Developers Summit 2011                          UX           アジャイル宣言          ~ 新・UCDの四原則 ~              アジャイルUCD研究会 樽本徹也
ざっくり                言えばソフトウェア製品の場合は、         UX = UI
UCD:ユーザ中心設計                      UX UCDとは優れたUXを生み出す方法論
UCDの原則1. ユーザ、タスク、環境の明確な理解に基づいて   いる2. 設計と開発の全期間を通じてユーザが関与す   る3. ユーザ中心の評価(ユーザからのフィードバッ   ク)に駆動され改善される4. プロセスが反復的である5. ユーザエ...
実務家向けオリジナル追加4原則!
聞   ユ    く   ー    べ   ザ亜    か   の邪韋   ら   声瑠    ず
voice of user              experienceV = f (x)                    分析       ユーザの声とは、「体験をユーザ自身が分析した結果」           に過ぎない。(多くの場...
ユーザに“弟子入り”    ユーザが師匠、開発者が弟子。開発者は“弟子入り”するつもりでインタビューする
デ   一    ザ   人    イ   の亜邪    ン   た韋   す   め瑠    る   に
“すべて”のお客様のために…
コンバーチブルのバンで  オフロード仕様のクルマ !?全部入り!  これ1台で原野を駆け抜け、ナンパができて、荷物の配達もできる“便利”なクルマ――開発者の陥りがちな失敗を揶揄した象徴的な表現
な   手    が   を    ら   動亜邪   考   か韋瑠   え   し    る
..…一人でじっと考えたり、会議室で議論するだけでは良いアイデアはなかなか生まれない。
描いては捨て、          また描いては捨て・・・                           ある時、それは                            「降りて」くるSketching  描いてみる         ...
失   早    敗   期亜   す   に邪韋    る瑠
「失敗は成功の母」     ――とは言うものの、失敗を続けるだけでは成功はおぼつかない
失敗のコツ• Fast:  手遅れになる前に、早めに失敗しよう。• Small:  大失敗は致命傷になる。小さく失敗しよう。• Often:  1回の失敗でめげない。何度も失敗しよう。• Smart:  同じ過ちを繰り返さない。徹底的に原因を究...
新・UCDの四原則ユーザの声聞くべからず一人のためにデザインする 手を動かしながら考える  早期に失敗する
EnterpriseZine: 『アジャイルUXの潮流』                                                     好評                                       ...
他のグループの結果を自由に見学          フリーディスカッション             自由解散      おわり                                      メンバー                  ...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

【17-E-7】アジャイルUX宣言

3,026

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,026
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
89
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【17-E-7】アジャイルUX宣言

  1. 1. Developers Summit 2011 UX アジャイル宣言 ~ 新・UCDの四原則 ~ アジャイルUCD研究会 樽本徹也
  2. 2. ざっくり 言えばソフトウェア製品の場合は、 UX = UI
  3. 3. UCD:ユーザ中心設計 UX UCDとは優れたUXを生み出す方法論
  4. 4. UCDの原則1. ユーザ、タスク、環境の明確な理解に基づいて いる2. 設計と開発の全期間を通じてユーザが関与す る3. ユーザ中心の評価(ユーザからのフィードバッ ク)に駆動され改善される4. プロセスが反復的である5. ユーザエクスペリエンス全体を対象とする6. 設計チームは多様なスキルと視点を持ったメン バーで構成される 国際規格 ISO 9241-210 では“公式”に 「6原則」が定義されている
  5. 5. 実務家向けオリジナル追加4原則!
  6. 6. 聞 ユ く ー べ ザ亜 か の邪韋 ら 声瑠 ず
  7. 7. voice of user experienceV = f (x) 分析 ユーザの声とは、「体験をユーザ自身が分析した結果」 に過ぎない。(多くの場合“素人分析”)
  8. 8. ユーザに“弟子入り” ユーザが師匠、開発者が弟子。開発者は“弟子入り”するつもりでインタビューする
  9. 9. デ 一 ザ 人 イ の亜邪 ン た韋 す め瑠 る に
  10. 10. “すべて”のお客様のために…
  11. 11. コンバーチブルのバンで オフロード仕様のクルマ !?全部入り! これ1台で原野を駆け抜け、ナンパができて、荷物の配達もできる“便利”なクルマ――開発者の陥りがちな失敗を揶揄した象徴的な表現
  12. 12. な 手 が を ら 動亜邪 考 か韋瑠 え し る
  13. 13. ..…一人でじっと考えたり、会議室で議論するだけでは良いアイデアはなかなか生まれない。
  14. 14. 描いては捨て、 また描いては捨て・・・ ある時、それは 「降りて」くるSketching 描いてみる 作っては壊し、 また作っては壊し・・・ Prototyping 作ってみる
  15. 15. 失 早 敗 期亜 す に邪韋 る瑠
  16. 16. 「失敗は成功の母」 ――とは言うものの、失敗を続けるだけでは成功はおぼつかない
  17. 17. 失敗のコツ• Fast: 手遅れになる前に、早めに失敗しよう。• Small: 大失敗は致命傷になる。小さく失敗しよう。• Often: 1回の失敗でめげない。何度も失敗しよう。• Smart: 同じ過ちを繰り返さない。徹底的に原因を究 明して、賢く失敗しよう。
  18. 18. 新・UCDの四原則ユーザの声聞くべからず一人のためにデザインする 手を動かしながら考える 早期に失敗する
  19. 19. EnterpriseZine: 『アジャイルUXの潮流』 好評 連載中 http://enterprisezine.jp/article/corner/160
  20. 20. 他のグループの結果を自由に見学 フリーディスカッション 自由解散 おわり メンバー 募集中!• アジャイルUCD研究会 http://groups.google.co.jp/group/agileucdja
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×