激安HCDの潮流

2,245 views
2,146 views

Published on

激安HCDの潮流

  1. 1. HCD‐Netセミナー 「ユーザビリティ(人間中心設計)のコストを考える」 2011年11月28日 安い・早い・軽い 〜 “激安”HCDの潮流 〜 利⽤品質ラボ 樽本徹也
  2. 2. 全面広告 「ユーザビリティ エンジニアリング(第2版)」 1章 ユーザ中心設計概論 2章 インタビュー法 3章 インタビューの実践 4章 データ分析法 5章 発想法 6章 プロトタイプ 7章 ユーザビリティ評価法 8章 ユーザテスト 9章 ユーザテストの準備 10章 ユーザテストの実施 11章 分析と再設計 12章 ユーザ中心設計活動 *無料サンプル版(第2章全文) http://www.slideshare.net/barrelbook/ss‐26183115 全面広告
  3. 3. 本日のキーワード Discount DIY Guerrilla
  4. 4. Discount
  5. 5. ディスカウント・ユーザビリティの“元祖”はヤコブ・ニールセン
  6. 6. ディスカウント・ユーザビリティ基本テクニック • ユーザの作業観察 • ローファイなプロトタイピング • 思考発話法による5ユーザテスト • ヒューリスティック評価法 引用元:ヤコブ・ニールセン「ユーザビリティエンジニアリング原論」より改変して引用
  7. 7. 出典:Usability of iPad Apps and Websites(2nd edition) ユーザテスト:$25,000‐$45,000――ニールセン・ノーマングループ の料金は、決して「安い」とは言えない
  8. 8. ディスカウント アカデミック 「ディスカウント」とは、あくまで「アカデミック」と比較した場合の話
  9. 9. DIY
  10. 10. It's been known for years that usability testing  can dramatically improve products. But with a  typical price tag of $5,000 to $10,000 for a  usability consultant to conduct each round of  tests, it rarely happens.
  11. 11. スティーブ・クルーグ: 激安ユーザテストの伝道師 2000年に書いた 「Don’t make me  think!」がベストセ ラーとなり、一躍 ユーザビリティ界の 人気者に。 New Riders Press (2009/12/18)
  12. 12. クルーグ流DIYの“秘訣” • 月イチ朝イチ – 月1回、決まった曜日の午前中に50分セッション を3名実施。 • おやつとランチ – おやつと飲み物を用意して社内関係者に気軽に 見学に来てもらう。ついでにランチをご馳走してデ ブリーフィングにも参加してもらう。 • 最善を尽く“さない” – 問題点のリストアップは「ワースト10」に限定。さ らに改善案は「すぐ出来る」レベルにとどめる。
  13. 13. Guerrilla
  14. 14. アジャイルUXメソッドカードNo.1 『ゲリラリサーチ』 “正規軍(調査の専⾨家)”でなくても調査は出来る! ――例えば、⼈脈をたぐってユーザを⾒つけ、Skype でイン タビューして、結果は⼝頭でチームに伝える。無駄な製品を 作るほど無駄なことはない。「予算が無い、時間が無い」と ⾔って調査をしないのが⼀番リスクが⾼い。
  15. 15. Guerrilla Research Methods  • • • • • • • Man on the Street Burrito Lunch Hallway Testing / Cafeteria Testing Crowd Sourcing A/B Testing Un‐moderated Testing Remote Usability Testing etc… ユニークなネーミングが多いが、その実態は意外とオーソドックス
  16. 16. リモートテスト、自動テストのツールは続々と登場している
  17. 17. ラス・アンガー トッド・ザキ・ ウォーフェル 発売予定:August 15, 2012
  18. 18. • • • • • • • ディスカウント DIY ゲリラ アジャイル リーン ライトウェイト クイック etc… • ユーザビリティ • UCD/HCD • UX この新たな潮流を表す言葉は様々である
  19. 19. 伝統と新興 ウォーターフォール/トラッド • 高い • 遅い • 重い(Too much) アジャイル/リーン • 安い • 早い • 軽い(Just enough) 調査・テスト省略 調査・テスト実施 品質低下 品質向上
  20. 20. アジャイルな文化 「自己組織化チームは、作業を成し遂げ るための最善の策を、チーム外からの指 示ではなく、自らが選択します。そして機 能横断的チームは、チーム外に頼らずに 作業を成し遂げる能力を持っています。」 ――スクラムガイド2011 アジャイルなチームは「専門家」よりも「多能工」を好む
  21. 21. 「以前、私は『リサーチ』という言葉に囚 われすぎていた。それはとても科学的 な響きを持っているが、私は科学者で はないからだ。後になってやっと、ユー ザと普通に話をしたり、彼らの作業の様 子を見ることが『リサーチ』と言えるのだ と分かった。もちろんもっと厳密な方法 はあるが、最低限、ユーザを自分の目 で直接観察すれば、それで良いのだ。」 ジェフ・パットン: アジャイルUXの旗手 開発者やデザイナは技能を身につけて 自ら「リサーチ」を始めている
  22. 22. 必要なコスト 小規模なプロジェクトの場合(人件費別): 5~10万円/月 <主な項目> • 実査機材 • 謝礼 • 喫茶・軽食費 • 交通費 など
  23. 23. 樽本 徹也 ‐ 利用品質ラボ代表 • • • • • UXリサーチャ/ユーザビリティエンジニア 認定 人間中心設計専門家 認定 スクラムプロダクトオーナー(CSPO) NPO  人間中心設計推進機構 評議員 アジャイルUCD研究会 共同代表  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 Keep in touch! ◎人机交互論 ‐ ユーザビリティエンジニア的HCI論 http://www.usablog.jp/ ◎アジャイルUCD研究会 ‐ リーン/アジャイルUX最新News http://groups.google.com/group/agileucdja?hl=ja ◎Facebook ‐ 樽本徹也 https://www.facebook.com/tetsuya.tarumoto
  24. 24. 簡単・便利なコトづくり応援します。  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 東京都台東区下谷1‐11‐15 ソレイユ入谷4F

×