Your SlideShare is downloading. ×

アジャイルUXライブ企画書

1,394

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,394
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Agile UX Live! 日本初!?アジャイルUX“公開実演”プロジェクト on RubyKaigi2011
  • 2. RubyKaigi• 日本Ruby会議は、オブジェクト指向スクリプト 言語Rubyに関するイベントとしては世界でも 最大級のもので、2006年から毎年開催されて います。 – 開催規模の推移 • RubyKaigi 2006: 251名 • RubyKaigi 2007: 410名 • RubyKaigi 2008: 564名 • RubyKaigi 2009: 704名 • RubyKaigi 2010: 747名 引用元 http://jp.rubyist.net/
  • 3. フレームワークARC Agile UXSCRUM Guerrilla research Rails3 Pragmatic personasHeroku + Story mapping Sketchboards Paper prototyping RITE method Parallel track approachARC(Agile + Ruby + Cloud)とAgile UX手法を組み合わせることで、 価値ある製品を迅速に提供できる。
  • 4. 開発テーマ• 「(IT系)勉強会スタッフを支援するツール」 例えば・・・ – チケット発券システム – 勉強会当日の受付 – 勉強会後のアンケート収集と集計 – 日程調整、打ち合わせ、議事録作成 etc… 自分たち(開発者コミュニティ)の役に立つような アプリケーションを開発する
  • 5. 事前準備• 「勉強会」に“潜入捜査(ゲリラリサーチ)” – 勉強会の“はじめ”から “おわり”まで – ノウハウ、ペインポイント – 勉強会スタッフの“想い” 2011 etc… 製品ビジョン
  • 6. 本番• 会場で公開実演開発 – 1日目(午後から) • スプリント0(基本設計、リリース計画) – 2日目 • スプリント1-4(インタラクション設計、実装、テスト) – 3日目 • スプリント5-6(同上) • リリース • ライトニングトークス(LT)で製品発表
  • 7. 会場イメージペルソナ ストーリー スクラム板 マップ ペーパー プロトタイプ 誰でも自由に見学し、撮影し、質問し、議論や実装に参加できる。

×