リーンUX顧客開発インタビュー

3,121 views

Published on

レッツゴーデベロッパー THE NEXT in 仙台『“足”を使って リーンUX!――「顧客開発」インタビュー入門』

Published in: Technology

リーンUX顧客開発インタビュー

  1. 1. 2012年6月9日(土) “足”を使って リーンUX! 「顧客開発」インタビュー⼊⾨ <アジャイル UCD研究会>
  2. 2. 全面広告 「ユーザビリティ エンジニアリング(第2版)」 1章 ユーザ中心設計概論 2章 インタビュー法 3章 インタビューの実践 4章 データ分析法 5章 発想法 6章 プロトタイプ 7章 ユーザビリティ評価法 8章 ユーザテスト 9章 ユーザテストの準備 10章 ユーザテストの実施 11章 分析と再設計 12章 ユーザ中心設計活動 *無料サンプル版(第2章全文) http://www.slideshare.net/barrelbook/ss‐26183115 全面広告
  3. 3. 出典:『iOSヒューマンインターフェイスガイドライン』 仮に「UX=UI」だとして、 1. 上手に下絵を描いて、 2. 上手にUI要素の配置を決めて、 3. 上手に色彩を施す。 ――それで本当に優れたUX/UIを実現できるのか?
  4. 4. Surface(表層) Skeleton(骨格) Structure(構造) Scope(要件) Strategy(戦略) 出典:J.J Garrett 『ウェブ戦略としての「ユーザーエクスペリエンス」』 UXは5つの“層”で成り立っている
  5. 5. Surface Code UXとは製品の開発が終わってから“上”にかぶせるものではない
  6. 6. Surface Code Skelton Structure Scope Strategy UXとは戦略レベルから積み重ねるもの
  7. 7. 魅⼒がない 動かない 使いづらい 使えない 必要ない 戦略・要件レベルの失敗は「使われないシステム」を生む
  8. 8. 1980年代半ば、私は、ヒューレット・パッカード (HP) で、 若 ⼿のソフトウェア開発担当者として、 ある重要な製品開発プ ロジェクトに携わっていた。 (中略) そして、私たちは、HP の厳格な品質基準を満たすソフトウェ アを開発することができた。製品の海外展開や多⾔語化も⾏ い、営業担当者の教育もやった。発売前にはマスコミに製品 を公開し、すばらしい評価を得た。こうして、私たちは、万全の 準備をして、華々しく製品の発売に臨んだ。 ただ、1つだけ問題があった。だれもこの製品を買ってくれな かったのである。 要するに、市場では受け⼊れられず、このプロジェクトは完全 な失敗に終わったのだ。そう、技術的には深い感銘を与える 出来映えで、発売前の製品公開でも⼤好評だった。けれども、 みんながほしがったり、必要としてくれたりするものではな かったのだ。
  9. 9. (2004年ごろ)我々が選んだのはIMの市場だった。 作ろうとしていた製品は複雑かつ巨⼤で、ややこしい部 分があまりに多かった。だから、あちこちはしょらなければ スケジュールを守れなかった。正直に⾔おう――最初の バージョン(の出来映え)は悲惨だった。 ⼼配していたのはIMVUというブランドに対する傷だ。あ まりよく機能しない製品でお⾦をもらうことになるからだ。 「無能なアントレプレナー、悲惨な製品を発売」という ⾒出しが新聞に躍るのではないかと、皆、⼼配していた。 我々は謝罪の⾔葉を⽤意して製品を発表した。 そして・・・何も起きなかった・・・。我々の製品を使って みようという⼈がいなかったのだ。 あれだけの時間をかけて搭載する機能や修正するバグ を決めたというのに、我々はあまりに⾒当外れの価値を 提案してしまい、ダウンロードさえしてもらえなかったの だ。 「リーン・スタートアップ」 著者エリック・リース
  10. 10. イット(IT)革命! 2001年「e‐Japan戦略」――そのなれの果ては・・・
  11. 11. その製品は •誰の •どのような問題を 解決するのか? 製品を作り始める“前”に、まず上記“仮説”を検証する
  12. 12. Problem  interview
  13. 13. 今、仮に IT勉強会向け 「簡易レジ・アプリ」 を作ろう! と思っているとする…
  14. 14. 話を聞かせて 下さい OK!
  15. 15. ××に関する 体験談を 先週、渋⾕の イベントで・・・
  16. 16. OK! 4 5 勉強会スタッフの 皆さーん (特に会計担当) 3 2 6 1 友達の友達はみな友達――シックス・ディグリー理論(六次の隔たり)
  17. 17. Problem interviewの終点 • Early adapterの把握 – この製品の初期採用者は誰か?彼/彼女の具 体的な属性(特徴)は? • Must‐have problemの把握 – 彼/彼女にとって、この製品で解決したい最重要 問題は何か? • 既存代替策/既存製品の把握 – 彼/彼女は現在、その問題にどのように対処し ているのか?その欠点は何か?
  18. 18. 顧客開発プロセス 顧客 発見 顧客 実証 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 今回のスライド の範囲 Problemの仮説設定 Problem interviewの実施 Solution(=製品)の仮説設定 Prototype/Demoの制作 Solution interviewの実施 Problem/Solution Fit(=MVPの要件定義) MVPの開発 Early adapter への販売 Product/Market Fit(=ビジネスモデル定義) 顧客 開拓 組織 構築 事業 拡大
  19. 19. Get out of  the building! Steve Blank 顧客開発のマントラは 「ビルを出ろ!(=顧客に会いに行け)」
  20. 20. 「手」を動かす前に、 「足」を使って 仮説を検証する 検証していない仮説は単なる “思い込み”に過ぎない
  21. 21. • お薦めウェブサイト – Lean Startup Japan( http://leanstartupjapan.org/ ) 日本におけるリーンスタートアップの第一人者、和波さん“直営”のサ イト。まずはここから! • お薦め書籍 – 『アントレプレナーの教科書』(原題:The Four Steps to the Epiphany) 全ての始まりは本書。これ読まずして「リーンスタートアップ」は語れ ない。 – 『リーン・スタートアップ』(原題:The Lean Startup) 教祖エリック・リース本人による教典。 – 『Inspired: How To Create Products Customers Love』 (未訳) 「プロダクトマネジメントのバイブル」と呼ばれる名著。 – 『The Entrepreneur‘s Guide to Customer Development: A cheat sheet  to The Four Steps to the Epiphany』(未訳) 「アントレプレナーの教科書」の要点を集約した“カンペ”。 – 『Running Lean: Iterate from Plan A to a Plan That Works』(未訳) 顧客開発手法の実践的マニュアル。
  22. 22. 樽本 徹也 ‐ 利用品質ラボ代表 • • • • • UXリサーチャ/ユーザビリティエンジニア 認定 人間中心設計専門家 認定 スクラムプロダクトオーナー(CSPO) NPO  人間中心設計推進機構 評議員 アジャイルUCD研究会 共同代表  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 Keep in touch! ◎人机交互論 ‐ ユーザビリティエンジニア的HCI論 http://www.usablog.jp/ ◎アジャイルUCD研究会 ‐ リーン/アジャイルUX最新News http://groups.google.com/group/agileucdja?hl=ja ◎Facebook ‐ 樽本徹也 https://www.facebook.com/tetsuya.tarumoto
  23. 23. 簡単・便利なコトづくり応援します。  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 東京都台東区下谷1‐11‐15 ソレイユ入谷4F

×