DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

DevLOVE「アジャイルUXモデリング - KJ法」

  • 3,606 views
Uploaded on

 

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
No Downloads

Views

Total Views
3,606
On Slideshare
3,520
From Embeds
86
Number of Embeds
5

Actions

Shares
Downloads
37
Comments
1
Likes
10

Embeds 86

http://www.usablog.jp 81
http://www.typepad.com 2
http://us-w1.rockmelt.com 1
http://twitter.com 1
https://twitter.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 2010年12月18日(土) ポストイットでアジャイルUXモデリング~意外と知らない“KJ法”のオモテとウラ~ <アジャイル UCD研究会>
  • 2. 本日はよろしくお願いします! カワグチ タルモト
  • 3. CAUTION!このドキュメントは、公開された資料と独自の実務経験に基づいています。決して 正規のKJ法の解説ではありません。• KJ法©は川喜田研究所の登録商標です。そして川喜 田研究所および認定コンサルティング機関が正規の トレーニングコースを提供しています。そのため厳密 に言えばコース修了者のみが「正規のKJ法の使い 手」であり、(私を含め)ほとんどの人は自己流のKJ法、 いわば「KJ法もどき」を使っているだけなのです。
  • 4. 文化人類学とKJ法
  • 5. ●中公新書 歴代ベスト10出典: http://www.1book.co.jp/1qaz/001954.html
  • 6. 川喜田二郎文化人類学者。東京工業大学教授などを歴任し、特にネパールをフィールドとした研究で有名。元日本ネパール協会会長。1984年マグサイサイ賞受賞。なお、残念ながら博士は2009年7月8日に永眠されました(享年89歳)。
  • 7. 文化人類学(エスノグラフィ) ? ?? ? ? ? 確かに「サル学(霊長類学)」は“人類学”ではあるが…
  • 8. <民族> <社会> “異文化” との<教育> 遭遇・理解 <医療・介護>
  • 9. ある所の、ある村を Research!
  • 10. 世帯数 男女比 年齢構成 識字率 平均気温 牛の飼育頭数トウモロコシの収穫高 etc…
  • 11. 集会 食事市場 洗濯祭り 仕事葬儀 団らんetc… etc…
  • 12. フィールド調査で得られるデータは、従来の手法では 上手く分析できない
  • 13. KJ法の神話
  • 14. その1:「KJ法は “分類”手法である」 KJ-Method?
  • 15. “本物” のアウトプット 川喜田二郎, 「続・発想法」 P88
  • 16. 川喜田二郎, 「発想法」 P25
  • 17. その2:「“何となく”似たカードをまとめる」
  • 18. 仮に、6冊の本をソートする…
  • 19. 「ユーザビリティ工学」 「要求工学」 ? 表紙が オレンジ色 表面的な類似性(キーワードなど)に惑わされないように!
  • 20. ジャンル「ユーザテスト」 「シナリオ」 「要求開発」 「大御所」 「キャロル」 「郷健太郎」 著者 表面的には見えない関連性を見つけ出せ!
  • 21. その3:「KJ法 = Affinity diagram」 ●Affinity diagram の例
  • 22. Affinity diagram NQC7 KJ法 (親和図法) 親和図法KJ法を正確に表す用語は「KJ法」以外にはない!
  • 23. 出典: http://everfield.co.jp/KJ/index.html
  • 24. その4:「KJ法は“簡単” 」
  • 25. 実際は…一泊三日!
  • 26. 回避策• カードを減らす – 50枚:ラクラク – 100枚:そこそこ – 200枚:なんとか – 500枚:一泊三日• 分業する – 500枚=1人100枚*5人• 質的データ分析支援ソフトを使う(研究者向け) – MAXqda など
  • 27. UXとKJ法
  • 28. 一般的なKJ法(なんちゃってKJ法)
  • 29. オリジナル KJ法
  • 30. コンテキスト! UXのための KJ法 ユーザ行動 モデリング!実務ではあまり論文は書かない
  • 31. 弟子入り KJ法 ペルソナ UXに欠かせない「質的データ分析」の手法
  • 32. もしKJ法を“ひと言”で表すとすれば… KJ法とは 「知っている」事を 「分かる」ための方法
  • 33. 他のグループの結果を自由に見学 フリーディスカッション 自由解散 おわり メンバー 募集中!• アジャイルUCD研究会 http://groups.google.co.jp/group/agileucdja