UX/UCD in 201X

2,705 views
2,505 views

Published on

第9回新横浜ユーザビリティ研究会「アジャイルUX― 次の10年のためのUX/UCD」

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,705
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
492
Actions
Shares
0
Downloads
21
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

UX/UCD in 201X

  1. 1. 第9回新横浜ユーザビリティ研究会 2012年4月24日(火) アジャイルUX ~ 次の10年のためのUX/UCD ~ <アジャイル UCD研究会>
  2. 2. 全面広告 「ユーザビリティ エンジニアリング(第2版)」 1章 ユーザ中心設計概論 2章 インタビュー法 3章 インタビューの実践 4章 データ分析法 5章 発想法 6章 プロトタイプ 7章 ユーザビリティ評価法 8章 ユーザテスト 9章 ユーザテストの準備 10章 ユーザテストの実施 11章 分析と再設計 12章 ユーザ中心設計活動 *無料サンプル版(第2章全文) http://www.slideshare.net/barrelbook/ss‐26183115 全面広告
  3. 3. UX屋さん物語
  4. 4. ■ウォーターフォール時代
  5. 5. ■アジャイル時代
  6. 6. Build Learn Mea sure ■リーン時代
  7. 7. UX Biz Dev
  8. 8. アジャイルUX の潮流
  9. 9. 何となく似ている?...
  10. 10. Agile meets UX! 果たして「お似合い」の相手なのか?
  11. 11. UXの習慣―その1 Oct | Nov | Dec | Jan | Feb | Mar | Apr
  12. 12. UXの習慣―その2 ユーザリサーチャ インフォメーション アーキテクト ユーザインターフェイス デザイナ インタラクションデザイナ ユーザビリティエンジニア
  13. 13. UXの習慣―その3 テストレポート 調査報告書 画面仕様書
  14. 14. 従来のUCDは典型的なウォーターフォール
  15. 15. Type A step1 step2 step3 step4 Type B Type C 出典: “The New New Product Development Game” by Takeuchi , Nonaka
  16. 16. イラスト出典: “User Story Mapping” by Jeff Patton Agile ○ × × インクリメンタルとイテレーティブ UCD ○
  17. 17. アジャイル宣言 プロセスやツール 包括的なドキュメント 契約交渉 計画に従うこと よりも よりも よりも よりも 個人と対話を、 動くソフトウェアを、 顧客との協調を、 変化への対応を、 出典: 「アジャイルソフトウェア開発宣言(通称:アジャイルマニフェスト)」
  18. 18. アジャイル UCD ラグビー方式 リレー競争方式 対話重視 ドキュメント重視 インクリメンタル(*) イテレーティブ 短期計画 長期計画 自律的 管理的 (*)現在ではアジャイルは「インクリメンタルかつイテレーティブ」なアプローチ に進化しています。
  19. 19. ケント・ベック アラン・クーパー 伝説の「Extreme Programming vs. Interaction Design」勃発!
  20. 20. 二人の運命や如何に?
  21. 21. 開拓者たち
  22. 22. 内から外へ――中核部分から始めて、徐々に周辺部分へ
  23. 23. パラレルトラック――UXが少し先行する
  24. 24. 軽い手法で――「ゲリラリサーチ」手法
  25. 25. Agile UX  米国発 の潮流 只今、日本に接近中!? そして2年が経った・・・
  26. 26. 今度は リーンスタートアップ の潮流 がやって来た!
  27. 27. 開発 製品 販売 開発して販売(普及)する――もし、誰もその製品を欲しがらなかったら?
  28. 28. 製品開発 顧客開発
  29. 29. MVP Minimum Viable Product • ダミー広告 • ペーパープロトタイプ • 動画 • コンシェルジュMVP • オズの魔法使い etc…
  30. 30. Pivot どんなに「チューニング」しても目標が達成できない時はPivotを検討する
  31. 31. 「Build – Measure – Learn」ループを高速回転させる
  32. 32. 「201X年」の UX/UCD
  33. 33. ユーザ中心にデザインして、 アジャイルに開発して、 リーンにマネジメントする リーン&アジャイル&UCDはITビジネスで“失敗しない”ための条件
  34. 34. UX Dev Biz ■リレー競争モデル=ウォーターフォール
  35. 35. UX Biz Dev ■ラグビーモデル=リーン/アジャイル
  36. 36. 「今、私はLean Startupで書かれているようなチーム で仕事をしています。インタビューを三⽇間⾏い、翌⽇ にはチームと結果を共有するという感じです。その時に パワーポイントで資料を作る余裕はないので、フリップ チャートにダイアグラムを⼿描きして話をしています。メ ソッド云々よりも、『チームが早く前に進むために、⾃分 は何をするべきか』ということを⽇々考えています。」 ――米国在住UXリサーチャ
  37. 37. 参考資料1 http://www.slideshare.net/kawaguti/20110118‐scrum‐10‐mins
  38. 38. 参考資料2 http://www.slideshare.net/barrelbook/ux‐9499931
  39. 39. 樽本 徹也 ‐ 利用品質ラボ代表 • • • • • UXリサーチャ/ユーザビリティエンジニア 認定 人間中心設計専門家 認定 スクラムプロダクトオーナー(CSPO) NPO  人間中心設計推進機構 評議員 アジャイルUCD研究会 共同代表  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 Keep in touch! ◎人机交互論 ‐ ユーザビリティエンジニア的HCI論 http://www.usablog.jp/ ◎アジャイルUCD研究会 ‐ リーン/アジャイルUX最新News http://groups.google.com/group/agileucdja?hl=ja ◎Facebook ‐ 樽本徹也 https://www.facebook.com/tetsuya.tarumoto
  40. 40. 簡単・便利なコトづくり応援します。  UX/UCDの講演・研修  UX/UCDの社内導入支援  UX/UCDによる製品開発支援 東京都台東区下谷1‐11‐15 ソレイユ入谷4F

×