プラグマティック・ペルソナ

7,138 views
6,860 views

Published on

アジャイルジャパン2012東京サテライト「リーンUX流『顧客発見』ワークショップ 」のスライドです。

Published in: Technology

プラグマティック・ペルソナ

  1. 1. 2012年3月16日(金) なんちゃってペルソナ がやって来た! ~ リーン/アジャイルなペルソナ論 ~ <アジャイル UCD研究会>
  2. 2. 全面広告 「ユーザビリティ エンジニアリング(第2版)」 1章 ユーザ中心設計概論 2章 インタビュー法 3章 インタビューの実践 4章 データ分析法 5章 発想法 6章 プロトタイプ 7章 ユーザビリティ評価法 8章 ユーザテスト 9章 ユーザテストの準備 10章 ユーザテストの実施 11章 分析と再設計 12章 ユーザ中心設計活動 *無料サンプル版(第2章全文) http://www.slideshare.net/barrelbook/ss‐26183115 全面広告
  3. 3. “宗教”戦争勃発!? ●リーン/アジャイル連邦軍 ●UCD帝国軍 「データ駆動ペルソナを死守せよ!」 「プラグマティック・ペルソナを我等に!」
  4. 4. ペルソナは調査から発見するものである。 データに基づかないペルソナなんて ナンセンスだね! ●UCD原理主義者 “調査しなきゃ始まんないでしょ” 調査!?――そんな金も時間も人もない! 俺たち“貧乏人”は ペルソナ使うなってか(`Δ´) ●アジャイル開発者 “コード書かなきゃ始まんないでしょ”
  5. 5. ところで・・・ ペルソナ作って、 それから どーするの? そもそもペルソナを使って“何”をするつもりなのか?
  6. 6. WF 要求は固定 厳密に要求を検証する “裏付け”が必要 Agile 要求は可変 効率よく要求を導く “手掛り”が必要
  7. 7. なーんだ。 リーン/アジャイルって、 要するに「適当」ってことなんだ。
  8. 8. WF 全てのデータを集めてから本格的なペルソナを作る Agile 仮のペルソナを作ってから徐々に修正する
  9. 9. 不確実性のコーン 度 精 最初は 「当てずっぽう」 ほぼ収束する 時間 仮説→検証を 繰り返す 時間経過とともに徐々に精度を上げていく
  10. 10. リーンスタートアップのマントラ “Get out of the building!” スティーブ・ブランク曰く 「1日あたり3件の顧客訪問予定が入るまで電話をかけ続けるべし」
  11. 11. あなたのペルソナはどっち? “金”の ペルソナ “紙”の ペルソナ
  12. 12. お薦め関連記事 • 人机交互論: ペルソナ考 – http://www.usablog.jp/2005/05/personas.html • 人机交互論: なんちゃってペルソナの悪戯 – http://www.usablog.jp/2010/09/ad‐hoc‐personas.html • 仮面のユーザー“ペルソナ”参上! – http://web‐tan.forum.impressrd.jp/e/2009/05/21/5501 • 仮面のユーザ「ペルソナ」参上! – http://enterprisezine.jp/article/detail/2705
  13. 13. 樽本 徹也 ‐ 利用品質ラボ代表 • • • • • UXリサーチャ/ユーザビリティエンジニア 認定 人間中心設計専門家 認定 スクラムプロダクトオーナー(CSPO) NPO  人間中心設計推進機構 評議員 アジャイルUCD研究会 共同代表  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 Keep in touch! ◎人机交互論 ‐ ユーザビリティエンジニア的HCI論 http://www.usablog.jp/ ◎アジャイルUCD研究会 ‐ リーン/アジャイルUX最新News http://groups.google.com/group/agileucdja?hl=ja ◎Facebook ‐ 樽本徹也 https://www.facebook.com/tetsuya.tarumoto
  14. 14. 簡単・便利なコトづくり応援します。  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 東京都台東区下谷1‐11‐15 ソレイユ入谷4F

×