ul><ul><li>② 尊いものであるため見ることができない </li></ul></ul><ul><li>(2) なぜ感じることができないのか?一つとなっているからである。 </li></ul><ul><ul><li>① 心臓の鼓動、目のまばたき、呼吸 </li></ul></ul><ul><ul><li>② トイレでの自分の便のにおい </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 気圧(空気) </li></ul></ul>「参考7」
    50. 50. 「参考8」  創造 か ? 進化 か ? <ul><li>(1)「創造」 である。 なぜ創造か ? </li></ul><ul><ul><li>① あらゆる存在はペアで存在 ( 愛ゆえに ) ‏ </li></ul></ul><ul><ul><li>② 種 が違う ( すずめ、ダルマエナガ<鳥の一種> ) ‏ </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 新しいものが出てくるときは新しい力(理想と技術)が投入される </li></ul></ul><ul><ul><li>科学:入力 > 出力     愛:入力 < 出力 </li></ul></ul><ul><li>(2 ) 創造説と進化説論争が終わる </li></ul><ul><li>⇒ 進化ではなく創造である </li></ul><ul><ul><li>① 存在 が先か ?  思惟 が先か ? </li></ul></ul><ul><ul><li>( 動機と目的が先行 ) ‏ </li></ul></ul><ul><ul><li>② すべてのものは愛によって生まれる(存在) </li></ul></ul><ul><ul><li>  したがってすべての存在は対で存在 </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 新しい発展は必ず創造性(新しい理想、技術)が投入されなければならない </li></ul></ul><ul><ul><li> そうでなければ発展できない </li></ul></ul>
    51. 51. 汎神論、流出説 ( プロティノス ) 創造の動機と目的がない  ⇒  基督教の創造説を完全補完 神が被造世界を創造なさるようになった 動機と目的が何なのか ? 創造の動機 :心情と愛 創造目的 : 喜び 心情動機説を明らかにすることで生成説論争終結 創造 か ? 進化 か ? 汎神論、 流出説の論争終結 「参考9」 原理
    52. 52. 2. 神と人間との関係 (1) 心と体の関係 (人間は第二の神) 神 人 心 体 = アダム エバ 神の息子であると同時に神の体 神の娘であると同時に神の相対(アダムの夫人) (第二 の心) (第一 の心) 縦的 愛 横的 愛 人間を神同様に見て 神の言葉として聞け 人間の神聖、価値、尊厳性 真の愛 直短距離 アダムとエバの結婚は神の結婚(実体の神が顕現) アダムとエバの初愛は神の初愛 神は今日まで体を持って実体で愛することがお出来にならなかった。 真の父母様が顕現なさることによってはじめて実現 (第二의 하나님)
    53. 53. (2) 父子の関係 <ul><li>1) なぜ神と人間が父子関係 ? ( 神様は父母、人間は子女である理由 ) ‏ </li></ul><ul><ul><li>① 真の愛は直短距離を通る(真の愛⇒真の生命⇒ 真の血統) </li></ul></ul><ul><ul><li>② あらゆる存在は父母から誕生(血統) </li></ul></ul><ul><ul><li>   子供は父母の完全実体      </li></ul></ul><ul><ul><li>※ 生まれるための 大原則 : </li></ul></ul><ul><ul><li>① 子女は父母の愛から生まれる ②父母のものとして生まれる </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 相対の為に生まれる       ④永生の為に生まれる </li></ul></ul><ul><li>2) 人間の最高の望みは真の父母 となること </li></ul><ul><li>   ① 全ての存在는は父母があってこそ存在 </li></ul><ul><ul><li>② 父母は子女がいてこそ父母となる </li></ul></ul>神 人 父母 子女 母 娘 父 息子 夫 新 郎 妻 新 婦 知 忠孝烈 (侍る) 心情 愛 人格 (資格 を備える) 堕落人間 は 悲しみの対象 (父母安息) 神 人 ( サタン ) ‏ ( 安息 ) (完成) 自分のものではない . 完全に父母のもの
    54. 54. (3) 神の真の子女になろうとするなら ① 神に似なければならない。子供は父母に似なければ(内性、外形、血統) ② 真なる人間は神様に似た人間 絶対性 =絶対神格 (人格)      絶対人格(神格) 神人責任分担完成    =   神人愛一体理想完成 統一体 結論  ①  神様は私の父母 ⇒ 私は神様の子女     ②  真なる人間は神様に似た心情の人間(真の愛) 統一体 絶対、唯一、不変、永遠(個人、夫婦、家庭) 絶対、唯一、不変、永遠 ⑤ 真の愛、真の生命、真の血統 ( 絶対性) 真の愛、真の生命、真の血統 ( 絶対性) ⑥ 絶対信仰、絶対 愛、絶対服従 絶対信仰、絶対 愛、絶対服従 ⑦ ④ ③ ② ① 人間責任 :神に似なければならない . (内容 = 心情 참사랑 人格 原理 秩序 法道 絶対性 ) ‏ 神の責任:ご自身に似せて人間創造 人格創造 自己投入   為 に生きよう        自己展開 (犠牲、奉仕) 創造 自己投入     自己展開 生活의 動機 : 心情 創造の動機 : 心情 本質的 属性 : 心情 、真の愛、生命、血統 , 絶対性 本質的 属性 : 心情   心・体   夫・婦  性相・形状  陽性・陰性 人間 하나님
    55. 55. (4) 真なる教育 神 人 心 体 神 子女 男 女 神性 心情 善民 神 理想 人 万 世界 神人一体 聖殿 完全 1) 神の真の子女となるために 教育 人間教育(心情、規範) 知識教育(技術、知識) 生育 繁殖 主管 マタイ 7/21 : 神のみこころのままに生きる者が天国に行く  2)神と霊界と真の父母が確実に分かるように教育(原理の生活化)  3)統一教育は文化統一の三大要素である   心情統一、思想統一、生活統一を成すようになる 天才 知識(技術・体力) 主管性(主管性完成) 善民 規範教育 繁殖性(家庭完成) 人格者 心情教育 完全性(個性完成) 三大祝福 創造目的  みこころ 教育目標 教育方法 教育理念 創 1/28
    56. 56.  神相的 存在 普遍相 個別相 性・形  統一体 陽・陰  統一体 個性 体 人間 神相的存在 ロゴス的存在 創造的存在 心情的存在 各位的存在 対象各位=対象的存在 主体各位=主体的存在 -> 連帯的存在
    57. 57. (5) 人間はどのような存在なのか ? 1)心情的 存在 心情 知 意 情 真 美 善 (科学・哲学) (倫理・道徳) (芸術) 価値 心の機能
    58. 58. 2) ロゴス的 存在 目的 心情 内・性 内・形 ロゴス =(法則) (理性)= 理法 法則 必然性 機械性 理性 自由性 目的性 自然法則(自然) 価値法則(人間) 宇宙の秩序 家庭の規範 =
    59. 59. (神) 主体 対象 心情 (人) (万) 3)格位的 存在 - (連体) - - (連体) - 合成体 主体 対象 心情 合成体 対象格位 主体格位 対象意識 主体意識
    60. 60. (6)二性性相 が現実世界問題解決の鍵 (性相、形状 は 万能の Key ) 性相 形状 神 性相 形状 人 心情 (心) (体) 従って人間が集まり、生きる所には必ず性相、形状の 均衡 を備え、その存在目的과と価値を達成しなければならない 家庭 家庭 倫理 学校 企業 国家 世界 世界統一 平和理念 教育 理念 企業 倫理 指導 理念 父母 子女 先生 弟子 社長 社員 指導者 国民 人類 国家 (性相) (性相) (性相) (性相) (性相) 必ず性相的 価値観が確立されなければならない 価値観統一 絶対善( 心情の生活 = 為に生きる生活) 人間を見本に森羅万象を創造
    61. 61. 「参考1」    性相と形状の属性としての     現実問題解決 先次 後次 人間 ( 子女) 性相と形状 陽性と陰性 人格の完成 ( 個性完成 , 修身 ) ‏ 夫婦の結合 ( 家庭完成 , 斎家 ) ‏ 神 (父母) 陰 陽
    62. 62. 「参考2」  人間の最後の革命 <ul><li>① 産業、政治、宗教、文化革命 </li></ul><ul><li>問題解決 × 、平和統一世界 × 、 幸福の世界 × </li></ul><ul><li>② 人間革命 </li></ul><ul><ul><li>〇過去革命 ー  「銃、刀」権力 </li></ul></ul><ul><ul><li>〇人間革命 を如何にするのか ? (真の教育) </li></ul></ul><ul><ul><li>〇人間革命 を何をもってなすのか ? </li></ul></ul><ul><ul><li>( 心情を源泉とした原理、真の愛) </li></ul></ul><ul><ul><li>〇人間革命 ⇒ 心情革命 ⇒ 真の愛 ⇒ 真の人格 ⇒ 絶対性革命 </li></ul></ul><ul><ul><li>(根)   (花、香り )    (実)     ( 真の家庭 ) ‏ </li></ul></ul>
    63. 63. 3. 神と被造世界との関係 神 性相 形状 + - + - 被・万 性相 形状 + - + - 形象 象徴 (地図) (国旗) 人 万物 心 体 + - + - = = 創・原 展開 された 個性真理体 関係 有形 無形 外的 内的 (女性格対象) (男性格主体) 横的 縦的 結果 原因 対象 主体 12 ヶ月、 24 節気 12 肋骨( 24 個) 要素、素性、性質 全て具備 5 大洋 6 大州 5 臓 6 腑 万物 の声・音 声帯模写 万物 人間 岩層 骨格 地下水 血管 地表 皮膚 熔岩 骨髄 地層 筋肉 植物 毛根
    64. 64. 周易 聖書 太 神 陰陽     五行    万物             万物 = = 道 ( ヨハネ 1/1 ) 創造原理から見た易学と聖書 ( 一陰一陽之謂道 ) ( 道也者言也 ) ? ? 太 ? ? 神 易学 聖書 人格的存在を説明できず (陰陽) × × 神=父(人格的神は説明) しかし属性は説明できず 性相 形状 神 + - + - 原理 易学と聖書の根本問題を原理で説明 東西洋哲学の思想を統一できる . 言 言 = + -
    65. 65. 西洋の本体論:形相と質料     性相と形状 東洋の本体論:  陰 , 陽   陽性と陰性 西洋文化           統一     東洋文化 「参考」 統一 統一文化
    66. 66. 1.万有原力 存在 ->  力が必要 万有原力 2.授受作用 主 対 授受作用 の力   (結果、対象、外的) 万有原力     (原因、主体、内的) 生存、繁殖、作用 授受作用 ① 神が存在するための根本の力 ② 被造物が存在するための全ての力を 発生 せしめる力の根本 万・原 力 二、 万有原力と授受作用および四位基台 関係
    67. 67. (1) 全ての存在は相対的存在(相応的存在) なぜ相対的存在?:授受作用をするため  発展 何を授け受けるか ? : 愛と美    喜び    幸福 主 対 宇宙 蝶 動物 花 植物 動脈 静脈 導管 篩管 聖書 マタイ 7/2 批判 受けるなら 是認 太陽 地球 惑星 月 鉱物 植物 動物 人間 - + メシベ オシベ メス オス 国民 政府 雇用人 雇用主 部下 上 司 弟子 師 妻 夫 子女 父母
    68. 68. (2) 授受作用から見た良心作用 良心 の力 授受作用 により生じる 全ての人に作用しており、善へと導く 本然の良心の主体は神 本然の人間の良心作用 堕落人間の良心作用 神 本心 真理 良心 = 良心の力->善 真理 良心 = 堕落人間が真理だと 間違って考えていること 良心の力->間違った方向 神 神
    69. 69. (3) 授受作用から見た堕落と救援 神 人 完成人間 堕落人間 救われた人間 神 人 サ メ 人 サ 神 仲保者 テモⅠ 2/5 道 真理 生命 ヨハネ 14/6 神 本心 하 良心  神  神 体(性相) 体(形状) 体 몸 サタン 天 (偽りの愛) (統一完成) (真の愛の感応) 第一 の神 (偽りの私) (4) 本心と良心の作用 性相(心情) ( 真の愛の感応) 第二 の神   父母 よりまさる    先生よりまさる   神様よりまさる (真なる私) 良心に苦痛 (偽りの私) 堕落人間 堕落人間 邪心 サタン 天 邪心
    70. 70. 3.正分合作用 と三対象目的および四位基台 (1)正分合作用 神を正としそれより 分立し再び合性一体化する 作用を正分合作用と言う 神 +- 子女 +- 男 + 女 - 正 分 合 正 反 合 「 神の原理」 「 サタン理論」 人間堕落 より生じる 「授受法」 授受作用 (愛) 「授受法的唯一論」 発展段階3段階 「弁証法」 対立闘争 (憎悪) 「弁証法的唯物論」 フォイエルバッハの唯物論 ヘーゲルの弁証法 組合せ
    71. 71. (2)三対象目的 四者が各各主体の位置に立つ時、残りの三者は 三対象の 位置 に立つ ① 四者が授受作用をすれば 三対象目的が 完成 ② あらゆる 存在の中心は神である ③ あらゆる 動機は神から    自己が動機になってはいけない 主 対 神 合
    72. 72. (3) 四位基台 ① 神の創造目的の完成基台 ② 存在基台 ③ 愛の根本基台 ④ 善の根本基台 ⑤ 力の根本基台 ⑥ 三段階根本基台 ⑦ 4、3、12 数の根本基台 主 対 神 合 1) 四者が授受作用して三対象目的が完成されれば   四位基台 がなされる
    73. 73. 2) 四位基台の種類  ①個人的四位基台 ②家庭的四位基台  ③主管的四位基台 心 体 神 人 男 女 神 子 人 万 神 理想
    74. 74. <ul><li>3)  四位基台の存在様相 </li></ul><ul><ul><li>円形運動 </li></ul></ul><ul><ul><li>球形運動 </li></ul></ul>上 下 左 右 後 前 絶対価値の基準:神 絶対価値:真の愛、真の生命、真の血統 真の愛の特権:同位権、同居権、同参権 ⇒ 相続権
    75. 75. 4. 神様の遍在性 神   創造目的を完成した世界においては、 神の本性相と本形状の実体となっている 被造物のあらゆる 個性体が 球形運動をなし、 神様が運行することのできる根本的な   基台を造成するようになっている   このように神は一切の 被造物 の中に遍在 女 男 人 メス オス 動 メシベ オシベ 植
    76. 76. 5. 生理体の繁殖 生理体が存続する為には繁殖せねばならず、 その繁殖は授受作用による正分合作用によってなされる 主 対 神 合 オシベ メシベ 神 種 オス メス 神 子
    77. 77. 6. 全ての存在が二性性相になっている理由 <ul><li>1) 存在する為に </li></ul><ul><ul><li>① 存在する為に力が必要 </li></ul></ul><ul><ul><li>② 力は授受作用から </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 授受作用を成す為には相対が必要 </li></ul></ul><ul><li>2) 永遠性を持つ為 </li></ul>主 対 万・原 力
    78. 78. 「結論」  宇宙の法則(天道) <ul><li>(1) 存在の原則  : 二性性相で存在 </li></ul><ul><ul><li>① 相対的存在、相応的存在(相対的関係 であって、相克ではない) </li></ul></ul><ul><ul><li>② 相対的存在 = 為に存在(為に生きよう) </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 何故相対的存在か ? :愛ゆえに , 関係 を結ぶために(一体=喜び) </li></ul></ul><ul><ul><li>(主体、対象)   (秩序、倫理、価値 を立てる ) </li></ul></ul><ul><li>(2)存在起源 の原則 :為に存在(為に誕生) </li></ul><ul><ul><li>問題は「自己の為」において生じる </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>利己主義(個人主義) </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>利他主義 </li></ul></ul></ul><ul><li>(3)発展法則  : 授受作用(授受法) </li></ul><ul><ul><li>① 何を授け受けするのか ? : 愛と美 </li></ul></ul><ul><ul><li>② 授受作用 すれば: 一体(合性体)、発展(新生体) </li></ul></ul><ul><li>(4)発展段階  : 3段階(正分合作用) </li></ul><ul><ul><li>① 神の原理:正分合作用( 愛、美 )授受作用 , 授受法的唯一論 </li></ul></ul><ul><ul><li>② サタンの理論:正反合作用( 憎悪・憎しみ )対立闘争 , 弁証法的唯物論 </li></ul></ul><ul><li>(5)存在基台   : 四位基台 </li></ul><ul><ul><li>① 神が中心 </li></ul></ul><ul><ul><li>② 神の創造目的、善の根本基台 </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 絶対価値基準 : 神 </li></ul></ul><ul><ul><li>④ 絶対価値 : 真の愛 </li></ul></ul>
    79. 79. 1) 存在起源の原則 : 「為に存在」 2) 存在生活の原則 : ① 「為に生きること」  ② 愛すること ( 怨讐を愛せよ ) ③ より公的に生きねばならない 「結論2」  存在の起源と生活の原則
    80. 80. 「参考1」  共産主義人間観 猿 人間 (高等動物)に進化 同類項 ベンツ(高級車) , ポニー(軽自動車)を (1)フランス生物学者「ジャン・ラマルク」の学説から出たもの 動物と植物において、環境変化が後孫に遺伝される 構造変化を起こすという点を主張した進化論者である 即ち , 結果が原因に変化を起こすという学説(20世紀に完全消滅) 例) 猿がバナナを食べるために手を伸ばしたから手が長くなった 運送手段の同類項として見る
    81. 81. (2) エンゲルスの人間観 エンゲルスは「ジャン・ラマルク」の進化論により人間観を立てる 猿 労働 人間 道具の 使用   言語   理性 (過程) 労働は神である 労働により全ての人間発達をもくろむ理論が 共産主義人間観である(中国の文化大革命 1966 ~ 1977 )
    82. 82. (3) 共産主義人間観の問題点 ①  人間を高等動物と見るとき – 人格に何の必要が ? 猿よりも人間がより大切にされるべき哲学的根拠が 共産主義思想にはない ②  動く物質=機械 自由、創意性は動く物質には必要ない 機械が何の創意性、自由性を必要とするのか ? ③  一番大きい問題は愛 機械は愛することを知らない 機械には絶対命令、絶対服従だけがあるのみである ボタンを押せば機械は予定されたコースを走るのみ 人間の生命の要素である愛を共産主義人間観に 見出すことはできない
    83. 83. (4) 共産主義人間観の結論 ① 彼らの弁証法論理は闘争を目標としている 闘争において緊要な要素は「憎悪」である ここに共産主義の非人間化現象が起こる ② 人間の命はハエの命と同様だ 共産主義 人命 虐殺 : 総計 1億5千万名(60年間) ソ連:7千万名 中国:6千700万名 カンボジア:300万名 その他地域:1千万名 フランス「ル - フィガロ」誌       (1978年11月18日) 「1億5千万名を60年間で殺すには  10分ごとに 44 名ずつ殺さねばならない」
    84. 84. 唯物論は観念論哲学である そして人間は物質ではない 主人 – 人間の上にいるのではない。 金日成 主体思想 である       ( 、宗教 否定、愛、生命 否定 ) 決定 – 人民大衆が 主体 – 支配階層、資本家、打倒の 対象 自主性 創造性 人間にのみあるのではなく動物にもある 意識性 労働 瞬間の生命 – 肉身生命 – 父母が与える 永遠の生命 – 政治、社会 生命          – 金日成が与える – 父 、 神 である の体、 の子女 心情、ロゴス、創造性 心情(真の愛) 神 は真の愛、真の生命、真の血統の根源者 真の父母様を通して地上、天上に実体 実現 生命 本質 属性 人間 本質 人間 属性 物質 生命 真の父母思想 有神思想 唯一思想 統一思想 父子思想 金日成 無神論思想 主体思想 人間唯一思想 父子思想 マルクス 無神論思想 唯物思想 神 神 神 神
    85. 85. <ul><li>〇 真なる人間観はいかなるものであるべきか ? </li></ul><ul><ul><li>(人間の人権と尊厳性はどこに根拠を置かれなければならないか ? ) </li></ul></ul><ul><ul><li>憲法に ? </li></ul></ul><ul><ul><li>ならば憲法が変われば人権の価値も変わらねばならない ?! </li></ul></ul><ul><ul><li>協約で ? 共同契約で ? </li></ul></ul><ul><ul><li>根拠を置いて人権を主張すれば、その契約が壊れる度ごとに </li></ul></ul><ul><ul><li>人権も変わらなければならない </li></ul></ul><ul><li>〇 ならば人間の権威はどこから出てこなければならないのか ? </li></ul><ul><ul><li>絶対不変な者、絶対価値を所有した者が人権を決定すべきである </li></ul></ul><ul><ul><li>それでこそ人権が永遠で不変なのである </li></ul></ul><ul><ul><li>人間の価値はそれを創られた方だけが決定できる </li></ul></ul>その方が神様である 神格 人格 (真の愛・心情) 神の愛 家庭の愛 国家の愛 人格 人格 - -
    86. 86. 三、創造目的 1. 創造の動機と目的 (1) 創造の動機 (2) 創造目的 心情 対象 ① 似た対象(創 1/27 ) ② 善の対象(ヨハネ 14/20 ) ③ 完全なる対象 ( マタイ 5/48) ‏ ④ 心情の対象 ( 創 1/28) ‏ 喜び 対象 (瞬間) (永遠) 喜び 愛 心情の衝動 対象を愛して 喜ぼうとする 抑制 することのできない 情の衝動心 〇神の本質的属性 〇 真の愛の根(根本) 〇人格の核 無形 実体
    87. 87. 2. 神の喜びのための善の対象 (1) 神の運行  = 四位基台 神の喜び = 四位基台 創 1/28 (三大祝福) 神 心 体 神 男 女 神性 心情 善民 神 人 万 世界 神人一体( ヨハネ 14/20 ) 神殿 ( コリントⅠ 3/16) ‏ 完全 ( マタイ  5/48) ‏ 第一祝福(生育) (個性完成=人格完成) 第二祝福(繁殖) (家庭完成=理想家庭) 第三祝福(万物主管) (主管性完成=理想世界) (2) 三大祝福中の祝福 =祝福結婚( の真の愛、生命、血統、絶対性相続)    絶対性   責任分担解放圏完成    天国人 (心情教育) 善の世界 天国生活 (規範教育) 地上天上天国 天一国 (技術、知識、体育教育) 人 子女 理想 神
    88. 88.         家庭 は 天国 の 基本単位 <ul><li>   ① 構成要因:父母・夫婦・子女(兄弟) </li></ul><ul><li>② 関係性(上下・右左・前後) </li></ul><ul><li> ③ 関係性一体(統一体) </li></ul>妻 夫 父母 ( 祖父母 ) ‏ 子 女 ( 兄弟 ) ‏ 兄 弟 中心 ( 核 ) ‏ 真の愛 中心
    89. 89. <ul><li>④   家庭 の 秩序 は 宇宙秩序 の 基本 </li></ul><ul><li>⑤   家庭 は神様の 創造理想 </li></ul><ul><li>神様は  3 数 (   ・  ・    ) </li></ul><ul><li>   地は   4 数 (    ・   ・    ・子女) </li></ul><ul><li>  家庭 は  7 数 (    ・父母・夫婦・子女) </li></ul>神 アダム エバ 神 アダム エバ 神
    90. 90. 家庭全体 がなすべきこと <ul><li>( 1 )  一心統一 </li></ul><ul><li>( 2 )  純潔 純血 純愛  ( 絶対性 ) ‏ </li></ul><ul><li>( 3 )  孝子 忠臣 聖人  聖子 の 家庭 の 道理 </li></ul><ul><li>( 4 )   真の愛を行い、真の愛の 感応生活 </li></ul><ul><li>  ① 真の愛は 無限 に 投入 して忘れる愛 </li></ul><ul><li>全てのことは 投入 することによって始まるので </li></ul><ul><li>    真の愛は通じないものはない </li></ul><ul><li>② 真の愛の 基盤 は 家庭 である </li></ul><ul><li>家庭 は 父母・夫婦・子女 がお互い 関係 を結んで </li></ul><ul><li>    生活するところ    ( 真の愛で 関係 ) ‏ </li></ul>
    91. 91. 人生 の願い <ul><li>人生 の願は 本郷 の地を探すこと </li></ul><ul><li>失った 本郷 の地を探していくこと </li></ul><ul><li>私が生まれた 本郷 とはどこか ? </li></ul>生殖器 男子 ― 精子 ( 種 ) 女子 - 卵子 ( 卵 )   生殖器 <ul><li>精子は卵子を食べて生き、卵子は精子を食べて生きる </li></ul><ul><li>本郷 の地は真の愛があるところ </li></ul><ul><li>                              絶対性 </li></ul>
    92. 92. 3.二重目的 存在 性相的部門 – 性相的目的(全体) 形状的部門 – 形状的目的(個体) 私的 公的 「連体、有機体」 力 素 原 分 植 動 人 神 個人 家庭 氏族 民族 国家 世界 天宙 神
    93. 93. 「参考1」  結婚 はなぜするのか ? 1)完全 になるため ① 完全 な   に似るため(結婚する前は半分) ② 神の真の愛を占領する為に ③ 愛の完成 ( 自己完成 ) の為に(愛は相対を通して完成) ④ 生殖器の主人は相対 2)神を完成させ、愛を解放する為に アダム・エバの結婚 :  の結婚  の実体顕現            初愛 :    初愛                     の愛と人間の愛の 一致点 : 生殖器 人間創造目的( の体、愛の対象、繁殖) 4 ) 天宙平和の王天地人真の父母平和統一安着の為に(祝福聖婚) は無形の天宙真の父母 は有形の天地真の父母 心 体 愛 ( 神殿) (繁殖) 血統 生命 3 ) 神の真の愛、真の生命、真の血統を繁殖する為に(永遠) 神 神 神 神 神 神 神 ア エ 一心 一念 一体 一和 平和 統一
    94. 94. 「参考2」   真の父母と成約時代 1) 神の創造理想 ア エ 創 1/28 三大祝福 生育:個性完成 繁殖:家庭完成 主管:主管性完成 言約 旧約 新約 (유대教) (基督教) (統一教) (40年) 世界基督教統一神霊協会(教会) 世界平和統一家庭連合(家庭) 天宙平和統一家庭堂(天一国) 蕩減 祝福家庭 氏族メシヤ 家庭盟誓  ( 真の父母様の生活の核、家庭の法、絶対性家庭) 「 真の父母」 創造理想完成 「 真の父母」 完成 完結  解放 釈放 (創造理想主管圏) 成約 祝福家庭 宗族祝福完了 御言訓読家庭教会 神様の祖国光復(天一国) 蕩減復帰 (家庭連合)(天一国) 天宙平和の王 天地人真の父母様 天宙平和の王天地人真の父母様平和統一 祝福家庭王即位式 天地人真の父母様天一国開門祝福聖婚式 天地人父母    王権樹立 天地人真の父母統一安着 真の父母 祝福 (真の愛、生命、血統、絶対性)      原理 と御言 メシヤ  真の愛 ( 種 ) 、原理 (分捧王)
    95. 95. 2) 四大心情圏と三大王権 夫婦   女 完男 神 +- (子女) 父母(現在)人類代表 祖父母(過去)   を代表した位置 子女(未来) 未来の王 三大王権 (家庭) 皇族圏 人類 は   の子女 神 神 子女の心情 兄弟の心情 夫婦の心情 父母の心情 完 ア エ
    96. 96. 「参考3」   真の家庭理想 完成 ① 主体となる夫は主体であられる神と一つとなり 妻を完成させる ② 対象となる妻は主体となる夫と一つとなり   夫を完成させる ③ 夫と妻は息子娘として生まれ父母に侍り 成長 完成 する ④ よって夫は母に侍るように妻に侍り   妻は父に侍るように夫に侍り生活しながら   互いを完成させる ⑤ そうして完全なる神に似た真の夫婦となり 完全なる真の父母となる 1) 夫婦理想の完成(父母理想の完成) 妻 神 神 夫 人間 主体 主体 対象 対象 主体 ( 息子 ) ( 娘 ) ‏
    97. 97. ① 主体である兄は主体であられる父母と一つとなり弟・妹を完成させる ② 対象 である弟・妹は主体である兄と一つとなり兄を完成させる ③ 兄と弟・妹は父母様の分身として生まれる ④ 従って兄は父母に侍るように弟・妹に侍り   弟・妹は父母に侍るように兄に侍り 生活しながら、互いを完成させる ⑤ そうして父母に似た真の子女となり真の兄弟となる 2) 兄弟理想の完成(子女理想の完成) 弟・妹 父母 父母 兄 子女 主体 主体 対象 対象 主体
    98. 98. 3) 真の夫婦は変更できない 子女 夫婦 父母 不変更 不変更 (  ?   )
    99. 99. 4)結論 ① 天地の根本法度  : 父子の法度 ② 人生の目的  : 三大祝福完成  ( 神に喜びを返して差し上げる善の対象) ③ 人間完成  :心情完成 ⇒ 生心完成 ⇒ 霊人体完成           四大心情圏完成⇒ 真の愛「為に生きる生活」 ④ 天国基本単位 = 家庭(三大王圏)   真の父母=真の子女 三大主体思想   真の師=真の弟子    (三大対象思想)        真の主人=真の国民 ⑤ の御意 ⇒ 創造目的 ⇒ 三大祝福完成 ⇒ 四位基台 神 マタイ  7/21 私に向かって『主よ、主よ』と言う者が皆、天国に入るのではなく、 天にいますわが父の御旨を行う者だけが入るのである。
    100. 100. 四、 創造本然の価値決定とその価値の基準 2. 価値の決定 1. 価値の定義 主体 対象 欲求 充足 内容 性質 (1) 目的観から見た価値決定 主体 目的観 対象 合 例 刀 紙 家 家庭 国家 世界 天宙 孝子 忠臣 聖人 聖子 価値 ( 心 ) ‏ ( 体 ) ‏ ( 私 ) ‏
    101. 101. ある個性体の創造本然の価値は その個性体が の創造理想を中心として ある対象として存在する目的と、 それに対する人間主体の創造本然の 価値追求欲が 相対的関係を結ぶことにより 決定 神 創造理想 人間主体 価値追求欲 対象 存在目的 創造本然の価値 従って対象が創造本然の価値を 持つためには、 それが人間主体との授受作用により 合性一体化 することによって、 の 第三対象となり創造本然の 四位基台 を成さねばならない 神 人間 主体 対象 合 第三対象 神 神 創造本然の四位基台 (2) 創造本然の価値決定
    102. 102. 3. 創造本然の価値の基準 神 人間 主体 対象 合 (1) 価値の基準 : 絶対、唯一、永遠、不変 ① 人間 × 主権者 × 指導者 × 知識者 × 良心者 × 四位基台の中心が絶対者 であられる神であるから この価値の基準も絶対者 なる神である それゆえに、 絶対者であられる神を基準として これに対して相対的に決定されるある対象の 創造本然の価値も絶対的である ② 神様      メシヤ (真の父母) 高麗 – 忠臣 李朝 - 逆賊 韓国 - 忠臣 日本 – 怨讐 日本 - 忠臣 韓国 - 怨讐 例 鄭夢周 李舜臣 伊藤博文
    103. 103. 人間 の心は知・情・意の 3 機能を発揮する 人間の肉身はその心、すなわち 知・情・意の感応体として、 その行動は真・美・善の価値を 追求 するものとして現れる 神は人間の心の主体であられるので 知・情・ 意の主体でもあられる したがって人間は創造本然の価値実現欲 によって 心で神の知・情・意に感応し 体でこれを行動することによってはじめてその行動は 創造本然の真・美・善の価値をあらわすようになる 4. 創造本然の知・情・意と真・美・善 人 神 心 体 知    情    意 知    情    意 真    美    善   (価値) (感応) (行動)
    104. 104. 5. 愛と美 , 善と悪 , 義と不義 神から 分 立されたニ性の実体が 相対基準を造成して授受作用をすることにより 四位基台 を成すようになるとき、 それらが神の第三対象として合性一体化する為に 主体 が対象に与える情的な力を愛といい 対象が主体に返す情的な力を美という 愛の力は動的であり 美 の刺激は靜的である 愛 美 神 主体 対象 合 (1) 愛と美 父母 の愛 夫婦 の愛 子女 の愛 忠( 神を征服すること) 孝( 父母を征服すること) 烈( 相対を征服すること ; 烈男、烈女) 種類 種類
    105. 105. (2) 善と悪 神 主体 対象 合 主体と対象が愛と美を良く授け受けして合性一体化することにより、 神の第三対象となり、四位基台を造成することにより 神の創造目的を成就する行為やその行為の結果を善といい、 サタンを中心として四位基台を造成することにより サタンの目的を成就する行為やその行為の結果を悪という サ 主体 対象 合 善 悪
    106. 106. (3) 義と不義 善の目的を成していく過程において その 善のための生活的要素を義といい、 悪 ( サタン ) の目的を成していく過程において その 悪のための生活的要素を不義という 人間 善 悪 義          不義 善 のための 生活的要素 悪 のための 生活的要素
    107. 107. 五、 被造世界の創造過程と被造物の成長期間 1. 被造世界の創造過程 聖書 の啓示性 6日:創造期間->創造過程 の 6 段階 を意味 1日=24時間( ペテロⅡ  3/8 ) 新生代 中生代 古生代 原生代 始生代 無生代 人間 動物 植物 海 陸地 有水 時代 無水 時代( Gas ) 科学 哺乳類 人間 魚 鳥 日 月 星 海 陸地 植物 大空 上の水 下の水 光 闇 聖書 創 1/1-31 節 6 日 5 日 4 日 3 日 2 日 1 日
    108. 108. ① 創造過程 から見て (6 日 ) ‏ ② 堕落 から見て(完成後の堕落はありえず) ③ 聖書的 に見て ( 創 1/5) ‏ ④ 人間に責任分担を下さったことから見て(未完成) 2.被造物 の成長期間 (1)成長期間 がある証拠
    109. 109. 蘇生期 長成期 完成期 成長期間 ( 夕 ) ‏ 創 1/5 万物 人 完・万 完・人 原理 自律性 主管性 (生理的人間) (人格的人間) (完全対象) 神 (完全主体) (2)成長期間 : 3段階 ( 朝 ) ‏ 間接主管圏 ( 原理の力) (原理結果主管圏) 直接主管圏 ( 真の愛の主管) 人間責任分担 責任 95 %    責任 5 %     の御旨完成 100 % 人 神 + = 神 + = 人格創造 〇創造主 (第二創造主) 〇 神の子女の資格 〇万物を主管する資格   ( 主管の主人) 〇創造の偉業に加担 人間に責任分担を下さった理由 第一日 (神の御言)    (信、実践) 夜
    110. 110. (3) 責任分担を与えて下さった理由 ① 神様は人間を創造なさったために人間を主管する資格がある ② 人間も神様の子女となる資格と万物を主管する    資格を得ようとすれば万物を創造しなければならない    しかしながら人間は万物創造の能力がない ③ ゆえに神様は人間が万物を創造する代わりに    人間が自身の人格を創造することによって神様の    子女となる資格と万物を主管する資格を与えて下さったのである ④ それでは人格の創造はどのように成されるのか ?    神様の 95% の責任分担として御言を下されば、    人間の5 % の責任分担として人間自身が神様の御言どおりに    自我主管または自己主管するとき人格が創造され完成するのである   ( 神様の御言を信じて実践することが絶対性 自我主管である) ⑤ これが神様が人間に責任分担を与えて下さった理由である     *「絶対性」の上に責任分担解放圏完成
    111. 111. (1)創造原理 から見て(天宙の二重構造) 神 人 無形実体世界 有形実体世界 天 地 (霊界) (自然界) 霊人体 肉身 有限、瞬間 時空制約 対 肉 横 無限、永遠 時空超越 主 霊 縦 ( 木 ) ‏ ( 実 ) ‏ 六、 人間を中心とする無形実体世界と有形実体世界 1.霊界 はあるのか ? あるなら私とどういう関係なのか ? (霊的五官) (肉的五官) 人間の位置 ① 天宙総合実体相 ② 中間媒介体 ( 和動の中心体) ③ 二つの世界の主管主 永生 (神) (土) 天宙 形状 体 性相 心 ヘブル 8/5 = =
    112. 112. (3)霊人体創造 から見て 1) 霊人体に関する聖句 2)霊人体 の再出現 (2)聖書 から見て 創世記 1/1 :  神が天地創造(霊界、自然界創造) (創2 / 7 )   ⇒ 命の息  ⇒肉身 ( コリントⅠ15 / 44 )  霊の体= 再び生きる  肉の体= ( 伝道の書 12 / 7) 霊は神に帰る   ⇒ ちりは      ⇒   土に還る マタイ 17/1-10 : モーセとエリヤがイエスと共に ルカ 9/28-30 : 二人の人がイエスと語り合っていた。それはモーセとエリヤ・・ 使徒 9/3-5 :サウロよサウロ、なぜ私を迫害するのか ? コリントⅡ 12/1-4 : それが体のままであったか、私は知らない。体を離れて・・・ 黙 22/20 : アーメン、主イエスよ来りませ ルカ 16/19-26 : ラザロという乞食とある金持ちの黄泉での話 永生 鼻 土 蒔かれ
    113. 113. 霊人体(生心) 肉身(肉心) 10個月 胎児 胎盤 (生心) (霊体) 100年 永生 ー成長ー 完成 出生 - 個性完成 - 結婚 - 完全 —  永生 水 気 愛 2.人間 の3段階生活 土 地上生活準備 霊界生活準備 真の愛を完成 四大心情圏完成     に侍り 永遠に喜ぶ 霊界 に行けば驚く(なぜ ? 私が二人!霊人体が出てくる!痛くない! ) 神 母胎内生活 地上生活 霊界生活 生じて 昇華
    114. 114. (+) 空気、光 (-) 飲食物 (+) 神の生素 (原理 、愛) 生霊要素 ( + ) ‏ 生力要素(-) (原理 の御言) ( 生活化した人格) 肉体 肉心 霊体 生心 肉身 霊形体 生命体 生霊体 天国 楽園 ルカ 23/43 霊形体級 霊界 3. 肉身と霊人体の構造および相対的関係 人間の完成 ⇒ 霊人体完成 ⇒ 生心完成 ⇒ 心情完成(真の愛完成) 肉身 霊人体 絶対性完成( 真の血統完成 ) ‏ 蘇生期 長成期 完成期
    115. 115. (1) 肉身生活の重要性 ① 肉身 を着て霊人体の成長・完成(3段階完成) ③ 贖罪は地上でしなければならない . ( 蕩減条件を立てて清算) 善生活 ⇒ 霊人体善化 ⇒ 天国 悪生活 ⇒ 霊人体悪化 ⇒ 地獄 ② 地上生活: 四大心情圏完成->真の愛体恤(真の愛完成) ④ 肉身 ⇒ 霊人体 誕生(繁殖) ⑤ 地上生活は霊界を決定する 肉身生活 霊人体は人生の最高作品 「結論」  なぜ人間は善に生きるべきか ? ⇒ 霊界 があるからである
    116. 116. 私 (2)霊人体 重要性 ① 霊界の主人(愛の主人) ② 肉身の主体 ③ 神と霊交(侍って生きる) ④ 永生 ⑤ 肉身と同一の様相 ⑥ 霊人体 に一生が自動的に記録(ビデオテープの如く) (3) 天国と地獄の決定 利己 為己 利他 為他 地獄 天国 (自我的自覚) (他我的自覚) = =
    117. 117. (4) 生心と肉心の関係から見た人間の心 1) 生心と肉心の関係は性相(主体)と形状(対象)の関係と同じ 神 生心 肉心 心 神 生心 肉心 本心 真理 生心 肉心 良心 目的 ( 自分が真理だと  信じるもの) 性相 形状 合性一体化 すれば 作用体 を成すようになる (合性一体化 した心) 肉心:肉身 と共に消滅 本心:霊人体 の中に残る (合性一体化 した心) 堕落人間⇒善 くいきようとする本心の指向性は持っている しかし絶対真理の基準喪失 ⇒ 各自の良心基準も自分が真理だと思うものを中心として異なる 理念と思想が異なれば良心の指向性も異なる理由がここにある
    118. 118. ① 性相 と形状の関係は同じ ②  内と外の関係 ③ 本心と良心はいつも神の善なる目的を 指向 しその御心に従うようになる ④ 本心と良心は神の御心と方向を異にする 邪心に反発して善を指向するようになる ① 堕落により、生心は神から生素をきちんと受けられ   なくなり、未熟な状態でサタンの影響 化に置かれる   ようになった ② このような生心は肉心に対して主体的な立場に立つ   こともできず却って肉心の主管を受けるようになる ③ このように未熟な生心がサタンの主管下にある 肉心と授受作用をし 合性一体化 した心を   邪心という 神 本心 良心 心 性相 形状 サタン 生心 肉心 邪心 2) 本心と良心との関係 3) 堕落人間の生心と肉心
    119. 119. (+) 空気、光 (-) 飲食物 生霊要素 生力要素(-) サタン 肉体 肉心 霊体 生心 「参考1」 信仰の必要性 ( 1)ロマ 7/22 : パウロの嘆息 -> 二つの法があることを悟る(天の法、サタンの法) 自己 の考え ( 罪の法) ( 天の法) 為に生きること 自己の 動機  天が動機 ヨハネⅠ  1/8-9 もし、罪がないというなら、それは自分を欺くことであって、 真理は私達の内にない もし、罪を犯したことがないというなら、それは神を偽りものとするので あって、神の言葉は私達の内にない (+) 神の生素 (原理 、愛) (原理 の御言) ( 生活化した人格)
    120. 120. (2) サタン分立 ⇒ 自己否定 「 原理で自己拘束」 = 原理的 生活( 式 生活) (為 に生きる) (3) 神の祝福 神様の真の愛、生命、血統相続 付け加えられた真の愛の「純」をよく育てよう ⇒ 「真の愛、真の生命、 真の血統 」 神 純潔 - 純血 - 純愛 - 純婚 (孝、忠、烈) - 純家 - 純国 - 純世 - 純天 (天一国) 絶対性
    121. 121. <ul><li>(1)霊界 での 3段階 審判 </li></ul><ul><ul><li>①  人格審判 =  愛 </li></ul></ul><ul><ul><li>②  功労審判 = 公的生活 ( 人間は公的存在) </li></ul></ul><ul><ul><li>③  公金審判 = 全ての物が 公的であること </li></ul></ul><ul><li>(2)人間 が守らなければならない3大鉄則 </li></ul><ul><ul><li>①   血統の保存(純潔) </li></ul></ul><ul><ul><li>②   人権蹂躙の禁止 </li></ul></ul><ul><ul><li>③   公金略取の禁止 </li></ul></ul>「参考2」
    122. 122. 天国 は探していく所か ? 送ってもらう所か ? 探していく所 ⇒ 自身の霊人体を完成して天国になり天国生活 (1)為 に生きたか ? 自己の為に生きた者 ⇒ 地獄 他の為に生きた者 ⇒ 天国 (2)怨讐 を愛したか ? 私を好きな人が何人かでもいるのか ? 後孫が地上生活を間違えば自身も地獄に行き 天上にいらっしゃる先祖たちも地獄に行く 「参考3」
    123. 123. 注意 すべきこと <ul><li>(1)原理 (御言)は私の霊人体の食べ物である </li></ul><ul><ul><li>① 肉の糧食 ー 飲食 </li></ul></ul><ul><ul><li>② 霊の糧食 ー 原理(御言)=「真の愛」 </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 原理 を聞いて忘れれば、サタンの考えとサタンの言葉だけが残る </li></ul></ul><ul><li>(2) 悔改祈祷は私の霊人体の空気である </li></ul><ul><li>   ①毎日祈祷をしなければ、空気がないから死んだ者である </li></ul><ul><li>   ②祈祷は との対話であるから と対話 しなければ </li></ul><ul><li>    サタンと対話するようになる </li></ul><ul><li>(3)不平、 不満は私の霊人体の毒薬(死薬) </li></ul>(4)審判 ① 御言審判:御言を体得したか ? ② 人格審判: 御言を実践したか ? ③ 心情審判 :愛したか ? を愛したか ? を愛したか ? を愛したか ? 神 神 神 人 万 為 に生きよう 「参考4」 - 終 -
    124. 124. 堕落論
    125. 125.  第一節 罪 の根    (一)生命の木と善悪を知る木    (二)蛇の正体    (三)天使の堕落と人間の堕落    (四)善悪の果    (五)罪の根  第二節 堕落の動機と経路    (一)天使の創造とその使命および人間との 関係    (二)霊的堕落と肉的堕落  第三節 愛の力と原理の力および信仰のための戒め    (一)愛の力と原理の力から見た見た 堕落    (二)信仰のための戒めを下さった目的    (三)信仰のための戒めが必要な期間  第四節 人間堕落の結果    (一)サタンと 堕落人間    (二)人間世界に対するサタンの活動    (三)目的性から見た善と悪    (四)善神の業と悪神の業    (五)罪    (六)堕落性本性  第五節 自由と堕落    (一)自由の原理的意義    (二)自由と人間の堕落    (三)自由と堕落と復帰  第六節 神様が人間始祖の堕落行為を干渉し給わなかった理由    (一)創造原理の絶対性と完全無欠性の為に    (二)神のみ創造主であらせられるために    (三)人間を万物の主管位に立たせるために
    126. 126.   人間は誰でも悪を退け、善に従おうとする本心の指向性をもっている。 しかし自分も知らずにある悪の力に駆られ、本心の願わざる悪を行うように なるのである。キリスト教では、この悪の勢力の主体をサタンと呼ぶのである。  神の子女として創造された人間は、蛇に表示されたサタンの誘惑によって、 神がとって食べたら死ぬと警告した善悪の実を取って食べ、原罪を持ち、 サタンの子女になり、悪の勢力の主人になった。  堕落論では罪の根(原罪)、サタンの正体、堕落の動機と経路、人間堕落の 結果、全知全能であられる神が人間の堕落行為を干渉したまわなかった 理由など、堕落と罪の根本問題を究明している。 序論
    127. 127. 1. 罪の根(原罪)     ① 文字?    神のみ言:創 2/17   生命以上の価値    イエスのみ言:マルコ 7/15, マタイ 15/11                    口(罪にならない) ② 試験 : 愛の神 -  死ぬということをもって試験をしない ③ 比喩 : 善悪の果がどのようなものであっても許せ         ずに追放 ?      (イエス  ;  許し、怨讐を愛する) 善悪の果 死   善悪の果は何を比喩していたのか ?
    128. 128. (1) 生命の木と善悪を知る木 ア 旧約 新約 創 3/24  箴 3/12 黙 22/14 生 生 生 黙 22/13 善悪樹 生命樹 創 2/9 善悪の果 箴 11/30; 義人 の実=生命樹 ヨハネ 15/5  ぶどうの木 ロマ 11/17  真のオリーブの木 人間= 木 完成女性 (エバ) 完成男性 (アダム) 愛 エ 天 神 善果 悪果 愛 悪 木   (責任)   善木 〇生命樹 創造理想を完成したアダム 〇善悪樹 創造理想を完成したエバ 〇善悪果    エバの愛 アダム  イエス  再臨主 α ω 예수님
    129. 129. ( 2 ) 蛇の正体 ① 人間と対話 ② の御旨を知 ③ 人間誘惑の知恵 ④ 所在地;天( 黙 12/9 ) ⑤ 能力 ⑥ 時空超越 下等動物 霊的存在 (天使) 하
    130. 130. (3)天使の堕落と人間の堕落 巨大な龍 年を経た蛇 天使 姦淫 腰 犯罪 人間 犯罪 創 2/25 創 3/7 ヨブ 31/33 イザヤ 14/12 ペテロⅡ 2/4 ユダ 1/6 ~ 7 悪魔 / サタン (天下) 黙 12/9 ルーシェル ヨハネ 8/44 マタイ 3/7 マタイ 23/33 ロマ 8/23 堕落人間= 子女 コリントⅡ 4/4 ヨハネ 12/31 〇 蛇 ( サタン ) :堕落した天使長ルーシェル (この世の神、王のふり ) 〇 罪の根 :堕落した天使長と との不倫なる愛(血縁)の関係 (淫乱) 〇 堕落した人間 :サタンの息子 (僕の偽りの愛、生命、血統を受け継ぐ) サ エ
    131. 131. ① 宗教ごとに淫乱を最高の罪 ② イスラエル民族の割礼 ③ 末世、 淫乱で滅亡 ( 蒔いた通り刈取る ) ‏ ④ 社会的現実、 文明の発達と性犯罪 ⑤ 遺伝は血統を通して ⑥ 国家の興亡盛衰 ー 淫乱( AIDS ) ⑦ 青少年堕落、 10 代反抗、家庭倫理破壊 宗教禁欲:創 1/28 と 矛盾 カトリック:矛盾(神父、修道女は禁欲:信徒は結婚) 天 エ ア (おじ) (娘) 母 子 証拠
    132. 132. 2. 堕落の動機と経路(なぜ堕落?) (1)天使創造目的 <ul><li>1) 僕の使命(ヘブル  1/14 、黙  22/9 ) </li></ul><ul><li>   ① 創 18/10 : アブラハムに神の重大な祝福の御言を伝える </li></ul><ul><ul><li>② マタイ  1/20, ルカ 1/31 : キリストの受胎に関する知らせを伝える </li></ul></ul><ul><ul><li>③ 使  12/7-10 : 獄中で鎖で縛られたペテロを助ける </li></ul></ul><ul><li>2) 頌栄 </li></ul><ul><ul><li>① 黙  5/11 : 御座と生き物と長老たちとの周りに、多くの天使の声を </li></ul></ul><ul><ul><li>   聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍であった。 </li></ul></ul><ul><ul><li>② 黙  7/11 : 天使達は皆、御座、長老達、そして四つの生き物の周りに </li></ul></ul><ul><ul><li>   立っていたが、御座の前にひれ伏し、神を礼拝して・・・ </li></ul></ul>
    133. 133. 天使世界 天子 ア エ 天 (2) 堕落の動機と経路 神 霊的堕落  肉的堕落 神 良心の呵責 不安恐怖 天使知恵 霊的堕落 愛の減少感 堕落時の性稟 受け継ぐ ( 堕落性) サタンの子女になる サタンがこの世の主人 結果 肉的堕落 経路    の前に再び帰ろうとする心情 動機
    134. 134. 3. 人間はどのようにして成長期間中に   堕落 したのか ? ( 1 ) 愛の力と原理の力 ① 成長期間にある未完成のアダムとエバは非原理的愛  ( の愛)の力によりいつでも堕落する可能性があった ② 機関車も異常なく汽車のレールも異常ないが、走る機関車の   反対側に外部の力が加われば機関車は 脱線 するのと同じ 愛の力 > 原理の力 非原理愛の力>原理の力 愛の力 < 原理の力 +  信仰 非原理愛の力 < 原理の力+信仰 天
    135. 135. ( 2 ) 戒めを下さった理由 堕落 を防止するために戒めを下さった    神の直接的な愛の主管を受けることができなかった    未完成期には非原理的な愛の力が発動されれば 堕落 する   ようになるので、堕落を防止する為に戒めを下さった ( 3 ) 戒めが必要な期間 成長期間 に戒めが必要 蘇生 長成 完成 成長期間 (間接主管) 「 食べるな」 食べてもよい (直接主管) ア エ 完成
    136. 136. 神 子女 善 サ 子女 悪 4. 堕落の結果 欲望  愛 行為 善 悪 信 不信 ( 1 ) サタンと堕落人間 動機・方向・目的 (行為・結果自体 Х ) 1) 真の父母 2) 真の子女 3) 真の家庭 (王権) 1) 人間 はサタンの   子女になる 2) サタンは堕落   人間の父母 3) 原罪⇒堕落性 4)   はこの世の主人 エ ア エ ア サ 創2 / 27 天国 地獄 地上 天上 地上 天上
    137. 137. 「参考」 神の祖国創建 天宙平和統一国 天一国 ① 血統転換 ② 所有権転換 ③ 心情圏転換(本性) ー侍る生活実践 1.三大転換 2.三大解放 ① サタンの血統から 解放(根絶) ② サタンの主管から 解放(堕落性) ③ サタンの生活から 解放(環境) 真の家庭実現(理想世界)
    138. 138. ( 2 ) 人間世界に対するサタンの活動 肉身 霊人体 サ 悪霊人 自然界 霊界 悪思考・行動 ルカ 22/3 イスカリオテのユダにサタンが入った
    139. 139. ( 3 )目的性 から見た善と悪 神を中心として四位基台を造成したならば、 善の世界を成し遂げていたことだろう。 しかしこれと目的を反対にする愛をもって サタンを中心とした四位基台を造成した為に 悪の世界を成就してしまった。 従って善と悪は同一なる内容のものが 相反する目的を指向して現れた結果 を 指して言う言葉であることを知ることができる 神 主体 対象 合 サ 主体 対象 合 善 悪
    140. 140. ( 4 )罪 とは ? 1) 意味:サタンと相対基準を造成して授受作用をなす      事ができる条件を成立させることによって      天法に違反するようになること 2) 罪の種類 ① 自犯罪 ( 葉 ) ‏ ② 連帯罪 ( 枝 ) ‏ ③ 血統罪 ( 幹 ) ‏ ④ 原罪 ( 根 ) ‏
    141. 141.    天使が神に反逆してエバと血縁関係を結んだ時、 偶発的 に   生じたすべての性稟で、エバとアダムに継承されたもので    あり、堕落性を誘発する根本的な性稟 ア エ サ 神 天 ( 5 )堕落性本性(根性) 神 犠・奉(通) 悪繁殖 ( 固執 ) ‏ ④ 善繁殖(通) 順・屈(屈) 主管性転倒 ( 傲慢 ) ‏ ③ 主管性 ( 順・屈 ) ‏ 仲保(仲) 存在位置 を離れる   ( 血気 ) ‏ ② 存在位置 ( 仲保 ) ‏ 愛する(愛) 神の立場で愛せない ( ねたみ、嫉妬 ) ‏ <ul><li>立場 (愛) </li></ul>復帰 堕落性 本性
    142. 142. 5. 自由と堕落 ( 1 ) 自由の原理的 意義 1) 原理を離れた自由はない 自由 行動 意志 心 原理 2) 責任のない自由はない 人間は自由意志によって責任分担を完遂することで完成 従って責任のない自由はない 責任のない自由は自由ではなく、放縦である 3) 実績のない自由はない 自由意志によって行動した結果が完成し、    喜びの実績を得る
    143. 143. (2) 自由によって堕落したのではない 堕落することで真の自由を失ってしまった サ 神 人 死線 自由 死 生 真の愛 非原理的 愛 自由 ではない
    144. 144. (3) 自由を下さった理由 <ul><li>欲望  : 神から付与された創造本性 </li></ul><ul><li>創造目的  :  喜び ⇒ 喜びは欲望を満たす時感じられるもの </li></ul><ul><li>万一、 人間に欲望がなかったら : </li></ul><ul><ul><li>喜びもありえず、 </li></ul></ul><ul><ul><li>神の愛を受けようとする欲望も、 </li></ul></ul><ul><ul><li>いきようとする欲望も、 </li></ul></ul><ul><ul><li>善を行おうとする欲望も、 </li></ul></ul><ul><ul><li>発展しようとする欲望もない </li></ul></ul><ul><ul><li>神の創造目的も復帰摂理も成し遂げることができず、 , </li></ul></ul><ul><ul><li>人間社会の維持とその発展もありえない </li></ul></ul><ul><li>自由 : 自らの創造原理的な責任を負い、神を </li></ul><ul><ul><li>喜ばせて差し上げる実績を追求、 </li></ul></ul><ul><ul><li>自由意志による自由行動 ⇒ 善の結果 </li></ul></ul><ul><ul><li>⇒ 神を喜ばせて差し上げる </li></ul></ul>(4)欲望
    145. 145. 6. 人間堕落行為を干渉し給わなかった理由 (1) 原理の絶対性と完全無欠性のために 蘇生 長成 完成 万 人 完万 完人 間接主管圏 (原理結果主管圏) 自律性 主管性 原理 + 人間責任分担 創造性(第2創造主)    の子女資格 万物主管資格   御言 95 %    責任 5 % 人格創造 100 % 人 神 神 + = 神 完全主体 完全対象 直接主管圏 (真の愛) 万一 干渉すれば原理の絶対性と完全無欠性を認めない結果 ⇒ 従って干渉することができない
    146. 146. (2) 神のみ創造主であらせられるために 神は創造したものだけ主管 ⇒ 主管、干渉し、創造性を付与 堕落、罪、 地獄はサタンが創造 万一 これを干渉すれば サタンも悪を創造した第2創造主として認定した結果になる 従って神のみ創造主であらせられるために 干渉 することが できない 神 サ 被造世界 堕落 罪 地獄 創造 主管 干渉 第2創造主 認定
    147. 147. (3) 人間を万物の主管位に立たせるために 蘇生 長成 完成 万 人 完万 完人 間接主管圏 自律性 主管性 原理 + 人間責任分担 神 直接主管圏 (真の愛) 間接主管圏 の人間を直接主管すれば ⇒ 人間は責任分担を完遂できない ⇒ 人間は創造性を持つことができない ⇒ 神の子女 になることができない ⇒ 人間は万物を主管する資格を持つことができない したがって 人間を万物の主管主に立てるために 干渉されなかったのである 不完遂
    148. 148. サタンは愛の姦夫である ( 愛の怨讐である ) ‏ (1) サタンは四大心情圏を蹂躪した怨讐中の怨讐である    四大心情圏の蹂躙 ( 娘・姉妹、夫人、母、祖母 ) ‏ (2) 愛の怨讐を愛さなければならない神の心情 (3) 愛の怨讐の息子を自分の息子以上に愛さなければ ならない神の心情 ;     神の心情の中に怨讐という観念があっては 絶対的創造主 、神になることができない 語ることのできない神の心情を知らなければならない そして神を解放して差し上げなければならない 「参考1」   神の 心情の苦痛
    149. 149. <ul><li>「参考2」   なぜ 怨讐を愛さなければならないのか ? </li></ul><ul><li>(1) 創造の動機が心情であるために </li></ul><ul><li>① サタンが神に「怨讐を愛さなければならない」と </li></ul><ul><li>     讒訴した理由がここにある </li></ul><ul><li>  ②人間 は成長期間に天使の助けを受けて完成、  </li></ul><ul><ul><li>    ⇒ このような者が神の子女? </li></ul></ul><ul><ul><li>怨讐를 を打てば、瞬間な解放にはなるかもしれないが、その怨讐の父母が受ける心情の苦痛 , 相対が受ける心情の苦痛 , 子女が受ける心情の苦痛 , 兄弟 , 親戚が受ける心情の苦痛がもっと大きいことをご存じである神は怨讐を打つことができない </li></ul></ul><ul><li>(3) 怨讐を打てば怨讐を認定することになるためである </li></ul><ul><li>神は創造理想には怨讐という概念がない </li></ul><ul><li>  従って怨讐 サタン ( 悪魔 ) を打つことができないのである </li></ul><ul><li>  もしサタンを打てば、怨讐を認定するということになるためである </li></ul><ul><li>  それで神はサタンを自然屈伏させる摂理をしてこられたのである </li></ul><ul><ul><li>(2) 神は心情の父母であるためである </li></ul></ul>
    150. 150. 「参考3」   我々がすること 神 真の父母 無形の真の父母(心) 実体 の真の父母(体) 天地父母統一安着     生活圏 全体 全般 全権 全能 ① 神が信じる者になろう ② 神の心情を知り、慰労して差し上げよう ③ 神を解放して差し上げる者になろう - 終 -
    151. 151. 人類歴史終末論
    152. 152.   第一節 神の 創造目的完成 と人間の堕落    (一) 神の創造目的の完成    (二) 人間の堕落   第二節 救 いの 摂理    (一)救 いの 摂理 はすなわち 復帰摂理 である    (二) 復帰摂理の目的    (三) 人類歴史はすなわち復帰摂理歴史である   第三節  終末    (一) 終末の意義      (1) ノアのときも終末であった      (2) イエスのときも終末であった      (3) イエスの再臨のときも終末である    (二) 終末の徴候に関する 聖句      (1) 天と地を滅ぼして新しい天と新しい地をつくられる      (2) 天と地を火をもって審判される      (3) 墓から死体がよみがえる      (4) 地上人間たちが引きあげられ空中で主に会う      (5) 日と月が光を失い星が空から落ちる   第四節 終末と現世    (一) 第一祝福復帰の現象    (二) 第二祝福復帰の現象    (三) 第三祝福復帰の現象   第五節 終末と新しいみ言と我々の姿勢    (一) 終末と新しい真理    (二) 終末に際して我々がとるべき態度
    153. 153. 序論  我々は、人類歴史がいかにして始まり、また、これがどこへ向かって流れているかということを、これまで知らずに生きてきた。したがって人類歴史の終末に関する問題を知らずにいるのである。多くのキリスト教信徒たちは、ただ聖書に記録されていることを文字どおりに信じている。 しかし、事実、聖書の文字どおりになるのであろうか、それとも聖書の多くの重要な部分がそうであるように、この御言も何かの比喩として言われているのであろうか。この問題を解明するということは、キリスト教信徒たちにとって、もっとも重要な問題の中の一つを解明することと言われなければならない。
    154. 154. ペテロⅡ  3/12 : 天と地  × 、 火の審判 マタイ  24/29 : 太陽、月、星 テサロニケⅠ  4/16-17 : 復活、空中 に引き上げられる 1. 終末の意義 ( 人類歴史の始まりと目的) (1) 本然の歴史  –  善の歴史 (2) 堕落の歴史  –   罪の歴史 (3)救援摂理歴史  – 復帰摂理 1)文化圏発展史 21 ~ 26 文化圏 ⇒ 2)宗教、科学動向 3)闘争歴史 の帰趨 善悪闘争 統一 心 - 宗教 体 - 科学 人 カイン – 人生観 – 人本 ( ヘレニズム ) –  唯物 – 共産 アベル – 人生観 – 神本 ( ヘブライイズム ) –  唯心 – 民主 統一 神 ⇒ 基督敎⇒ 極東文化圈 印度敎文化圈 回回敎文化圈 基督敎文化圈
    155. 155. 4)聖書 : 生命の木復帰(創  2/9->  黙  22/14 ) 創  2/9 園の中央に命の木と、善悪を知る 木とをはえさせられた 黙  22/14 いのちの木に預かる特権を与えられ・・ 完成 したアダム (真の父) 再臨主 (真の父) α     ヨハネ黙示録  22 章 13 節    ω エデンの園 創造本然世界 生命 の木 生命 の木
    156. 156. 2. 終末 神 子女 エ ア 善 サ 子女 エ ア 悪 天国 地獄 信 不信 創   2/17 原罪 悔改 祈祷 信仰 救世主 終末 原罪 X 贖罪 X 祈祷 X 信仰 X 救世主 X 終末 X 転換期 (終末) 天上 地上 天上 地上
    157. 157. 終末は何度かあった ① ノア : 創 6/13   ② イエス : ヨハネ 5/22, マラキ 4/1 ③ 再臨 : マタイ  24/29, ルカ  17/26 ( ノアの時にあったように、人の子の時にも・・・ ) ‏ ノア イエス 再 神 長成 完成 蘇生 創造 サ 彼らは地を暴虐で満たしたから、私は 彼らを地と共に滅ぼそう。
    158. 158. 3. 終末の徴候に関する聖句 ( 1 ) 地が 滅 ぶ (ペテロⅡ  3/12 ~ 13 ) 文字? 比喩・象徴? ① ノア : 創  6/13 ( 私は彼らを地と共に滅ぼそう ) × ② イエス : ペテロⅡ  3/12 (天は燃えくずれ、天体は焼け失せる) × ③ 再臨 : ペテロⅡ  3/13 (新しい天と地を待ち望む) × ④ 地は永遠 :     伝 1/4 世は去り、世は来たる 。しかし地は永遠に・・・     イザヤ 66/22   新しい天と新しい地が・・・ ( サタン悪主権象徴) 1)地 2)意味 地が滅ぶ = サタン悪主権が滅ぶ 天 地 (善主権象徴) 善 高い 貴い 真 悪 低い 卑しい 偽り : : マタイ  6/9   天にいます我らの父よ ヨハネ  3/13   天から下って来た者、即ち人の子
    159. 159. (2) 空中に引き上げられ ( テサロニケⅠ  4/17 ) ‏ 文字? 比喩・象徴: ? 1) 空中に引き上げられ 彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い・・・ 空中に引き上げられ  =   生活理念 が変わる 2)意味 ( サタン悪主権象徴) 天 地 (善主権象徴) 善 高い 貴い 真 悪 低い 卑しい 偽 : :
    160. 160. ( 3 ) 火の審判 ( ペテロⅡ  3/12 ) ヤコブ 3/6 : 舌は火である ヨハネ 5/24   私の言葉を聞いて、私を使わされた方を信じる者は・・ ヨハネ 12/48   私の語ったその言葉が、終わりの日にその人を・・ イザヤ 11/4   その口のむちをもって国を撃ち、そのくちびるの・・ ルカ 12/49   私は、火を地上に投じるためにきたのだ 文字? : 比喩・象徴 : ? 1)火 ① イエス:マラキ 4/1 ( 彼らを焼き尽くして、根も枝も残さない ) × ② 再臨主: ペテロⅡ 3/12 ( 天体は焼け失せてしまう ) × 2)意味 御言 舌 火 真理 火の審判 = 真理の審判
    161. 161. ( 4 ) 日、月、星 マタイ 24/29   創  37/9-10   わたしはまた夢をみました 。 日と月と十一の星が私を拝みました・・ 文字? 比喩・象徴: ? 1)日、月、星 2)意味 日 月 星 父 母 兄弟 イエス 聖神 基督教 再臨主 再・聖神 モーセ ユダヤ教 律法 (ろうそく) 福音 (電 灯) 成約 御言 (太陽) 日は暗くなり、月はその光を放つことをやめ、星は空から つまづく つまづく 光を失う = 使命が終わることを予示 星が落ちる= 責任を果たせずつまずき落ちる警告
    162. 162. 1)第1祝福復帰現象(個性完成) 第1祝福復帰現象 から見て現世は終末 4. 現世が終末である マタイ  24/32 : イチジクの葉 (1) 三大祝福復帰現象 から見て 博愛主義 本性愛 を探し求める 神の愛で横的に絡み合った世界 本然の愛復帰 民主主義思想高潮 個性の価値追求 人権運動(解放運動) 尊貴・天宙的価値 本然の価値性復帰 本心の自由追求 自由革命 本心の自由 本心 の自由復帰 霊通者増加 心情一体 (一問一答) 心霊復帰 現世 本然의 世界 現象
    163. 163. 2)第2祝福復帰現象 三大祝福復帰現象から見た現世は終末 カイン – 人生観 – 人本 ( ヘレニ ) –  唯物 – 共産 アベル – 人生観 – 神本 ( ヘブラ ) –  唯心 – 民主 アダム 統一 3)第3祝福復帰現象(主管性復帰) 内的  – 宗教、哲学、倫理  – 心霊復帰  – 自然保護 外的  – 科学、技術発達  – 経済発展  – 安楽環境 民主世界と共産世界 分立、交叉 神主権の世界 国家興亡史 基督教中心 とした 一つの文化圏 神を中心とした 大家族世界 文化圏発展史 現世 本然の世界
    164. 164. (2)社会現象 から見て 1) 植えたとおり、刈り入れる 天 エ ア (おじさん) (娘) 母 子 エデンの園のアダムとエバの堕落 ⇒ 不倫 2)近親相関関係 ⇒ 近親相姦関係 社会現象から見て現世は終末
    165. 165. 5. 終末と私達の姿勢 (相衝的) 内的:不安・恐怖・混沌 外的 :軋轢・闘争 ① 謙遜な心で祈祷を通して神霊的なものを感得するようにする ② 因習的な観念に執着せず神霊に呼応させて ③ 新しい時代の摂理に新しい真理を探さなければならない 神 サ サ 神 「混沌」 (2)混沌 (1)終末期: 古い時代の淸算 ⇒ 新しい時代の摂理出発 (3) 私達の姿勢 末世 - 終 -
    166. 166. メシヤの降臨と その再臨の目的
    167. 167.  第一節 十字架による救いの摂理    (一)メシヤとして降臨されたイエスの目的    (二)十字架の贖罪により救いの摂理は完成されただろうか    (三)イエスの十字架の死    (四)十字架の贖罪による救いの限界とイエス再臨の目的    (五)十字架に対する預言の両面    (六)十字架の死が必然的なもののように記録されている聖句  第二節 エリヤの再臨と洗礼ヨハネ    (一)エリヤの再臨を中心とするユダヤ人たちの心的動向    (二)ユダヤ民族の行く道    (三)洗礼ヨハネの不信    (四)洗礼がエリヤになった理由    (五)聖書に対する我々の態度
    168. 168. 序論  メシヤという言葉は、ヘブライ語で油を注がれた人を意味するが、特に王を意味する言葉である。イスラエル選民は彼らの預言者たちの預言によって、将来イスラエルを救う救世主を、王として降臨させるという神の御言を信じていた。  これがすなわち、イスラエルのメシヤ思想である。このようなメシヤとして来られた方が、まさしくイエス・キリストであるが、このキリストという言葉はメシヤと同じ意味のギリシャ語であって、普通、救世主という訳語が当てられている。
    169. 169. 救援=復帰 キリスト ⇒ 救世主 ⇒ イエス - 33 才     復活昇天 基督
    1. A particular slide catching your eye?

      Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

    ×