Your SlideShare is downloading. ×
0
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
20120222
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

20120222

579

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
579
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. AzureとStorageバリエーション 株式会社ピーデー 川俣晶 2012年2月22日
  • 2. Why Azure?• サーバの管理なんかもうイヤだから• スケーラブルだから• さすがに時代遅れのLinuxに命を賭けるのは怖すぎる• 新OSが好きだから(!)
  • 3. Azureのハードル Azureとは新OSである 思想が違う! 過去の常識が通用しない!中身はただのWindows 2008じゃん、と思っていると脱落する
  • 4. 何がいちばん違うのか? ストレージ STORAGE 記憶領域
  • 5. なぜNTFSではダメなのか クラウド・ストレー ジ ロール ロールファイル ファイルシステム システム
  • 6. 実体験の連鎖• 試作1号 SQL Azure使用→標準ストレージではないことが発覚• 試作2号 標準Storage使用→情報少なく制約多く泣く• 試作3号 SkyDrive使用→用途によってはOKだった→常識打破 なぜSkyDriveなのか? そんな名前はAzure関連のドキュメントにあまり出てこないストレージ
  • 7. Gt-Document• 富士フイルム株式会社が提供する文書レンダリングサービス• PDFやワード文書ファイルを受け取る• JPEG画像イメージでレンダリング結果を送信する• ソフトが無くても文書が読めるシステムを構築可能• 端末が受け取るのは文字ではなく画像• ゆえに、比較的セキュア http://fujifilm.jp/business/imaging/keitai_service/gt-document/index.html
  • 8. 試作した文書システム読みたい文書を格納 文書が読める ユーザーSkyDrive Azure Azure Azure 端末(DropBox) GT-Document
  • 9. なぜこれでいいのか• 1ページ目を• WebRoleのインスタンス1が処理し• 2ページ目を• WebRoleのインスタンス2が処理しても矛盾しな インスタンス内にキャッシュされたデータが無効な ので 読み込みが遅いだけ
  • 10. ストレージ選定の憂鬱• 候補が多い• どれも決め手に欠く• MS純正のストレージすら複数ある(!)
  • 11. Microsoft純正候補• 標準Storage• SQL Azure• オンプレミス SQL Server• SkyDrive(!)
  • 12. 標準Storage• 追加コスト無しですぐ使えるAzure標準• スケーラブル能力が高い• 既存のDBと発想は違いすぎ、難易度が高い• 可能なクエリの制限が大きい
  • 13. SQL Azure• 既存SQLの知識で対処可能• SQL Serverを使用するソースの再利用も容易• ともかくカンタン• 息をするぐらい容易にクラウドに行ける• 別途契約が必要・コストアップ• ややスケール性が見劣りする• 実装されていない機能がある• (何もかも移行できるとは限らない)
  • 14. オンプレミス SQL Server • オンプレミス連携機能で自社内DBに接続 • 既に稼働しているDBが利用可能 • データを社外に預ける必要が無い • サーバ管理の手間が残る • 通信オーバーヘッドが生じる可能性がある • バックアップは全て自分の責任 • 自社サーバがダウンすると全滅の可能性も
  • 15. SkyDrive• タダで気軽に利用開始できる• ユーザーが自分でストレージを用意できる• 世代管理機能内蔵• 比較的容量が大きい(25GB)• 単なるファイルの置き場所• 検索などは難しい• アクセスの競合をどう解決するか等不安要因も
  • 16. Microsoft非純正候補 無数にあるので、あくまで例のみ• DropBox• クッキー• Silverlightと分離ストレージ• HTML5のWeb Storage• HTML5のWeb SQL Database• その他のファイル ストレージ サービス• その他のSQL DB• その他のNo SQL DB• その他のクラウドDB
  • 17. DropBox特徴はおおむねSkyDriveに準じる• 利用者が多く、即座に利用できる可能性が高い• Azureとは提供する事業者が違う• つまり齟齬があり得る
  • 18. クッキー• 保管場所を用意しなくても良い• PCを変えるとアクセスできない• HDDが壊れるとアクセスできない• 大きいデータを保存させるのは無理• クッキーをクリアされるとデータが消えてし
  • 19. Silverlightと分離ストレージ • ストレージはクライアント側PCのHDD • クライアント側で実行すると割り切る • PCを変えるとアクセスできない • HDDが壊れるとアクセスできない • Silverlightの未来は不透明 • (未来を賭けて良い技術ではない)
  • 20. HTML5のWeb Storage • クライアント側に保存する • 将来性は高い • PCを変えるとアクセスできない • HDDが壊れるとアクセスできない • ブラウザを変えるとアクセスできないかも? • (1/29現在)まだRCだ
  • 21. HTML5のWeb SQL Database正規の標準仕様になる見込み無 し
  • 22. その他 • その他のファイル ストレージ サービ ス • その他のSQL DB • その他のNo SQL DB • その他のクラウドDB名前しかしらない(あるいは名前すら知らない) サービスやソフトの種類は膨大 私から言いたいことは1つしかない!
  • 23. 言いたいことは、情報交換こそ 乗り切る秘 策! 良いのがあれば 逆に教えて欲しいぞ! • 全てを試すことは不可能 • 世界は日進月歩 • 開発していると、カンタンに乗換不
  • 24. 望ましいストレージの資質• 簡単• 高速• 安価• バックアップ• セキュア• 大容量• 1つの入り口・中身は分散
  • 25. まとめ• 候補は多い• 決定的なチョイスはまだ無い• RDB/SQLは決定的なアドバンテージでは無い• 意外な技術で代用できる場合がある• まずクラウドのストレージありき、と考えない方が良い

×